スーパー戦隊 特撮

騎士竜戦隊リュウソウジャー43話あらすじ・ネタバレ!42話の感想・評価評判は?

投稿日:

騎士竜戦隊リュウソウジャー第43話あらすじやネタバレ予想!第42話の感想や評判評価も!

 

2019年3月、騎士×恐竜の新しいスーパー戦隊『騎士竜戦隊リュウソウジャー』の放送がスタート!

毎週日曜日、朝9時30分のオンエアです。

 

今回は、『騎士竜戦隊リュウソウジャー』の第42話を見た人の感想や評価評判を集めました。

また、続く第43話のあらすじやみんなの予想もアンケート!

ぜひ最後までチェックしてくださいね♪

 

 

『リュウソウジャー』第42話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第42話の振り返り

うい(金城茉奈)の動画が認められ、映画撮影のスタッフとしてアメリカへ行くことに。そんな中、トワ(小原唯和)たちが、ドルイドンのアジトを見つけた。コウ(一ノ瀬颯)も駆けつけ6人で乗り込もうとするが、そこにワイズルーが出現。ファントムマイナソーの能力により、ワイズルーのショータイムに取り込まれてしまう。メルト(綱啓永)とトワはワイズルーのバックダンサーとして踊らされ、ダンスが終わると動けなくなってしまう。どうやら、舞台に上がるとワイズルーのシナリオ通りに動かされてしまうようだ。さらに、アスナ(尾碕真花)とカナロ(兵頭功海)はロミオとジュリエットの芝居をさせられる。カナロは、物語の最後に2人が自害することに気づくが、芝居をやめることができない。
コウとバンバ(岸田タツヤ)は、芝居が終わる前にマイナソーを見つけて倒そうとするが、どこにいるかわからない。マイナソーは書いたものを実現させる能力を持つことを思い出した2人は、ミエソウルを使って隠し部屋を発見。マイナソーとクレオンを見つけ出す。しかし、物語は進み、カナロとアスナはシナリオ通り毒を飲んでしまう。2人は死んでしまった…かに見えたが、実は物語をよく知るカナロの機転により毒をすり替えていたのだ。
マイナソーにはメルトたちが応戦し撃破。コウはワイズルーと1対1の戦いに挑み、ついに勝利したのだった。

(引用:テレビ朝日公式サイト)

 

スポンサーリンク

 

 

第42話を視聴した人に感想を募集しました♪

今回のストーリ展開をみなさんはどう見たのでしょうか?

※感想は集まり次第随時更新していきます!

 

30代女性

今回のマイナソーは書いたものを実現させる能力を持っていました。
リュウソウジャーたちはマイナソーのアジトに入ろうとしたところ、ワイズルーのショーに取り込まれてしまいます。
ショーが始まると、なんと、メルトとコウがステージで踊っていました!
メイクもしてるし、ヘソ出して結構露出の多い衣装でびっくりしました。
それにつられてバンバが足でリズムを取ってたのもおもしろかったです。

どうやら舞台に上がるとワイズルーのシナリオどおりに動いてしまうらしいです。

次はカナロとアスナがロミオとジュリエットを演じ始めました。セリフが棒読みでしたね(笑)

最後にはワイズルーもマイナソーも倒すのですが、今回はそれよりもショーのインパクトが強くておもしろかったです。

 

40代女性

ワイズルーの企てによってカナロとアスナが「ロミオとジュリエット」を演じることになることを知った上で見ていたので、序盤の「ガチンコドリンク」の効果が分かった時点で恐らく毒の代わりにコレを飲むのだろうと予想していたら案の定でした。
ただ、そこにクレオンの裏アシストがあることまでは予想外でした。
随分と上手い具合に台本が破けてくれたものです。
カナロの機転が功を奏したのは勿論のことでしたが、前回に引き続き、今回もMVPはクレオンでした。
そのクレオンは、ワイズルーとコウの決闘の後にも良い仕事をしていました。
自分の居場所についてこぼしてサデンに逆らった流れを受けるように「ワイズルー様は僕の居場所なんだ」と言い、文句を言いつつもワイズルーのことが大好きだったことが伝わって来ました。
「やるなら僕からやれ」と、ワイズルーの盾になるようにコウの前に立ちふさがる一生懸命なクレオンと、最後にクレオンにお礼を言ってエンターテイナーらしく散って行くワイズルーの姿には心を打たれました。

 

