2019秋ドラマ 死役所

死役所3話あらすじ・ネタバレ!2話の感想・評価評判や見逃し動画の無料視聴方法をチェック♪

更新日:

死役所の第3話あらすじやネタバレ予想!第2話の感想や評判評価も!

 

2019年秋ドラマ、毎週水曜日の深夜0時12分からテレビ東京系では『死役所』が放送中!

 

累計300万部の大ベストセラー漫画『死役所』が、松岡昌宏さん主演でドラマ化!

原作漫画は広瀬すずさん、きゃりーぱみゅぱみゅさんなど著名人もSNSで広めた話題作。

死後の世界を独特な世界観で描いたストーリーです。

 

この記事では、ドラマ『死役所』の第2話を見た人の感想や評価を集めています!

続く第3話の予想や期待もチェックです♬

 

 

『死役所』第2話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第2話の振り返り

シ役所職員全員が死刑囚であることを知った三樹ミチル(黒島結菜)は、シ村(松岡昌宏)に「人殺し」と言い放つ。その瞬間にシ村が見せた表情は、普段は見せない厳しいまなざしで、ミチルは思わず言葉を失う…。
そんな折、シ役所で男が暴れまわる騒ぎが発生。ミチルとハヤシ(清原翔)が駆け付けると、坂浦眞澄(三浦貴大)が「店に戻してくれ」と叫び暴れていた。自分の死を知り愕然とする眞澄。「なんで俺まで殺されなきゃなんねぇんだよ」――実は、12年前に父親が殺された自らが営む定食屋で、殺害されたのだ。さらに、まもなく子供が生まれるといい、シ村に「何とかしてくれ」と懇願する。だが他殺課で殺害されるまでの記憶をたどっていくうちに、あまりに哀しい事実と直面することに…。さらに“他殺”と話していたミチルの死の真相が明らかとなる。

引用:テレビ東京公式サイト

 

スポンサーリンク

 

" data-1="

 

" data-2="

第2話を視聴した人に感想を募集しました♪

" data-3="

今回のストーリ展開をみなさんはどう見たのでしょうか?

" data-4="

※感想は集まり次第随時更新していきます!

" data-5="

 

" data-6="" data-class="st-editor-margin" data-7="style="margin-bottom:" data-8="-5px;">[st-minihukidashi" data-fontawesome="" data-fontsize="80" data-fontweight="" data-bgcolor="#F06292" data-color="#fff" data-margin="0 0 0 -9px">
40代女性[/st-minihukidashi]

今回は、不妊治療をしてようやく授かった赤ちゃんを流産してしまうお話でした。お母さんになるはずのいずみの知り合いの女の子は、落ち込むいずみに「赤ちゃん、ニコニコしてるよ。凄く楽しかった。お母ちゃんありがとう。」と、お腹をなでて励ましたシーンをみたときに、成仏したいずみの赤ちゃんが、天国から、女の子に気持ちを託していずみに伝えたようで、凄く感動しました。泣いてしまいました。凄い号泣。どうにか生まれ変わりがあり、いずみと赤ちゃん出会ってほしいです。心から願います。シ村さんが本当に死刑囚ならば、よっぽどのやむおえない理由とか、誰かをかばっているとか、何かの理由があると思うので私はシ村さんは人間味がとてもある人だと思います。とても心に傷を持っていると思うから。立ち直ってほしい。また、いずみが傷ついて夫婦が、泣いているシーンを見ると私も波が止まらなかった。そのあとの旦那さんの、「今日はもうお風呂いいか?」は面白くわらえた。

 

20代女性

原作を読んでいたので泣けるとわかっていましたが、それでも涙が出てしまうほど、辛く苦しく、そして感動がつまった神回だったと思います。
不妊治療している夫婦のツラさが嫌いごとなしにそのまま描かれているところが良かったです。
それでも夫婦二人で支え合って、ようやく妊娠できたのに、死産だなんて神様なんていないなと感じました。
だけど、最後に女の子が、「お母ちゃんありがとう、って言ってる。」と教えてくれたことが、せめてもの救いだなと思いました。
ですが、最後のシ村さんの真顔が怖すぎました。
お母さんの無事を祈ろうが祈らまいが結果は変わらないというのは最もだけど、ちょっと心が感じられなくて衝撃でした。

