2018秋ドラマ 結婚相手は抽選で

結婚相手は抽選で4話あらすじ・ネタバレ!みんなの3話感想や評価をチェック♪

更新日:

結婚相手は抽選で第4話あらすじやネタバレ予想!第3話の感想や評判評価も!

 

2018年10月から放送中のドラマ『結婚相手は抽選で』。

毎週土曜日の夜11時40分から絶賛放送中です!

 

この記事では、ドラマ『結婚相手は抽選で』の第3話を見た人の感想や評価を集めています!

続く第4話のあらすじや、みんなの予想・期待もチェックです♪

 

↓結婚相手は抽選での見逃し動画をお探しの方はコチラ♪↓

CHECK!
結婚相手は抽選での動画を無料で視聴する方法
結婚相手は抽選での見逃し配信フル動画を無料視聴!これなら全話タダで一気見♪

  2018年10月から放送の東海テレビ・フジテレビ系ドラマ『結婚相手は抽選で』。 少子高齢化対策として、お見合い相手を抽選であてがわれるという政策が国によって決めれられるという驚きの設定! ...

続きを見る

『結婚相手は抽選で』第3話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第3話の振り返り

 

 2度のお見合いを経験した龍彦(野村周平)は、『抽選見合い結婚法に思うこと』というタイトルでブログに日記を打ち込んでいた。「人を傷つける法律なんて、本当にあっていいのだろうか…?」と次第に疑問を抱く龍彦の元に、“人を傷つける法律なんて、あっていいわけないよね!”と一件のメッセージが届く。そのメッセージの主は、フリージャーナリストのひかり(大西礼芳)だった。さらに職場の先輩が、抽選見合いを避けるために電撃結婚したものの後悔しているという話を聞いて、「抽選見合い結婚法」の被害者が山ほどいるのではという思いに至るのだった。

ひかりは、「テロ対策活動後方支援隊」(テロ撲滅隊)に関する情報をネット配信しようとするが、あっという間に削除されてしまう。官邸の指示により公安が徹底して情報漏えいを防ぐさまに嘆く小野寺(若村麻由美)。しかも入隊者の急増により予算オーバーの心配までしなければならず、悩みは尽きない。

その頃奈々(高梨臨)は、2回目のお見合い相手に気に入られてしまい、食事をすることに。元彼の嵐望(大谷亮平)とよく会っていた店で、一番高いシャンパンや料理を頼み、高くつく女を演じて見合いを断られるように仕向ける作戦に出たが、あまり効果はない様子。さらに偶然、嵐望が店を訪れて…。好美(佐津川愛美)も2回目のお見合いで出逢った男性と食事に行くが、相手との微妙な価値観の違いに戸惑っていた。

そして龍彦は3度目のお見合い相手、花村早苗(平岩紙)と会っていた。今度も年上で予備校の事務員をしているごく普通の女性だ。結婚に必然性を感じないという龍彦に対し、「じゃ、どうなったら必然性を感じるんですかね?」と問う早苗。龍彦の「子どもが欲しいと思ったらでしょうか?」という答えを聞いた早苗は龍彦を飲みに誘う。ついにチャンス到来か?と意気込む龍彦に、早苗から衝撃の告白が…。

政府に対する憤りが高まった龍彦は、『抽選見合い結婚法の被害者たち』というブログを書き始める。すると、“私も被害者のひとりです”と一通のコメントが届いた。それを読んだ龍彦の中で、封じ込めた魂がまた蘇ってきたのだった。

(引用:東海テレビ公式サイト

 

 

スポンサーリンク

 

今回も抽選見合い結婚法に翻弄される。龍彦達の人間模様が描かれていて、とても興味深く視聴させて頂きました。冬村菜々は相変わらず何とか見合いを回避しようと相手に興味のない顔を見せたり、難病を患っていると嘘をついてみたりして逃げようとしているのも押し付けられて嫌がる気持ちも分かるし、好美はこの法律にあまり反対していないが、なかなか良い見合い相手が見つからず、そちらの方がむしろ気になっている流れに任せるタイプでやきもきしますし、面白くなってきたのは龍彦で3回目の見合いはまた歳上の女性で上手くいきそうになりましたが、子供を産めない体だと告白され断られる事になりましたが、その女性からこの法律の不満点に共感した龍彦が、SNSにこの法律はイジメだと書き込み、少しずつ変わっていく様が気になっているので次回も楽しみにしたいと思います。 (40代・男性)

