2018秋ドラマ 結婚相手は抽選で

結婚相手は抽選で7話あらすじ・ネタバレ!みんなの6話感想や評価をチェック♪

更新日:

結婚相手は抽選で第7話あらすじやネタバレ予想!第6話の感想や評判評価も!

 

2018年10月から放送中のドラマ『結婚相手は抽選で』。

毎週土曜日の夜11時40分から絶賛放送中です!

 

この記事では、ドラマ『結婚相手は抽選で』の第5話を見た人の感想や評価を集めています!

続く第6話のあらすじや、みんなの予想・期待もチェックです♪

 

↓結婚相手は抽選での見逃し動画をお探しの方はコチラ♪↓

CHECK!
結婚相手は抽選での動画を無料で視聴する方法
結婚相手は抽選での見逃し配信フル動画を無料視聴!これなら全話タダで一気見♪

  2018年10月から放送の東海テレビ・フジテレビ系ドラマ『結婚相手は抽選で』。 少子高齢化対策として、お見合い相手を抽選であてがわれるという政策が国によって決めれられるという驚きの設定! ...

続きを見る

 

 

『結婚相手は抽選で』第6話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第6話の振り返り

 

 友人の北風(松本享恭)からゲイであることを打ち明けられた龍彦(野村周平)は、LGBTについて真剣に調べはじめる。北風のゲイの友人である劇団の主催者・広瀬(内田健司)にも会い、性的マイノリティの社会的現状について教えられる龍彦。それは、「抽選見合い結婚法」での被害者をこれ以上増やさないよう、「抽選見合い結婚法 改定案 上申書」を作成するためだった。さらに龍彦は出来上がった上申書を見てもらうため、以前からその政権批判の記事に感心していたフリージャーナリストのひかり(大西礼芳)に会った。ひかりは内容に共感し、会話するうちに、龍彦が自分の愛読するブログの主宰「たっちゃん」であることに気付く。テレビの討論番組を見て、失言する大臣の小野寺(若村麻由美)を苦々しく思っていたひかりは、龍彦の作成した上申書を持って、ある行動に出たのだった……。

そんな中、奈々(高梨臨)は、龍彦と最後に会ってから、一週間以上連絡がないことにどこか苛立っていた。そして、幼い頃に亡くなった母親との思い出が詰まった自宅をリフォームするという祖母・紅子(冨田恵子)の言葉に激しく動揺する。

一方、嵐望(大谷亮平)から、「お母さんに、紹介して欲しい」と告げられた好美(佐津川愛美)は一抹の不安を感じながらも、母・あき恵(山口美也子)を東京に呼び寄せた。嵐望を交えた食事会の日、「好美さんとの結婚、許していただけませんでしょうか」と言った嵐望に、その場では承諾したあき恵。しかし好美には、「あの男は信用できん」と、好美から結婚を断るようにと言うのだった。

そんな中、緊張しつつも龍彦は奈々にようやく連絡し、龍彦が決めた居酒屋で再会していた。いつものようにマイ箸を使おうとすると、強引に店の箸で食べさせる奈々に感謝する龍彦。そんな奈々も龍彦に自然と家族の話をし、悩みを打ち明けて涙を流す。変わりたいのに変われない。テロ撲滅隊にも行きたくない…。リーチ女であることを告白した奈々は、龍彦に…。

(引用:東海テレビ公式サイト

 

スポンサーリンク

 

抽選見合い結婚法を通して、LGBTの問題について正直余り知らなかった事も多くあり、現実でも真剣に取り組まないといけない問題だと、最近の回は特に興味深く見させて頂いています。(きっと様々な考えがあり意見が分かれてしまうかもしれないと思いながらなのですが)そんな内容もありながら、ひかりの「自分自身の恋愛も怖がらないで進んでみたら?」と後押しされ奈々との居酒屋での見合い(デート?)のシーンはホッと肩の力を抜ける様な気持ちで見ました。荒療治でしたが卵焼きを店の箸で一人で食べられたし、お酒の力を借りて奈々は溜め込んでいた祖母への不満も吐き出して、少し進み出したかなと暖かい気持ちにもなりました。 (40代・男性)

