スーパー戦隊 特撮

騎士竜戦隊リュウソウジャー最終回の48話あらすじ・ネタバレ!47話の感想・評価評判は?

更新日:

騎士竜戦隊リュウソウジャー第48話あらすじやネタバレ予想!第47話の感想や評判評価も!

 

2019年3月、騎士×恐竜の新しいスーパー戦隊『騎士竜戦隊リュウソウジャー』の放送がスタート!

毎週日曜日、朝9時30分のオンエアです。

 

今回は、『騎士竜戦隊リュウソウジャー』の第47話を見た人の感想や評価評判を集めました。

また、続く第48話のあらすじやみんなの予想もアンケート!

ぜひ最後までチェックしてくださいね♪

 

 

『リュウソウジャー』第47話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第47話の振り返り

 それぞれに穏やかで幸せな日常を過ごすコウ(一ノ瀬颯)たち。しかし、リュウソウジャーのことは忘れているようで…。と、突然、コウはクレオンに起こされる。エラスの光を浴び、眠ってしまっていたのだ。
その間、ティラミーゴたちがキングキシリュウオーでエラスに応戦していた。目覚めたリュウソウジャーが立ち向かおうとするが、この星を創り直すというエラスにより街は一瞬にして荒野と化す。さらに、アスナ(尾碕真花)とメルト(綱啓永)が、エラスの中に取り込まれてしまう。エラスは、眠らせた人間たちのエネルギーを使い、この星を創り直すつもりなのだ。
メルトは、一緒にエラスに取り込まれたクレオンの力を借り、自らサタンマイナソーを生み出す。これによりメルトたちは脱出に成功。サタンマイナソーはすぐさまエラスに倒され、メルトの意識も戻る。
メルトは、今や地球から切り離されたひとつの生命体となったエラスなら倒せると考える。リュウソウジャーは6人で立ち向かうが、エラスの圧倒的な強さに為すすべもない。それでもコウたちは立ち向かおうとするが、カナロ(兵頭功海)は、人々はこのまま眠り続けている方が幸せなのではないかと訴える。エラスが見せるのは、争いも失敗も絶望もない世界。それぞれが思い描く幸せを、夢の中で永遠に見続けることができるのだ。コウたちもそれが幸せなのではないかと思い始めるが、アスナは真っ向から否定する。仲間と手を取り合い、過ちや失敗を犯しても、逃げずに向き合い立ち向かう、それが生きるということ。戦う理由は、みんなで紡ぎ合って繋いでいく未来を創るためだと気づいたリュウソウジャーは、騎士竜たちとともに、エラスとの最終決戦に挑むのだった。

(引用:テレビ朝日公式サイト)

 

スポンサーリンク

 

 

第47話を視聴した人に感想を募集しました♪

今回のストーリ展開をみなさんはどう見たのでしょうか?

※感想は集まり次第随時更新していきます!

 

30代女性

久しぶりのナダの出演に大興奮してしまいました。楽しそうにコウと卓球をしていて、とてもほっこりした気持ちになりました。コウの夢でしたが、ナダの憑き物が落ちたかのような屈託のない笑顔が見れて嬉しかったです。またカナロをはじめ、仲間たちの迷いを振り切ってくれるアスナがかっこよかったです。さすがリュウソウジャーの紅一点、剛健の騎士です。確かに夢の中では幸せでも、本物の仲間たちは目の前にいる仲間たちであり、夢では本物の手の温もりもわからない。たくさん食べてもお腹は膨れません。ソウルを一つに敵に向かうリュウソウジャーを最後まで応援します。

 

