2019秋ドラマ 同期のサクラ

同期のサクラ5話あらすじ・ネタバレ!4話の感想・評価評判や見逃し動画の無料視聴方法をチェック♪

投稿日:

同期のサクラ5話あらすじやネタバレ予想!第4話の感想や評判評価も!

 

2019年の秋ドラマ、日本テレビ系で毎週水曜日の夜10時からの放送は『同期のサクラ』です!

主演は高畑充希さんをはじめ、新田真剣佑、橋本愛など豪華キャストにくわえ、『過保護のカホコ』チームが再集結して挑むという本作は注目度大です!

 

この記事では、ドラマ『同期のサクラ』の第4話を見た人の感想や評価を集めています!

続く第5話の予想や期待もチェックです♬

 

また、見逃してしまった場合の無料動画視聴方法をご紹介!

最新話だけでなく、話数に関わらず全話無料で見られるお得な方法をご案内いたします。

ぜひチェックして、覚えておいてくださいね♪

 

↓『同期のサクラ』の見逃し動画をお探しの方はコチラ♪↓

CHECK!
同期のサクラを見逃した?配信動画を完全無料で視聴する方法はコレを覚えて♪

  2019年の秋ドラマ、日本テレビ系で毎週水曜日の夜10時からの放送は『同期のサクラ』です! 主演は高畑充希さんをはじめ、新田真剣佑、橋本愛など豪華キャストにくわえ、『過保護のカホコ』チー ...

続きを見る

 

 

『同期のサクラ』第4話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第4話の振り返り

 2019年夏、眠り続けて3ヶ月が経つサクラ(高畑充希)の病室に訪れた蓮太郎(岡山天音)は、サクラの手に残る傷痕を見ながら社会人4年目の出来事を思い出していた……。

2012年9月―。前年の震災の影響でサクラの故郷・美咲島に架ける橋の着工は延期。土木部で故郷に架ける橋作りに関わりたいという夢は遠のくものの、社史編纂室に飛ばされながらも目の前の仕事に全力で取り組んできたサクラは1年ぶりに人事部に戻ることに。再び人事部長・黒川(椎名桔平)とすみれ(相武紗季)の下で働くことになったサクラは、早速メンタルヘルスケアプロジェクトの担当を任され、ストレスチェックのアンケートを回収するため各部を回る。
ますます絶好調で調子良く働く都市開発部の葵(新田真剣佑)、密かにサクラに好意を抱きつつ震災以来ボランティアに力を入れている営業の菊夫(竜星涼)、1年前の一件以来友達としてサクラを信頼しつつ広報での仕事にもやりがいを感じている百合(橋本愛)……と、同期の元を回っていくサクラ。そんな中、設計部の蓮太郎は悩みは無いと言いながらもどこか苛ついている様子。社内コンペの準備で忙しいと話す蓮太郎だが、設計部の先輩と後輩から一級建築士の試験に落ちたことをおちょくられているのを見たサクラは、周囲に心を閉ざす蓮太郎が気にかかる……。
その夜、両親がラーメン店を営む実家に帰宅した蓮太郎は、生き生き働く両親と店を手伝う大学生の弟の仲良し家族ぶりにすら嫌気がさしていた。翌日のコンペのための設計図作りにも行き詰まり、何もかもうまくいかない蓮太郎は、部屋にこもって仕事と家族への愚痴をネットの掲示板にぶつける。

翌朝、サクラはアンケートを回収するため蓮太郎を待ち伏せする。しかし、サクラと同期たちが自分の噂話をしているのを見た蓮太郎は、逃げるように立ち去ってしまう。その日の午後、設計部の前で蓮太郎を捕まえたサクラは、同僚たちがコンペの時間変更をわざと蓮太郎にだけ知らせなかったと話しているのを二人で立ち聞いてしまう。自分を笑い者にしている同僚たちの会話を聞いた蓮太郎は、悔しさから頭に血が上りそばにあったカッターを手に取る!慌てて止めようとしたサクラを振り払おうとした時、誤ってカッターがサクラに当たって……!手から血を流すサクラを前に動揺した蓮太郎は、その場から逃げ出してしまう。
その日、蓮太郎の家を訪ねたサクラは、蓮太郎から「もう会社にはいかない」と聞かされ……。設計の仕事は好きだが、プライドが高い上に傷つきやすく周囲に心を閉ざす蓮太郎。同期たちの力を借りて蓮太郎を説得しようとするサクラだが、無断欠勤を続ける蓮太郎にはクビが迫っていた……。

(引用:日本テレビ公式サイト

 

 

第4話を視聴した人に感想を募集しました♪

今回のストーリ展開をみなさんはどう見たのでしょうか?

※感想は集まり次第随時更新していきます!

