2019秋ドラマ 新米姉妹のふたりごはん

新米姉妹のふたりごはん4話あらすじ・ネタバレ!3話の感想・評価評判や見逃し動画の無料視聴方法をチェック♪

更新日:

新米姉妹のふたりごはん4話あらすじやネタバレ予想!第3話の感想や評判評価も!

スポンサーリンク


テレビ東京で2019年10月10日スタートの秋ドラマとして、『新米姉妹のふたりごはん』の放送が決定しました!

テレビ東京で毎週木曜深夜1:00からの放送です。

 

2019秋の「木ドラ25」枠は、人気漫画が原作!

突然姉妹になった女子高生のサチとあやりが料理によって通じ合っていきます。

 

外交的
で料理は苦手な姉のサチ役は山田杏奈。

内向的で料理が得意な妹のあやり役に大友花恋が演じます。

 

姉妹になりたての女の子たちが描く新鮮なクッキングストーリー!

 

この記事では、ドラマ『新米姉妹のふたりごはん』の第3話を見た人の感想や評価を集めています!

class="ymarker-s">続く第4話の予想や期待もチェックです♬

 

 

『新米姉妹のふたりごはん』第3話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第3話の振り返り

親の再婚により、突然姉妹となったサチ(山田杏奈)とあやり(大友花恋)。ごはんをきっかけに徐々に打ち解けてきたものの、あやりのことを全く知らないサチは、あやりを映画に誘う。映画を観ながらホットドックを食べたり、休日の過ごし方を話したり、初めて一緒に出かけたふたり。帰宅後、あやりから晩ごはんを作るから手伝ってほしいと誘われたサチは、一緒にネギソーセージを作ることに。初めてふたりで作る料理のお味は…?

(引用:テレビ東京公式サイト)

 

 

第3話を視聴した人に感想を募集しました♪

今回のストーリ展開をみなさんはどう見たのでしょうか?

※感想は集まり次第随時更新していきます!

 

50代女性

特に考えた事がなかったソーセージ。ウィンナーとは違うのかな?と思いながら観ました。
距離を縮めていく姉妹、映画を観に外出した際、たまたま目に入った長ネギ。作った料理がまさか、長ネギの皮に具材を入れたソーセージとは驚きました。
考えた事もありませんでした。
料理している二人は姉妹ではなく同志に見えたし、血は繋がらないにしても同い年の姉妹が少しずつ家族になっていく姿が微笑ましい。
ネギソーセージがホットドッグになって出てきた時にはなるほど!と思いました。
最後のシーンで姉妹ではなくお友達で、という言葉には思春期の女の子二人、言い表すのが難しい複雑な気持ちを懐かしく思い出しました。

 

50代女性

初めてのお出かけに、まるでデートのように服を選ぶあやりがかわいい。
結局制服にしてしまうなんて、真面目すぎ。
大人っぽく、ひとりで過ごしてきたあやりだけど、サチと触れ合って新しい楽しみを知ったのかな。
料理中、冷たくなったあやりの手を自然に気遣うサチが素敵。
あやりに習い、だんだんと料理の楽しさに目覚めていくサチの生き生きとした表情がいいですね。
食べる姿も全身からおいしさが伝わってきます。
食べている途中なのに、ささっとサチの要望を叶えるあやりが本当にすごい。
無理をせず、これからお互いを少しずつ知っていけば良いのでは。

 

50代女性

お互いに慣れていないのでサチとあやりが遠慮しながら、話をしているところが初々しい感じがした。サチが勇気をもってあやりに映画を見に行こうと誘い、あやりも承諾してくれたことで、お互い少し距離が縮まった気がしてよかったと思った。映画を見て家に帰ってから、サチとあやりが一緒に料理を作る場面は、和やかな雰囲気でいい感じだった。ネギソーセージという料理があることを知らなかったので、ソーセージ用の調理器具を買ってみたくなった。また、ネギソーセージがとてもおいしそうだった。フライドポテトもフライパンで気軽に作ることが出来るので、今度作ってみようと思った。

 

40代男性

 ちょっと意外でしたよ。新米姉妹のあやりさん(大友花恋)、友だちがいないなんて。それで、一方のサチさん(山田杏奈)が、謎の解明ではなくて、解除をやってくれそうです。
部活は何やってるの!?。好きな芸能人は!?。血液型は!?。趣味・特技は!?。ちょっととっつきにくくて、まだきいていなかった。
でも、一人で料理や読書をしていたというので、料理の話はしてたんです。今回のネギソーセージ、絶品そうでしたねぇ。「閉じ込められた肉汁がネギの甘みと合わさって、より甘く。」。そうなるでしょうね。だから私は、前もってネギに砂糖を、とは私です。長ネギが伸びてしまうので、破れやすくなる対策を兼ねて。
ただ、よかったです。「今日の晩ごはん、はじめてあやりさんに手伝ってほしいと言われてうれしかった。」(社交的なサチ)。「あやりさんと友だちになりたい人、きっといると思うよ。」(サチ)。私も同じ意見です。
ただ、もっと高いネギを使っていれば、サチさんのネギ、破れなかったかも。かもかもネギネギ。ネギとかもは付き物ですね。

 

スポンサーリンク

 

『新米姉妹のふたりごはん』の第4話はどうなる?