30代男性

開始当初は正直「特撮作品初担当ライターだし慣れてない感じしかないなぁ」ぐらいの印象でしたが、エラスの実態といい、終盤に来て一気に引き込まれる展開になってきたなっと思えました。
カナロの葛藤も理解はできる一方で最後の選択が実に騎士らしいと思いました、今回は特にアスナとカナロの熱演が印象に残る形になり、一方で序盤はあんまり存在感がなぁっと思っていたメルトも今回の脱出もそうでしたが、要所要所で知恵袋で立ち回れていたなぁっと振り返れました。
惜しい点といえば6人で決めなければならないとはいえマスター・ブラックは結局参戦できない事と騎士竜が全員喋らないので、蚊帳の外の騎士竜が多くなってしまったことですね。

 

20代男性

騎士竜戦隊リュウソウジャー第47話「幸福と絶望の間で」
エラスの光に包まれたコウたち。
目が覚めた時にはそれぞれの幸せな光景が広がっていた。
コウはナダとの日常、カナロは結婚式…しかし、そこには違和感があった…

ついに、エラスとの最終決戦が幕を開けました。
しかし、エラスが見せた「夢」の前に、自身が守ってきた信念が揺らいでしまうコウ達。
誰も傷つかず、失敗もしない世界なら…誰しもが一度は考えたことでしょう。
しかし、「夢の世界で美味しいものを食べても、お腹は膨れないもん!」という、アスナの一言。
まっすぐで純粋なアスナだったからこそ言えた言葉でしたね。
そして、その夢には共に歩んできた仲間がいなかったことも違和感としてありました。
この1年間を通して、それぞれ共に歩んできたリュウソウジャー。
「俺たちは歴史の上に立ち、歩いていく!」強い決意を胸に、エラスに立ち向かうこの姿を見たとき思わずグッときてしまいました。
果たして、どんな結末が待っているのでしょうか…

 

30代女性

47話のリュウソウジャーの見どころは初っ端から死んだはずのナダの再登場から始まります。
彼と仲良くしたかったコウは卓球に興じ、カナロは結婚し。
よりあり得ない幸せな夢を見てしまったメンバーほど後のエラス戦に引きずってしまっていたのが、なんともえげつないなぁと思いました。
さすがエラス様。蛮族を2種類も生み出しただけある。
クレオンくんはリュウソウジャーを起こしたり、エラス様にとらわれたかつての敵二人を助けるためにメルトを媒介に特大のマイナソーを生み出したりして地味ながら大活躍でした。ワイズルー様のショータイムがはじまるよ!というセリフ個人的にすごい好きです。ここまでくると生存ほぼ確定。。。だよね?
ここまででも十分見どころは多かったのですが、後半のカナロの血を吐くような本音の吐露と、それを正面からめちゃくちゃな理屈ですらない感情論で跳ね返すアスナ。この二人の演技はすばらしいというほかなく、朝9時半にも関わらず大の大人がボロボロ泣く始末。名乗りもすばらしく格好よかったです。
リュウソウジャーの集大成とも言うべき回でした。来週で終わるのが惜しすぎる。


スポンサーリンク

 

30代女性

コウ達は、お互いのことを忘れ、それぞれ理想とする平和な世界を過ごしていましたが、それは夢でしたね。懐かしいナダの姿が見れて嬉しかったですが、クレオンの声で目覚めると、街の人々が倒れていてぞっとしました。エラスにより、街も一瞬で破壊されてしまい、どう太刀打ちすればいいのでしょうか。ワイズルーが、眠った人をツンツンして起こそうとしてるのは、笑えました。シリアスな内容の中で、ワイズルーとクレオンの存在は笑えて安心できました。苦戦するリュウソウジャー達の中で、カナロは、これ以上戦う意味があるのか、エラスに眠らされた夢の中にいるのが幸せなのではと言います。精神的にまいってきたリュウソウジャーが、アスナの言葉で復活です。全騎士竜がでてきた場面に感動しました。負けないでほしいです。

 