 

第6話は、主人公龍彦がhikariさんに会うところが、やっと会えて話ができて良かったと思いました。龍彦は、ひたむきに友人の悩みに向き合い、資料作成までこなし、内に秘めた情熱はすごいのではないかと思います。嵐望とよしみさんは、あまりにもとんとん拍子にうまくいっているので、この先何かある気がしています。よしみさんの母親も毒親な感じで、なんだか不気味です。母親と娘といえば小野寺大臣とhikariさんが親子だったのは、予想してなかったらので驚きました。奈々さんと龍彦さんの居酒屋のシーンはとても良かったです。二人の今後も気になります。 (40代・女性)

 

好美のちょっと高めの声が個人的にイライラしました。
嵐望のことが好きなのはとても伝わってきますが、女性には嫌われるタイプだと思います。また、好美の母親も人の話を聞かないで自分の都合ばかり押し付けてくるところにイライラしました。
子育ては育てる側の気持ちばかりではなく、子どもの気持ちを尊重してあげるのはとてもたいせなことなんだなと改めて感じました。
そして、龍彦は本当に優しいなと思いました。居酒屋に私服で来たと伝えた時のはにかんだ笑顔がとても可愛くて良かったです。奈々の祖母も言わなくていいことを言い過ぎるなと感じて嫌な気持ちになりました。

(30代・女性)

 

第6話は、龍彦の恋が少しずつ進んでいき、見ている私もハラハラドキドキでした。龍彦の不器用さと、良い意味で鈍感なところは母性本能をくすぐります。きっと奈々も不思議な感覚で、龍彦のことが気になる自分の気持ちに気づいていないのだと思いました。
結局奈々はリーチ女であると明かし、断ってほしいと泣きながら懇願するのですが、何だか祖母か反対しそうな相手だから無理なんだと言っているようにも見えました。
上手くいっている好美と嵐望にも、強敵の母親が横槍を入れます。せっかくプロポーズされて幸せを噛み締めている好美に、嵐望の目には真実がないと母親は言います。何だか予言者の言葉みたいで恐怖を感じました。娘を思う母心は吉と出るのか。 (40代・女性)

 

龍彦は北風に頼み、彼の仲間に会いLGBTについて勉強をします。そして、抽選見合い結婚法の改正案の上申書を作成します。少しずつでも自分を変えることが出来ている龍彦は偉いと思いました?上申書のことだけでなく、気になっていた奈々に連絡を取り食事に誘ったことも、彼にとっては大きな進歩だと思いました。奈々は母親が亡くなってから、祖母に縛り付けられていて、全てに中途半端だと自分に自信がないようでしたが、勝ち気に見えてもいろいろあるのですね。嵐望との結婚を反対するよしみの母親は、何を考えているのか、単に子離れ出来ていないだけなのか、とても怖いです。 (40代・女性)

 

宮坂龍彦は食事をしてから奈々に一週間も連絡をしていませんでした。
マイペースなのか?引っ込み思案なのかが交互しています。
自らメールするとドキドキしてしまうところは、やはりウブな心の持ち主です。
奈々は素直ではありませんが、龍彦にとっては、いい相手に思えます。
一方で、好美のお母さんが訪ねてきて、嵐望に会いたいと言ってます。
お母さんに挨拶していましたが、好美が良ければ私はいいと承知していました。
親子二人きりになった時、あの男は辞めておけと娘に言いました。
お母さんの勘でしたが、娘を不幸にすると判断していました。
結婚は相手の親が絡んでくるので、難しいですね。

(40代・男性)

 

