仮面ライダー 特撮

仮面ライダーゼロワン19話あらすじ・ネタバレ!18話の感想・評価評判もチェック♪

更新日:

仮面ライダーゼロワン第19話あらすじやネタバレ予想!第18話の感想や評判評価も!

 

2019年9月1日、令和最初の仮面ライダーがいよいよ放送開始!

『仮面ライダーゼロワン』です。

今回の敵はなんと人工知能AIロボ「ヒューマギア」。

新しい時代らしい世界観ですよね!

もともとは様々な現場で従順に働いていたヒューマギアが、心無き存在に悪用されてしまい暴走する事態に…!!

自分の仕事は「人類滅亡」だと学習してしまうのです!

 

そんな彼らを倒す唯一の手段、「ゼロワンドライバー」と「プログライズキー」。

ただ一人、この使用権限を持つ飛電インテリジェンスの新社長「飛電或人」が『仮面ライダーゼロワン』として戦います!

ヒューマギアと平和に共存できる未来はやってくるのでしょうか…??

 

この記事では、『仮面ライダーゼロワン』の第18話を見た人の感想や評価評判を集めました。

また、続く第19話のあらすじやみんなの予想もアンケート!

ぜひ最後までチェックしてくださいね♪

 

 

 

『仮面ライダーゼロワン』第18話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第18話の振り返り

 修復が完了した花屋型ヒューマギア・サクヨ(村上穂乃佳)の証言とデータから、蓮太郎(兼松若人)の悪意ある助言でサクヨが生け花勝負に敗れていたことがわかった。或人(高橋文哉)とイズ(鶴嶋乃愛)は蓮太郎に抗議。不正を認めた蓮太郎に、ザイアの垓(桜木那智)も怒りとともに勝負のやり直しを決断する。

企業イメージを大切にする垓は、かつて或人の祖父・是之助(西岡德馬)と共同プロジェクトに携わっていたという。垓は是之助の才能を認めていたが、人工知能は共存すべきものではなく人類の進化に利用すべき、と主張し是之助と対立したらしい。

エイムズの諫(岡田龍太郎)は、滅(砂川脩弥)を再起動させたのは唯阿(井桁弘恵)ではないか、と詰め寄る。二人はバルカン、バルキリーに変身し激突するが、割って入った垓はサウザーに変身。バルカンを圧倒し唯阿と共に去って行く。

サクヨとの勝負に負けるわけにはいかない…。プレッシャーに押しつぶされそうになる蓮太郎の前に、フードを被った謎の人物が現れると、蓮太郎にレイドライザーを装着。クラッシングバッファロープログライズキーを手渡す。

生け花対決再戦当日。意識朦朧となった蓮太郎は、或人やサクヨらの前でクラッシングバッファローレイダーに変身してしまう。人間が暴走!? がく然とする或人だったが、垓はサウザーに変身。バッファローレイダーと激しく交戦する。

バッファローレイダーを倒せば蓮太郎の命も危うい。或人もゼロワンに変身し、サウザーを懸命に止めようとするが、サウザーはゼロワンを圧倒するとバッファローレイダーを撃破。変身を解除させる。

幸い元の人格を取り戻した蓮太郎は、或人からサクヨが蓮太郎の立花流をラーニングし生け花の真髄を学んだと告げられ、改めて正々堂々と勝負をすることに。サクヨと蓮太郎、共に力を出し切った勝負は蓮太郎が勝利。勝負には敗れた或人だったが、ヒューマギアが人に心を教えることもできる、という新たな可能性を見出し、満面の笑みで健闘を称え合うサクヨと蓮太郎を見つめる。

そのころ諫は滅に蓮太郎がバッファローレイダーに変身した事件を報告していた。
「人間が暴走した?なるほどレイドライザーを使ったか」
滅の言うレイドライザーとは何なのか? 滅の仲間がまだいるというのか?
諫は目に見えない敵の影に警戒を強め…。

(引用:テレビ朝日公式サイト)

 

スポンサーリンク

 

 

第18話を視聴した人に感想を募集しました♪

今回のストーリ展開をみなさんはどう見たのでしょうか?

※感想は集まり次第随時更新していきます!