 

結婚相手が見合いっていうのはいいけど、三回断ったらペナルティーみたいなのはやめたらいいと思います。
また、今回は子供が産めない女性が出てきましたが、子どもを望まない男性だっているだろうなと思いました。結婚相手の条件に子どもを望まないことと書けば良かったのでは?と思ってしまいました。
ずっと一人でいる覚悟がやっとできたところにこの法案というのは確かに腹立たしいけど、養子をもらったり自分で産まなくても子どもをもつことはできるのになと思いました。けど、我が子を抱けないという悲しさは想像しただけで、胸が押しつぶされそうになります。 (30代・女性)

 

結婚相手は抽選方で、傷ついている人が沢山いて宮坂の国民を傷つける法があって本当にいいのか?に確かに、そうだと思いました。女はプライドが高く、理想を追ってテロ対策だろうが理想でない結婚なら行ってやる。と思う人が多くいるようで、男はテロ対策に行きたくないだけで、女なんてさほど代わりないと思ってるのだろうか。病気で結婚を諦めた人はかわいそうだど思いました。法でもなければ普通にもしかしたら出会い、病気も受け入れてくれる人と出会えるかも知れないのにと思いました。好美が言う、今は2ミリのズレが将来20センチにも2メートルにもなりそうと言う言葉はそうだよと思いました。 (50代・女性)

 

少子高齢化対策として政府は抽選見合結婚法なるものを施行し、抽選で選ばれた者は見合いをし、相手の申し出を3回断ったらテロ対策活動後援支援隊に入隊しなければならないという、荒唐無稽な設定なのだが、内容は大真面目。四人の見合いを縦軸とする寓話の第3話。お嬢様でワガママの奈々は元カレの嵐望が忘れられず、何かと難癖を自作自演して相手から断らせようとするが、今回の相手は何ともしぶとくズルズル延期。看護師の好美は気難しくてこだわりが強くなかなか誰とも価値観が合わない。嵐望は結婚自体にまだ興味がわかない。そして、恋愛経験なしの主人公の龍彦(野村周平)は、今回なんと、「結婚の必然性は子供を作る事。でも親になる自信がない」との正直な発言が気に入られ、上手く相手(平岩紙)から飲みに誘われる。今度こそ上手くいくのかと思うと、実は相手は子宮頸がんの病歴があり、子供が産めない身体で、結婚を拒否している深刻な立場だった。落ち込んで帰宅した龍彦のブログには「在日外国人は抽選見合権すらないのか?」との切実な書き込み。つまり、第3話のテーマは、国や法律がいかにマイノリティを無視しているのかという警鐘。大いに納得!。 (40代・男性)

 

奈々はあまりにも自己中ではないだろうかと気になった。お見合い相手に断らせようとしたり、難病だと嘘をついたり、食事中楽しんでいる春川が目の前にいるにも関わらず自分は楽しくなさそうなオーラを出すというのは相手にとって失礼な行為ではないかと思った。
奈々はどういう男性が理想なのだろうかと気になった。やはり嵐望らしき男性が奈々にとってベストなのだろうか。一方、龍彦は、子供を産めない体でも構わないから早苗と結婚するという気持ちがないということは、本気で子供が欲しいという気持ちがあるからだということかどうか気になった。 (20代・女性)

 

主人公達はそれぞれ三度目のお見合いをするのですが、やはりうまく行きません。宮坂(野村周平)はお見合い相手に好意を持ちますが、子供が産めないという理由で断られてしまいます。奈々(高梨臨)はいまだ元彼嵐望(大谷亮平)のことが忘れられず、お見合い相手に何とか断れようとします。そして、ここへ来てこの抽選見合い結婚法により、傷つけられる人達が出てきます。この法律を義務と捉えるか、権利と捉えるかで考え方も行動も変わってくると思います。しかも、三回断ったら、テロ対策支援部隊に入れられてしまうというのですから、焦りますよね。 (40代・女性)

 

