2018秋ドラマ 下町ロケット

下町ロケット5話あらすじ・ネタバレ!みんなの4話の感想や評価・評判を集めました♪

更新日:

下町ロケット第5話あらすじやネタバレ予想!第4話の感想や評判評価も

 

2018年の秋ドラマ『下町ロケット』。

毎週日曜日の夜9時から絶賛放送中です♬

 

この記事では、『下町ロケット』の第4話の放送を見た人の感想や評価を集めています!

続く第5話の予想や期待もチェックです♬

 

 

『下町ロケット』第4話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第4話の振り返り

 

佃(阿部寛)と殿村(立川談春)の機転により、帝国重工による信用調査をなんとかクリアした佃製作所。ギアゴースト買収へと本格的に動きはじめた矢先、神谷弁護士(恵俊彰)から呼び出され、「ギアゴーストの開発情報が外部に漏れている可能性がある」と告げられる。
佃製作所の社員たちは、特許侵害訴訟の勝訴へ向けてギアゴーストに協力し解決の糸口を探すが苦戦。そんな中、思わぬ形で内通者の存在を知ることになった伊丹(尾上菊之助)と島津(イモトアヤコ)は驚きを隠せず……。

一方、佃製作所の経理部長・殿村は仕事の傍ら、実家の農作業を手伝っていた。そんな中、ある重大な決心をして……。

(引用:TBS公式サイト

 

スポンサーリンク

 

まさかギアゴーストの情報を漏らしていたスパイが顧問弁護士の先生だったとは。びっくりしすぎました。あんなに穏やかそうな、いい弁護士さんに見えた人が、お金が絡むと人は善悪がわからなくなるのか、と悲しくて思いました。だれがスパイなのかと気を揉んでいた前回の終わりでしたが、その犯人がわかっても解決の方法が難しいなんて、どうしてこの会社は、そしてその会社を面倒見ようとしている佃製作所もこんなに何度も窮地に落ちいるのだろうか?作者はすごいストーリーを作っているなと思います。とうとう裁判にまでなってしまって、しかも勝ち目が無いとは、どうするのか心配です。 (40代・女性)

 

今回の下町ロケットでは見どころが沢山ありました。
まず私が一番心を打たれたのは、殿村さんの夫婦愛です。男性が勤めてきた会社を辞める決断をするのは、並大抵ではないと思います。しかし、親のことは見捨てることは出来ない。私たちにも実際に起こり得ることではないでしょうか。辞めることを決断し、一緒に農家をしようと言われる奥様。しかし奥様の答えはNOでした。理由は万が一の時、家計を支えるのは自分だという決意。すばらしいと思いました。
一方、ギアゴーストと佃製作所には新たな試練が起こりますが、みなさんの絆で今までのように乗り切って欲しいです。佃社長演じる阿部寛さんのボーリング姿は面白かったです。

(40代・女性)

 

ギアゴーストの情報を漏らしていたのが、顧問弁護士の末長だったと判明して、やっとすっきりしました。でも、ここまで次から次へと間接的に佃を追いつめようとする中川の執念深さには、ちょっとぞっとしました。佃がヘビ野郎と呼ぶ意味が改めてよくわかりました。
ここからどういう裁判に持っていくのか気になるところですが、神谷という頼もしい味方もついたので、末長を二度と弁護士と名乗れないくらいの酷い罰を与えて欲しいと思いました。
こっちがメインになってしまったので、殿村の話が霞んでしまったのは残念ですが、彼の「サラリーマンは仕事は安定してるけど、心の安定はない」という台詞はかなり響きました。

(40代・女性)

 

今回も熱い演技に泣かされました!
佃社長と殿村のやりとりが特にグッときました。
お互いに熱い気持ちを持って片やロケット事業、片や農家へとその情熱を向けていく
佃製作所の下積み時代を気付いてきた二人だからこそ分かり合える熱い気持ち
そんなやりとりが出来る会社っていいなーと自然におもいました。
そして最初から暗躍していた4人組がついに明らかになりました。
中川弁護士と末長弁護士とダイダロスの社長、もう一人は帝国重工の幹部
この4人が裏でいろいろと暗躍していたのでした!
でもこの4人以外にも暗躍してそうな人が一杯いそうな雰囲気が・・・

