2020冬ドラマ 女子高生の無駄づかい

ドラマ「女子高生の無駄づかい」3話あらすじ・ネタバレ!2話の感想・評価評判もチェック♪

更新日:

女子高生の無駄づかい3話あらすじやネタバレ予想!第2話の感想や評判評価も!

 

テレビ朝日で2020年1月24日スタートの冬ドラマ、『女子高生の無駄づかい』

テレビ朝日で毎週金曜夜11:15からの放送です。

 

キラキラした青春も、甘酸っぱい恋もない!

全力で残念な毎日を浪費する女子高生たちの日常コメディードラマ『女子高生の無駄づかい』がスタートです!

 

主人公の「バカ」こと田中望を演じるのは岡田結実。

変顔・ガニ股・下ネタなどなど全力で「バカ」な役どころを演じます。

他にも恒松祐里、中村ゆりかたち人気女優が残念なJKを快演!

 

この記事では、ドラマ『女子高生の無駄づかい』の第2話を見た人の感想や評価を集めています!

続く第3話の予想や期待もチェックです♬

 

 

『女子高生の無駄づかい』第2話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第2話の振り返り

人は誰しも、他人からすればしょーもないことを、ものすんっごく…気にしていたりする――。

例えばロリ(畑芽育)。高校生にも関わらず幼すぎる見た目を気にする彼女は、自分に「ロリ」というあだ名を付けたバカ(岡田結実)にナメられないように必死でオラつく日々。

全力でオラつくあまり、バカとその友人であるヲタ(恒松祐里)、ロボ(中村ゆりか)に「舐めた真似ばかりしてると、白馬に乗った王子様が現れなくて孤独死する」と、とんでもない捨て台詞を投げつける。

一方、優等生すぎて面白みがない…と自分に自信のないマジメ(浅川梨奈)は、密かにロボに憧れを抱いている。そんなある日、ロボがバカの背脂のモノマネを見て笑う姿を見て衝撃を受け、「鷺宮さん(ロボ)と親しくなるには田中さん(バカ)の攻略が必須」と必死にバカの観察に勤しみ始める…。

その頃、ワセダ(町田啓太)は重度の中二病・ヤマイ(福地桃子)の進路希望の内容に驚がくしていた。「文系か、理系か」という問いに対して「ドラゴンに乗って戦いたい!」と息巻くヤマイ。JKの担任のキツさに、ワセダのイライラは募っていき…?

なにはともあれ、老後に孤独死しないためにも“彼氏”は欲しい、と悩むバカとヲタ。しかし「どんな男性がタイプなのか」すらわからず、“ドキドキ”を探すために街へと繰り出すことに。秒で飽きたところでヲタが愛するボカロP=「低所得P」が新曲をアップ! 突然悶絶し興奮が抑えきれないヲタは、バカたちを残してさっさと帰宅。憧れの低所得Pに、愛を込めたメッセージを送信するのだが…。

この時、ヲタはまだ知らない。低所得Pの正体を。

(引用:テレビ朝日公式サイト

 

スポンサーリンク

 

 

第2話を視聴した人に感想を募集しました♪

今回のストーリ展開をみなさんはどう見たのでしょうか?

※感想は集まり次第随時更新していきます!

 

30代男性

このドラマで個人的に好きなのは中二病なヤマイこと山本美波です。
どんなことでも中二病に変換するキャラというのは今はもう割とありふれてはいるんですけど、次はどういう屁理屈を繰り出すのかというのはやっぱり楽しみにしてしまう。
今回はワセダこと担任教師の佐渡正敬との二者面談ということで、やりとりがそのままコントのようで笑いました。

そして今回で特に気になったのは冒頭から目立ったロリこと百井咲久。そんなに気にしていた登場人物ではなかったんですが、
ロリというあだ名を嫌って終始強がる姿と、微妙にズレてるオラつきと、隠しきれない子供っぽさがとても可愛らしかったです。
次回から気になりそうです。

 

30代女性

バカも独特ですが、他のクラスメイトたちも個性豊かで面白かったです。担任のワセダは確かに大変だろうなと感じましたが、ワセダ自身も堂々と女子大生好きをアピールするなど変わっているので、意外とバランスが良いのかなと思いました。バカの天真爛漫でポジティブなところは、見ていて羨ましくなるほどでした。彼氏が欲しいと言いつつも、街で見かけた男性にはダメ出しの連続だったので、意外と理想が高いと感じました。バカが自信満々にかつらをかぶって登場したシーンは、笑ってしまいました。ロリはバカたちには強気な態度だったのに対して、祖母に甘えていた姿が可愛らしかったです。

 

40代女性

やまいの、進路相談も中二病が爆発していておかしかったです。
まじめの今までの過去は勉強中心だったので、友達や女子の話題についていけない人になってしまい、それを悩んでいるところが共感が持てました。
まじめはロボとは気が合いそうだと思いますが、なかなか声がかけられなくて、まじめはロボと仲良くなるにはバカとまず仲良くならなければ、と思い、バカの生態観察を開始したり、ロボと話しができないとあたふたするのが切なくて、最後には雨に濡れるのが大好きだとはじけて、面白かったです。
出てくる女子高生が個性的で、こんなこいないよな、と思いますが、微笑ましく観ています。

 

スポンサーリンク

『女子高生の無駄づかい』の第3話はどうなる?