小野寺大臣の元夫のセクハラ報道がが露見します。大臣は娘を心配します。離婚暦を揶揄される大臣も気の毒です。
一方、龍彦は法の改定を目指す上申書を作成しようとジャーナリストのひかりに相談します。龍彦がひかりに会うと、ひかりが龍彦のブログの読者だったのは幸運でした。。
他方、奈々は龍彦と会い潔癖症は病気でなく癖だと言い、龍彦はマイ箸を辞めて店の箸で食べられるようになり、龍彦が奈々のお蔭で自分を変えられたのは幸いでした。しかし、奈々は好きなバイオリンを才能がないと祖母に辞めさせられ結婚を強要されたと言います。奈々は中途半端な自分が結婚しても不幸だと泣き自分を断って欲しいと言います。奈々には越えられない大きない祖母という壁があるようで残念です。
一方、好美の母親が嵐望に会うと最初は認めると言いながら男の目に真実がないと突然、蘭望と別れた後に母親が結婚に反対します。
好美も母親の存在が不幸の原因のようです。
一方、中傷記事が公表される小野寺大臣は秘書の仲介で娘のひかりに会いますが結婚法に反対のジャーナリストのひかりだったとは驚きで大臣は、ひかりに迷惑かけたと言いますが、ひかりは龍彦の上申書を見せます。

(50代・男性)

 

好美と嵐望は見るからにして良い雰囲気であることは伝わってくるにも関わらず、なぜあき恵は反対するのだろうかと気になった。好美は明らかに嵐望のことが好きになったという雰囲気が伝わってくるにも関わらず、あき恵にとっては何が不満だったのだろうかと思った。やはり嵐望には裏の顔を持っているのだろうかと気になった。
龍彦は今までに恋愛経験をしたことがないからこそ、奈々のことが好きであるかどうかわからないという部分もあるのだと思った。龍彦と奈々の間も良い雰囲気だと感じるが、龍彦は果たして奈々のことを断ってしまうのだろうかと気になった。 (20代・女性)

 

龍彦はLGBTのことを真剣に勉強して、上申書まで作っていてすごいと思いました。真剣に考えてくれる龍彦に北風くんも嬉しいと思います。奈々が龍彦から1週間以上ぶりに連絡が来たときの笑顔が可愛かったです。龍彦と奈々が一緒に食事をしていると楽しそうなので、2人がくっついて欲しいです。奈々が自分の家庭の事情で龍彦から断って欲しいと言いましたが、次見合いする相手が悪い人だったらいけないのでこのまま龍彦と様子を見てほしいと思いました。嵐望と好美は母親が反対しなければ良い感じだったので、反対したとき可哀想だと思いました。しかし母親はそれだけ好美のことが大事なんだというのも分かるので難しい問題だと思います。第6話も面白かったです。 (30代・女性)

 

スポンサーリンク

 

『結婚相手は抽選で』第7話はどうなる?

 

第7話のあらすじ

 

 奈々(高梨臨)に龍彦(野村周平)の方からお見合いを断って欲しいと頼まれ、抽選見合い事務局に断りの電話を入れた龍彦の気持ちはどこか冴えない。しかし、ひかり(大西礼芳)から、上申書を小野寺大臣(若村麻由美)宛に提出したというメールが届き、「抽選見合い結婚法」改正に真剣に取り組む気持ちに切り替えていた。ひかりは、自分が小野寺の娘であり、直談判したことを龍彦に話す。そして龍彦はレジスタンスの団体「ASBE」(アズビー)を一緒に起ち上げた、広瀬(内田健司)や北風(松本享恭)をひかりに紹介する。

数日後、小野寺が会見を開き、「該当者が現在なんらかの病気、疾病を患っている場合は即時中断事項とする」と、「抽選見合い結婚法」の改定事項を発表した。喜ぶ龍彦たち。さらに新たな情報交換の場として、【抽選見合い結婚法目安箱】のSNSアカウントを起ち上げることを皆に熱く報告する龍彦の手は、マジックペンで汚れていた。龍彦は、すでに潔癖症を克服しつつあった。そして、龍彦たちの活動に勇気をもらったひかりは、母である小野寺に、ある告白をするが…。