 

40代女性

仮面ライダーサウザー、「永遠の24歳」に納得。あるとのおじいちゃんと天津垓の関係がこれから明らかになってきそうなところが楽しみです。仮面ライダーバルキリーと仮面ライダーバルカンが遂に対決していたんですが、そこは両者互角で決着がつくのかどうか?っていうところで、天津の登場で勝敗は決まらないまま、バルカンよりもサウザーが圧倒的に強いというかとが分かりました。華道という文化的なところにもヒューマギアには理解が出来るというのが、どこまでも人間に近いというところがスゴいし、そのヒューマギアと人間の境界線がどんどん曖昧になりそう。

 

30代女性

17話からの生け花対決(人間の生け花家元対花屋ヒューマギア)の続編です。
前回、破壊されたと思われていた花屋ヒューマギアは無事でした。
家元の生け花テクニックをラーニングする花屋ヒューマギアですが、勝負は家元の勝ち。
家元は勝負に勝つため、わざとバランスの悪い生け方を行って、ヒューマギアにラーニングさせていたのですが。
人間の狡猾さと、ヒューマギアの実直さを見せられた後、ザイア製ハ○キルーペを装着した家元がマギア化。
人間とヒューマギアの差がますます分からなくなります。

そして、ザイア社長の年齢が明らかになります。
見た目はどう見ても20代~30代前半ですが、40代との自己申告。
或人社長と親子でもおかしくない年齢です。
目上の人にきちんと敬語
が使える或人社長。
子供向け番組の主人公として、とてもいいお手本です。

他には、すっかり中間管理職の刃さん、メンタルが心配です。
不破さんは相変わらず、ヒューマギア大嫌いな不破さんで安定しています。
不破さん、機械全般嫌いなのではないでしょうか。
プログライズキーも力ずくで開けるし。

 

30代男性

前回仮面ライダーザイアこと天津垓によって破壊されてしまった一輪サクヨ。しかし滅亡迅雷.netから強制ハッキングされたわけではないためバックアップは無事で無事に修復されました。復活したサクヨの主張によると相手の華道家に騙されたことによって勝負に負けたとのことでした。相手の華道家は立花流家元の立場と名誉を守るために負けるわけにいかないと言うプレッシャーから不正を働き、それが明るみに出たことで勝負はやり直しとなりました。しかし勝負に勝たなければならないと言うプレッシャーから精神的に追い詰められた華道家はその焦りをつけ込まれて謎の男から渡されたベルト「レイドライザー」とプログライズキーでバッファローレイダーに変身して大暴れを始めてしまいました。困惑する或人をよそに天津垓は仮面ライダーに返信してゼロワンやバルカンをすら圧倒する戦闘力でレイダーを撃破。正気に戻った華道家は自分の行動を悔い改めて正々堂々と勝負に戻り生花対決で勝利しました。勝負に負けた或人ですが、その顔は晴々としていました。

 

40代男性

今回は、飛電側のヒューマギア・一輪サクヨの活躍や立ち回りが冴えていて、生け花対決再戦で大切な言葉が印象に残りました。
この対決では、前回勝利したザイア側の立花蓮太郎が、サクヨの作品に細工をして不正行為をしたことを飛電側が非難し、サクヨの言葉である「生け花は人の心を映し出す」という言葉は、あらゆるシーンでも大切な信条だと思います。

一方、今回より登場した謎の黒フードの人物によって、「レイドライザー」を装着させられた立花が暴走してゼロワンたちに襲い掛かり、暴走した人間が倒された後の結末が気になりましたが、サウザーに倒されてから元の人間態に戻って安心しました。

生け花対決でサクヨは負けてしまいましたが、或人がヒューマギアによって人間が教えられるという新たな可能性を見て、清々しい結末で良かったです。

 

30代男性

天津が実年齢45歳で盛大に若作りを頑張っていたことが明かされたりと、天津をネタキャラにしようとする気満々だなぁっと思いました(笑)(一応アークが人間を抹殺するプログラムをするよう仕向けた黒幕では?っと思いますが、これも檀黎斗の2番煎じ狙ってるのかなぁっと邪推したり苦笑)。
アサルトキーの量産がてっとり早すぎてなんだかなぁっと思いました、不破は素直に共闘しそうにないとはいえ、すぐにサウザーの販促機関になってシャイニングアサルトホッパーの良さが出てないなっと思いました。
新たに人間を怪人化(というよりライダーとしてはこっちの方がしっくり来るのですが)させる存在が現れましたが、滅が「同志」というように残っていた「亡」なのでしょうか?

