スーパー戦隊 特撮

騎士竜戦隊リュウソウジャー42話あらすじ・ネタバレ!41話の感想・評価評判は?

更新日:

騎士竜戦隊リュウソウジャー第42話あらすじやネタバレ予想!第41話の感想や評判評価も!

 

2019年3月、騎士×恐竜の新しいスーパー戦隊『騎士竜戦隊リュウソウジャー』の放送がスタート!

毎週日曜日、朝9時30分のオンエアです。

 

今回は、『騎士竜戦隊リュウソウジャー』の第41話を見た人の感想や評価評判を集めました。

また、続く第42話のあらすじやみんなの予想もアンケート!

ぜひ最後までチェックしてくださいね♪

 

 

『リュウソウジャー』第41話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第41話の振り返り

 コウ(一ノ瀬颯)は、リュウソウカリバーを無くしてしまい大パニック。ドルイドンの手に渡ったら大変なことになる。必死に探す中、メルト(綱啓永)がラボにオト(田牧そら)の髪留めが落ちているのを見つける。
リュウソウカリバーを持ち出したオトは、偶然再会した海のリュウソウ族・ミヤ(坂田梨香子)に渡していた。実は、ミヤはカナロ(兵頭功海)の元婚約者だった。カナロは、撮影所のスタッフとして働くミヤから、作品のイメージにピッタリなリュウソウカリバーを貸して欲しいと懇願される。監督が、作品がうまくいけば次はミヤを監督にすると約束してくれたのだという。話を聞いたコウはミヤの夢を応援し、撮影の間だけリュウソウカリバーを貸すことに。さらにコウたちも出演することになるが、カナロは拒否。昔から使命のためだけに生きるカナロに不満を持っていたミヤは、カナロとぶつかってしまう。しかし、監督は、ミヤを言葉巧みに雑用係として使いたいだけで、監督にする気などなかった。
一方、ドルイドンでは、プリシャスと、新たにやってきたドルイドンの幹部サデンがリュウソウカリバーを奪う密談を。さらにプリシャスは、ワイズルーやクレオンを処分しようとしていた。それを聞いてしまったクレオンはショックを受ける。クレオンを最高幹部にしてくれるという言葉は嘘だったのか!? クレオンは、プリシャスに認めてもらうため、撮影所からリュウソウカリバーを盗み出す。そこにリュウソウカリバーを狙うサデンが出現。リュウソウジャーが応戦するが、卑怯な戦い方をするサデンに苦戦。それでも立ち向かうリュウソウジャーの姿に心動かされたクレオンは、リュウソウカリバーをコウに渡す。コウはノブレスリュウソウレッドに変身し、サデンを吹っ飛ばす。ミヤは、カナロの使命にかける思いを理解し、認めあったのだった。

(引用:テレビ朝日公式サイト)

 

スポンサーリンク

 

 

第41話を視聴した人に感想を募集しました♪

今回のストーリ展開をみなさんはどう見たのでしょうか?

※感想は集まり次第随時更新していきます!

 

20代女性

カナロの元婚約者が現れてまさかのリュウソウカリバー持ち出したのがオトちゃんだったとわ。敵かなとおもったらそんなんじゃなくてただ助けたくて持ち出したとわ。
そして5人がスーツ姿がカッコよすぎてたまりません!笑
みんなスタイル良し、サングラスしようもんなら逃走中のハンターみたい!特にバンバがハンターにしか見えなかったです!やはりみんな天然なのか撮影なのにノビソウルなど使って始末するところが子供と一緒に笑っちゃいました。
そしてこんかい大きな進展があり、クレオンがリュウソウジャーを助けたことでした。クレオンも頑張って頑張って認めてもらいたくても認めてもらえず辛い思いをしてるだなって考えさせられました。

 

30代女性

コウ(主人公)が大切にしているリュウソウカリバーが突然消えた!という出だし。
コウが慌てて外に探しに出るが、メルトが冷静に床に落ちていたアクセサリーを手に取り意味深な表情。
とてもインパクトがある最初で一体誰がリュウソウカリバーを持ち去った!?と子供と一緒にテレビに食いつきました。
その一方で大きな変化がありそうな敵方のドルイゾン族の各々。なんだかブラック企業を見ている雰囲気。
リュウソウカリバーの行方は海のリュウソウ族のオトちゃんが持ち出したようでしたが、
仲間のピンチを救うため…とは言え、勝手に持ち出しちゃダメだよ…でもお友達の為だったんだね…と複雑な気持にもなります。
その後、なぜかコウを含めたリュウソウジャーのみんなが急遽映画撮影に協力することとなり(カナロ以外)黒のスーツ上下にサングラス。
これはまるで某テレビ局の「逃走中」のメンツを見ている気分になります。そしてみんなカッコいい!アスナは女の子だけども良くお似合いでした。
弟のトワに「兄さん普通」と突っ込まれていたバンバが特に似合っているし、THE逃走中の方ですか!?の雰囲気。
個人的にはカナロのスーツ姿も拝みたかったかな。

