2019秋ドラマ 死役所

死役所7話あらすじ・ネタバレ!6話の感想・評価評判もチェック♪

更新日:

死役所7話あらすじやネタバレ予想!第6話の感想や評判評価も!

 

2019年秋ドラマ、毎週水曜日の深夜0時12分からテレビ東京系では『死役所』が放送中!

 

累計300万部の大ベストセラー漫画『死役所』が、松岡昌宏さん主演でドラマ化!

原作漫画は広瀬すずさん、きゃりーぱみゅぱみゅさんなど著名人もSNSで広めた話題作。

死後の世界を独特な世界観で描いたストーリーです。

 

この記事では、ドラマ『死役所』の第6話を見た人の感想や評価を集めています!

続く第7話の予想や期待もチェックです♬

 

 

『死役所』第6話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第6話の振り返り

病院着姿の佐尾高茲(中島歩)が病死課にやってくる。病死申請書に書かれた職業は「芸人」。生前、佐尾は高関一文(重岡大毅)と「カニすべからく」というコンビを組んでいた。
なかなか芽が出なかった「カニすべ」に、結成10年でようやくチャンスが訪れる。賞レース「デッドオアコント」の決勝戦出場が決まり、テレビでネタを披露することになったのだ。「チャンスを掴んで絶対売れよう!」と高関は息を巻くが、佐尾の表情はどこか浮かない。しかも帰り間際、佐尾が突然倒れこんでしまう。高関が掴んだ佐尾の腕は、あまりに細くなっていて…。
「デドコン」決勝戦当日。抽選の結果、「カニすべ」がトリを飾ることに。ところがいくら待っても佐尾がスタジオに現れず、高関は何かあったのではと焦り出す。

引用:テレビ東京公式サイト

 

スポンサーリンク

 

 

第6話を視聴した人に感想を募集しました♪

今回のストーリ展開をみなさんはどう見たのでしょうか?

※感想は集まり次第随時更新していきます!

 

40代女性

高関と佐尾の関係性がとても良くて感動しました!
難病であり死も間近に迫っているのに、高関は佐尾以外とコンビを組むなんて考えられないと、死ぬまで一緒にコントをしよう!と佐尾に言うところなんて、まるでプロポーズのようで、ドキドキしました。
高関、カッコ良かったです。
佐尾も高関にそう言ってもらえて、とても嬉しかっただろうなぁと思いました。
いつも「死役所」は恨みを持っていたり、後悔をしていたりと現世に何かと未練がある死者がやって来るものの、今回は満足して亡くなった死者でホッとしました。
私も死ぬときは満足してこの世に未練を残さずに死にたいなぁと思いました。

 

30代女性

最初の方で高関が読んでいたのは佐尾が書いた遺書だったんですね。
ちょっと泣きました。
まさかナイツの塙さんがデッドオアコントの司会をやっているとは。
先週のラジオで言っていたのはこの事だったのか!と思いました。後は、まさか本物の芸人が出るとは思いませんでした。
かが屋とかパーパーが出てきて、おお!と思いながら観ていました。
他の芸人はちょっと解らなかったです。
死役所で有名人に会いたいと走り回っていた男の子はカニすべからくのファンでしたね。
佐尾は何も思い残す事はなく成仏したみたいで良かったなと思いました。
最後にニシ川さんがシ村さんのファイルを読んで、加護の会が出てきましたがシ村さんの話をやるのですかね?

 

20代女性

ものすごく感動の嵐の神回だったなと思いました。
こんなに仲の良いコンビが離れてしまうなんて悲しかったけど、佐尾の死をいつか笑いに変えてやるという高関の新しい目標がとてもグッときました。
また、佐尾があまり多くを語らないところが逆に二人の絆を感じさせて良かったなと思いました。
遺書の内容も、ごきげんようなんて笑ってしまうような内容でしたが、だからこそ高関との仲の良さが表れてたと思います。
さっさと成仏してしまったのも、ただ佐尾がサバサバしてるだけかと思ったけど、シ村さんの言う通り、振り返る必要もないくらい幸せな人生だったのかもしれないなと思いました。

 

20代女性

お笑い芸人さんの片方の男性が遺伝性の病気で亡くなってしまうストーリーでしたね。病気は運命でもあるのでどうしようもないことだけど、残された相方が泣きながら一人で漫才をするシーンがとても切なかったです。カンニングの竹山さんを思い浮かべました。生き物として生まれたからには必ずいつか死ぬし、出会いがあれば必ず別れがあるなと再認識させられるドラマですね。生きてる人間が一度は考えたことのある死後の世界をコミカルに、そしてハートフルに描かれているところが好きです。自分がこの死役所に行くとしたらどんな内容の書類を書くのか気になってしまいます。

 

50代男性

高関が冒頭で何かの紙を読んでいたのが何だろう?と、興味を引かれ、それが「カニすべからく」というコンビで相方だった佐尾という人物からの遺書だったと分かる終盤に繋がる展開は、見ていて心が熱くなる固い友情を感じられる演出だと思いました。デッドオアコントという予選落ちを繰り返していた番組に、やっと出られる事になったのに病気で倒れた佐尾に頑張った欲しいと共感しながら見ました。病院から出番直前に駆けつけ、「男の感情」というネタで急遽勝負した展開は、流れから災いを転じて福となす的に優勝となる展開もあり得たと思いましたが、スンナリとダメだった結果になったのも、芸人として売れるのはそんなに簡単ではないという現実の厳しさも感じられ、見ていてシビアでしたが個人的にはリアルな印象を受け、面白く見られた6話でした。

 

スポンサーリンク

 

『死役所』の第7話はどうなる?