一方、好美(佐津川愛美)は嵐望(大谷亮平)から「大事な話がある」と切り出される。嵐望から伝えられた告白の内容に、好美は驚き、絶望的に落ち込む。それは好美には到底受け入れる事の出来ない、嵐望の真実だった…。

そんな折、龍彦が起ち上げたSNSアカウント【抽選見合い結婚法 目安箱】が世間で反響を呼び、次第にマスコミに取り上げられるようになっていた。ひかりの計らいもあり、龍彦たち、「ASBE」のメンバーと小野寺の面会が実現する。

(引用:東海テレビ公式サイト

 

 

スポンサーリンク

 

好美は母親に嵐望との事を反対されたが、その勘が当たり嵐望の抱えている秘密が分かり、好美はショックを受けて「出ていって!」という予告編のシーンを見ましたが、何が原因?秘密って?と、とても気になっています。隠し子でもいるのかな?とにかく、次週が楽しみです。もうひとつは、ひかりの母親が大臣の小野寺友紀子だったのは、伏線としてナルホドと思いました。龍彦の上申書がこの流れで渡り、次回その上申書の事で龍彦は小野寺と会う事になりましたし、そして抽選見合い結婚法を再び変更されるという展開も、こちらの方は真面目に考えながら見させて頂きたいと思っています。色々と私の中では緩急のある印象のあるドラマですが、トータルで楽しんでいます。 (40代・男性)

 

まず予告で一番きになったのは嵐望の秘密がなんなのか、どうもとんとん拍子に進んでいるよしみさんとの関係に疑問を感じていたので、やはり何かあるんだなと思いました。龍彦は、小野寺大臣に会うことになるようで、応援しながら観たいと思います。どうか龍彦の良いところがわかってもらえたらいいのになあと思います。奈々さんともうまくいってほしいです。二人が話しているシーンは、今まで重苦しいお見合いのシーンばかりだったので、はじめて少しほっとできて和めます。ぜひまだまだふたりの掛け合いのシーンが観たいと思っています。奈々さんの祖母も独特の存在感を出していますが、奈々さん負けるなと言いたいです。 (40代・女性)

 

嵐望の秘密というのが何なのかがとても気になります。そして、嵐望が奈々に優しくなったと微笑んでいたので復縁するのかなと思いました。だけど奈々は龍彦と結ばれると予想します。また、ひかりは龍彦に惹かれていくのではないかなと予想します。
好美はなんだかいい子ちゃんぶってるので母親にしっかり自分の気持ちを伝えて貫き通せるのかも見どころかなと思います。
奈々が自分の弱みを龍彦に話せるようになっていき、龍彦の優しさに触れて二人が惹かれ合っていくのを楽しみにしています。皆それぞれ、いろんな悩みを抱えているんだなと改めて感じました。

(30代・女性)

 

第7話は、ついに龍彦が小野寺に直談判します。その結果、LBGTなどの問題を抱えている人はお見合いを中断できることになるのです。
好美の母から結婚を反対された好美と嵐望は、危機的な状況に陥ります。嵐望の秘密が発覚するのです。せっかく上手くいって幸せだったのに、一気に崖から転げ落ちたように好美の心は荒れていきます。母親からの嵐望を悪く言う電話も好美の心を蝕んだようです。
嵐望の秘密とは一体何なのか?とても気になります。以前から嵐望のどこに欠点があるのか探していましたが、見つからないので欠点はないのだと思っていました。今まで結婚出来なかったのは、やはり秘密があったのですね。次回が楽しみです。 (40代・女性)

 

抽選見合い結婚法の改正案の上申書が、フリージャーナリストで、小野寺大臣の娘であるヒカリによって大臣に手渡されたので、この改定案がどうなるのか楽しみです。ヒカリに自分自身の恋愛も前に進めるよう助言された龍彦と、リーチのかかった奈々との関係もきになります。奈々は今のままでは結婚は考えられないと言っていたので、一体これからどうするのでしょうか?その答えがそろそろ出るかもしれません。そして、奈々は祖母から、よしみは母親から自由になれるのかも見どころです。よしみは母親より嵐望を取ることができるのか、嵐望はよしみを守ることが出来るのか楽しみです。 (40代・女性)