結構深刻で、重たい内容を投げかけている社会的なドラマだなと思いました。
単に結婚相手を選んでいるから結婚していないのではなく、子供が出来ない体である故に、結婚出来ないからしないという人を「抽選見合い法」が苦しめているという部分が重たい話しだなと思いました。
また、奈々が祖母にこんな条件を書けばいいとか、こちらが3回ことわると、「テロ対策活動後方支援隊」に送りこまれるから、断られるようなことをしろと言われるシーンがありますが、法律になっても結婚に口を出してくる家族がいるというのも、厄介な話だなと思いました。

(30代・女性)

 

人を傷つける法律なんてあっていいのか?と疑問を抱く龍彦が、三回目のお見合いで初めていいムードに。一方で奈々は自分に焦っている。お見合いの相手がなかなか相手から断ってくれない。自分は難病だともいったのに、支えるなんていい相手。そんな時に元カレとばったりあった時にこの人が自分の彼氏だと言ったら、元カレは自分は振られましたと。空気が悪くなったのだか、こりない相手はまた次の予定をたてる。好美はいい人なんだけど、どこかが違う。食事の好みや仕事は結婚したらやめてほしいと。それに目をつぶればいい人なのに、なかなか踏み込めない。みんながみんななかなかうまくいかないお見合いだが、龍彦はうまくいくのではと、考えたが相手から思ってもみない返事が、自分は子供が産めない体になのだと、だからわたしから断らせてくださいと。 (40代・女性)

 

3人断ったらテロ対策活動後方支援隊に2年間従事しないといけないとありますが、すでに入った人も多くて女性が圧倒的に多いと聞いて私ならどうするか考えたりしました。ひかりがパソコンで編集していた入隊した女性の話を聞くと好みでなくても決めてしまうかもしれません。しかし焦って結婚しても性格の不一致で後悔している人もいるのでどれが良いのか分からないものだと思いました。宮坂が3回目にお見合いをした花村はとても優しい人だと思いました。宮坂がアニメのことを話していてとても楽しそうでした。花村と宮坂は合っていると思います。しかし花村が子供が産めない身体で花村が断る結果になって話している花村を見て涙がでました。色々考えさせられて興味深い3話でした。 (30代・女性)

 

今回も龍彦のお見合い相手が傷つけられましたね。
アニメおたくの話も笑顔で聞いてくれる優しい人だったのに残念です。
病気の事とか事前に告知できないんですかね?
少子化ストップをうたってるから子供が産めない女性は除外っていうのもどうなんだろう?って思いますよね。
本当に国民をバカにしてると思います。
少子化ストップを掲げていなければ子供のいない家庭でもOKの条件の人とお見合いして結婚しても良いと思います。
「女性にテロ撲滅対策の過酷な労働は可哀想だと思います。差別じゃないですよ。体力的に男性の方が…」という龍彦の優しさを早苗は見抜いていただけに今回は残念でした。
私にもプライドが有ります,と早苗の方から断りましたが自分が断った事にしようともしてたし。
回を追う毎に龍彦の優しさを感じます。
最後、どんな形でも良いので龍彦に幸せになって欲しいです。

(50代・女性)

 

スポンサーリンク

 

『結婚相手は抽選で』第4話はどうなる?

 

第4話のあらすじ

 

 龍彦(野村周平)は、ここまでの自身の経験、会社の先輩の話や投稿を受け、立ち上げたブログ「抽選見合い結婚法の被害者たち」に積極的に書き込みを始めた。

そんな中4度目のお見合いに臨んだ龍彦は、相手の女性に会って1時間で潔癖症を理由に断られしまう。「カスくじ!」…これまで何度かお見合いで断られてきたとはいえ、やっぱり気持ちが沈み、いつにも増して激しく手を丁寧に洗う龍彦だった……。

一方、内閣府特命担当大臣 抽選見合い結婚法担当の小野寺(若村麻由美)から、該当者が自力で結婚相手を見つけた場合はこの法律から除外するという改定案が発表され、奈々(高梨臨)は、一か八かで嵐望(大谷亮平)に連絡し、馴染みの店で再会する。嵐望が見合い相手に断られ続けているという意外な事実を知った奈々は、「私と……結婚してください」と意を決して告白したが、「俺が求めるのは、母性の強い人。奈々には感じられない」とやはり嵐望に断られてしまう。自暴自棄になり泥酔した奈々は、すっぽかすはずだった見合い相手との待ち合わせ場所へ……。