 

30代男性

蓮太郎の国家資格試験に受からないのは勉強の仕方がその年の試験問題とはズレいた可能性があるので、蓮太郎自身にも責任があるとは思いますが、その部分に自分達が感じる蓮太郎へのマイナスイメージを共有して助長させ嫌がらせをする設計部の社員たちの雰囲気の悪さにはヘドが出ました。
平の無能な社員ならまだしも部長という立場にいる人間が率先して嫌がらせをする行動には呆れてしまい、環境の悪化を招いたのは部長であってろくでもなく、何故か蓮太郎が無断欠勤だけでなく全ての事柄を謝り終わる展開には唖然とさせられ、蓮太郎が謝るならば見捨てずに心配して手助けをしてくれたサクラたち同期のメンバーではなかったかと物語の流れにちょっと違和感を感じました。

 

40代女性

今回の話はネガティブな連太郎がメインの回でしたが、サクラの意外な一面を目の当たりにした話でした。

何事にもスムーズには進まない連太郎だけど、才能は密かにあり努力家な所は本当に尊敬しました。
設計部で一級建築士の試験にまた落ちたことをからかわれて無断欠勤をしてしまう…現実ではなかなか勇気がいる行動ですね。
そこへサクラと同期たちが励ましに来るけど誰が何を言っても聞き入れないから、遂にサクラまでも見捨ててしまって、その見捨てる捨て台詞が面白かったし意外な一面でした。小声でブツブツ言いたい放題のサクラはどこか感情的に見えました。
けど、やっぱりサクラは真面目で曲がったことは嫌いだから設計部の上司に文句を言いに行くシーンは胸が熱くなりました。

 

30代女性

上司からメンタルヘルスケアのアンケート回収を命じられたサクラが、回収に訪れた際に蓮太郎の様子におかしいことに気づくシーンがありました。イラついている蓮太郎の様子や部署に馴染めていない様子を察知し声をかけるサクラですが、本来の蓮太郎とは違う姿に心配を募らせている様子がサクラの表情から伝わりました。部署内で悪口を言われているのを知った蓮太郎がカッターを持ち出したのをサクラが止めた際、サクラの手を切ってしまい、傷を抑えながら悲しそうな表情のサクラが印象的で、傷の痛みよりも蓮太郎の心の痛みを強く感じたように思えました。その後、引きこもってしまった蓮太郎の思いを設計部にぶつけにいくサクラの姿がありました。蓮太郎の素晴らしさを熱弁しているサクラの姿に慌てて会社に駆けつけた蓮太郎が、部長や部署内の同僚に「すみませんでした」と頭を下げたシーンがとても感動的でした。一度はカッターを持ち出すほど追い込んだ相手に頭を下げた蓮太郎の気持ちを思うと涙がとまりませんでした。また、蓮太郎を信じ続けたサクラの存在の大きさを改めて感じ、仲間の存在の大きさに気付くことができた素晴らしい回となっていました。

 

30代男性

ベタですけど蓮太郎が最後に実家のラーメン屋のラーメンを食べて「美味しい…」と呟くところが好きですね。それを見て喜ぶ家族がまた良かったです。大喜びするんですけど大騒ぎはしないんですよね。きっと派手に騒ぐと蓮太郎が嫌がると考えてあんな感じになったんじゃないかと勝手に思っているんですが、その辺の遠慮も要らなくなるような、蓮太郎も家族と一緒にワイワイ盛り上がれるような性格になっていければベストなんだろうなとも思いました。まあ入社10年目の蓮太郎を見ているとそこまではっちゃけた性格にはなっていない感じですが、しかし終始笑顔で幸せそうな雰囲気はありました。彼自身が言うように、ゆっくりでしたけど自分を変えていけているのだと分かりますね。そんな彼がサクラとまた何かを作る機会が来てくれるのを願います。

 

20代女性

蓮太郎のひねくれ具合が酷すぎてびっくりでした。
たしかに誰でも才能があるわけじゃないしうまくいかないこともたくさんあるかも知れないけど、それを人のせいにするのは違うなと思いました。
一番ダメだなと思ったのは、心を開いて受け入れようとしている仲間がいるのに、そんな人たちの心も無下にしてしまったことだと思います。
だけど、そんな蓮太郎の閉じた心をサクラだけじゃなく同期のみんながこじあけたことに感動でした。
蓮太郎が考えた社内コンペの案に、みんなが少しずつアイディアを加えたものは最高の出来だなと感じました。
さらに、最後のアンパンマンの歌をみんなで歌うシーンは面白かったです。
いきなりミュージカルみたいになって爆笑でした。

 

スポンサーリンク

 

『同期のサクラ』の第5話はどうなる?