40代女性

リュウソウジャーが引っこ抜かなくても、エラス自ら地球から根っこを引き抜いてくれたので、倒せる未来が見えてきました。
ただ、強さは半端なかったです。
コウ達が眠っている間に対抗し続けていた騎士竜達は大変でしたね。
コウ達が目覚めた時には戦っていたのはキングキシリュウオーでしたが、ティラミーゴの言動からすると、他の騎士竜達も頑張っていたのではないかと推測されます。
でも、ラストでは皆で元気に登場してくれました。
モサレックスが波のような薄雲に乗って空に浮いているのはご愛敬でしょうか。
陸ではスピノサンダーにならないと移動できないと思っていたのですが、最終回やその直前ともなると何でもありのようです。
そして、こんな緊迫した時でも「そもさん、汝に問う」をやってくれるディメボルケーノと、すかさずツッコミを入れるプテラ―ドンも笑えました。
序盤でもエラス相手に自主出動して、こんな時でも茶化す余裕があるとは、前回でもテーブルの下で震え続けていた姿から一転して、プテラ―ドンは急にメンタルが強くなったみたいです。
封印の覚悟を決めた途端に吹っ切れたとか、プリシャスが居なくなったら怖いものなしなんですかね。

 

40代女性

今回のリュウソウジャーはグッとくるところがたくさんありました。それぞれがみていた夢。その世界では挫折や争いはないけれど、そこには温もりや仲間達がいない。夢をみながら終える人生に誘惑されそうになるけれども、それに「NO」をつきつけれたピンクがなかなかの英断だったなぁーと感心しました。地球と繋がっていたエラスを倒すことは出来なかったけれども、地球と離れた今こそエラスを倒せるということに気づいたところもさすがだなぁーと思いました。人間の力を栄養にして地球を再生しようとするエラスに打ち勝てることができるのか。

 

20代女性

衝撃的な展開となった前回に続く話ということで、冒頭からナダが登場したりと予想ができないスタートでした。
各々がみんな理想の世界で夢をかなえたりと楽しそうに過ごす傍ら、その世界には他の仲間がいないどころか「リュウソウジャー」が存在しない?
そこでこれがエラスの見せていた幻想だと気が付きました。世界を作り直すためにいまの地球を滅ぼそうとするエラスの前でカナロが、
眠っている人々はみんな同じように幸せな夢を見ているのか?それならこのままでもいいんじゃないか?と涙ながらに訴えたのには驚きました。
争いを好まない海のリュウソウ族だからこその意見に何故か強く心を打たれました。
しかしそんなのは押し付けだ!仲間がいない世界なんて!と憤慨し、あんたの都合を押し付けるな!と叫んだアスナに衝撃を受けました。
ここで強くこの作品のなかの「絆」を改めて感じました。仲間がいるからこそ前を向いて進めるんだという、彼らの選んだ騎士道を最後まで見届けたいと思います。

 

30代女性

リュウソウジャーのみんなが幸せな生活を送っているのですが、みんなはほかの仲間のことを忘れてしまっているようです。クレオンの声で目が覚めると、そこにはエラスに眠らされた人々たちが倒れていました。エラスと戦うが、アスナとメルト、クレオンがエラスに取り込まれてしまいますが、メルトがマイナソーを生み出し、脱出に成功します。全員そろったリュウソウジャーはエラスに立ち向かおうとします。しかし、カナロは夢の中が自分の理想の世界だったので、眠っていたほうが幸せなのではないかと訴えます。それを、アスナが否定し、未来は繋いでいくものだとわかり、リュウソウチェンジ。騎士竜たちも集まり、最終決戦に。

 

『リュウソウジャー』第48話はどうなる?

 

第48話のあらすじ

 リュウソウジャーは騎士竜たちとともに、エラスとの最終決戦に挑む。吹っ飛ばされボロボロになりながらも、皆で笑い合える未来を取り戻すため、果敢に立ち向かうリュウソウジャー。そしてついに、コウ(一ノ瀬颯)が騎士竜たちのパワーと想いを込めたリュウソウカリバーを、エラスに突き立てる。しかし、エラスを完全に倒す前に、リュウソウカリバーが折れてしまう。騎士竜たちのパワーがなくなったリュウソウジャーは変身することができず、さらにコウがエラスに取り込まれてしまい…

(引用:テレビ朝日公式サイト)

 

スポンサーリンク

 

 

次回は第48話。

予告やあらすじをみたみなさんの展開予想、楽しみにしている見どころポイントを聞いてみました!