10代男性

番組の早い段階から登場してリュウソウジャー達を苦しめてきたワイズルーでしたが、ついに決着がついてしまいました。自らを主役とした舞台を設定し、リュウソウジャー達を自分の台本通りに演技させて全滅させようとする、まさに彼自身を象徴するような作戦でした。結果的にカナロの機転とクレオンのまさかのミスによって失敗に終わったものの、最後は正々堂々とリュウそうレッドとの一騎打ちに臨みました。エンターテインメントという言葉にこだわってきたワイズルーの作戦はただ単に卑劣極まりないものもあれば、実際に成功していれば間違いなくリュウソウジャーたちは勝てなかったものまで実に幅広いものでありました。数々の作戦を遂行してリュウソウジャーたちを苦しめてきたワイズルーですが、プリシャスから心臓を奪われてしまってもその姿勢は変わることはなく、最後の散る瞬間までエンターテイナーとしての自分にこだわり続けました。結果的にマックスリュウソウレッドに破れてしまいましたが、その最後はガチレウスの時とは違って「仲間」として接してきたクレオンという観客に看取られながら散るという救いのある最後だったのではないでしょうか。

 

30代女性

今回はとっても悲しくなってしまうストーリーでした。
ドルイドンのアジトを見つけたリュウソウジャー達ですが、そこはワイズルーがリュウソウジャーと最後の決戦の為に用意した場所でした。ショータイム、ショータイムといつも言ってたワイズルーの、最後のショータイム。ワイズルーの台本通りにワイズルーの後ろでダンスさせられるメルトととわが、ださい衣装着てたので面白かったですが、最後にコウと戦うシーンで、悲しくなってしまいました。コウに切られたワイズルーは、まだ意識があったので、コウが情けで生かしておいたのかと思いましたが、ワイズルーは消え去ってしまいました。クレオンがワイズルーにかけより、泣きながらワイズルーとの日々を思いだし、自分を認めてくれた唯一の人だと言ってたシーンはうるっときてしまいました。ワイズルーとクレオンは、いつも面白い良いコンビだったので、ずーっと生きていてほしかったので、今回は寂しさを感じてしまいました。ワイズルーがいなくなって、クレオンはこれから大丈夫なのか心配です。

 

30代男性

ワイズルーの最期となったエピソードになりました。
話的にはロミオとジュリエットで尺を稼ぎすぎとか、行動全然操れてなかったりと感じましたが(苦笑)、クレオンの叫びにそれ以上手を出さずあえて身を引くコウの姿はよかったなっと思いました(そういえば前回の心臓云々の件は結局なんだったのでしょうか・・・?)。
ある意味ドルイドンの中で唯一の理解者であったワイズルーを失った事でクレオンはもうドルイドン側に固執して居続ける必要もない気がしましたが、どうなるのでしょうね?
冒頭のういの海外へ云々は話差し込める余裕あるのかな?っと思いました。

 

20代女性

ワイズルー様が大好きなので、とうとう彼も退場してしまうのか…とのっけから寂しく見始めました。しかし蓋を開けたらトンチキエピソード揃いのリュウソウジャーの中でも屈指のトンチキ回だったのでとても楽しかったです。エキストラの人たちが内容、特にメルトとトワのダンスをずっと黙っていたことに対して敬意を表します。また、お話の進行に関する感想としては、ワイズルーを庇うクレオンと対峙するコウが序盤の頃からはとても想像できないほど儚い表情をするので舌を巻いてしまいました。リュウソウジャー 放送後の活躍も楽しみです。

 

スポンサーリンク

 

『リュウソウジャー』第43話はどうなる?

 

第43話のあらすじ

 ドルイドンの母なるエラスが、プリシャスの弟となる新しい幹部ガンジョージを生み出した。リュウソウジャーは、プリシャスとガンジョージにキシリュウオージェットで応戦しようとするが、プリシャスを見たプテラードンは逃げ出してしまう。エラスという名を聞いたバンバ(岸田タツヤ)は、マスターブラック(永井大)の言葉を思い出す。幼いころからバンバを鍛え上げ、大事な人を守ることを教えてくれたマスターブラックだったが…

(引用:テレビ朝日公式サイト)

 

スポンサーリンク

 

 

次回は第43話。

予告やあらすじをみたみなさんの展開予想、楽しみにしている見どころポイントを聞いてみました!

※次回放送へのみんなの期待は、今後も集まり次第随時更新していきます♪

 

30代女性

タイトルが「ドルイドンの母」で、ドルイドンを産みだす人がいるでしょうか?なにかドルイドンの秘密がわかるのかもしれません。
また、これまでも時折回想でマスターブラックとバンバの別れのシーンがありましたが、次回でそのときなにがあったのか明かされるのかもしれません。
これはバンバたちが村を出た理由と関係があるのでしょうか?

