2019秋ドラマ ミリオンジョー

ミリオンジョー4話あらすじ・ネタバレ!3話の感想・評価評判や見逃し動画の無料視聴方法をチェック♪

投稿日:

ミリオンジョー4話あらすじやネタバレ予想!第3話の感想や評判評価も!

 

2019年の秋ドラマ、毎週水曜日の深夜1:35~は『ミリオンジョー』が放送中!

 

北山宏光さん演じる主人公は、やる気がなく作品への愛情も持っていない編集者の呉井聡市。

そんな彼が担当しているマンガの作者が急死してしまいます。

そこで大人気マンガを成りすまし連載することに!?

なんとか連載を続行させるため、呉井が大奮闘します!

 

この記事では、ドラマ『ミリオンジョー』の第3話を見た人の感想や評価を集めています!

続く第4話の予想や期待もチェックです♬

 

 

『ミリオンジョー』第3話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第3話の振り返り

『グローリー』40周年企画のことを真加田(三浦誠己)へ直々に話したいと言う編集長の橋爪(菅原大吉)。慌てた呉井(北山宏光)は岸本(深水元基)に真加田の影武者を急いで用意してくれとお願いするが、影武者探しは難航し、約束の日が近づいてしまう。
一方、新キャラのデザインが上手くいかない寺師(萩原聖人)は焦燥に駆られ、“成りすまし連載”の続行に不安を抱く。
そして、呉井の前には真加田を崇拝する漫画家の森秋(今泉佑唯)が現れ…。

(引用:テレビ東京公式サイト

 

スポンサーリンク

 

 

第3話を視聴した人に感想を募集しました♪

今回のストーリ展開をみなさんはどう見たのでしょうか?

※感想は集まり次第随時更新していきます!

 

40代男性

このドラマのなんとなく薄暗い雰囲気は深夜ドラマ独特の感じがしていいです。40周年企画で真加田に会おうとする編集長に対しての呉井の行動が目立った回でした。とにかく何気ない言葉をかけられただけでも疑われているのではないかとびくびくする日々を送ることになった呉井。ですが漫画家を目指していた過去の自分、そして何よりも大人気漫画を自分が描くということに酔っている感じが今回はよかったですね。寺師は壁にぶつかってどうしようもない状況。岸本は呉井を出し抜いてやろうとする意図がはっきりと見えて胡散臭さがはっきりとでていてこの三人がまともに力を合わせるとはとても思えません。トラブルは最後まで尽きることがないでしょうが呉井が乗り切れると信じているのが今回の良い所でした。

 

40代女性

真賀田の死を隠蔽してから初めての危機。編集長が会いたいと言ってきた。ついに来たかと思いつつ見てたら、まさかの代役を立てると言う。かなり似てなかったけど、間接照明と風という名目のマスク。しかも漫画のタイトル間違うし。無理と思われた偽装も、編集長にはなんとなくバレてなさげで、漫画家さんはそんなもんなのかな?と思ってみたり。断ったにもかかわらず、編集長は合作相手に電話すると言い出して、どうなるのか気になって仕方なかったです。
前回よりも呉井がやる気出してて、漫画読み返した程度で大丈夫なのかな?という心配と期待と不安で、とりあえず早く4話が見たくなりました。

 

50代女性

真加田は他界しているのに、真加田の影武者と橋爪編集長との面会は成功するのだろうかと思った。そんな嘘をつくと、余計厄介なことにならないかなと思った。呉井が真加田の代わりに「ミリオンジョー」の話を考えて、連載を続けていくことは難しい感じがした。漫画を読んでいる読者は色々な細かい部分まで読んでいるので、読者の目はごまかせないと思った。また、真加田の影武者と橋爪編集長との面会場面で、ライトを落として真加田が風邪をひいていることにしたことはすごい発想だと感じた。何とか面会はうまくごまかせていたが、橋爪編集長が合作のことで甲野先生に電話するといった時はドキドキしてもう駄目な感じがした。

 

50代女性

岸本が何を考えているのか分からず怖いです。
秘かに持っていた恐ろしい「切り札」をどう使うつもりなのか。
今更ですが、岸本を仲間に引き入れなければよかったのに。
真加田の代役の登場には笑ってしまいましたが、いつまでもごまかせないですよね。
左子が呉井を怪しんでいるようで、そこから何かが分かってしまわないか。
森秋の存在もこれから大きくなって、彼女が今後の「ミリオンジョー」に不審な点を見つけるのかも。
寺師がかなり精神的にまいっているようで大丈夫なのか。
あんなことをしてしまって、無理もないですけどね。
最後の、橋爪の思いも寄らぬ行動を、呉井は阻止できるのか。

 

スポンサーリンク

 

『ミリオンジョー』の第4話はどうなる?

