2020冬ドラマ 女子高生の無駄づかい

ドラマ「女子高生の無駄づかい」2話あらすじ・ネタバレ!1話の感想・評価評判もチェック♪

更新日:

女子高生の無駄づかい2話あらすじやネタバレ予想!第1話の感想や評判評価も!

 

テレビ朝日で2020年1月24日スタートの冬ドラマ、『女子高生の無駄づかい』

テレビ朝日で毎週金曜夜11:15からの放送です。

 

キラキラした青春も、甘酸っぱい恋もない!

全力で残念な毎日を浪費する女子高生たちの日常コメディードラマ『女子高生の無駄づかい』がスタートです!

 

主人公の「バカ」こと田中望を演じるのは岡田結実。

変顔・ガニ股・下ネタなどなど全力で「バカ」な役どころを演じます。

他にも恒松祐里、中村ゆりかたち人気女優が残念なJKを快演!

 

この記事では、ドラマ『女子高生の無駄づかい』の第1話を見た人の感想や評価を集めています!

続く第2話の予想や期待もチェックです♬

 

 

『女子高生の無駄づかい』第1話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第1話の振り返り

街に溢れるキラキラな女子高生たち。タピオカ、自撮り、盛れた?いいね!いいね!
そんな中…ひときわキラキラ感のない、3人の女子高生が歩いている。
彼女たちの名は田中望=バカ(岡田結実)、菊池茜=ヲタ(恒松祐里)、鷺宮しおり=ロボ(中村ゆりか)――さいのたま女子高等学校(通称:さいじょ)に通う、正真正銘の女子高生=JKである。

入学早々、彼氏が欲しいと息巻くバカ。
しかしクラスを見渡し衝撃的事実に気づく。「なんで女しかいねーんだ?」
受験したのが“女子高”だったことに今更気づき、悲嘆にくれるバカ。
これじゃ男子との出会い、絶望的じゃん。高校入ったらモテまくってイケメンの彼氏作るはずだったのに!こうなったら担任教師に期待するしかないじゃん!
…しかしバカのそんな願いもむなしく、現れた担任の佐渡正敬=ワセダ(町田啓太)は、着任の挨拶でゴリゴリの“女子大生派”だ、と宣言する。

華のJK生活に危機感を感じたバカは、他のクラスメイトと距離を詰めようとするも、重度の中二病・山本美波=ヤマイ(福地桃子)、優等生すぎて面白みゼロの一奏=マジメ(浅川梨奈)、無駄にオラつくお子ちゃま・百井咲久=ロリ(畑芽育)、コミュ障オカルトマニア・久条翡翠=マジョ(井本彩花)など、超個性的な面々にげっそり。

かくして始まったJKたちの、ハナクソレベルの日常――彼氏を渇望するバカに明るい未来はあるのか?

(引用:テレビ朝日公式サイト

 

スポンサーリンク

 

 

第1話を視聴した人に感想を募集しました♪

今回のストーリ展開をみなさんはどう見たのでしょうか?

※感想は集まり次第随時更新していきます!

 

30代男性

とにかく肩の力を抜いて気軽に見れるコメディードラマだと思います。
女子高生の友情ドラマではあるものの、変に感動シーンを入れたりするわけでもなく、とことんふざけ倒している部分が面白いと感じました。
ところどころにパロディーを挿入しているので、1つのドラマの中にいくつもドラマがある新鮮な感覚でした。
いわゆる女子高生あるあるドラマなのかな、と思って見ていましたが意外とそういうシーンは少なかったです。
そして岡田さん演じる主人公のクラスメイトのキャラが濃すぎて、初回にしてだいたいどんな人がいるか覚えてしまうほどです。
特にロボのクールボイスが個人的にツボでした。

 

30代女性

いろいろなキャラの女子高生が出てきて次々と物語が展開していく。短編集のようなドラマです。若い時に感じていた何かやらなきゃと感じちゃう感覚が懐かしく感じました。主人公と友達2人のやりとりが面白いです。あだ名もバカ、ロボ、ヲタと各キャラの特徴を表しています。第一話では紹介くらいで出てきたクラスメイトとヤマイ、マジメ、ロリ、マジョと今後の展開が楽しみなキャラ。教師の女子大生好きのワセダ、絶妙な教頭、街の警官など、要所要所で主人公との絡みがとても面白いです。
一番面白かったのが主人公を探している先生がヤマイとヲタ、ロボと絡みツッコミを入れるところがよかったです

 

20代女性

ドラマ第1話を見ているうちに、大胆不敵なバカのことが大好きになってしまいました。もし本当に友達にいたら苦労するのかもしれないですけどね。ヲタは常識人ポジションでつっこみ役。バカのせいで迷惑をかけられたりもしていますが、中学時代の思い出やラストシーンなどを見てるとバカと一緒にいてすごく楽しそうだなぁと思いました。ロボは感情が死滅してると言われていますが、最後のバカの発言を聞いたときの表情やその後の言動からすると、彼女も3人でいることを望んでいるのかなぁと想像できます。ロボは謎が多いところが良いところでもあるのでこのままでいてほしくもあります。

 

 

スポンサーリンク

 

『女子高生の無駄づかい』の第2話はどうなる?

