2018秋ドラマ 忘却のサチコ

忘却のサチコ5話あらすじやネタバレ!4話の感想・評価やみんなの評判は?

更新日:

V忘却のサチコ第5話あらすじやネタバレ予想!第4話の感想や評判評価も

 

2018年10月からスタートのドラマ『忘却のサチコ』。

毎週金曜日の深夜12時12分から放送中です!

 

この記事では、『忘却のサチコ』の第4話を見た人の感想や評価を集めています!

また、続く第5話の予想や期待もチェックです♬

 

 

 

『忘却のサチコ』第4話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第4話の振り返り

 

幸子(高畑充希)と編集長(吹越満)は葬儀のため港町・三崎を訪れていた。編集長と漁港を歩いていると漁師姿の俊吾が…!?
俊吾をとっさに追いかけ走り出す幸子だったが見失ってしまう。幸子は「きっと幻…」と俊吾を忘却するために漁港のご当地グルメを食べることに。
しかし、再び幸子の前に俊吾そっくりの漁師が現れる。その漁師は「石井」と名乗り、自分は俊吾じゃないと言い張るが、幸子は「もしかして、俊吾さんは記憶喪失…?」と疑ってしまう。幸子のただならぬ気配を心配した石井はとある料理店に連れていく。なんと、石井の妻を名乗る愛美(木下あゆ美)と対面することに…!?
傷心した心を癒す、マグロの町・三崎ならではの忘却グルメとは?
果たして、俊吾さんは記憶喪失なのか!?

(引用:テレビ東京公式サイト

 

スポンサーリンク

 

上手い具合に俊吾さんの条件を満たしていたので、これは本当にいなくなった俊吾さんが記憶をなくして別の人と結婚してしまったんだと思ってしまいました。
忘却グルメを食べ終えて目がはっきり見えるようになったと思ったら、俊吾さんだと思っていた人は全くの別人だったというオチに笑わせてもらいました。
でも幸子さんの気持ちを考えると俊吾さんが他の人と結婚していなくて良かったですよね。
それにしても編集長は置き去りにされても待たされても怒らなくて優しいなと思います。それだけ幸子さんを可愛がってるってことですよね。
今回のコスプレは喪服ということでしょうか。

(30代・女性)

 

真面目でいつも一生懸命なさちこさんに共感します。嫌な役回りとか気にせずに毎回全力なところと、気持ちを落ち着かせるために食べる美味しそうな食事やデザートがなんとも魅力的です。今回の海沿いのお店のマグロ丼はドラマの中のセットの一部と分かっていても、とても美味しそうで食べたくなりました。さちこさんが、逃げ出した恋人と間違えた漁師さんは最初は本当に恋人なのではないかとさちこさん同様、思ってしまいました。実際には違っていて、まだ話は続きがあるのだなと思わせてくれて良かったです。編集長のほのぼのした感じも親しみが持てていいと思います。 (40代・女性)

 

編集長を完全に放置して、俊吾が逃亡した後、記憶喪失になって漁師になって結婚してしまったと、どんどん妄想が膨らんで深みにハマっていくサチコが見ていて切なかったです。
でも、最終的には全くの別人で、サチコの妄想オチでちょっとホッとしました。
いつもはかなりコメディ路線ですが、修羅場を思わせるシリアス展開にドキドキさせられたので、かなり見応えがありました。今回だけはマグロ丼の魅力も霞んでいました。
人違いで迷惑を被ったはずの石井も、その妻も、マグロ店の店主も意外と好意的で、人情味溢れる感じがとても良かったです。

(40代・女性)

 

マグロに始まりマグロに終わる感じがした4話目でしたが、幸子が逃げられた新郎の俊吾を港町で偶然見かけて、追いかけている内にお腹が空いてマグロの中華まんやマグロコロッケ等を食べて一休みする、正直私は食べた事が無いので一度は食べてみたいと思いました、この時間帯(深夜)に、この手の番組は本当にお腹が空くので困るなと感じますが…。この後も俊吾を追ってくろば亭にて三崎のマグロ丼定食をバクバク食べるし、あら汁にかぶと煮と次々と頬張り絶頂の極みへと誘われる幸子だったと、今回は本当にお腹の空く回でした。でもお腹一杯になり正気に戻り俊吾を全くの別人と見間違えていた落ちには笑いました。 (40代・男性)

 

葬儀の為編集長と港町の三崎に来た幸子は俊吾と似ている漁師を見かける。一途な幸子が一心不乱に追いかけるところがすごくて、忘却するために食べるマグロ料理や魚料理がとっても美味しそうでした。編集長のおとぼけ風な感じが面白くてポイントに入ってくるので見ていて楽しいです。最後、俊吾だと思っていた人が違う顔だったというオチは想定外でした。イケメンの俊吾と違ってブサイクだったところも笑えました。毎回出てくる面白い作家が今回は出てこなかったので残念でした。ポイントで面白いし楽しみのひとつなので来週は出てきてほしいと思います。 (50代・女性)

 

スポンサーリンク

 

『忘却のサチコ』第5話はどうなる?