 

第4話のあらすじ

橋爪(菅原大吉)と真加田(三浦誠己)の影武者との対面は無事に切り抜けたが、大規模な『グローリー』40周年企画を受けることに。
未だ新キャラのデザインに納得できていない寺師(萩原聖人)に、真加田が書き残していた資料の最終章を読んでほしいと提案する呉井(北山宏光)。改めて、真加田の思いを受け取った寺師は…。
“成りすまし”の新シリーズが進み、世間の反響が明らかに…!もう誰にも止められない!

(引用:テレビ東京公式サイト

 

スポンサーリンク

 

次回は第4話。

予告やあらすじをみたみなさんの展開予想、楽しみにしている見どころポイントを聞いてみました!

※次回放送へのみんなの期待は、今後も集まり次第随時更新していきます♪

 

40代男性

編集長と真加田の替え玉の会話は絶体絶命だと見たのですが、どうやって乗り越えるのかとても気になります。強引な方法なのかそれともラッキーなことが起こるのか注目ですね。寺師の苦悩に対し呉井は真加田先生の資料を見せとりあえずは「ミリオンジョー」の連載は続行していくわけですが、漫画誌にとって非常に重要なイベントアンケート結果がでます。替え玉ですから違和感を感じる読者が多いのは当然でその結果に呉井は愕然とすることが予想されます。しかしそこからさらに何かを見出そうとしている様子が見れますので呉井がどんどん成長していくのがこのドラマの楽しみなところです。後戻りは出来ないのですから突っ走るしかない状況なのに、なんだかうれしそうなシーンが毎回あるのは緊張感がありながらも呉井の魅力的なところだと感じます。

 

40代女性

原作は分かりませんが、ハッピーエンドにはならない話しなので、どうなってしまうのかが気になってます。これからもっと危機があるだろうし、以前の予告でミリオンジョーのファンだった漫画家の女性も巻き込みそうで、毎回どうなるのか期待してますが、自分の思うより少しずつしか話が進んでないように思えて、なんとなくやきもきしてしまいます。ミリオンジョー同様、あちこちに伏線があるのだとしたらたまらない状況です。
そして偽の真加田が永野だったことにも笑ってしまいました。そうかな?と思ったけど。
自分の住む地域では遅れて放送がありますが、今回は動画配信サービスですぐ見てしまいました。きっと次回もそうなる気がします。

 

50代女性

橋爪編集長が甲野先生に合作の件で電話をかけた場面で、呉井が真加田の影武者のフォローをどのようにするのかが楽しみにしていることだ。「グローリー」の40周年企画を成功させるために、橋爪編集長を始め編集者たちが色々と頑張って、徹夜もしながらこの企画を盛り上げようとする絆が垣間見れる。真加田が「ミリオンジョー」の最終章を書くために残しておいた資料を呉井が寺師に見てほしいと頼んだ。真加田の思いが詰まったその資料から、寺師は真加田のあつい思いを読者に届けることを誓った。なりすましの連載になってしまったが、真加田の思いを届けることが自分たちの使命だと思って呉井たちは頑張って仕事を進めるのだった。

 

50代女性

呉井は、合作を諦められない橋爪をどう納得させられるのでしょうか。
まさか合作をやることになるとしたら、どうするのか。
呉井が連載続行の突破口を見つけて、寺師もやる気になり、無事に漫画は完成するのかな。
それが続くと、岸本は気に入らないとなるのでは。
彼は、お金だけが目当てだろうし、後々呉井ともめることになるかも。
漫画「ミリオンジョー」がどうなっていくのか楽しみです。
それがうまくいくのはワクワクしますが、呉井たちを追い詰める何かも加速するでしょうね。
佐藤が意外にも活躍を見せるかもで面白くなりそう。
危険と希望が混ざり合う展開に期待しています。

 

 

まとめ

 

漫画雑誌のアンケート投票はとてもシビアだと、以前ドキュメンタリーで見たことがあります。

予告で見る限り、世間の反応は厳しかったのでしょうか?

一方で呉井が盛大に喜ぶ姿もありますね。

どんな展開になるのか、第4話に注目です!!

 

スポンサーリンク

-2019秋ドラマ, ミリオンジョー
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2019 All Rights Reserved.