(40代・男性)

 

なんといっても殿村部長(佃製作所の経理部長)が父親の想いをくみ取り家業(農業=米作り)を継ぐため佃製作所を辞めるような方向で進んでいることが一番の見せ場でした。下町ロケットの重要な役どころだった殿村部長がこのまま辞めることになったらこれからの展開はどうなるのかとても気になります。個人的には辞めずにこのまま佃製作所の経理部長として活躍してほしいです。名言に近いセリフのかずかず、それが聞けないと思うとさみしいものです。親父さんが元気になって辞めずにすんだとかいうことが一番いいのですが。これからも目が離せません。 (40代・男性)

 

ギアゴーストに内通者がいたと聞いたときは私も柏田を疑っていましたが、柏田は裏切ってなかったので良かったです。周りが柏田を疑っていても伊丹は信じている様子が良くて従業員を大切にしていることが伝わりました。内通者の末永を顧問弁護士から外して神谷にお願いしたのは正解だと思います。神谷は強いので心強いです。佃製作所は一致団結してギアゴーストを救うために、仕事が忙しい中大量の論文をチェックしていてすごかったです。無事にお目当の論文を見つけることができて良かったです。殿村が辞める決心をしたのは寂しいですが親孝行で感動しました。4話も面白かったです。 (30代・女性)

 

4話で一番感動したのは、殿村の農業と佃製作所への想いの強さです。この回で殿村は、父親がどれほど田んぼに対して情熱を持っているかを知り、自分もこれまで命をかけてやってきた佃製作所を辞めることを決意しました。それに対して殿村の奥さんも、佃社長も受け入れ、さらに感謝もしていてとても感動しました。また、一番驚いたのは、ギアゴーストの裏切り人が発覚したことです。これまでのストーリーから、ギアゴーストの買収に反対していた社員の人だと思っていましたが、ギアゴーストの顧問弁護士だったのでとても驚きました。ギアゴーストには、頑張って欲しいです。 (20代・女性)

 

 佃製作所は本格的に「ギアゴースト」の買収を行うようになりました。
しかし、新たな問題浮上してきました。ギアゴーストの開発情報が内部から漏れていることです。
やっと、買収話が進みそうになった時に、再び問題が起こるとは気を休める時がないです。
予想外の内通者が判明しましたが、まさか顧問弁護士の末永とは驚きました。
また、佃製作所と対立している中川弁護士と繋がっている関係に戸惑いすら感じました。
信用している人物が裏切っているとは人間関係の難しさを感じます。
ケーマシナリーとの訴訟のために情報収集をして、ようやく糸口を見つける資料を見つける事が出来ました。
なんとか見つけ出した資料でしたが、不十分でまた新たな証拠を探さなくてはいけなくなりました。
今では訴訟に勝つ可能性は低いですが、次にどんな手段を取るのか気になる展開になりました。

(30代・男性)

 

ギアゴースト内の内通者は顧問弁護士だったようですが、意外な盲点だったかもしれません。
確かに弁護士同士の繋がりがあるので、こういうことがあってもおかしくはないと思います。

顧問弁護士としても会社が継続できるならば、どんな方法でも良いと思えるかもしれません。
しかし、その裏には何億との金が絡んでいるところが厄介です。

ギアゴーストの弁護も佃製作所の顧問弁護士が引き受けるようですが、それでも法廷で勝訴に持ち込むためには、まだまだ証拠が足りません。

しかし、何とか勝訴の持ち込みたいものです。
これは殿村経理部長にとって最後の仕事になるので、悔いのないようにやってほしいです。

(50代・女性)

 

弁護士の末永先生が内通者とは考えていなかったのでびっくりしました。内通者と分かってからはすごく嫌な笑顔に思えてきて腹が立ちました。
また、中川の笑顔が本当に嫌です。中川をぎゃふんと言わせてほしいです。
また、殿村が米農家を継ぐという決心をしたのが寂しい気持ちもありますが、応援したい気持ちが大きかったです。佃社長も絶対応援してくれるとは思っていましたが、殿村さんは佃製作所にとってとても大切な仕事をしていたと思うので、佃製作所は大丈夫なのかがすこし心配になりました。裁判は一緒に戦ってくれると言っていたのでそこはホッとしました。 (30代・女性)

 

スポンサーリンク

 

『下町ロケット』第5話はどうなる?