 

第2話のあらすじ

人は誰しも、他人からすればしょーもないことを、ものすんっごく…気にしていたりする――。

例えばロリ(畑芽育)。高校生にも関わらず幼すぎる見た目を気にする彼女は、自分に「ロリ」というあだ名を付けたバカ(岡田結実)にナメられないように必死でオラつく日々。

全力でオラつくあまり、バカとその友人であるヲタ(恒松祐里)、ロボ(中村ゆりか)に「舐めた真似ばかりしてると、白馬に乗った王子様が現れなくて孤独死する」と、とんでもない捨て台詞を投げつける。

一方、優等生すぎて面白みがない…と自分に自信のないマジメ(浅川梨奈)は、密かにロボに憧れを抱いている。そんなある日、ロボがバカの背脂のモノマネを見て笑う姿を見て衝撃を受け、「鷺宮さん(ロボ)と親しくなるには田中さん(バカ)の攻略が必須」と必死にバカの観察に勤しみ始める…。

その頃、ワセダ(町田啓太)は重度の中二病・ヤマイ(福地桃子)の進路希望の内容に驚がくしていた。「文系か、理系か」という問いに対して「ドラゴンに乗って戦いたい!」と息巻くヤマイ。JKの担任のキツさに、ワセダのイライラは募っていき…?

なにはともあれ、老後に孤独死しないためにも“彼氏”は欲しい、と悩むバカとヲタ。しかし「どんな男性がタイプなのか」すらわからず、“ドキドキ”を探すために街へと繰り出すことに。秒で飽きたところでヲタが愛するボカロP=「低所得P」が新曲をアップ! 突然悶絶し興奮が抑えきれないヲタは、バカたちを残してさっさと帰宅。憧れの低所得Pに、愛を込めたメッセージを送信するのだが…。

この時、ヲタはまだ知らない。低所得Pの正体を。

(引用:テレビ朝日公式サイト

 

スポンサーリンク

 

次回は第2話。

予告やあらすじをみたみなさんの展開予想、楽しみにしている見どころポイントを聞いてみました!

※次回放送へのみんなの期待は、今後も集まり次第随時更新していきます♪

 

30代男性

バカ、ヲタ、ロボの3人のどんなぶっ飛んだ日常が描かれるか楽しみです。
そしてパロディーシーンにとても力を入れているドラマということがわかったので、今度はどんなパロディーが出てくるのか期待して見たいと思います。
特に主人公のバカは彼氏を欲しがっていたので、何か恋愛に進展があれば面白そうだと思います。
デートを友人2人に相談してそこから爆笑シーンの連続の場面が頭に浮かんできます。
また、担任のワセダもかなり癖のある人物なので、彼との絡みもまた面白くなりそうです。
初回からかなりのドタバタ劇場だったので、2話以降もこのドタバタを期待してしまいます。

 

30代女性

いろいろな女子高生が出てきてそれぞれのエピソードが展開していく。パロディ要素もあり要所要所で笑える。
第一話では紹介くらいだった、マジメに芽生えた恋。ロボとどんなエピソードを展開するのか、またロリのエピソードとして出てくるアクティブおばあちゃんが某テレビ番組のロボットおばあちゃんを思わせる。ヤマイは黒猫とのエピソード?主人公の坊主姿など予想もつかない展開を期待させてくれます。
ドラマのキャラでボケとツッコミを両方こなす教師のワセダがとても面白くお気に入りです。彼女いなくて最高だ!と叫んでいたのはなぜか?第二話が今から楽しみです

 

20代女性

まず2話で期待したいのは、1話同様飾らないバカの自由気ままな振る舞いです。また馬鹿なことを真剣にやってほしいです。そしてそれに振り回されるヲタやワセダ、我が道をゆくロボのエピソードになるのかなと予想します。他の生徒の中では、ヤマイも我が道をゆくキャラだと思うので、バカともっと絡んでほしいですね。ロリは1話では態度が悪かったですが、家ではおばあちゃんに甘えるんでしょうか。しかしそのおばあちゃんは次回予告でなにか未来的なゴーグルをつけていました。最先端なおばあちゃんなんですかね、とても気になります。マジメは、1話では真面目なだけでしたが、他の一面もあるのでしょうか。2話でそれらがわかると嬉しいです。

 

まとめ

 

ヲタが思い出したバカのいいところ。

そこまで感動が強いわけではありませんが、ほっこりする場面でよかったですね~。

ロボの雰囲気もよかったですね!

これからマジメやロリなど、ほかのキャラクターをフィーチャーした回があると楽しみです♬

 

スポンサーリンク

-2020冬ドラマ, 女子高生の無駄づかい
-, , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2020 All Rights Reserved.