 

30代女性

コウはリュウソウカリバーがなくなったと大騒ぎ!外へと探しに行きます。
実のところ、オトがリュウソウカリバーを持ち出していました。それをミヤに届けます。
そこへカナロ含めたコウたちが駆けつけて、びっくり。なんと、ミヤはカナロの元婚約者だったのです!
カナロに過去、そんな女性がいたなんて驚きました!
最後、ミヤは自分は陸で夢を追いかけると決意を話します。カナロはそれを応援すると言いますが、その時のカナロの表情はまだミヤに気があるのかな?という感じでした。
今回はカナロの思わぬ過去を知れて、ドキドキする話でした。おもしろかったです!

 

30代男性

リュウソウカリバーが紛失すると言う事件が発生。なんと元海のリュウソウ族でカナロの元婚約者だったミヤに頼まれたオトが内緒で映画の小道具として使うためにカリバーを持ち出していました。事情を知ったコウ達は映画撮影にノリノリで協力していましたが、目を離した隙に誰からも評価されないと自信を喪失していたクレオンが評価を上げるためにリュウソウカリバーを持ち出してしまいました。同じくカリバーを狙っていた新たな幹部サデンに命を狙われるクレオンですが、守備よくリュウソウジャーとサデンが戦闘に入り、逃げることに成功しました。ウデンに匹敵する剣捌きに加え、卑劣にも人質をとりながら攻撃をしてくるサデンに反撃のチャンスを全く掴めないコウ達。絶体絶命のその時、なんとクレオンがリュウソウカリバーを投げ渡したのです。戻ってきたリュウソウカリバーによってノブリスリュウソウレッドに変身してサデンを撃退したコウ達はクレオンに感謝の言葉を伝えました。その言葉に悪態をつきながら去っていったクレオンですが、心はどこか満たされたような不思議な気分に浸るのでした。

 

40代男性

今回は、カナロと同じ海のリュウソウ族・ミヤがメインの回でしたが、彼女が映画監督になるという夢に向かって頑張っている姿が清々しく、気分よく見ることができました。

彼女はカナロの元婚約者で、彼女がカナロを小言が多くて細かすぎると愚痴を言う場面は面白く、人間の映画監督たちに見下されながらも、リュウソウジャーやオトの応援に支えられながら真っすぐ一生懸命に努力する姿は感動しました。

また、戦闘シーンでは、敵の新幹部・サデンの攻撃にリュウソウジャーがピンチに陥るのですが、自暴自棄になったクレオンがリュウソウカリバーを渡してコウを助けるシーンは驚きで、今後の展開次第でクレオンがリュウソウジャーの味方になる可能性が出て、楽しみが増えました。

 

30代男性

終盤も近づき、ラスボスと思われるエラスの復活が近づいてるためか、立場的に苦しくなったクレオンがとうとうリュウソウジャーを助ける行動をとり、最終的にドルイドンと袂をわかつ流れになるのでしょうか?(唯一心の拠り所になってるワイズルーも次回で退場しそうですし)。
劇中劇の悪の親玉と部下の衣装の世界観の違いすぎ(もろ逃走中のハンター笑)に関してバンバがツッコンでくれたのはある意味ホッとしました(笑)。
新幹部サデンは先代にあたる(?)ウデン同様に強敵ぶりと非情さが出ていた印象でした。
また、ミヤのキャラはメッセージ性があるなっと感じました。

 

20代男性

今回の騎士竜戦隊リュウソウジャーでは、リュウソウレッドのコウが、リュウソウカリバーを無くして大慌てになるという話から始まります。紛失の原因は、オトが海のリュウソウ族・ミヤに偶然出会い、オトが「なんでも力になる」と言ったところ、撮影用の剣にちょうど良いものがリュウソウカリバーであり、少しの間借りるだけならということで持ち出していたのでした。コウたちは、そんなオトの想いを汲み、ミヤの撮影の協力を申し出たのでした。そんな中、ミヤがリュウソウ族の使命から逃げ出したことを知っているカナロは、協力を拒否したのでした。そんなカナロにミヤは、昔から使命というしきたりに従っているカナロに不満を持ち、口げんかになるのでした。しかし、ドルイドンの幹部・サデンとの戦いで、カナロがリュウソウ族としての使命にかける思いを理解したミヤとカナロは和解したのでした。今回は、監督がミヤとの約束を守るつもりなど毛頭ないという仕事の裏の面もありましたが、それを知りながら撮影にかける思いに燃えるミヤには心打たれました。

 