 

第5話のあらすじ

 

ついにギアゴーストはケーマシナリーとの特許侵害訴訟・第一回口頭弁論の日を迎えた。伊丹(尾上菊之助)、島津(イモトアヤコ)らギアゴーストの社員、佃(阿部寛)、退職を決めた殿村(立川談春)ら佃製作所の社員が見守る中、運命の判決はいかに……。

一方、的場(神田正輝)の指示でスターダスト計画から離れることになった財前(吉川晃司)の次に進む道は、ロケットに関わる新事業開発の部署であった。
ひょんなことから、佃製作所の社員たちと殿村家の稲刈りを手伝うことになった財前は、改めて重要なことに気づかされる。

(引用:TBS公式サイト

 

 

スポンサーリンク

 

前回でとうとう裁判にまでなってしまって、絶体絶命状態で次回はどうなるのだろうと、ハラハラして続きが待ちきれません。もしも、裁判に負けてさしまったら、ドラマが面白くなくなるなとも思うし、それならもう続きは見ないようにしようかとさえ思ってしまいます。そんなことはない。きっと裁判に買ってくれるのだと思いますが、それにはまだ苦労がありそうな前回の終わりの場面でした。その困難な状況をどうやって佃製作所側が切り抜けていくのか、期待しています。絶対に裁判には勝ってほしいです。あんなにいい会社が弱い立場にばかり追い込まれるのは納得できません。 (40代・女性)

 

今回、ギアゴーストの顧問弁護士の裏切りが発覚しました。前作の下町ロケットから出演されているピーターさん演じる中川弁護士はみているこちらまで腹が立ってくるくらい色んな手口で佃製作所を追い詰めます。
また来週はギアゴーストに新たな裏切りが発覚するようです。
なんとなく、ギアゴーストの伊丹社長が怪しいなと思ってしまいます。
今週も島津さんに内緒でひとりで中川弁護士にあったり、帝国重工時代に苦しめてしまったダイダロス社長と買収の話をしたりと怪しさ満載です。
前作の下町ロケットでは法廷のシーンも忠実でしたので、今回も神谷先生の機転と佃社長の熱意で逆転し、あの中川弁護士を悔しがらせて欲しいです。

(40代・女性)

 

いよいよ訴訟が始まりますが、きっと中川があの手この手で追い込もうとしてくると思います。でも、そこは神谷の腕の見せ所で、末長と中川の癒着の件で大逆転劇に持っていくんじゃないかと思います。ダイダロスもギアゴーストの技術を狙っていますが、伊丹、島津と佃の堅い絆を崩すことはできないと思います。最終的には、裁判に勝訴して、佃製作所とギアゴーストで最高のトランスミッションを生み出して、殿村の田んぼを救うという展開に期待しています。
それよりも、財前が殿村の稲刈りを手伝うという件がインパクトありすぎるので、こっちのほうが気になっています。

(40代・女性)

 

このままでは裁判は勝つことが出来ないと神谷弁護士に言われる予告から
次週も証拠というか根拠を探すことになると思われる
負ける裁判は絶対にしないという神谷弁護士のセオリーがどこまで通用するのか!
中川弁護士の魔の手から逃れることが出来るのか
佃製作所とギアゴーストはどうなる?
ギアゴーストは中川弁護士の作戦によりダイダロスの傘下に入ってしまうのか?
帝国重工のロケット開発事業は一体どうなってしまうのか?
すべてはロケットに繋がっているとは思うのですが、来週からの展開は読めないところが多い
また、裏で暗躍している人が誰かというところが凄く気になるところ

(40代・男性)

 

