2019秋ドラマ 新米姉妹のふたりごはん

新米姉妹のふたりごはん最終回の12話あらすじ・ネタバレ!11話の感想・評価評判もチェック♪

投稿日:

新米姉妹のふたりごはん最終回の12話あらすじやネタバレ予想!第11話の感想や評判評価も!

 

テレビ東京で2019年10月10日スタートの秋ドラマとして、『新米姉妹のふたりごはん』の放送が決定しました!

テレビ東京で毎週木曜深夜1:00からの放送です。

 

2019秋の「木ドラ25」枠は、人気漫画が原作!

突然姉妹になった女子高生のサチとあやりが料理によって通じ合っていきます。

 

外交的で料理は苦手な姉のサチ役は山田杏奈。

内向的で料理が得意な妹のあやり役に大友花恋が演じます。

 

姉妹になりたての女の子たちが描く新鮮なクッキングストーリー!

 

この記事では、ドラマ『新米姉妹のふたりごはん』の第11話を見た人の感想や評価を集めています!

続く第12話の予想や期待もチェックです♬

 

 

『新米姉妹のふたりごはん』第11話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第11話の振り返り

親の再婚により、突然姉妹となったサチ(山田杏奈)とあやり(大友花恋)。
カメラを習いに父のいる海外に行ってしまったサチ。サチが旅立って数日が経ったある日、あやりはなお(芋生悠)の実家の甘味屋を訪れる。サチがいなくてひとりだと話すと、なおが家に遊びに来てくれることに。
ランチの準備にとりかかるふたりは、チーズを使った料理「ピザ」を作りはじめる!すると、家の近くを通りかかった絵梨(田中芽衣)が遊びに来る。

(引用:テレビ東京公式サイト)

 

スポンサーリンク

 

 

第11話を視聴した人に感想を募集しました♪

今回のストーリ展開をみなさんはどう見たのでしょうか?

※感想は集まり次第随時更新していきます!

 

40代男性

第11話は、あやりは、ピザを作ることにしました。フライパンでピザを作ると言ったので、意外な作り方だと思いました。ピザ窯で作る印象があったので、あやりは研究熱心な女性だと思いました。あやりは、調理器具としてヒートガンを使用しましたが、効率の良い調理方法だと思いました。完成したピザは、バジルとトマトがミックスされておいしそうでした。私は、あやりの心理状態に注目しました。サチが海外に行っているので、あやりの表情がいつもとは違っているように感じました。途中から絵梨が参加しましたが、3人で過ごしている時間は、楽しそうでした。

 

30代男性

サチがフランスに行ってしまって一人で朝ごはんを食べているあやりがなんだかとても可哀想でした。でも家に篠田が来てくれたことが何よりの救いでとても楽しかったです。篠田はあやりと、すごく馬が合う感じで二人で料理している姿は良かったです。ピザ作りでフライパンを使って焼く感じがすごく手頃感があってやりたくなりました。篠田が作った創作ピザが納豆とオクラと明太子を使った料理でめちゃくちゃ食べたくなりました。最後にあやりがデザートピザを作りましたがこれが一番未知数の感じで気になり見した。自分が想像している味ではないという感じがしました。

 

40代男性

新米姉妹のサチ(田中杏奈)がフランスに。一人になったあやり(大友花恋)。自分一人だけの朝食は質素ですね。半焼き明太子に長ネギと油揚げのお味噌汁、シメジとニンジン、チンゲンサイの油焼き。誰も見てる人がいなくても、そぉーっとした動きで、しゃかしゃかしゃかしゃかとお味噌を溶く姿、シスターのようでした。ま、キャラ違いのサチさんが見ていたって、しゃかに説法でしょうけどね。
今回は、11品目の回ということで、ピザを披露していただきました。友達の篠田なお(芋生悠)さんがチーズが大好きということで。お手製トマトソースをつくり、オリーブオイルを入れたピザ生地をこね、レンジで温め、発酵。耳たぶぐらいの柔らかさになっていました。モツァレラチーズにシュレッドチーズ、そしてバジル。自宅でつくるので、フライパンで。フライパンでは、フカフカな感じで冷めやすく、チーズのボリュームが生地にしみ込み、焦げ固まる度合が軽い、火力と圧力。その割には、キレイなもちもち感。上等なソイルのようにはねていました。焼き付けたチーズもパリパリっと。さすが、新米シスターあやり!。同い年のサチを誕生日の早さで姉さんと呼んでも。スペー!

 

20代男性

次回は爆弾発言の通り、本当にサチは海外にいる父親のもとに行ってしまうようで、アヤリが寂しがりそうですね。しかし、サチがいないことを聞いたナオは、アヤリを思いやり家に遊びに来てくれるようでアヤリにとって有難い状況になるようで良かったです!さらに家の前を通りかかった絵里も加わるようで、サチのいない間になんだか三人の楽しい時間が流れていきそうですね!きっと三人でピザを作って楽しんだと、後で聞いたサチが悔しがるのではないかと思います。きっとサチのことだから、自分のためにもう一度ピザを作ってー!とねだりそうですね!