※次回放送へのみんなの期待は、今後も集まり次第随時更新していきます♪

 

30代女性

いよいよ最終回になってしまいました。最大の敵、エラスを倒すことができるのか、そしてリュウソウ族とドルイドン族の確執がどのように解決するのかが最大の見どころだと思います。敵だと思っていたクレオンがキーマンになりそうです。またリュウソウカリバーが折れてしまい、コウがエラスに取り込まれてしまうというハプニングが、リュウソウジャーたちをより強くするのかもしれません。最終回にして新しい形態が見られる可能性もあります。どのような形で平和な世界を取り戻すのか最後の最後までわかりませんが、リュウソウジャーを応援したいと思います。

 

30代男性

次回は遂に最終回、リュウソウジャーと騎士竜は迷いと振り切りエラスに最終決戦を挑みます。
激戦の末コウが騎士竜達の力と思いを込めたリュウソウカリバーをエラスに突き立てますが、エラスを完全に倒す前にリュウソウカリバーが折れ、コウがエラスに取り込まれてしまう事になっていまい・・・という流れになるようです。
画像を見る限り最初は巨大戦を挑み、その後等身大戦で決着をつけるような流れになりそうな気がしますね。
元号が令和に代わるタイミングの作品だったからか、戦隊の放送時期も3月中頃と変更になり、この時期の最終回には若干まだ慣れてませんが、最後まで見届けたいですね。

 

20代男性

騎士竜戦隊リュウソウジャー第48話「地球の意思」
ドルイドン、リュウソウ族、人間をすべて消し去り、一から地球を作り直すことこそが地球の意思であるというエラス。
リュウソウジャーは、ソウルと騎士竜をすべて使い、最後の戦いに挑む…

1年間、長きにわたってきた戦いもついに終わりの瞬間が来てしまいました。
圧倒的な力を持つエラスを前に、リュウソウジャーはどんな結末を見せてくれるか。
そして、その戦いの結末は…
リュウソウジャーの合言葉としてよく使われていたのが、「ソウルをひとつに」という言葉。
それぞれのソウルが1年かけて、グッと高まってきた瞬間をずーっと見てきました。
最後の敵がどれだけ強大であろうと、きっと、このソウルは砕けないでしょう。
それが、コウ達が歩んできた「騎士道」ですから。
最後の騎士道、覚悟を決めて精一杯応援いたしします。

 

30代女性

48話はいよいよ最終回です。かつて滅ぼしあっていた蛮族と蛮族が手を取り合い、地球を守るために地球に挑む。
なんとも矛盾しているようですが、しかしそれはかつてエラス様が望んでいた光景でもあるのではないでしょうか。
子ども向け番組である以上まあハッピーエンドなのは目に見えているのですが、問題はそこに行きつくまでの過程にあります。
ナダの死あたりからキッツイ展開が続いてきたリュウソウジャーなので、最終回も一筋縄ではいかないと思います。
戦闘民族がただ戦って地球の平和を勝ち取る、ということはさすがにないと思うし、まったく予想ができません。
プリシャスの顛末も気になるところ。あとワイズルー様ももう一個くらいなんかしてくれるよね???ね?????