 

40代女性

今回はシ役所にやって来た「お客様」が赤ちゃんでビックリでした。
いや、赤ちゃんも死ぬことはあるわけですが、いつもの書類はどうするんだろう?と思っていたら、イシ間さんが代筆することになって「なるほど。」と思いました。
赤ちゃんの母親である・泉水が不妊治療の末にできた赤ちゃんだっただけに、哀しみは計り知れなかったと思います。
しかし産婦人科で会った女の子の「赤ちゃん、お母ちゃんと一緒にいられて楽しかったって、ニコニコしているよ。」の言葉で、本当にホッとしたと思いました。
あの一言で、産んであげられなかったという泉水の心は救われたなぁと感じました。

 

30代女性

ミチルが見つけた書類にシ村が死刑囚を記されていたことから、死役所で働いている職員は全員そういった理由の人たちなのかと思いました。ただ、地獄に行く人たちとの違いについて、考えさせられました。死役所の職員たちに、生きていたときの記憶があるのかも気になります。イシ間たちが赤ちゃんのことをあやしていたり、母親の無事を祈っていた様子がそれほど悪い人には見えませんでしたが、記憶があったとしたら人格はそのままなのかも知りたいです。ただ、シ村だけは他の職員とは違う雰囲気を感じてしまうので、死役所にいる何か特別な理由でもあるのかと思ってしまいました。

 

30代男性

不妊治療を受ける泉水の妊娠している同僚の体を心配した言葉で、逆に妊娠した事がないと痛烈な言葉を投げ掛けられる顛末には見ているだけで辛くなりました。
その悔しい泉水の気持ちが優しく見守る夫に裏切って浮気するだろうとドスの効いた言葉を放ってしまう病んだ心になっていたのがまた悲しく、子供が欲しいと願う気持ちが泉水夫婦自身に傷を負わせる展開は重々しさを感じると共に現実的過ぎたので、死役所という架空のドラマを忘れていました。
どうして死産となったのかはわかりませんでしたが、赤ちゃんが母親の泉水の元に宿った事を嬉しく思っていて母親の無事を願っていたという良い雰囲気で終わるのかと思っていましたが、シ村の死刑囚と書かれていた事をミチルが持ち出して人殺しと言い放つ所にビックリ、更にシ村の表情が一変させて終わるとは感動的にはさせない制作側の思惑に引っ掛かった気がします。

 

スポンサーリンク

 

『死役所』の第3話はどうなる?

 

第3話のあらすじ

シ役所職員全員が死刑囚であることを知った三樹ミチル(黒島結菜)は、シ村(松岡昌宏)に「人殺し」と言い放つ。その瞬間にシ村が見せた表情は、普段は見せない厳しいまなざしで、ミチルは思わず言葉を失う…。
そんな折、シ役所で男が暴れまわる騒ぎが発生。ミチルとハヤシ(清原翔)が駆け付けると、坂浦眞澄(三浦貴大)が「店に戻してくれ」と叫び暴れていた。自分の死を知り愕然とする眞澄。「なんで俺まで殺されなきゃなんねぇんだよ」――実は、12年前に父親が殺された自らが営む定食屋で、殺害されたのだ。さらに、まもなく子供が生まれるといい、シ村に「何とかしてくれ」と懇願する。だが他殺課で殺害されるまでの記憶をたどっていくうちに、あまりに哀しい事実と直面することに…。さらに“他殺”と話していたミチルの死の真相が明らかとなる。

(引用:テレビ東京公式サイト

 

スポンサーリンク

 

 

次回は第3話。

予告やあらすじをみたみなさんの展開予想、楽しみにしている見どころポイントを聞いてみました!

