2020冬ドラマ ハイポジ

ドラマ「ハイポジ」2話あらすじ・ネタバレ!1話の感想や評価評判をチェック♪

更新日:

ハイポジ2話あらすじやネタバレ予想!第1話の感想や評判評価も!

 

テレビ大阪で毎週土曜日の深夜0時56分から放送中のドラマ『ハイポジ』。

 

46歳の記憶を持ったまま。1986年、16歳の少年時代にタイムスリップする主人公。

二度目の青春を過ごし何を手に入れるのか、注目の作品です♪

 

この記事では、ドラマ『ハイポジ』の第1話を見た人の感想や評価を集めています!

続く第2話の予想や期待もチェックです♬

 

 

『ハイポジ』第1話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第1話の振り返り

会社をリストラされ、離婚も秒読みの光彦(柳憂怜)は風俗店で滑って頭を打って、意識不明になった。気がつくと魂は46歳のまま、身体は16歳の自分の中にいた。
1986年の16歳の高校生の自分(今井悠貴)の中に戻った光彦は、初恋の同級生・さつき(黒崎レイナ)や、いずれ妻となる幸子(鈴木絢音/乃木坂46)にも遭遇。これは夢だと思っていた光彦だったが、不良に絡まれ殴られる痛さに生きていることを実感する。光彦はもう一度人生をやり直そうと決心する。

(引用:テレビ大阪公式サイト

 

スポンサーリンク

 

第1話を視聴した人に感想を募集しました♪

今回のストーリ展開をみなさんはどう見たのでしょうか?

※感想は集まり次第随時更新していきます!

 

40代女性

30分という短さにどれだけ内容が詰め込めれるのだろうと半信半疑ながらの視聴でしたが、なかなか面白い!ところどころで46歳のおじさんに16歳の光彦の映像が入れ替わるところは、クスッと笑わされますね!特に高校時代に意識だけがタイムワープした光彦が憧れのサツキとイヤホンを片方ずつわけあい、カセットテープを一緒に聞くシーンはドキドキのなかに、46歳の光彦のビジュアルが重なると「おわっ!」と思わせられ、青春のイチページが砕け散る感じが、、。妻・サチコとも出会い二人の女性に浮かれる光彦は、「これは良い夢なんだ~」という軽さがすごく伝わってきて、不良に殴られ現実だと実感したときの差が良かった!

 

50代女性

46歳のサラリーマンがある日、16歳の男子高校生の中に入っていた!1986年にタイムスリップし、奥さんの高校時代と遭遇。ドラマでは、ジジィの風情のまんま男子高校生を演じていた。30年タイムスリップしたのだろう。昭和のバブル期の悪さというものが、時にこんなタイムスリップから明かされることがある。男女と女男が、最後にはジェンダーになったことが、鮮明だった。悪いことしか考えない人々が、そうした痛い結末について勝った!と述べることに疑問を持ち続けている。疑問のタネを明かすと、子供が社長や政治家など信用のある人に成り切っていた。

 

 

スポンサーリンク

 

『ハイポジ』の第2話はどうなる?

 

第2話のあらすじ

魂は46歳(柳憂怜)のまま、身体は16歳(今井悠貴)の中にタイムスリップした光彦は、不良に絡まれているところをさつき(黒崎レイナ)に助けられ、一緒に逃げる。
光彦はさつきと別れた後、高校生の時に住んでいた実家に向かう。母(杉山薫)や姉(野崎智子)、弟(清水大登)と再会し、当時のことを思い出し、懐かしんでいた光彦だったが、現在の幸子(46歳・いしのようこ)や娘・美憂(岡田佑里乃)のことを考えると気持ちも沈む。
翌日、一度目の高校生活では話したこともなかった幸子(16歳・鈴木絢音/乃木坂46)と学校でぶつかり、思わず呼び捨てにしてしまう。
本当はさつきが不良を倒したことを知らない同級生でヤンキーの馬場(伊島空)は、光彦が不良をやっつけたとクラス中に言いふらす。さつきの反応が気になった光彦は、さつきを屋上に呼び出す。

(引用:テレビ大阪公式サイト

 

スポンサーリンク

 

次回は第2話。

予告やあらすじをみたみなさんの展開予想、楽しみにしている見どころポイントを聞いてみました!

※次回放送へのみんなの期待は、今後も集まり次第随時更新していきます♪

 

40代女性

16歳に意識だけがタイムワープしたのだ!と確信した光彦が不良に向かっていってしまい反対にやられてしまったところをサツキによって助け出され、二人で手を繋いで走って逃げた今回のラスト。次回はもっとサツキとの関わりが増えそうですね!人生をやり直せると思った光彦はサツキに告白し、サツキと付き合っていくことになるのか?それとも46歳の光彦が結婚していたサチコとの間に恋愛が生まれるのか?楽しみですね~。でもサチコと付き合ったら、また同じ人生になっちゃうからサツキと付き合うことにするのかな?と思っています。サツキがOKしてくれるかどうかは分からないですが。

 

50代女性

好きな人に告白!と46歳の男子高校生が意を決する!という予告編だ。中村あゆみの「翼の折れたエンジェル」という懐かしい曲が挿入歌だ。高校生の学校でのシーンと挿入歌の「翼の折れたエンジェル」という曲のキラキラとした青春時代の輝きというものが、現実と夢というギャップのようにドラマは展開する。懐かしい曲というものは、多くの恋や輝きを思い出させるものだ。そうしたキラキラしたものと男子高校生の勉強や学校での日々というものが、天と地ほども違うように述べるものがいるものだ。違う!と誰もが、それこそ違うことで思うだろう。そんな時の人間ほど心が汚いものはない。それが、蔑みに執着する者を溢れ返らせたのだが。

 

まとめ

 

まさに1986年に青春時代を過ごしていた!という人にはとても懐かしく感じる場面が多かったよう。

劇中に流れる当時のヒットソングもたまりませんね♪

次回第2話も見逃せません!!

 

スポンサーリンク

-2020冬ドラマ, ハイポジ
-, , , , , , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2020 All Rights Reserved.