 

第5話のあらすじ

 2019年、夏―。目を覚まさないサクラ(高畑充希)の病室に訪れた葵(新田真剣佑)は、「たいへんよく出来ました」と書かれたシールが貼られた手帳を手に、入社5年目の出来事を思い出していた……。

2013年9月。美咲島に架ける橋の着工が無期延期になったまま人事部で入社5年目を迎えたサクラは、夢を諦めずに相変わらずの日々を過ごしていた。そんな中、人事部では黒川(椎名桔平)が社員の社内表彰に関する仕事をいつものようにすみれ(相武紗季)に丸投げ。社内告知の手配を頼まれたサクラは、葵が社長賞を受賞したことを知る。しかし広報部の百合(橋本愛)によると、受賞者は立候補した人の中から選ばれるため、自己アピールとパフォーマンスばかりしている葵のような人が選ばれるのだと冷めた様子。 社長室で表彰され、いつものように調子の良いスピーチをする葵だが、社長(西岡德馬)から「お父さんによろしく」と言われると複雑な表情を見せる。サクラは、葵の父が国土交通省の高級官僚だと知る……。
その頃、都市開発部では目玉プロジェクトが国の予算の都合で急遽凍結されるというトラブルが発生!表彰状を持って意気揚々と戻ってきた葵は青天の霹靂に慌てるが、お前にできることは国交省の父親に頼むことだ、と実力ではなくコネを当てにされ、複雑な気持ちを抱いていた。

その夜、葵の社長賞を祝おうというサクラの呼びかけで、百合、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)はいつもの喫茶店に集まっていた。自分の抱える問題を打ち明けることもできず、いつもの調子のいいキャラクターを演じる葵だが、同期たちが悩みながらも充実した日々を過ごしている様子を目の当たりにすると、つい見下すような発言をしてしまう。怒った百合たちは帰ってしまい……。残されたサクラは同期を傷つける葵の発言に突然号泣し酔いつぶれる!仕方なくサクラを家まで送り、重い足取りで高級住宅街に佇む実家へ向かう葵。プロジェクトの凍結について切り出そうとするが、父・康秀は同じエリート官僚の兄・光一とばかり話し、葵の話には耳も貸さず……。 翌日。父に相手にされなかったことを同僚に言い出せない葵は、別の案を提案しようとするが、実力のないコネ入社のくせにリーダーぶる姿を一刀両断され深く傷つく。その夜、サクラの前で激しく酒を飲んだ葵は、家では劣等感と疎外感を感じ、会社では親の七光りだと陰でバカにされている自分のことを笑いながら話すと酔いつぶれてしまい……。葵を家まで送り、その立派な建築に感動したサクラは、葵の父と兄に会うと、突然嘆願書と、書き込みのされたパンフレットを渡す!サクラの行動に背中を押され、話を聞いてほしいと父親に土下座する葵だが、冷たくあしらわれてしまう。葵にかける言葉を探すサクラだが、葵から突然「俺と付き合わない?」と迫られて……!

(引用:日本テレビ公式サイト

 

 

次回は第5話。

予告やあらすじをみたみなさんの展開予想、楽しみにしている見どころポイントを聞いてみました!

※次回放送へのみんなの期待は、今後も集まり次第随時更新していきます♪

 

30代男性

サクラたち同期のメンバーの中で仕事が順調で出世が間違いないと思われていた葵で、葵自身も上手く全てをこなしていると考えている所に会社自体が葵の事を全く見てはいなかった現実を突き付けられる非情な厳しさを味わってしまう気がします。
また、葵は明るく優秀さを表現する事には長けているものの、弱味を見せたり悩みを相談できない部分が同期の良い関係に溝を発生させる事態を招いてしまうものの、真っ直ぐなサクラはどこまでも葵に寄り添うために葵の中にサクラへの想いが生まれ、密かにサクラに想いを寄せる菊夫が焦り、更に葵に想いを寄せながら平静を装っていた百合までも焦り出し、何も出来ない蓮太郎は右往左往と面白さを含んだ成長物語を期待しています。

 

40代女性

次回は何でも完璧にこなしそうでプライドもある葵くんですね!
あまり苦労知らずの彼に立ちはだかる壁が一体どんなものなのか?
また、同期たちの支えは通用するのか?期待したいです。
どこか天真爛漫な葵くんなので、かける言葉を考えてしまいそうですが、サクラが落ち込んだときに、いつもファックスで返信がくるサクラのおじいちゃんの言葉にも期待してます。

もう一つ、期待したい所は密かにサクラに思いを寄せている菊夫の恋の行方です。
今回も何気に照れながらアピールするもののサクラには全く通じず空回りしていたので、見ていてクスッとなりました(笑)サクラを振り向かせるのは、これもまた違う意味で試練ですね。

 