 

20代女性

今回、或人達はヒューマギア、一輪サクヨを修理し、人格データを取り戻す事に成功しました。
一輪サクヨの生け花作品に酷い評価をつける為に、名人蓮太郎が作品に手を加えたことが判明しました。
不正に気付いたZAIAの垓社長は「生け花勝負」のやり直しを宣言しました。
企業イメージの為、不正を不正だと認める垓社長は筋が通っていて良いです。

蓮太郎は一輪サクヨを過小評価してはいませんでした。
次第に追い詰められ、謎のフードの人物から託されたレイドライザーの機械により、なんと蓮太郎が暴走しました。
一体何が起きたのか分からないと視聴者は混乱した人は多いと思います。

或人は蓮太郎が人間だと分かっていて動揺し、攻撃することができません。
一方垓が変身するサウザーは蓮太郎を容赦なく攻撃でき、暴走状態から蓮太郎を元に戻す事ができました。
ゼロワンとサウザーの差が見られたのは皮肉でした。

生け花勝負が再開し、今度こそ正々堂々と勝負が始まります。
結局、一輪サクヨは勝負に負けてしまいました。
蓮太郎はヒューマギアから心を教わる事ができると知り、新たな可能性の一歩だと視聴者に気づかせてもらえる回でもありました。

 

30代女性

或人たちはサクヨを修復します。すると、サクヨは生け花対決で蓮太郎にだまされと話します。
不正を知った垓は対決をやり直すことにします。意外と常識あるなぁと思いました。
プレッシャーに押しつぶされそうな蓮太郎のもとに、謎の女が現れ、盗まれたプログライズキーを付けたベルトを装着させます。それして、蓮太郎はマギアに変身します。が、サウザーによって倒され、正気に戻ることができました。
そして、勝負はやり直しに。蓮太郎は打って変わって、サクヨの花を、サクヨの心がうつっているとほめました。
そんな2人を見ている或人は嬉しそうで、或人が思う、人間とヒューマギアが仲良く生きる世界が本当になったら良いなぁと思いました。

 

40代女性

ザイアの社長も変身をしたので驚きました。また変身の仕方が独特で、無表情で変身するのでどことなく違和感がありましたが、それがまた不気味な感じがして強そうにも感じました。いちはなりんこが暴走して、このまま悪者になってしまったら嫌だなあと思っていましたが、無事に修復できて安心しました。印象的だったのは、生け花は人の心を映すという教えを対戦相手であるたちばな流から学んでいたというところです。たちばな流の家元が悪に取りつかれたようになった時は、とても気味が悪く怖い感じがしました。自信をなくしていた家元でしたが、生け花の再戦で、見事勝利して、ヒューマギアも元通りになり、ホッとしました。

 

30代女性

ザイアとの生け花対決の最中に突如暴走してしまった花屋型ヒューマギア・サクヨを或人とイズが復元を試みます。復元できると思わなかったので不思議でしたが、どうやら「滅亡迅雷.net」にハッキングされた訳では無かったのでバックアップから復元することができたようです。その復元されたサクヨは対戦相手の立花流の家元である立花蓮太郎が行った不正について話し出すのでした。
立花は完成したサクヨの作品に花を一本入れることをアドバイスしたのですが、審査の時にそれを酷評し、結果的にサクヨは敗北してしまいます。立花の移り変わる気持ちがあるようで、その気持ちを想像しながら見るとそれぞれの立ち場で苦しい思いがあるのかなと感じました。或人は証拠となる映像データを突きつけて立花に抗議したものの、立花は「所詮はお遊戯でしょう?」と言い放ちます。そこにザイアの垓もやってきて、「不正は企業イメージが悪くなり、訴訟も辞さない」として勝負のやり直しを要求するのでした。それぞれの思惑や気持ちが交錯して、なかなかうまく前へ進まないのが歯痒くなる回でした。

 

 

スポンサーリンク

 

『仮面ライダーゼロワン』第19話はどうなる?

