2019秋ドラマ Re:フォロワー

Re:フォロワー(リフォロワー)6話あらすじ・ネタバレ!5話の感想・評価評判や見逃し動画の無料視聴方法をチェック♪

更新日:

Reフォロワーリフォロワー6話あらすじやネタバレ予想!第5話の感想や評判評価も!

 

2019年秋ドラマとして、『Re:フォロワー(リフォロワー)』の放送がスタート!

テレビ朝日(関東)では毎週土曜深夜2:30から、

ABCテレビ(関西)では毎週日曜よる11:35からの放送中です。

 

謎に包まれた美男子たちが人気SNS「クレシダ」を運営し、依頼者の悩みを解決していくストーリーです。

しかし、彼らが解決してくれた後、その依頼者が幸せになるとは限りません。

「クレシダ」の真の目的は何なのでしょうか?

 

この記事では、ドラマ『Re:フォロワー(リフォロワー)』の第5話を見た人の感想や評価を集めています!

続く第6話の予想や期待もチェックです♬

 

また、見逃してしまった場合の無料動画視聴方法をご紹介!

最新話だけでなく、話数に関わらず全話無料で見られるお得な方法をご案内いたします。

ぜひチェックして、覚えておいてくださいね♪

 

↓『Re:フォロワー』の見逃し動画をお探しの方はコチラ♪↓

CHECK!
Reフォロワーリフォロワーの見逃し配信フル動画を無料で視聴する方法
Re:フォロワー(リフォロワー)の見逃し配信フル動画を全部無料で視聴するならこの方法を覚えて♪

  2019年秋ドラマとして、『Re:フォロワー(リフォロワー)』の放送がスタート! テレビ朝日(関東)では毎週土曜深夜2:30から、 ABCテレビ(関西)では毎週日曜よる11:35からの放 ...

続きを見る

 

 

『Re:フォロワー』第5話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第5話の振り返り

新興宗教団体の倶利伽羅会に妻の静香(金沢雅美)と娘の小春(咲希)を奪われてしまった六田(林和義)からの依頼を選んだ「クレシダ」。メンバーの一十三(西銘駿)と友木(和田雅成)は、倶利伽羅会のセミナーに兄弟だと偽って潜入する。
倶利伽羅会は、他にはない寛容な掟と総帥の圧倒的なカリスマ性によって勢力を拡大。その入り口となるセミナーを取り仕切る幹部の木野(村田洋二郎)は、言葉巧みに受講者たちをコントロールしていた。一十三と友木も洗脳されたフリをすると、総帥の犬飼一心(和興)に気に入られた一十三は総本山に連れていかれる。
一方、「芝居の公演が近いから」と、今回は参加を見送った優作(塩野瑛久)。そうは言いながらも、ことの顛末を追っていた。
総本山で、静香と小春を見つけた一十三は、六田から頼まれて来たことを告げ、友木が倶利伽羅会のマスターコンピューターに侵入して暴いた内容を静香に示す。その頃、「クレシダ」を追うジャーナリストの五島(谷口賢志)も彼らの動きを知り、倶利伽羅会の総本山に潜入していた。
いよいよ、一十三が犬飼と対峙する!一十三の本当の目的とは何なのか!?

(引用:ABCテレビ公式サイト

 

 

第5話を視聴した人に感想を募集しました♪

今回のストーリ展開をみなさんはどう見たのでしょうか?

※感想は集まり次第随時更新していきます!

 

30代女性

倶利伽羅会のセミナーも、総本山での様子も怖かったです。一十三があの異様な空間に巻き込まれて洗脳されることなく、しっかりと演じていたのはすごいなと感じました。一十三が言葉を伝えたときに、信者たちがすぐに「クレシダ」だと気づいた点は驚きました。信者たちも知っているほど「クレシダ」が有名なのも、影響力の大きさを知れて良かったです。一十三の知人が以前に総本山にいたことがあるという点は、とても気になります。一十三の姉なのかと思いましたが、一十三が「クレシダ」に参加したきっかけである出来事と、大きく関わっていそうだと思いました。

 

40代男性

 「復讐の始まり」と言った池永一十三(西銘駿)。難解にして中途半端感の強いシェークスピアの「ソネットとソング」。「君を作りなしているもの 君の実体はいったい何であろうか 君には君に無数の影が 幾百万の映像となって付随している」。一十三は、新興宗教倶利伽羅会の教祖・犬飼一心に「あなたは何も救えなかった」と告げた。
うん!?、クレシダ、大したことないんじゃないか!?と言われかねない印象が。カリスマ巨大インフルエンサーと言われているクレシダだが、倶利伽羅会相手に、二週を要し、「クレシダです」と名乗ってしまった。だが、教祖は虚像偶像に過ぎないのだったと言ってみせたのでしょう。やや歯切れ悪く、狂信的な信者に気圧された感あり、でしたか。
でも、わざわざ修業場にまで乗り込んで行ったのですから、一十三さんのクレシダにかける熱意も尋常でない。クレシダがまだ安全に続けられるのであれば、目黒図書館でのミーティングがますます楽しみになりました。
ピピッと、どんなひらめきが生まれるのでしょうか。

スポンサーリンク

 

『Re:フォロワー』の第6話はどうなる?