前回の決闘でコウはワイズルーを倒しましたが、コウはその部下のクレオのことが気がかりな様子でした。
次回、クレオは仇打ちしようリュウソウジャーたちに戦いを挑むのでしょうか。
物語も終盤に差し掛かってきて、いろんな真実が明らかになる予感です。さらに楽しみです。

 

40代女性

これまでの伏線がいくらか回収されそうな兆しを感じています。
バンバの人間不信の理由とか、マスターとの関係とか、これまでに時々チラッと出て来たやり取りや場面の謎がどこまで明かされるのかが楽しみです。
そして何度か名前だけ出て来たエラスについても、少しは具体的なことが語られるのではないかと考えています。
更に、プリシャスを見たプテラードンが逃げ出してしまうらしいですが、敵前逃亡するってことは過去に何か因縁めいたことがあるはずですね。
その理由が43話の中で明かされて、最後にはプテラ―ドンも壁を乗り越えられることを祈ります。
そして一番の見どころは、東映公式HPで予告されていた素顔での名乗りでしょう。
この手のシーンは最終回でのお約束なのですが、その前に見られるなんてとっても楽しみです。

 

10代男性

次回は行方不明となっていたマスターブラックが登場します。ついに番組開始当初から長らく不明であったバンバとトワの過去が明かされるようです。なぜバンバとトワは自分たち以外の人を信じず、仲間というものも持ちたがらなくなったのか、そのあたりの謎も明かされるのでしょうか?マスターブラックはなぜバンバたちの前から姿を消したのでしょうか?一方ドルイドン側でも動きがあるようです。なんと「エラス様」はドルイドンの母と呼ばれ、新しく幹部を生み出すことができる模様です。果たしてこのエラス様とは何者なのでしょうか?マスターブラックを演じるのは永井大さん。タイムレンジャー以来20年ぶりにスーパー戦隊に戻ってきます。どんな演技を見せてくれるのでしょうか?

 

30代女性

プレシャスの母が、プレシャスの弟を産むらしいですが、プレシャスだけでもリュウソウジャー達は苦戦してるのに、弟まで現れたら大変なことになりそうで心配です。それに、お母さんが子供を産むなら、プレシャスだけ倒してもダメなのでは。弟、お母さんをも成敗しないと、平和がやってこないのでは。最終回目前で、リュウソウジャー達は戦う相手が増えそうですね。それに、クレオンは、以前、リュウソウジャーに助けてもらい、リュウソウジャーと共にプレシャスと戦えば、ワイズルーの心臓も取り戻せるかもと話してましたが、ワイズルーがいなくなった今、やはり敵を打とうとリュウソウジャーに立ち向かい、クレオンも倒されてしまうのでしょうか。可愛いクレオンだけでも、改心してリュウソウジャーと生きていてほしいです。

 

30代男性

次回はいきなりドルイドンのボスであるエラスが復活するようで、しかもエラスはドルイドンを生み出せる通称「ドルイドンの母」と呼ばれる存在で、新幹部ガンジョージを生み出すようです(スーツはタンクジョウの改造みたいですね)、またその際エラスの名前を聞いたバンバはかつて師であるマスター・ブラックが「エラスを守る」と言い残し村を破壊して去った忌まわしい記憶が呼び起こされるようで・・・という流れのようで、バンバが他者と慣れあおうとしなかった背景とマスター・ブラックについても明かされるようです。
また、マスター・ブラックを演じるのはタイムレンジャーでタイムレッドを演じた永井大氏と言うことで戦隊ファンにはたまらないキャスティングになっています。

 

20代女性

リュウソウジャーは風呂敷が広げられているわりになかなか畳まれないのでやきもきしていました。特にその中でも序盤から謎だったマスターブラックがとうとう出てくるということで大変楽しみです。先日から小出しにされているバンバさんとの離反の理由が知りたいです。長命種族の人間関係のこじれは半端なかろうと思うので、人間(?)ドラマ的な部分も着目したいと思います。同時に、思っていた以上にマスターブラックがかっこよかったのでそういった意味でもわくわくします。強そう。ドルイドンもラスボスが出てくるということで、なんとか風呂敷を畳んでくれたらいいなと思います。

 

まとめ

 

次回はマスターブラックとして永井大さんの登場にも注目が集まっていますね!

タイムレンジャーファン、スーパー戦隊ファンには嬉しいカムバック。

第43話も見逃せません!!

 

スポンサーリンク

-スーパー戦隊, 特撮
-, , , , , , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2020 All Rights Reserved.