 

第4話のあらすじ

親の再婚により、突然姉妹となったサチ(山田杏奈)とあやり(大友花恋)。ある日、同級生の絵梨(田中芽衣)から、家に遊びに行ってもいいかと聞かれたサチ。恐る恐るあやりに相談してみると、あっさり承諾され、料理も振舞ってくれることに。
翌日、初対面を交わすあやりと絵梨。リビングでくつろいだり、お互いの部屋をみた三人は、食事の準備にとりかかる。父から届いたラクレットチーズを使って、今夜はチーズパーティーに!

(引用:テレビ東京公式サイト)

 

 

 

次回は第4話。

予告やあらすじをみたみなさんの展開予想、楽しみにしている見どころポイントを聞いてみました!

※次回放送へのみんなの期待は、今後も集まり次第随時更新していきます♪

 

50代女性

とにかく、高校生の女子二人で生活している姿が何とも健気です。
そんな若い二人が自宅のキッチンで料理しているだけで目からウロコ。
料理が苦手な私には参考にしたく、料理はメモしています。
女子高校生が今後、身近な食材でどんな風な料理を作ってくれるのかが楽しみです。
キッチンで作るという事は私でも作れるのよね?作れる料理だよね?と期待してしまいます。
料理が好きな人は一つの食材でこんなにもこだわっているのか、とも考えさせられています。
普段、目にしている食材で考えた事もない料理が出てくるのか?楽しみで仕方ありません。
料理だけでなく、若い女の子二人の成長も楽しみにしています。

 

50代女性

あやりはひとりの状態が慣れているようでいて、やはり寂しさも抱えていたんですよね。
サチとの出会いで、それが変わっていきそう。
少しは表情が出せるようになって、学校でもあやりの変化に気付く子がいるのでは。
一見、近寄りがたいけど、本当はとても優しいあやり。
サチも思いやりがある素敵な子。
ふたりが、料理を通じて気持ちを寄せ合っていくのがじんわり温かい。
次回は、あやりがサチに導かれ、楽しい触れ合いが開けるのが楽しみです。
あやりの心に固まっていたものが、少しずつほどけていければいいですね。
ふたりの間が、姉妹としても友達としても深まっていくことを期待しています。

 

50代女性

サチの同級生である絵梨が家に遊びに行きたいとサチに話して、絵梨が家に遊びに来ることになった。あやりは得意である料理を振舞うために、買い出しをするために出掛けた。食材選びにこだわって、あやりは買い出しをしていた。父が送ってきたラクレットチーズも使って、夕食はチーズパーティーにすることにサチと話し合って決めた。あやりはテキパキと料理を始めて、サチも少し手伝った。絵梨も手伝うことになり、3人で仲良く料理を作ることになった。3人で女子トークを楽しみながら、料理は完成していった。3人でチーズのおいしさに酔いしれながら、楽しい食事会になるところが第4話の見どころだと思う。

 

40代男性

 次回、第四話、四品目は、ラクレットチーズだそうです。あやりさんの台詞、「友だちって、いいなぁと思いました。」。おそらく、サチさんの親友のエリさんを連れて来たんですね。
実は、伏線でしょうか。第三話で二人で観た映画。「極北料理人」。「生きるってツライけど、食べるのはすばらしい」という。観て、元気出ませんでした?。なかなか、早くも高校生で個人主義、はじめられなくて、つらいタイプかも。でも、極地で食事を工夫してつくったら、生きるってすばらしいなとなるんでしょうね。
いつもサチさんを心配してくれてるエリさんなら、極北料理人よりも、感動するでしょう。あやりさんのラクレットチーズ。なぜか、楽につくれる感動ラクレットチーズ。若くていいですねー。ノリが。

 

まとめ

 

OA後に追記します♪

 

スポンサーリンク

-2019秋ドラマ, 新米姉妹のふたりごはん
-, , , ,

Copyright© dramaniaque , 2019 All Rights Reserved.