 

第6話のあらすじ

「クレシダ」の活躍で新興宗教団体の倶利伽羅会は壊滅し、総帥の犬飼(和興)が重傷を負う。それが大きな話題になり、フォロワー増加の勢いはとまらない。
そんな「クレシダ」を追うジャーナリストの五島(谷口賢志)。倶利伽羅会の騒動の最中、現場にいた彼は、一十三から「あなただけは、これ以上は来ないで」と告げられる。だが、「クレシダ」と倶利伽羅会の関係についての原稿を執筆。そこに刑事の荻島賢哉(萩野崇)が訪ねてくる。荻島から「クレシダにかかわるな」と忠告された五島は…。一方、五島に「クレシダ」の正体を問い詰める美奈(喜多乃愛)は、「もう一度、逢いたい」と話すが…。
優作(塩野瑛久)が出演する「ハムレット」の舞台を見に出かけた一十三(西銘駿)と公人(佐藤流司)。舞台を見つめる一十三の心には母との楽しかった思い出がよみがえる。終演後、優作と話していた一十三が出会ったのは…!?
一方、公人から次の依頼者になるよう頼まれた友木(和田雅成)は、「クレシダ」に依頼のメッセージを送る。そこに秘められた目的とは?そして、そのタ-ゲットとなる人物とは…!?

(引用:ABCテレビ公式サイト

 

 

次回は第6話。

予告やあらすじをみたみなさんの展開予想、楽しみにしている見どころポイントを聞いてみました!

※次回放送へのみんなの期待は、今後も集まり次第随時更新していきます♪

 

30代女性

「クレシダ」だと名乗った一十三や、その言葉を受け取った六田の妻をはじめとした信者たちがどう行動するのかが見どころです。総帥の犬飼は一十三に「クレシダ」のことや過去のことを問われていたので、その点も解明されるか気になります。一十三の過去に犬飼が関わっていることは間違いないようなので、一体何があったのかに注目して見ていきたいです。また、記者の五島が総本山に潜入していたので、一十三と対面するのか気になります。一十三は信者たちの前で「クレシダ」を名乗ってしまったので、もし二人が遭遇することはなくても、謎のインフルエンサーだった「クレシダ」のことが世間に知れ渡っていきそうです。

 

40代男性

 ひらめきを楽しみに。また、ピピッと、気分転換のような放送回が、結末への伏線として現れないか。ピピッと、切り替えのシグナルが現れないか。伏線といえば、今回の倶利伽羅会関連の依頼に参加を渋った感のある原田優作(塩野瑛久)。裏切り者は出ないのか。何かが変わるシグナルは!?。
次回は、クレシダを追う記者・五島昭(谷口賢志)とクレシダを嫌っているような劇団演出助手・雪谷美奈(喜多乃愛)がキーになりそう。この二人とクレシダのメンバー、特に池永一十三との間に、何か関係が!?。
そこで、「一十三の狙い」が気になった今話、それは、愛か復讐か、果たして!?。シェークスピア一番の復讐劇とは!?。現代に投影されると、まだ誰にもわからない。一十三さんの年代にとって、復讐劇とは!?。おそらく、私(40代後半)にとってと似ない。私の年代では、シェークスピアどころか、ホラーを疑うべし。冗談です。

 

スポンサーリンク

 

『Re:フォロワー』の見逃し配信を無料で見る方法。

 

↓あなたが一番お得に『Re:フォロワー』を見られる方法を複数ご紹介!↓

CHECK!
Reフォロワーリフォロワーの見逃し配信フル動画を無料で視聴する方法
Re:フォロワー(リフォロワー)の見逃し配信フル動画を全部無料で視聴するならこの方法を覚えて♪

  2019年秋ドラマとして、『Re:フォロワー(リフォロワー)』の放送がスタート! テレビ朝日(関東)では毎週土曜深夜2:30から、 ABCテレビ(関西)では毎週日曜よる11:35からの放 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

次回は新章開幕となる第6話!

今後の展開からますます目が離せません!!

 

↓『Re:フォロワー』の見逃し動画をお探しの方はコチラ♪↓

CHECK!
Reフォロワーリフォロワーの見逃し配信フル動画を無料で視聴する方法
Re:フォロワー(リフォロワー)の見逃し配信フル動画を全部無料で視聴するならこの方法を覚えて♪

  2019年秋ドラマとして、『Re:フォロワー(リフォロワー)』の放送がスタート! テレビ朝日(関東)では毎週土曜深夜2:30から、 ABCテレビ(関西)では毎週日曜よる11:35からの放 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

-2019秋ドラマ, Re:フォロワー
-, , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2019 All Rights Reserved.