2018秋ドラマ ハラスメントゲーム

ハラスメントゲーム5話あらすじ・ネタバレ!みんなの4話感想・評価・評判は?

更新日:

ハラスメントゲーム第5話あらすじやネタバレ予想!第4話の感想や評判評価も

 

 

2018年の秋ドラマ『ハラスメントゲーム』。

毎週月曜日の夜10時から絶賛放送中です!

 

この記事では、ドラマ『ハラスメントゲーム』の第4話を見た人の感想や評価を集めています!

続く第5話の予想や期待もチェックです♬

 

 

『ハラスメントゲーム』第4話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第4話の振り返り

 

高村真琴(広瀬アリス)も憧れる女性初の店舗開発部長・貴島秀美(黒谷友香)が、部下からモラルハラスメントを受けていた。無視、情報隠し…そんなモラハラの中心人物が秀美の同期で次長の岩熊義雄(山中崇)。実は脇田治夫(髙嶋政宏)に目をかけられ部長候補と言われていたが、丸尾隆文(滝藤賢一)のひと声で秀美が部長に。原因は嫉妬なのか?真相を確かめるため、秋津渉(唐沢寿明)はある方法で岩熊に接触を試みるが…

(引用:テレビ東京公式サイト

 

スポンサーリンク

 

今回は部下からのモラハラがテーマで、女性上司が部下たちから無視されたりいじめをされるという、1対1ではないところがとても陰湿たなと感じました。
よくあんな状況で3ヶ月も耐えましたよね。
しかし、その元凶が裏で動いている脇田だったことには腹が立ちました。あの人は自分の思い通りにならないと気が済まないんですかね。
秋津の上に立つものは嫌われてなんぼだといつところには共感できました。嫌なこと言っていくのが上司ですもんね。
秋津を裏切った脇田の理由は本音なんでしょうか。もう、脇田の弱みを握ることに秋津は躊躇わなくなりそうです。

(30代・女性)

 

無視等のモラハラが今回の新しいハラスメントとして、取り上げられていましたが、個人的に無視をされる等の経験は私もありましたので、他人事の様に感じられずとても共感して見ていました。身体で受ける傷も痛いですが精神のダメージになるこちらの傷の方が、余程深刻だと少し怒りの感情も沸いてきて知らぬ間に夢中で見ていて、トイレに行けずCM中に慌てて行く程でした。結局は秀美の遠慮し過ぎな所もよくないと感じましたし、同期の岩熊も上手く上司に踊らされ、嫉妬心につけ込まれたのも悪いと感じました。秋津が涙ぐみながら二人を納得させるシーンは説得力があり、本当に秋津役の唐沢寿明さんはこんな真っ直ぐな台詞を言う演技が上手いなと改めて感じました。 (40代・男性)

 

今回は女性初の店舗開発部部長の貴島を岩熊をはじめとするを部下達が無視や情報隠しなどイジメを行い、貴島を孤立させるするモラルハラスメントがテーマだったが、貴島が部下達からいじめを受ける場面は心が痛くなった。
貴島と貴島が自分の代わりに出世したことが腹立たしい岩熊との関係性など、全体的に人間関係の様子が分かりやすく観やすかった。
終盤で貴島が岩熊を論破し、岩熊がぐうの音も出なくなった場面は、痛快で気分がスッキリしよくぞ言ってくれたと思った。
最終的には貴島と岩熊は仲直りをし、普通の上司と部下の関係に戻ったが、これで本当にイジメはなくなったのかなと少し疑問に思った。

(20代・男性)

 

女性の上司に対して、部下がハラスメントを起こすと言う話でした。現代社会でも、女性が男性の上に立つと、女を使ったからだとか言われ嫉妬を買うので、とても良いテーマだと思いました。秋津が、わざと誘導して、貴島と岩隈が、本音で思っていることを口に出すシーンは、スッキリしました。秋津の名台詞、クズ中のクズだ!やクズだ!のシーンは、毎回、迫力があって、心に突き刺さり、とても良いです。そして、秋津夫妻のやり取りは、クスッと笑わせてくれるような感じでありながら、秋津が、問題解決のためのヒントをもらうような感じになっているところが、面白いです。 (40代・女性)

 

スポンサーリンク

 

『ハラスメントゲーム』第5話はどうなる?