30代女性

サクラが泣いて感情的になっているシーン
次回は、葵に試練が訪れるようでした。いつも自信に満ち溢れている葵ですが、予告で「お前の実力なんか誰も認めていない」と上司に吐き捨てすように言われるシーンが見られ、5年目となった中堅の立場で言われるには、ダメージが大きい言葉で、プライドの高い葵にとってはより立ち直れない出来事になると感じました。しかし、プライドの高さから仲間に悟られないような態度をとり、自分を守るために相手を傷つけてしまう自分本位な発言により、同期たちとの溝が深まってしまうのではないかと思いました。サクラだけは葵の変化にも気づき、行動を起こすと思いますが、毎回想像を超えた行動を起こすサクラに目が離せないと思いました。また、予告で葵とサクラが恋愛に発展するのではと思わせるシーンがありました。サクラに対する特別な感情が今度の仲間にどう影響を与えるのかも見どころだと感じました。

 

30代男性

葵が社内で絶好調なのは本人の資質や努力だけでなく、彼の父親が国交省の官僚だからだったと判明するようです。そして家でも彼は優秀な兄の陰に隠れてしまっているようで。そうしたプロフィールを知ると葵の今までの頑張りにも納得がいきます。とはいえ、本当にコネだけでチヤホヤされているとも思えないんですよね。父親の存在感が強すぎるあまりに霞んで見えてしまっているだけで、葵にも確かな実力はあるのではないでしょうか? 色眼鏡なしに接してきた同期の仲間はそこがきちんと見えていると思うので、自信を喪失していそうな葵に彼の長所をきちんと伝えてあげてほしいですね。

 

20代女性

いつもテンションの高い葵がそんな悩みを抱えていたなんてかなりびっくりでした。
社長になりたいと強く思っていたのも、自分が親の七光りなんかじゃなく、実力で社長になってみんなを見返したかったんだろうなと考えたら胸が痛かったです。
葵がサクラに自分の置かれた状況や気持ちを語るシーンは見所だろうなと思いました。
今まで秘めていた思いをぶちまける姿を楽しみにしています。
また、サクラのおかげで父に自分の意見を言うことができた葵が、サクラに交際を申し込むというのが衝撃すぎて楽しみです。
一体どういう流れでそんなことになるんだろうかと気になりすぎます。

 

スポンサーリンク

 

ドラマ『同期のサクラ』の見逃し配信を無料で見る方法

 

日テレオンデマンドは放送から一週間のみ

 

まず見逃し配信を視聴できるサービスとして思いつくのは、『日テレオンデマンド』です。

もちろん『同期のサクラ』も配信されています。

 

ただし注意点として、このサイトは最新話のみ、放送後一週間限定で無料視聴可能だということ。

最新話よりも前の放送は見ることができないんです。

また広告が表示されるのも地味にストレスですね…!

 

『同期のサクラ』の無料視聴はHuluがおすすめ!

 

では日テレオンデマンドでの配信期間が過ぎ、YoutubeやPandraなどにも違法アップロード動画しかない場合はどうすれば良いのでしょうか?

ここで断トツでおすすめなのが『Hulu』になります!

 

Huluには個別課金システムが無いので、税抜933円の月額料金だけ支払えば全ての動画が見放題となります。

 

またHuluでは今なら2週間無料体験を実施中で、期間中は完全無料でフルサービスを体験が可能。

期間内に解約しても違約金などのペナルティは一切ありません。

 

つまり無料体験を利用して見逃した『同期のサクラ』を視聴したら、2週間以内にHuluを解約すれば1円もかからず完全に無料というわけです!

正規の配信サービスであるHuluで、完全無料で視聴できるならこれを利用しない手はないですよね!

★登録手順を画像付きでご紹介しています★

↓↓↓↓↓

↓『同期のサクラ』の見逃し動画をお探しの方はコチラ♪↓

CHECK!
同期のサクラを見逃した?配信動画を完全無料で視聴する方法はコレを覚えて♪

  2019年の秋ドラマ、日本テレビ系で毎週水曜日の夜10時からの放送は『同期のサクラ』です! 主演は高畑充希さんをはじめ、新田真剣佑、橋本愛など豪華キャストにくわえ、『過保護のカホコ』チー ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

次回はサクラの恋に注目!?

どんなときもまっすぐなサクラがどんなリアクションをするのか楽しみですね♪

 

↓『同期のサクラ』の見逃し動画をお探しの方はコチラ♪↓

CHECK!
同期のサクラを見逃した?配信動画を完全無料で視聴する方法はコレを覚えて♪

  2019年の秋ドラマ、日本テレビ系で毎週水曜日の夜10時からの放送は『同期のサクラ』です! 主演は高畑充希さんをはじめ、新田真剣佑、橋本愛など豪華キャストにくわえ、『過保護のカホコ』チー ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

-2019秋ドラマ, 同期のサクラ
-, , , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2019 All Rights Reserved.