 

第3話のあらすじ

登校して早々、バカ(岡田結実)はヲタ(恒松祐里)とロボ(中村ゆりか)に衝撃的な相談を持ちかける。
「うちの脱ぎたてのパンツってどれくらいの価値があるんだろうか…?」

朝から騒がしいバカたちを尻目に「今日は何事もなく一日過ごせますように」と祈るワセダ(町田啓太)。そんな願いもむなしく、ヤマイ(福地桃子)がフードのジッパーを髪にからませて暴れたり、ホームルーム中に笑いすぎたバカが窒息しそうになるなど、午前中からワセダの疲労は限界MAXに。
さらには、不登校で出席日数が足りなくなりそうなマジョ(井本彩花)に電話をかけたところ「学校は人の毒気が渦巻いている」「瘴気にあてられてしまう」と意味不明なこと言われ、癒しをもとめたワセダは、だらしない体の猫“もっちにゃん”グッズを求め、街を徘徊することに…。

そんな中、バカたちのクラスに転校生がやってくる。彼女の名はリリィ(小林由依)。オーストリア人の父と日本人の母を持つスタイル抜群のリリィにクラス中からは羨望の眼差しが。しかし「好きなものは女の子。嫌いなものはオスです」という自己紹介に、秒で“変人”認定が成されることに。
早速バカの隣の席に座ったリリィは、友好関係を深めようとボディタッチをするが、なぜかバカに触れただけで、突然くしゃみが発動。「オスアレルギー」が出るのは、男に触れた時だけはずなのに。
新メンバーも加わり、更なるハナクソレベルの日常が幕を開ける――。

(引用:テレビ朝日公式サイト

 

スポンサーリンク

 

次回は第3話。

予告やあらすじをみたみなさんの展開予想、楽しみにしている見どころポイントを聞いてみました!

※次回放送へのみんなの期待は、今後も集まり次第随時更新していきます♪

 

30代男性

今回はワセダが実はヲタの憧れる低所得Pであることがわかったのですが、それがこの先どう展開していくかが気になります。
イケメンで真面目だけど実は女子大生好きだけど実はボカロPって、面白い人だ……。
町田啓太さんの嫌味のない演技にも同じ男ながら好感が持てます。

さて次回のあらすじを見ると、また冒頭からパンツとか不穏なワードが飛び交っていますが、注目は転校生。
現在のキャラが渋滞してうるさすぎるような中でさらに新キャラクターが登場するのだと。
しかし今度はオーストラリア人ハーフの女子。しかも女子が好きらしい。これはまた濃い。
何だかんだでまた楽しくなりそうです。

 

30代女性

第3話の見どころは、バカたちのクラスに転校生が登場するという点です。バカをはじめとしたクラスメイトたちが、その転校生とどのような接し方をするのか楽しみです。転校生に関しても女子が好きという個性が強いキャラクターのようなので、さらに騒がしいクラスになりそうで期待しています。転校生が新しい風を入れて、バカたちを振り回す展開になると面白そうだと思います。また、予告でロリが担任のワセダに対してパパと言っていたシーンが気になります。ワセダには冷静に対応してもらいたいですが、どのような展開になるのか楽しみにしています。

 

40代女性

毎回やる、ちょっとした鷺宮(ロボ)の連続ドラマ内小説「ロボっこ」が、きちんとしたストーリーになっているので、思わず注目して、真剣に見てしまいます。
友達が微生物、という変わったロボっこが、これからもらわれた先の家族とのふれあいを通して成長していくのか、それとも、笑いにもっていくオチなのか、気になります。
女子高生の学校生活は、男子がいないだけで、こんなにのびのびして、おかしいものなのかと思いますが、ひとりひとりのキャラクターが面白くて、表情豊かなので、楽しんでいます。
特にバカ以外のキャラクターそれぞれを掘り下げたシーンが、もっと増えてくれるとうれしいです。

 

まとめ

 

バカのクラスメイト達もキャラが濃い!

そこへなんと次回は転校生まで仲間入りするんですね~。

しかもハーフだとか。

それぞれのキャラがもっと深掘りされるところを期待したいです♪

 

スポンサーリンク

-2020冬ドラマ, 女子高生の無駄づかい
-, , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2020 All Rights Reserved.