その夜、同じくお見合いを終えた北風(松本享恭)が龍彦の自宅にやってきた。部屋で偶然、龍彦が書いたブログを見た北風は、「匿名でも、もっと自分のこともさらけ出してくれたら、共感してもらえるんじゃないかな」と龍彦を励ました。勇気をもらった龍彦は、潔癖症の原因となった中学時代の出来事をブログに綴り始めたのだった。

好美(佐津川愛美)は、お互いの理想の家族像の相違からお見合い相手と別れ、新たなお見合いに臨んでいた。緊張している彼女の隣に座ったのは…。そして、龍彦の5回目のお見合いの相手は、集合時間に30分以上遅れて会場にやって来た。いかにも無理目な感じの服装をした彼女が、けだるそうにサングラスを外すと…。

(引用:東海テレビ公式サイト


スポンサーリンク

 

4話は遂に龍彦と菜々が出会う展開になりそうなので、そこが最大の見所と思っていますが、なかなか見合いが上手くいかない菜々や好美やその他の主要人物達の進展具合も気になります。あまり芳しくない法律を突然改定した担当大臣の小野寺や政府の思惑や疑問を強め出した主人公の龍彦が同じ様にこの法律に反発している、ひかり達とどう関わっていくのか?テーマになっている「人を傷つける法律なんて、あっていいのか?」という問題にもどの様なアイデアで更に切り込んでいくのか?このドラマを面白くさせられる肝になる部分の、これからの演出にも楽しみに期待して見たいと思っています。 (40代・男性)

 

4話では龍彦と奈々が遂に出会うようなので、そこが見どころです。それに、龍彦の潔癖症や人間不信の理由が明らかになるようなのでそこも見どころの1つだと思います。
また、好美が価値観の合わない人とどうするのかも楽しみにしています。やっぱり結婚したいとお互いが思えないと結婚はするべきではないと思うので、法案がまた改正されていくのではないかなとも思います。
好美は小さい頃苦労してきたので、優しいいい人と出会ってほしいと思っています。
また、龍彦が書いているブログがこれからどうなっていくのかも楽しみにしています。 (30代・女性)

 

法改正で自力で結婚相手をみつければあ、見合い結婚法から除外の改正で冬村奈々は、過去の人なのか、友達なのかわからないが電話をしまくっていたが、奈々の知人なら容姿、経済的に文句なさそうだから、みんな法の前に結婚したり法で出会った人と上手くいっているようで愕然としていたから、二回目の人を断れない事もありどうするかが楽しみです。理想が高いが銀林のような人は難しいだろう。最後まで女のプレゼント、維持を通して欲しいです。銀林はどうして奈々ではダメだったのかが知りたいです。宮坂くんの学生時代も分かりそうで、楽しみです。 (50代・女性)

 

今後の見どころや期待は、当然、四人の見合いの行く末ということになるが、納得いく形で結婚をしてほしいという希望があるが、しかし、そもそも納得いく結婚の形というものが分からないし、そんな価値観は端(はな)から幻想なのかもしれないとも思うのかなあ……。フランスみたいに事実婚が当たり前の国もあるし、一夫多妻制の国もあるし、男尊女卑が明確な国もある。だから、四人の見合いを追いながら、果して結婚という制度がいったい何なのかと言う問題提起をしてほしい。でも、じつはこれ、はるか昔に回答を出している人がいるのですよ。スウェーデンが世界に誇る映画監督、イングマール・ベルイマン。1974年の『ある結婚の風景』で「人間はお互いの意思を疎通させることは不可能である」と断言してみせ、世界を唸らせた。大ゲンカのすえ離婚した夫婦が、離婚後お互い再婚し、その後、二人でまた不倫として付き合いだし、そしたら、結婚の時よりも仲が上手くいったという鮮やかなラスト。これには正直恐れ入った。ベルイマンを超えろとは言わないが、せっかく真面目に結婚を考えるドラマを作ったのだから、視聴者をあっと言わせる価値観を提示してほしい。 (40代・男性)

 

病気により、子供を産めない体である女性及び日本で生活している外国人が法律に不満を持っているということに友紀子ら政府側は気付くことができるかどうかということ、友紀子の娘とは一体誰であるかということ、龍彦にとっての4回目のお見合いの相手とはどのような人物であるかということ、テロ撲滅隊とはどのような軍隊であるかということ、龍彦とひかりが出会う時はやってこないかどうかということ、好美と遠山の間の関係はどうなるかどうかということ、嵐望と奈々がよりを戻すという可能性はないかどうかということが見どころであり、かつ楽しみにしていることであr。 (20代・女性)