 

第5話のあらすじ

 

姿を消した婚約者・俊吾(早乙女太一)を忘れられない幸子(高畑充希)を見かねた後輩・橋本(逢沢りな)は「過去の恋愛を忘却するには新たな恋!」と合コンに誘われる。幸子は橋本の熱心な誘いに、俊吾を忘れるために合コンに初参戦することに!
橋本が合コンでの「モテる技術」を伝授するも空回りしてしまう幸子。そして、ついには大暴走してしまい…!?そんな中、合コンで幼馴染・梶(清原 翔)と再会することに!梶から「佐々木は俺の初恋の人や」と打ち明けられた幸子。偶然の再会と告白に戸惑いながらも、新たな恋に踏み出すべく、梶とのデートに挑む幸子だったが…
幼馴染の登場と共に“なつかしさ”を呼び起こす給食の定番が登場!さらに、誰もが知るなつかしの昭和グルメ・ナポリタン!
一味違う「大人ナポリタン」とは!?

(引用:テレビ東京公式サイト

 

 

スポンサーリンク

 

幸子さんが幼馴染と再会して、まさかの恋に落ちるかもしれないというドキドキしちゃう展開みたいですね。
そして幸子さんが初合コンという面白そうなストーリーに期待してしまいます。合コンでも幸子さんはあのまんまな感じなのか気になるところです。
そして幼馴染と再会したことをきっかけに、付き合うことにでもなれば、もしかしたら俊吾さんを忘れられるかもしれないですよね。もう忘却グルメは必要なくなるのかもしれないと思うと、最後の忘却グルメになるかもしれません。予告ではメイドのようなコスプレをしていたのがとても気になります。

(30代・女性)

 

毎回毎回、ちょっと笑ってしまいそうになる主人公が面白いです。ドラマのキャラクターで、漫画っぽいからなんだろうけれども、今の時代には現実にもあんな子がいるのかもしれないと思ったりもします。毎回毎回、美味しそうな元気の出るグルメが出てくるのが楽しみです。彼女の食事に関するコメントもすごく面白いです。そして美味しそうに食べてくれて、こちらも食べたくなります。次回はどんなグルメかなと毎回気になります。また、主人公だけでなく、周りのキャラクターが個性的な人が多くて飽きません。それについても次回はどんな人が出てくるのかと期待しています。 (40代・女性)

 

次回はサチコが合コンに参加するという時点で、波乱の予感しかありません。基本的に恋愛に不器用っぽいので、おかしな言動で滑りまくって場の空気を凍りつかせそうな気がします。
周りは気を遣って大変だと思いますが、遠目から見ているだけなら楽しそうなので、どんなシーンになるのか楽しみです。
あと、偶然再会した幼馴染に、「実はお前が初恋相手だった」と言われるという、少女漫画ではキュンキュンするシチュエーションには、さすがのサチコも揺れると思います。でも、やはり俊吾を忘れることはできなくて、新しい恋までたどりつけないというオチになると思います。

(40代・女性)

 

来週の忘却料理は懐かしの昭和グルメ!も非常に美味しそうで気になりますが、幸子が小学校の同級生と偶然の再開!ついでにデートに誘われ新たな恋の予感!ついに食事なしで俊吾を忘却出来たのか?などの見出しでしたが、相手が同級生とのことで、幸子の事もよく知っている上でのデートならばかなり脈ありの展開が予想され、幸子にとって大きな転機を訪れそうな雰囲気がプンプンしますが、忘却グルメの演出にも画面から美味しそうな匂いがプンプンしてくる様な、幸子のオーバーな忘却振りのリアクション&セリフにも楽しみにして見たいと思います。 (40代・男性)

 

合コンに誘われて、慣れていない幸子がどういう風に暴走するのか楽しみです。コスプレは出てくるのか。幼馴染との再会で俊吾を忘れることができるのか恋が始まるのか気になります。4話では作家が出てこなかったので残念でしたが、毎回面白い作家が絡む場面を楽しみにしているので、今回はどんな作家が出てくるか期待しています。忘却のための食事も「なつかしの昭和グルメ」とあったのでどんな食べ物が出てくるのか楽しみです。編集部の人達のシーンも面白くて小林くんがまた出てきてあの独特な話し方で周りを困惑させるところが見たいです。 (50代・女性)

 

まとめ

 

忘却のサチコ、次回第5話にも期待しましょう♪

 

スポンサーリンク

-2018秋ドラマ, 忘却のサチコ
-, , , , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2019 All Rights Reserved.