20代女性

今回リュウソウレッドのコウが、リュウソウジャーに必要なアイテム、「リュウソウカリバー」が無くなっていることに気づいた場面からストーリーは始まります。
リュウソウカリバーを龍井家から持ち出したのはリュウソウゴールドのカナロの妹、オトだったのは意外でした。
その後リュウソウカリバーは一時期、映画撮影に携わるオトの知り合いに預けられてしまい、映画撮影の道具として使われることになります。

今回の話では無くしたリュウソウカリバーをコウ達が捜索しながら、同時に敵の集団、「ドルイドン」もリュウソウカリバーを狙っていました。

映画撮影に巻き込まれたコウ達が皆で黒いスーツを着て、映画撮影にゲスト参加する
姿はシュールに思いました。

ドルイドン達に追い詰められるコウ達ですが、危機から救ったのはクレオンでした。
ドルイドンのクレオンがプリシャスを同士だと思っていました。
しかしプリシャスに見捨てられると判断し、偶然奪っていたリュウソウカリバーを敵であるコウ達に返すと言う決断に心を打たれました。

 

40代女性

リュウソウカリバーが、なぜなくなってしまったのか気になっていましたが、最初はオトが持ち出したということに驚き、それから、カナロの元婚約者だったミヤという女性が現れたのも驚きました。奇想天外な内容で、いつも楽しませてもらっています。ひょんなことから、リュウショウジャーのみんなが黒いスーツとサングラスで颯爽と立っている姿は、みんなとても素敵でした。いつもと違う格好なので、とても新鮮でした。いつもふざけた感じの悪者クレオンガ泣いているシーンも印象的でした。涙が緑だったのも斬新でした。ミヤの夢を叶えるために一生懸命な姿も潔くて素敵だと思いました。

 

 

スポンサーリンク

『リュウソウジャー』第42話はどうなる?

 

第42話のあらすじ

 ついにドルイドンのアジトを見つけた。乗り込もうとするコウ(一ノ瀬颯)の前にワイズルーが出現。ファントムマイナソーの能力により、ワイズルーのショータイムに取り込まれてしまう。メルト(綱啓永)とトワ(小原唯和)は、ワイズルーのバックダンサーに、アスナ(尾碕真花)とカナロ(兵頭功海)はロミオとジュリエットの芝居をさせられる。カナロは、物語の最後に2人が自害することに気づくが、芝居をやめることができない。コウとバンバ(岸田タツヤ)は、芝居が終わる前にマイナソーを見つけて倒そうとするが…

(引用:テレビ朝日公式サイト)

 

スポンサーリンク

 

 

次回は第42話。

予告やあらすじをみたみなさんの展開予想、楽しみにしている見どころポイントを聞いてみました!

※次回放送へのみんなの期待は、今後も集まり次第随時更新していきます♪

 

20代女性

来週は踊りに芝居にとまたまた保存版になりそうです!
12日放送の最後にクレオンが「リュウソウジャーと一緒に戦えばワイズルー様の心がとりもどせるかも」的なことをいっててもしかしたらクレオンがリュウソウジャーの仲間入りするの?と思ったがあと数週で終わるしそれはないのかなぁ?と。クレオンが仲間入りするのも新しくていんじゃないかなぁ?と思いました。
ここで仲間入りしてくれたら泣くかも知れません!笑
クレオンも報われたらいいなぁなんて12日の放送みて少し見る目が変わりました。
これから最終回に向けてどう動き出すのかまだまだ見逃せないなと思います。

 

30代女性

41話で少ししか登場しなかったワイズルー様が、42話で大活躍の雰囲気。
41話終盤でクレオンからリュウソウジャーに協力しませんか?的な発言がありどんな心境だったか気になるところ。
本当は敵方なんだけどあまり敵らしくないこの2人には最後まで頑張って生き残ってほしい(敵なのに)と思ってしまいます。
次回の内容は劇なのかな?リュウソウジャーのみんなも普段と違う格好ではじけている予告だったので新たな魅力が発見できそう。
ぜひ、リュウソウジャーのみんなとワイズルー様たちが協力してドルイドンを倒す!シーンを期待します。

 

30代女性

前話で、リュウソウジャーたちは黒いスーツをビシッと決めて撮影したばかりなのに、次は舞台をやるのでしょうか?
フリフリのマンボを踊るような衣装を着てる人もいて、何があるのかと気になります。というか、ちょっと困惑しますね。
ワイズルーも舞台にいるので、そこで対戦するのかもしれないですが、気になるのは、前話の終わりに、クレオがリュウソウジャーと一緒に戦えば、ワイズルーの心臓を取り戻せるかもしれない!と言っていたことです。
この提案には驚きました。今まで敵対してきた相手と手を組む決断するのか、どうか。その辺りも楽しみです!