 

三回目のお見合いを終えて、最初はチャンスと捉えていた宮坂も、徐々に抽選見合い結婚法に疑問を感じ始めているように思います。彼はこの法案により傷つく人達のことをスルー出来ない優しさを持っているのだと思います。彼自身のお見合いもうまくいっていませんし、この経験から得た成長を見せて欲しいところです。自力で相手を見つけた人は除外されるという改定もなされたので、もしかしたら自分の殻を破って、自力で結婚相手を探す努力をするかもしれません。既にそちらに方向転換した奈々が、元彼を忘れ相手を見つけることができるのかも気になります。 (40代・女性)

 

抽選見合い結婚法の改正がどういう効果になるのか?というのと、主人公の宮坂の過去があかされてくるのだろうという部分が楽しみです。
自力で結婚相手を見つけたら法律の適応外になるという改案が出され、お見合いを避けたい奈々は昔の男に片っ端から電話するものの、ほとんどの男性は結婚が決まったと喜んで話しています。そこで奈々は一度別れた嵐に連絡をして結婚したいと伝えます。
また宮坂の学生時代の回想シーンが出てきますが、そこが人間不信で潔癖になった原因になったようです。その原因があかされてくるようです。宮坂が立ち上げた「抽選見合い結婚法被害者たち」のブログに変化が出てくるのも注目です。

(30代・女性)

 

法律が、少し変わった、自力で結婚相手を見つけることができたら、除いてくれるとと。それぞれがまたお見合いに挑んでいくなか、龍彦の潔癖症で相手からののしられる、アニメオタクのこともある。それって法律ができたことで、いじめじゃないのかと。その中でも運命の出会いが。好美はすごくいいお見合い相手に素直に自分の気持ちを言うことに、食べ物の好みとか、これからの結婚をしたら仕事はやめなければならないとかを目をつむることが出来ないと。相手はやさしく自分から断らせてくださいと。運命の出会いをしたのが誰なのか気になります。四話は、またいろんな展開でが楽しみです。 (40代・女性)

 

3話の最後で法律の内容で自力で結婚相手を探したら抽選見合いに除外されることになって、4話では特に冬村が自力で探そうとすると思います。自分の知り合いの男性に聞いても皆結婚が決まったりして、やはり冬村には銀林しかいないと思い頑張ってアプローチをすると思います。冬村がどうやってアプローチをするか楽しみです。また冬村の見合い相手の春川のことをどうするのか気になります。宮坂の4回目のお見合いはどんな人とするのか気になります。宮坂が傷つくような発言や行動をしない人だと嬉しいです。また何度か見合いを経験して宮坂が少しずつ成長していることに期待します。4話も楽しみです。 (30代・女性)

 

来週、龍彦と奈々が出会いそうですね。
どういう展開が待ってるんでしょう?
政府の法案は改善が必要だという事に気が付いて欲しいです。
病気だったり国籍だったり他にも沢山傷つく原因は考えられます。
国民の幸せを考えて考える法案が逆に国民を傷つけているのだったら龍彦の言う通りそれは国民に対するいじめです。
龍彦のブログによって若者たちが立ち上がって欲しいですね。
龍彦は大人しそうだけどブレない自分の意見を持ってます。
頼りになりそうです。
若村麻由美さんと龍彦って何か関係が有りそうと思うのも考えすぎですかね?
実はお母さんじゃないの?とも思ったんですけど。

(50代・女性)

 

まとめ

 

いよいよメインキャストのふたりが出会うようですね!

第4話にも期待です♪

 

↓結婚相手は抽選での見逃し動画をお探しの方はコチラ♪↓

CHECK!
結婚相手は抽選での動画を無料で視聴する方法
結婚相手は抽選での見逃し配信フル動画を無料視聴!これなら全話タダで一気見♪

  2018年10月から放送の東海テレビ・フジテレビ系ドラマ『結婚相手は抽選で』。 少子高齢化対策として、お見合い相手を抽選であてがわれるという政策が国によって決めれられるという驚きの設定! ...

続きを見る

スポンサーリンク

-2018秋ドラマ, 結婚相手は抽選で
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2019 All Rights Reserved.