 

第19話のあらすじ

 飛電vsザイア、ヒューマギアと人間が競うお仕事五番勝負の2回戦が「住宅販売」に決定した。ザイアの代表は不動産会社のトップ営業マン・新屋敷(一色湊)。2週間でどれだけの家を売り上げるかで勝敗を決することに。

ザイアスペックをかけたやり手営業マンと対抗するヒューマギアとして、或人(高橋文哉)とイズ(鶴嶋乃愛)は、小さな不動産会社で働く住田スマイル(中崎絵梨奈)を指名。笑顔で接客するスマイルに期待を寄せる。

スマイルと新屋敷が大接戦を繰り広げる一方、諫(岡田龍太郎)は滅(砂川脩弥)からレイドライザーに関する情報を入手して…!?

(引用:テレビ朝日公式サイト)

 

スポンサーリンク

 

 

次回は第19話。

予告やあらすじをみたみなさんの展開予想、楽しみにしている見どころポイントを聞いてみました!

※次回放送へのみんなの期待は、今後も集まり次第随時更新していきます♪

 

40代女性

残ってる敵は映画を観ていると分かってしまっているけど、滅びを倒した時にその流れはだいたい分かるような気になっています。また別の変身ベルトがでてくるのが、どういうのかというのが明らかになってきそうなのが楽しみです。18話の終わりに最後の滅亡迅雷ネットがでできたのが、暴走するのがヒューマギアだけでなく、滅亡迅雷ネットで人間も暴走させることができるベルトの詳細が分かりそうなので楽しみ。それがややこしそうな名前だったけど、覚えにくそう。滅亡迅雷ネットと天津が何か関係がありそうなのが、これから分かってくるんじゃないかと思う。

 

30代女性

滅が再起動し、他にも滅亡迅雷.netの仲間であろうフードの人物が登場しました。
これまで登場したヒューマギアとは違う様子。
暗殺ちゃんでも、皆大好き腹筋崩壊太郎でもない。
人間→マギア化した人なのか。
それとも、滅亡迅雷.netのヒューマギア開発に関わった人なのか。
はたまた、ザイアに関係する人なのか。
上記の謎は、暴かれるどころか、ますます深まりそうです。

そして、ザイア社長は40代なので、戦闘後数日経過してから筋肉痛が出てくるのではないかと邪推しております。
筋肉痛の状態で変身と戦闘は可能なのか、を是非放送して欲しいです。
ああいうタイプの社長は後半になると面白くなってしまうと、エグゼイドで学習しているので今後が楽しみです。

また、人間がマギア化できるならば、逆も可能ではないか、との予測も当然あります。
ヒューマギアが生物学的にも人間となり、同じ社会で生きていくのは可能か、という問題もまた然り。
映画版の是ノ助社長はヒューマギア=道具、という考え方ですが、或人は人間とヒューマギアが共に生きる社会を信じているので、ここでまた壁ができそうです。

 

30代男性

飛電インテリジェンスとザイアによる生花対決に続くお仕事勝負の第二段は「家を得る」対決。ザイアスペックをかけた不動産のトップ営業マンと不動産営業ヒューマギア「住田スマイル」が期間内に家を売った件数で勝負するようです。一方エイムズの不破は修復された滅からレイダーや謎のベルトによって情報を入手するようです。果たして謎の男の正体は誰なのでしょうか?滅は不破諌に対して「今は亡き同士がいる」と発言しましたが、正体は修復された迅なのでしょうか?それとも滅亡迅雷.netでまだ出てきていない「亡」なのでしょうか?天津垓だけでなく新しく現れた敵レイダー=暴走した人間に対して或人たちはどう立ち向かうのでしょうか?