 

30代男性

ついにワイズルーが自身最高のショータイムを演出するためについにリュウソウジャー達へ最後の決戦を仕掛けてきました。マイナソーの特殊な能力によってアスナとカナロが「ロミオとジュリエット」の芝居の世界へ閉じ込められてしまいました。物語の最後に二人は自害してしまうため、その前に救出しようとするコウ達ですが、ワイズルーは一筋縄ではいかず・・・。果たしてリュウソウジャー たちは仲間を無事救出してれずに勝利することができるのでしょうか?そしてプリシャスの語る、リュウソウカリバーが抜かれたことによって時間が経てばいずれ復活すると言われる「エラス様」とは一体何者なのでしょうか?そしてその心境にわずかに変化が訪れたクレオンはどのような行動を取るのでしょうか?

 

40代男性

次回は、敵のワイズルーがリュウソウジャーに決着を挑むストーリーで、ワイズルーの狡猾な作戦やコウとの一騎打ちなど、見どころが満載です。
まず、ワイズルーはエンターテインメントをベースにした技を使い、カナロとアスナを「ロミオとジュリエット」の2人を演じさせて、2人が自害するという結末を実現させようとする恐ろしい作戦は、アイデアが冴えると思いました。
メルトとトワもワイズルーのバックダンサーに仕立て上げられて自由が利かず、残ったコウとバンバが奔走し、ピンチから救い出す展開も楽しみです。
そして、最大の見どころであるコウとワイズルーの決闘は、スリリングで目が離せません。

 

30代男性

次回はワイズルーがラストショータイムと称するようにどうやらワイズルーの最期になりそうな話に思えます。
41話でクレオンからリュウソウジャーなら心臓を取り返せるのでは?っと提案されてはいたものの、ワイズルーとしては今更リュウソウジャーに助けられるよりは自分の最期くらい派手に飾りたいという心境なのでしょうか。
思えば最初の幹部のタンクジョウがいきなり5話で退場したので、今回の幹部は早期退場交代制で行くのかなっと思い、ワイズルーも数話で退場になるとばかり思っていましたが、思いのほか長生きにになったなっと思いました(キャラ的に使い勝手が良かったのかもしれませんね。)。

 

20代男性

次回の騎士竜戦隊リュウソウジャーでは、リュウソウジャーたちが、ドルイドンの幹部・ワイズルーのショータイムの役を演じさせられてしまいます。遂にリュウソウジャーたちは、ドルイドンのアジトを見つけ乗り込みますが、そこにワイズルーが出現します。そしてファントムマイナソーによって、メルトとトワはワイズルーのバックダンサーに、アスナとカナロはロミオとジュリエットの役を演じさせられてしまいます。果たして、リュウソウジャーたちはワイズルーの手から逃れ、運命を自ら切り開くことができるのかというのが大まかなストーリーです。今回の話で、クレオンがプリシャスに奪われたワイズルーの心臓を取り戻すために、リュウソウジャーたちとの共闘の話をしていましたが、次回ではどのように話が絡んでくるのかということと予告に出てきたクレオンの涙の真相とはという部分が気になります。

 

20代女性

来週コウ達は敵、ワイズルーの最大ショータイムに巻き込まれてしまうと思います。
もしかすると、コウ達とワイズルーの最終決着戦かもしれません。
ショータイム中にコウ達に何が起こるのか分かりません。
ワイズルーの罠にはまったコウ達、メルトとトワがカラフルなダンサーにされてしまいます。
ロミオとジュリエットになってしまったカナロとアスナは本物の二人のように死んでしまうかもしれないと言う危機を迎え、ドキドキハラハラな回になりそうです。
今週コウ達に味方してしまったクレオンですが、次回はクレオンが大好きなワイズルーがメインの回なので、どんな活躍をしてくれるのか期待しています。

そしてショーに巻き込まれたコウ達の運命は如何に、コウとバンバは仲間達を助け出す事ができるのか来週も注目です。

 

40代女性

42話では、ステージで歌ったり踊ったりすることになるのでしょうか。なんだか、また賑やかなお話になりそうでとても楽しみです。リュウソウジャー達の歌声も聴くことができれば楽しいのになあと思っています。そのステージにも悪者が関わっているようなので、どんな方法でリュウソウジャー達を困らせるのかも見どころになるのではないかと思っています。無事にステージは終われるのか、どんなステージになるのかも楽しみにしています。クレオンは、41話で少し悪い感じが抜けていたのですが、やはり元に戻っているのか、どうなっているのかも気になっています。

 

まとめ

 

次回はロミオとジュリエットの舞台芝居なんかも展開され、面白くなりそうです!

ドルドインのアジトへは乗り込んでいけるのか…。

第42話も見逃せません!!

 

スポンサーリンク

-スーパー戦隊, 特撮
-, , , , , , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2020 All Rights Reserved.