 

第5話のあらすじ

 

秋津渉(唐沢寿明)のもとに水谷逸郎(佐野史郎)から突然連絡が。飲み会で泣き出し、それ以来出社していない広報課・関根かすみ(岡本玲)の問題を解決して欲しいという。かすみ曰く原因はアルハラ。定期的な飲み会への出席を強要されたと主張する。主催者である課長・結城三郎(八嶋智人)への指導を条件に出社を約束するが、事情を知りショックを受ける結城。親睦を図ろうとしただけなのにと、やりきれない表情を浮かべるが…。

(引用:テレビ東京公式サイト

 

 

スポンサーリンク

アルコールハラスメントがテーマみたいですね。さらに、上司が部下に恋心を抱いているという展開はとても面白くなりそうです。ハラスメントゲーム初のラブストーリーになったりするんでしょうか。
一筋縄ではいかない感じがしますが、秋津がどう解決していくのか気になります。
真琴とのチームワークもよくなっているので、2人の活躍が楽しみです。
脇田から裏切りの理由を聞いた秋津と脇田の関係がどうなっていくのかも気になります。秋津は社長の指示に従って脇田の弱みを握ることができるのか、脇田が左遷されるような展開にもなりかねますね。

(30代・女性)

 

次週はアルコールハラスメントが題材で、部下に思いを寄せる上司の不器用な恋愛が描かれていくと思われますが、どんな職場でも可愛い女子の部下は居ると思いますし、男目線で考えると彼女が居なければ、気になるし好きにもなるなと今から共感を感じていて、今からとても楽しみです。八嶋智人さんがその上司役との事でダサくても一途な片想いをする上司を見せてくれそうで、適任だなと思いました。社長の丸尾達と常務の脇田達との権力争いに、その間で板挟みになる秋津達の、これから起こるであろう本当の闘いが始まっていくのも、見どころとして楽しみにしています。 (40代・男性)

 

5話のラストシーンで秋津は脇田の前に現れ、昔はいいコンビだったことを話す。
そして、秋津は「なぜおれを売ったんだ」と脇田が過去に秋津を告発したことについて問う。
すると脇田は全て出世のため、上の地位に上がるためだと言うと、秋津は高笑いをし「そんなことでおれは悩んでいたのか。これで迷いが消えた」と何かを決意した表情で言った。
自分に悪かったと思っておらず少しも悪びれる様子がない脇田を見て、秋津はこれで心置きなく脇田の弱み、粗探しができるという決意をしたのかもしれないと思った。
今後、秋津がどのようにして脇田に復讐するのか楽しみだ。

(20代・男性)

 

第五話は、広報課の女性社員が、飲み会に出席するように強要を受けていると言うハラスメントの話です。飲み会に出席するようにと言うハラスメントは、今も昔も存在しているので、この案件を秋津が、どのように解決するのか、とても期待しています。また第四話の中で、脇田がどうして秋津を売ったのかが明らかになるシーンがあり、そのくだらない理由を知ったことで、秋津は、脇田の調査に対する迷いがなくなったと思うので、これからは、本気で脇田のハラスメントを探すと思うので、どんな展開が待っているのか、とても楽しみにしています。 (40代・女性)

 

まとめ

 

次回はアルコールハラスメント、アルハラ!

ゲストキャストの八嶋智人さんにも期待です♪

 

スポンサーリンク

-2018秋ドラマ, ハラスメントゲーム
-, , , , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2019 All Rights Reserved.