2020冬ドラマ 駐在刑事 season2

駐在刑事Season2の5話あらすじ・ネタバレ!4話の感想・評価評判もチェック♪

更新日:

駐在刑事Season2の5話あらすじやネタバレ予想!第4話の感想や評判評価も!

 

テレビ東京で2020年1月24日スタートの冬ドラマ、『駐在刑事 Season2』。

テレビ東京で毎週金曜夜8:00からの放送です。

 

スペシャルドラマとして5本、昨年10月に連続ドラマとして金曜8時のドラマ枠で放送された『駐在刑事』が、連続ドラマシーズン2の放送を決定!

シーズン1でも高い視聴率を獲得しているこのドラマが、さらにパワーアップします。

 

主演は寺島進で、かつて警視庁捜査一課の敏腕刑事だったものの、今は奥多摩の住民に親しまれる駐在警察官になった主人公・江波敦史を演じます。

他にも、前作に引き続いて北村有起哉、笛木優子、佐藤寛太、鈴之助、市毛良枝などなど豪華俳優陣が出演します。

今まで分からなかった、登場人物の過去や因縁も明らかに!?

 

この記事では、ドラマ『駐在刑事 Season2』の第4話を見た人の感想や評価を集めています!

続く第5話の予想や期待もチェックです♬

 

 

『駐在刑事2』第4話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第4話の振り返り

奥多摩で金貨が発見され宝探しが流行!観光客が急増し江波(寺島進)は毎日見回りに駆り出されていた。そんな中、夏子(田中美里)の息子・海人(髙橋來)も友達と山へ宝探しに向かう。すると偶然、男(大澄賢也)が死んでいるのを発見。驚きのあまり逃げ出すが犯人らしき人物に顔をみられてしまう。その後江波が渓流で男の死体を見つけ…。
山にあったはずの死体がなぜ渓流で発見されたのか?さらに海人にも犯人の魔の手が迫る!

(引用:テレビ東京公式サイト

 

スポンサーリンク

 

 

第4話を視聴した人に感想を募集しました♪

今回のストーリ展開をみなさんはどう見たのでしょうか?

※感想は集まり次第随時更新していきます!

 

40代女性

今回は、夏子の息子・海人が中心のストーリー展開で、海人が奥多摩に引っ越して来てから初めての友達となる増本聡士との友情や絆を見ることができて、心温まる場面がたくさんありました。
今回の殺人事件の真犯人であるオレンジ色のパーカーの人物に追われながらも、聡士との秘密を守ろうとした海人は、途中、夏子との関係がギクシャクしてしまいますが、江波と話すことによって海人は心を開き、後に出会う聡士とも打ち解ける場面も良く、江波がいかに奥多摩の人たちに親しまれているかがよく分かり、人情家である江波の活躍が素晴らしいです。
殺人事件でも、江波の観察力や人を信じる気持ちから真犯人を暴き出す活躍も見事で、ストーリー展開もすっきりして面白かったです。

 

40代男性

海人たち犯人に山の中で追いかけまわされた時は怖かっただろうな。
まさか窯元で死体に遭遇するだけでなく近くに犯人もいたわけだから。
全身オレンジのレインコートに包まれた犯人を子供だけに一生トラウマのようになるんだろうな。
そして殺された不動産会社社長の染岡は自身の親の代から持つ財産が大事と言いながら夜な夜な飲み屋で豪快なお金の使い方をしていたようでそりゃもちろん良く思わない人も出てくるだろうなと。
その最たる人物が秘書の姫野だった訳で彼女も染岡から冷たい仕打ちを受けていたんですね。
あと海人たちが奥多摩の山中に金貨を探しに行くシーンはスタンドバイミーみたいでまさしく子供たちの大冒険的な感じがして良かったですね。

 

スポンサーリンク

 

『駐在刑事2』の第5話はどうなる?

 

第5話のあらすじ

平成最後のフィクサー大曾根(伊東四朗)の右腕で、殺人容疑で裁判中の葛城(本宮泰風)が警察病院から逃走した!加倉井(北村有起哉)は江波(寺島進)へ復讐するためではないかと忠告し奥多摩を捜索。
そんな中、奥多摩で男の変死体が発見された。元妻の羽川(真飛聖)に疑惑の目が向けられるが、遼子たちがアリバイを証言する。そして遂に葛城が姿を現し江波が襲われた!
葛城の目的は!? 真実を知った江波はある行動にでる!

(引用:テレビ東京公式サイト

 

スポンサーリンク

 

 

次回は第5話。

予告やあらすじをみたみなさんの展開予想、楽しみにしている見どころポイントを聞いてみました!

※次回放送へのみんなの期待は、今後も集まり次第随時更新していきます♪

 

40代女性

次回は、前シーズンで登場した大曾根の右腕で、殺人容疑をかけられている葛城竜蔵が奥多摩へ逃げ込んできますが、かつての事件で葛城と江波の因縁がシリアスな展開になる予感がします。
葛城は江波への復讐心が強いと思われ、葛城がなぜ、奥多摩へやって来たのかが気になると同時に、大曾根の過去も回想シーンとして描かれるとしたら、事件の背景がはっきりして面白みも増すように思います。
また、今回の事件では、子供食堂「おうめ」のボランティアの人たちや老舗旅館の跡取り息子とその妻まで絡んで、葛城の逃走とは別で起こる殺人事件との関連など、これらがどのように交わるのかなど、ミステリアスな展開に期待しています。

 

40代男性

殺人容疑で裁判中の葛城が警察病院から脱走。
江波への復讐だと加倉井管理官は言うけれどもこれが事実だとするならば相当根にもつ男なのでしょう。
と言う事で奥多摩一体に緊急配備を敷くが江波が葛城に襲われてしまう。
大丈夫なのか江波は。
そして奥多摩で男性の変死体が発見され元妻の羽川に疑いの目が向けられるが夏子の証言からもアリバイはしっかりあり事件は混沌。
捜査が停滞してしまいがちのとこに江波はある少女に出会うのだがこの少女が葛城の逃走と殺人事件のカギを握っているようなのだがこの少女は一体何者なのか。
この少女により事件は全て解決に向かうのか注目です。

 

まとめ

 

次回はかなりの大騒動になりそう。

殺人容疑で逃走中の男に江波も狙われると…。

でもこの真相には家族の絆が隠れていそうですね!

江波の人情ある解決策に期待です!!

 

スポンサーリンク

-2020冬ドラマ, 駐在刑事 season2
-, , , , , , , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2020 All Rights Reserved.