 

40代男性

飛電対ザイアのお仕事対決第2戦・住宅販売が繰り広げられて、バトルシーンとともに対決が楽しみです。

今回は、ザイア側は不動産会社のトップ営業マンを送り出しますが、或人は小さな不動産会社で笑顔の接客を魅力とする女性ヒューマギアを指名するところから、或人と埃の考え方、選手選抜の基準などが対照的なのも面白いです。

また、再生した滅と対峙するエイムズの不破諫は、滅から「レイドライザー」の存在を聞かされ、人間を暴走させる新たなドライバーの情報を聞き出す場面もありそうで、暗躍する黒フードの人物の行動なども気になり、次回の戦闘シーンでゼロワンはどのように立ち向かうのかなど目が離せません。

 

30代男性

お仕事5番勝負(このネーミングも脱力ものですが・・・これで10話くらい引っ張るのでしょうか・・・?)の2戦目は住宅販売に決定し、ザイアからは不動産会社のトップ営業マン、飛電からは住宅販売員ヒューマギアを指名して2週間でどれだけの家を売り、利益を上げられたかを競う勝負になるようです。
その勝負のさなか、不破は滅びから人間を怪人化させるレイドライザーをバラまいているものの存在を聞き出すようで・・・!?
話の流れ的に営業マンが新たに怪人化されそうですね、また新フォームの販促等は珍しくなさそうで、次回もサウザーの一人勝ち的な流れになりそうですね。

 

20代女性

来週は飛電インテリジェンスVSZAIAエンタープライズの「二回戦」になるようです。
「住宅販売」勝負になります。
二週間でどれだけ家を売ることができるのか対決です。
当然ながら新しいヒューマギアの出番になります。
名前は「住田スマイル」と言う住宅販売士です。
ZAIA側では新屋敷達己と言う大手不動産の営業マンです
私としては次こそは飛電インテリジェンス側が勝って欲しいと思います。

不破が蘇った滅に何を問いかけるか、不破と唯阿は和解することができるのか。
そして蓮太郎を暴走させたフードの人影の正体は一体誰なのか。
フードの人影の正体が気になりますが、一体誰がフードの人影の正体なのか。
来週も楽しみにしております。

 

30代女性

次回放送の、お仕事5番勝負の2番目は、家を売る対決です。
垓はザイアスペックを装置した、いかにもな営業マンを用意します。スーツを着た敏腕営業マンの見本みたいな男性です。
或人たちは、女性で、笑顔がすてきなヒューマギアを指名します。
まるで正反対な印象の2人ですね。果たしてどんな勝負になるのか、とても楽しみです。
一方、諌はまた滅から気になる情報を聞いています。前話で人間が暴走した理由を聞き、自分の計り知れないところでなにかが動いているのでは?と思っているようです。
一体真実はなんなのか?
今後のどうなるのか楽しみです!

 

40代女性

第19話では、家を売る勝負という課題にどう取り組んでいくのか、早く観てみたいと思いました。前回は、生け花勝負で、今回は家を売るということで、とても渋い感じの内容が続いているなあという印象を受けています。ザイアの社長が、なんだか不気味で、これから何を起こしていくのだろうという不安があります。飛電社長の変身ももっと見たいので、それを楽しみにしています。滅が蘇り、これからどうなっていくのかも気になります。飛電社長は、変身するとかっこいいのですが、変身する前の姿はとても人当たりがよく、頼りない感じもするので、そのギャップも見どころになっているのかなあと思います。

 

30代女性

この18話を見てみると、垓は滅については何か隠しているような雰囲気が見て取れました。しかし、立花がマギア化したことについては把握していないようだったのでまだ明かされていない部分も多く今後分かってくるのかなと思います。垓がアークを作る、アークは「滅亡迅雷.net」を作る、というのがゼロワンの物語りの大まかな流れだとは思うのですが、フードの人物が亡であるのならば、大元は垓ということになるのではないでしょうか。まだまだ今後のストーリーを見ていかないと分からない部分がたくさんあるのだと思います。次週はお仕事対決第二弾「家売り対決」のようなので今度はどういう戦法でお互い戦っていくのか注目したいです。

 

まとめ

 

お仕事五番勝負、次回は住宅販売!

こちらの勝負はもちろん、レイドライザーの新情報も気になります。

第19話も見逃せません!!

 

スポンサーリンク

-仮面ライダー, 特撮
-, , , , , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2020 All Rights Reserved.