平成最後のスーパー戦隊がに戦い対しどういう回答を出してくるのか。
47話のアスナのセリフがすばらしかっただけに期待感でいっぱいです。

でもあと4クールくらいやってほしいです正直なところ。

 

30代女性

いよいよ最終回ですね。めちゃくちゃ寂しいので、終わってほしくないですが、エラスは倒さないとです。とてつもなく強力なパワーを持ったエラス、リュウソウジャーと、騎士竜、全員の騎士道を見せてほしいと期待しています。そして、私個人的に前からずっとワイズルーとクレオンの大ファンなので、エラスを倒した後もこの二人には楽しく生きていってほしいです。エラスに取り込まれたプレシャスも、改心して生きていってほしいです。最終回なので、リュウソウジャー達の活躍を、最後の最後の瞬間まで目に焼き付ける気持ちで、観たいと思っています。平和な世界を取り戻せますように。

 

40代女性

とうとう最終回を迎えてしまい、決着が楽しみなような、終わってしまうのが寂しいような複雑な気がします。
最後にはエラスを倒せるのでしょうが、その時にティラミーゴ達がどうなっているのかには不安を覚えます。
リュウソウカリバーが折れるとか、騎士竜達のパワーがなくなって変身できなくなるとか、この期に及んで危機感がてんこ盛りで盛り込まれて、騎士竜好きとしては彼らのことが心配でなりません。
リュウソウジャー達は全員生き残りそうですが、是非、騎士竜達にも最後まで一緒に居て欲しいものです。
パワーがなくなるというのはリュウソウルにチャージされた分のことであって、最後はリュウソウジャーと騎士竜達のソウルが一つになることで会心の一撃が出てエラスを撃破する、という展開になってくれることを祈ります。
ストーリー上の見どころは決着シーンとなるとして、もう一つの見どころは戦後の皆がどんな風に描かれるのかです。
47話で各々の望む世界が描かれましたが、叶わない願いも多かったので、現実ではどうなるのかが楽しみです。
エピローグに騎士竜達の未来も描かれていたら最高ですね。

 

40代女性

あれだけ強さ満載のエラスにどう打ち勝つのか、というところが楽しみです。エラスはそれこそ母のような存在であるものを倒すということ、母を越えていくことが出来るのか、そして、リュウソウジャー達が選んだ未来が訪れた時にそこにあるものは何になるのか、というところがものすごく楽しみです。地球の意思であったエラスを倒すことによって、地球そのものには何の影響もでないのか、ものすごく気になるところをどういう風に説明してくれるのか。望んでいた未来というものが訪れるのか、望んでいる未来はどんなものなのか、っていうのが楽しみです。

 

20代女性

ついに1年間の集大成を迎えるリュウソウジャー。衝突したり悩んだり色々あったけど最後に彼ら自身で切り開いた「騎士道」の全てを
しっかり彼らの成長と共に見届けられたらと思っています。
全く歯のたたなかったエラスに対して前回メルトが見つけ出した倒すためのヒント。圧倒的な力の差の前にどう立ち向かうのかが楽しみです!
そしてどのようなラストを迎えるのか全く想像ができませんが、みんなで仲良く騎士竜たちも存在する世界がきっとやってくると信じています。
そして彼らが各マスターやナダに胸を張って、しっかりと良い報告ができたらいいなと思っています。
彼らの1年間の努力の結晶、一緒に最後まで走り切りたいです!

 

30代女性

エラスとの最終決戦となります。コウは騎士竜たちの力をリュウソウカリバーにこめて、エラスを封印することはできるのか、またはエラスを倒すことができるのか、気になります。エラスは自分こそ地球の意思と言っていたが、地球の意思とはなんなのか。そしてリュウソウジャーはどうなるのか。ドルイドンとリュウソウジャーを滅ぼす目的からいっても、リュウソウ族の存在もどうなるのか、見どころの一つだと思います。個人的には、ワイズルーとクレオンの会話が好きなので、最後ほっこりとする感じで、2人の絡みがあることを期待しています。

 

まとめ

 

いよいよ最終回を残すのみとなりました!

一体どんな結末で物語が終わるのか、楽しみですね。

絶対に見逃せません!!

 

-スーパー戦隊, 特撮
-, , , , , , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2020 All Rights Reserved.