※次回放送へのみんなの期待は、今後も集まり次第随時更新していきます♪

 

40代女性

2話であったように不妊治療の人の気持ち、本当に分かりづらいけど、人の言葉って暴力になるのはわかる。言葉で傷付きますよね。マタニティーマークが不妊治療の方を傷つけていることは、今まで気付かなかったと言うか、気にしていなかった。知らないうちに人を傷つけていることがあるんですね。私も言動にはとくに気をつけようと思います。不妊治療を何度も経験しようやく授かった命を亡くしてしまう悲しさ。想像を絶します。子どもを虐待して殺す親もいるのに、世の中平等では決してないですね。このドラマは普段気付きにくいことを教えてくれるドラマです。
来週からも感動して笑いたいです。凄く素敵な内容です。

 

20代女性

定食屋の店主の話は原作で読みましたが、これもまたとても切なく苦しいお話なので、どんなふうに実写化されるのかが気になります。
全く殺された時の記憶のない店主に、ものすごく悲しい死の真相が次々と明らかになっていくので、どんな演出や展開になっているのか楽しみです。
店主の役を三浦貴大さんが演じるそうなので、上手に演じてくれそうだなと期待しています。
また、ミチルの死の真相も明らかになるということなので、そちらもとても気になります。
ミチルは死役所の職員の中でも何を考えてるかわからない怖さがあるのでそのルーツがわかることを楽しみにしています。

 

40代女性

今回のラストシーンでシ村にミチルが言い放ってしまった「誰を殺したの?人殺し!」の言葉で、みるみるシ村の表情が変わりました!
次回は、少しシ村の話が出てくるのかと期待しているのですが、、。
どうやらシ役所に、殺害されて納得がいかない坂浦がやって来るようで、ひと波乱が起きるようですね。
ミチルたちが話を聞くと、もうすぐ子どもも生まれるため、「何とかしてくれ!」と泣きつかれるようですが、ここシ役所では、現世になんの力も働きかけられないだけに、一体どうするのでしょうか?
成仏させるために、シ村はどんな手を使うのか?楽しみですね!

 

30代女性

ミチルから人殺しと言われたシ村が、どのような対応をするのかが見どころです。言われた後のシ村の目線は今までよりも更に冷たく感じたので、予想外の返答をしそうな気がしています。ミチルは見てはいけない資料を見てしまった人物ですし、死役所側が何か特別な対応をする可能性もあるのかなと思っています。また、3話で登場する死亡者の男性は他殺で死役所にやってくるようなので、そう簡単には成仏を選ばなさそうな気がするので注目しています。ミチルは生きていたときの記憶を少し思い出していた様子でしたが、怪しかった死の真相に近づいていきそうなので、どんな真実が明かされるのか楽しみにしています。

 

30代男性

ミチルと同じように亡くなってしまって異様なシ役所にやって来た事を理解した男性ではあったものの、ミチルとは違っていて生き返る事を激しく願い出る男性が現れ、シ村が男性が落ち着くように話し掛けて亡くなった経緯を順を追って話していくと逆に殺人を犯してしまっていた可能性が出てきてしまい、一方のミチルは生き返りを望む男性とシ村との会話を聞きながら、生き返りたい思いにならないミチル自身の亡くなってシ役所にやって来た理由がハッキリとしないために、シ村たちからミチル自身に起こった出来事を聞いていき、誰かに殺されたのではなく絶望的になった気持ちから薬物を大量に飲んでの自殺だったと判明する物語になると考えています。

 

 

まとめ

 

涙なしでは見られない第2話でしたね。

でも、悲しいだけでなく優しい感動もありよかったです。

次回も家族を置いてなくなってしまった男性の話のよう。

こちらも涙涙になりそうです。。。

 

スポンサーリンク

-2019秋ドラマ, 死役所
-, , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2019 All Rights Reserved.