予告をみましたが1話以来に財前部長(帝国重工部長)が登場するようです。吉川晃司が演じていますが若い時から好きでいまも本当にかっこいいです。男からみてもそう思うのだから女性はもっとだと思います。予告では田んぼでおにぎりを食べるシーンがありました。なんでそんな展開なのかわかりませんがとても気になります。宇宙開発と田んぼ、どんな結びつきがあるのか見当もつきません。私の予想ですが藤間社長から可能性がある限り宇宙開発をあきらめるなと進言されていたのでドラマのどこかで宇宙開発部長として復活するのだろうと期待しています。 (40代・男性)

 

5話では法廷のシーンがありますが中川弁護士の方が最初は優位の状態になります。神谷弁護士はそんなピンチにどうやって逆転していくのか楽しみです。また伊丹は佃製作所ではなくてダイダロスと買収の話をすすめるかもしれないので、それを知った島津が止めてくれると期待しています。佃製作所はギアゴーストのためにこれまで助けようと頑張ってくれたので、ギアゴーストは佃製作所を選んで欲しいです。5話でも殿村の田んぼのシーンがあるのでそこで開発になるヒントがまた得られたら良いと思いました。またその田んぼに財前が来てくれるみたいなのでそこで佃や殿村とのやりとりに期待しています。5話も楽しみです。 (30代・女性)

 

来週の5話では、ついにギアゴースト編が完結するので、裁判も始まり、決着がつくと思います。なので、一番に、この裁判に佃製作所とギアゴースト側が勝ってほしいという思いでいっぱいです。ただ、裁判に勝つための証拠などまだ全く無い状態なので、本当に勝つことができるのか、不安な気持ちでもあります。ただ、殿村は、裁判を最後に佃製作所を辞めることになっているので、これまでもそうしてきたように、また佃製作所を救ってくれるのではないかと思います。また、ギアゴースト側も、社員の結束がとても強い会社なので、皆で頑張ってくれるのではないかと思います。 (20代・女性)

 

 ケーマシナリーとの裁判が始まる事になりましたが、まだ資料は揃っていません。
果たして、この裁判はどのような展開になっていくのか気になります。
また、新たな証拠資料はどこから出てきて、どんな内容なのか知りたいです。
裁判が始まりましたが、再び裏切る人が出てくるようです。
今度はどんな形で裏切るのか、一体誰なのか気になります。
佃製作所の殿村は会社を辞めて、実家を継ぐ事を決めました。
社長の航平の後押しもありますが、果たして家業は上手くいくのでしょうか。
どんな形でこれからも佃製作所と繋がっていくのか楽しみにしています。

(30代・男性)

 

さらなる陰謀が待ち構えているようで、それがかなり気になっています。
そこには巨大企業の帝国重工の存在があるのかもしれません。

帝国重工の中でもロケット事業を続けたい派と辞めたい派に分かれているようです。
その辞めたい派の幹部が何かやってくるかもしれません。

佃製作所とギアゴーストの間も、信頼関係をこのまま続けていけるのが問題です。
このまま行けば、佃製作所は関連企業の多くを的に回すことになるかもしれません。

ですが、どんな状況になったとしても、佃製作所は必ず切り抜けてくれると信じたいです。
そうなるためにも、まずは法廷で勝てる裁判をしなければならないと思います。

(50代・女性)

 

5話はさらなる裏切り者がいるとのことなので、誰なのかとても気になります。だけどきっと中川をぎゃふんと言わせてギアゴーストが裁判に勝つと予想します。
そして、ギアゴーストと佃製作所が手を組んで田植えの機械など、たくさん世の中に出していくと思います。
悪者は地獄へ落としてほしいです。
ケーマシナリーがまず倒産してほしいです。
また、ダイダロスの社長も佃製作所とギアゴーストが組んだら仕事では勝ち目がないと思うので、がっかりする姿も見たいです。
また、佃社長のボーリングのシーンがとても好きなので、来週も楽しみにしています。 (30代・女性)

 

まとめ

 

予想外の内通者に驚いた人、やっぱり多いみたいですね!

裁判の行方が気になります!

 

スポンサーリンク

-2018秋ドラマ, 下町ロケット
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2019 All Rights Reserved.