 

30代男性

サチのいない自宅の随分と静かな雰囲気がある意味斬新に感じていたら、その静かな寂しさを逃れるようにあやりがなおの実家を訪れて、なおが考えたチーズどら焼きの斬新さには驚かされ、グルメな女子高生のあやりが酷評する事なく、優しさ言葉で評価を示す所も若いながら斬新だなと思いました。
サチがいない寂しさを妹のあやりだけでなく、絵梨まで感じていたというのが可愛らしく、サチはこのメンバーのムードメーカーなんだなと改めて感じました。
しかしながら、姉のサチが旅立った後の話とはいえ、タイトルの「ふたりごはん」とあるだけに妹のあやりがたった1人で過ごす中で、心配したあやりの親友のなおやサチの幼なじみの絵梨がやって来て過ごした後には、元気よくサチが戻って来るものと考えていただけに、いつもの温かな雰囲気で終わらない結末には驚かされました。

 

スポンサーリンク

『新米姉妹のふたりごはん』の第12話はどうなる?

 

第12話のあらすじ

親の再婚により、突然姉妹となったサチ(山田杏奈)とあやり(大友花恋)。
海外にいるサチから、年内には帰れそうにないと連絡があり、落ち込むあやり。クリスマス当日、あやりは絵梨(田中芽衣)となお(芋生悠)の実家の甘味屋を訪れる。楽しい時間を過ごしたあやりは、家に戻りひとりで夜ご飯を食べることに。一息つくあやりは、今までのサチとの思い出を振り返り…。新米姉妹のクッキングストーリー、ついに最終回!!

(引用:テレビ東京公式サイト)

 

スポンサーリンク

 

 

次回は最終回となる第12話。

予告やあらすじをみたみなさんの展開予想、楽しみにしている見どころポイントを聞いてみました!

※次回放送へのみんなの期待は、今後も集まり次第随時更新していきます♪

 

40代男性

第12話では、サチは、年内には帰れないそうです。あやりは、絵梨となおのお店に行くそうです。予想ですが、絵梨となおは、元気のないあやりを励ますのではと思います。しかし、あやりは、家に帰ると一人なので、特別な料理を作るのではと思います。見どころですが、サチとの思い出を振り返るシーンです。最終回なので、今までの調理や食べているシーンをどのように描かくのかが注目です。楽しみにしていることですが、あやりが調理をするシーンです。かなり専門的なので楽しみにしています。海外にいるサチの様子を描くのかが気になります。

 

30代男性

サチがフランスから帰ってきて二人でまた料理をすると思います。あやりはサチがフランスから帰ってくるのでフレンチの何かを作りそうです。フレンチといえば前菜やメインなどのフルコースを考えて一緒に作りそうです。そして、一緒に食べるのですがそこであやりはサチがフランスに行ってしまったことがとても寂しかったと話しそうです。するとサチもあやりと会えなくて寂しかったと言って二人で再会を喜ぶと思います。それからサチはフランスに行ってきたお土産をあやりに渡してあやりはすごく喜ぶような気がします。最後にサチはやっぱりあやりの料理が一番だと話しそうです。

 

40代男性

次回第12話、ついに最終回らしいのです。もはやお腹が減ってきちゃいました。お魚、朝食でなく、お刺身とか、鍋とかが食べたいですね。ところが、クリスマスなので。七面鳥とかクリスマスオードブルでしょうか。フランス料理のプレッセをいただきたいて、お正月のお漬け物類に備えたいですね。噛み噛み、汁々少々。
せっかくのクリスマス、新米姉妹が一緒に過ごせない。サチさんがフランスから帰って来ない。かわいそうですね。メリークリスマス!。白いひげのおじいさんが人気を博す珍しい季節に、お父さんも帰って来ず、いつどうやって家族融和を図るんでしょう。両親抜きで最終回までの新米姉妹のふたりごはん、ま、おじさんが見守ってますよ。

 

20代男性

以前のような寂しい雰囲気になってしまったあやりは友人のなおに人生で初めてあやり自身の心境を語り、なおは素直に話してくれたあやりに感激してあやりを励まそうとたった1人で過ごしている自宅に遊びに行く事を決めて、あやりも初めて友人を自宅に招く事に嬉しくなってなおのために美味しさは然ることながら見た目も食欲をそそる料理でもてなし、旅立ったサチは妹のあやりが寂しくないように友人の絵梨に自宅に遊びに行って欲しいと頼んでいて、あやりとなおに絵梨と楽しく料理を堪能した上に友人としての繋がりが広がる心温まる物語を期待しています。

 

30代男性

フランスに旅立ったサチの帰宅が予想よりも遅くなりそうな送られてきたメッセージによって妹のあやりの元気が更に無くなり、友人のなおや絵梨が心配してどうにか元気付けようと様々な試みをしてみると、あやりは2人の優しさ嬉しくなる反面、どの事にも姉のサチと過ごした日々の楽しい出来事が重なってしまう不運に、その時の会話の一字一句を覚えている事に驚かされるオモシロ展開を見せつつ落ち込むという流れで進み、クリスマス用にと食材をハンティングしてきた叔母のみのりが現れてあやりの寂しさを聞き、クリスマスだけに奇跡が起こると予言の言葉を残して帰っていった後に、あやりが眠っているとサチがクリスマスプレゼントのようにサプライズ帰宅をする感動的な終わり方になると予想しています。

 

まとめ

 

年内には帰ってこれないというサチ。

あやりが相当寂しがっているようで、新米姉妹のふたりが本当の姉妹になってきた時間を思い返させますね。

最終回となる次回。

クリスマスメニューの登場にも期待したいですね!!

 

スポンサーリンク

-2019秋ドラマ, 新米姉妹のふたりごはん
-, , , ,

Copyright© dramaniaque , 2020 All Rights Reserved.