 

宮坂龍彦と冬村奈々との関係が怪しくなってきました。
奈々は断って欲しいと、龍彦に頼んできたので弱気な人には耐えられないと思います。
それでも龍彦が奈々が良いというなら、展開は変わってきます。
結婚までは、険しい道のりですが慎重になればなるほどできません。
結婚が早かった人は、何も考えずにしています。
先のことなんて自分でも分かりませんから、自分でつくるものだと言います。
嵐望と好美の関係も難しくなってきました。
いい雰囲気だったのですが、お母さんの言葉で変わると思います。
人生経験が豊富なので見抜く力はありますが、経験するのは本人たちです。
上手くいかないのが人生だと痛感します。

(40代・男性)

 

龍彦の上申書をひかりが小野寺大臣に提出したことで、龍彦は大臣と面会でき、それが切っ掛けで結婚見合い法に新たな例外として中断可能な条件が認められるそうです。そして龍彦はSNSで、同志を更に集めるようで期待できそうです。しかし、小野寺大臣はマスコミに離婚した夫の娘の圧力で法を捻じ曲げたと批判されなければ良いと心配になります。その結果、大臣と、ひかりに新たな亀裂が出来なければよいのですが。
一方、好美は母親の態度の急変に惑わされますが、母親が探偵に頼んで調査すると嵐望に数々の女性関係があったとわかり、決定的に破談になるようです。
そして、振られた嵐望は、奈々に再び会い、奈々が優しくなったと誉めます。そして、再び、奈々に交際を申し込むのだと思います。その結果、龍彦と奈々の関係も折角、龍彦が楽しい時間を奈々と過ごしていたのも無駄になるのではないかと憂慮します。

(50代・男性)

 

好美はどうしても嵐望と結婚したいのだとあき恵に訴えても、あき恵は嵐望のことを全く認めなかったため、好美はそのことを嵐望に話した。龍彦は奈々の要望通りに事務局に断りの電話をすることになった。その時、友紀子が上申書を認めることになったと、ひかりが龍彦に連絡をし、龍彦と北風は喜ぶという展開になるのを予想する。
奈々の今後はどうなってしまうかどうかということ、嵐望はどうすればあき恵に認めてもらえるのだろうかと考えることになるかどうかということ、龍彦は奈々と今後向き合う気持ちがないかどうかということが見どころであり、また楽しみにしていることである。 (20代・女性)

 

第7話ではひかりを通して龍彦の作った上申書を読んでもらえるみたいなので、大臣はどう考えてくれるのか気になります。私は採用してほしいと思っています。龍彦は奈々のことを気になっているので、断ってほしいと言う奈々を止めてほしいと思っています。そして奈々もそんな龍彦の気持ちが伝わってこれからも会おうと前向きになってくれることを期待しています。好美のお母さんが嵐望のことを反対することで、好美がどうするのか気になります。好美自身が嵐望のことを好きなのであれば、今回は勇気を振り絞って自分の意思を貫いてほしいと思います。第7話も展開がどうなるか楽しみです。 (30代・女性)

 

まとめ

 

龍彦はついに大臣と面会。

抽選見合い結婚法の今後や、嵐望の秘密も気になります!

第7話も見逃せません♪

 

↓結婚相手は抽選での見逃し動画をお探しの方はコチラ♪↓

CHECK!
結婚相手は抽選での動画を無料で視聴する方法
結婚相手は抽選での見逃し配信フル動画を無料視聴!これなら全話タダで一気見♪

  2018年10月から放送の東海テレビ・フジテレビ系ドラマ『結婚相手は抽選で』。 少子高齢化対策として、お見合い相手を抽選であてがわれるという政策が国によって決めれられるという驚きの設定! ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

-2018秋ドラマ, 結婚相手は抽選で
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2019 All Rights Reserved.