 

第7話のあらすじ

シ村(松岡昌宏)が高齢の女性の案内を終えると、他殺課・イシ間(でんでん)が中学生の女の子の受付をしながら、一緒に泣いているところを発見する。イシ間は、泣き叫ぶ女の子の姿に、思わず姪っ子のミチ(田鍋梨々花)の姿を重ねていたのだった。イシ間は、シ村に「俺が殺した奴らもここに来たんだよな」と尋ねる。
生前、大工をしていたイシ間は、妻を亡くし独り身だったこともあり、空襲で死んだ弟夫婦の娘ミチを引き取り、実の娘のように大事に育てていた。ささやかながらも幸せな2人暮らし。大工の親方・殿村(一本気伸吾)からは、早く養子縁組をすべきだと言われるが、優しくて正義感あふれるミチの親に自分がなっていいのか、と二の足を踏んでしまう。そして、突然、悲劇は訪れる。それは残酷にもミチの優しさが引き起こした、あまりにもむごい事件だった――。

(引用:テレビ東京公式サイト

 

スポンサーリンク

 

 

次回は第7話。

予告やあらすじをみたみなさんの展開予想、楽しみにしている見どころポイントを聞いてみました!

※次回放送へのみんなの期待は、今後も集まり次第随時更新していきます♪

 

40代女性

次回はイシ間の過去が解き明かされるようで楽しみです!以前にイシ間は女の子のために、殺害事件を起こして死刑になったというのが話としてありましたが、深堀りはされなかったので、どんな事情だったのだろうと気になっていました。
それが次回は分かってくるようでとても楽しみです。
どうやら女の子はイシ間の姪・ミチで、亡くなった弟夫婦に代わって親代わりになり、イシ間は世話をしていたようですね。
しかし優しいミチの性格が災いして、むごい事件に発展してしまうようです。
はたしてイシ間はミチのために誰を殺したのかと気になりますね。
ミチは優しかったというので、もしかしたらそれを勘違いした男子に襲われたところを、イシ間が助けるために殺害したのだろうか?と予想しています。
そしてミチを残して死刑になってしまったことを悔やみながらも、どうすれば一番良かったのか?と悩むイシ間にシ村は相談にのるのではないかと思っています。

 

30代女性

7話はイシ間さんの話ですよね。
イシ間役のでんでんさんは、木曜日の伊集院光とらじおとのゲストに出るので死役所の話が聴けたら良いなと思います。
イシ間さんの過去の話はとても気になります。
wikiでしかイシ間さんの話を読んでいないので楽しみです。
たしか姪を襲った相手を殺したから死刑になったんですよね。
見どころはイシ間さんがどうやって死刑になったのかの話ですね。
姪を庇って、畑を荒らしたから殺したみたいな事を見ました。
育児放棄で死んだ子供が出てくるとかどこかで見ました。
イシ間さんが成仏する事は知っているのですが、7話で成仏してしまうのですかね?
そうなら少し寂しいです。

 

20代女性

イシ間さんが死刑囚になった理由が描かれるということなので、どんな事情があるんだろうかと楽しみです。
以前、ミチルがイシ間さんの経歴を見て、相手が悪いと言っていたのが気になっていたので、ハヤシ以上に悲しい結末が待ってるんじゃないかなとドキドキします。
姪っ子のミチがある事件に巻き込まれてしまうことが関係しているようだけど、その事件の犯人を復習のために殺してしまうのかなと思いました。
イシ間さんがどんな気持ちで殺人に手を染めてしまったのかが気になります。
また、その過去を知った死役所の職員がどんな反応をするのかも楽しみです。

 

20代女性

第7話では主要な登場人物の1人であるでんでんさん演じる、イシ間の過去が明らかになりますね。他殺の罪で死刑となったイシ間は誰をどんな理由で殺してしまったのでしょうか。イシ間は空襲で亡くなった弟夫婦の娘さんを引き取り、一緒に暮らしていたようですね。予想ですが愛する姪っ子さんを守るために誰かを殺してしまったのかなと思います。死は悲しい、可哀想などネガティブなイメージですがこのドラマは亡くなった人の思い出を振り返り感動の内容になっていると思います。しかし、他殺であれば憎しみがかなり強いのではないかと思います。

 

50代男性

シ役所で働いている死刑囚のイシ間が、ハヤシから聞いたのか心に抱えていた死刑になった経緯をシ村に聞いてもらう事にした。イシ間には可愛がっていた姪の娘がいたが、嫁に行く直前に二人の男性の友人に襲われ、それを苦にして自殺未遂を図ろうとした所を止め、お前は幸せになれと言い残し、代わりに二人を殺害したのだった。その話を聞いたシ村は…。という様な展開が予想されますが、3話でイシ間が姪っ子の為に道理の通った殺人をした過去があると話していましたので、それがどんな経緯だったのかが見どころだなと楽しみにしています。そんなイシ間の話を聞いたシ村が、どんな言葉をかけるのかも興味深いなと思っています。

 

まとめ

 

感動の涙が止まらない第6話でした!

重岡大毅さんの演技もグッときて良かったですよね~。

次回はでんでんさん演じるイシ間の過去がわかる模様。

悲しい物語が待っているようでちょっと見るのがつらいです。

第7話も注目しましょう!

 

スポンサーリンク

-2019秋ドラマ, 死役所
-, , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2019 All Rights Reserved.