2019秋ドラマ グランメゾン東京

グランメゾン東京2話あらすじ・ネタバレ!1話の感想や評価評判をチェック♪

更新日:

日曜劇場グランメゾン東京2話あらすじやネタバレ予想!第1話の感想や評判評価も!

 

2019年の秋ドラマ、TBS系で毎週日曜日の夜9時からは『日曜劇場 グランメゾン東京』が放送中!

 

木村拓哉さんが演じる主人公は、己の慢心から挫折した一流シェフ。

三ツ星レストランを目指して再び立ち上がります。

同じ夢に向かい協力する女性シェフの役は鈴木京香さん。

料理に情熱を燃やし、本気で夢をかなえようとする大人のヒューマンドラマです。

 

この記事では、ドラマ『グランメゾン東京』の第1話を見た人の感想や評価を集めています!

続く第2話の予想や期待もチェックです♬

 

 

『グランメゾン東京』第1話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第1話の振り返り

舞台はパリ。フランス一の三つ星レストラン「ランブロワジー」で面接を受けていた早見倫子(鈴木京香)。彼女は、料理人としての人生をかけてフランスにきていた。そんな中、ある一人の男と出会う。

その男は、倫子が“実技テスト”で前菜を作ろうとしているところに、突然駆け込んできて、一方的にメニューのアイディアを出して、代わりに作ろうとする。聞けば、昔ランブロワジーで働いていたから好みが分かるというのだ。その矢先に、男は、借金取りに追いかけられて、去っていく。
その男こそが、パリで二つ星を獲得し、三つ星に最も近いとされたフレンチ料理人。しかし、3年前のある事件がきっかけで表舞台から消え去った日本人シェフ・尾花夏樹(木村拓哉)だった。

その後、面接に落ちた倫子は、落ち込んでいる中、再び尾花と出会う。
そこで、尾花が作った料理のあまりの美味しさと、自分の実力のなさに、倫子は思わず涙をこぼした。
その時、尾花は倫子に突然、一緒に店をつくらないかと提案する。

(引用:TBS公式サイト

 

スポンサーリンク

 

 

第1話を視聴した人に感想を募集しました♪

今回のストーリ展開をみなさんはどう見たのでしょうか?

※感想は集まり次第随時更新していきます!

 

50代女性

倫子がレストランgakuに引き抜かれそうになったときは、これで尾花は完全に一人になると思いました。
しかし、最終的に倫子を引き留めたのは、尾花の料理の味でした。

彼女は尾花が性根腐っている人ならば、このような味は出せないと言っていました。
尾花は素直に自分を出すことができない、とても不器用な人なのだと思いました。

彼には料理が全てで、それを取ってしまったら何も残らないダメ男なのかもしれません。
料理だけが彼を救ってくれる唯一無二の存在なのだと思いました。

これからも尾花の料理に、そして倫子の味覚に期待したいと思っています。

 

40代女性

まず見て、初回から力が入っているな、と思いましたね。フランスのお店で料理長をしている尾花(キムタク)って格好いい~!
ビストロスマップで料理をやっていただけに手際がよくてスムーズだし。作る料理が全て美味しいってところもまたいいですね。
それにしても、なんで官僚がアレルギーを起こした時に全て自分のせいにしてしまったんだろう・・仲間思いすぎて自分が責任を取る事になって気の毒です。
でも、そのお陰で早見倫子(鈴木京香)と出会えて、なんだかんだ言いながらも『三ツ星のクランメゾン東京』への第一歩を踏み出せたから良かったです。

 

40代男性

 3年前の日仏首脳会談の昼食会で提供された料理に仏外相のアレルギーのナッツが入っていた事で、仏料理界から追われた2つ星シェフ・尾花夏樹(木村拓哉)。その後、フランスの官僚に、スタッフの思想や交友関係を尋ねられ、張り手を出してしまった尾花。
一度離れた当時の共同経営者と再会し、新しい料理店「グランメゾン東京」をオープンさせようとなった。
ただ、ちょっとだけ心配なのは、パートナーの早見倫子(鈴木京香)さんと京野陸太郎(沢村一樹)さんが、「生意気な後輩」尾花さんより年上だという事。
古い三階建ての鉄筋コンクリート、家賃50万円。グランメゾン東京がオープンします。
でも、なぜ尾花さんは、早見さんと料理店をやる事にしたのでしょう!?。早見さんは、「尾花夏樹のつくる料理には人を動かす力がある」と言っていましたが。一つは、食べただけで、食材とレシピ、調理法がわかるという早見さんの味覚能力。あとは!?。尾花さんがつくった手長エビのエチュベを食べた早見さんの反応だそうですが。エチュベはフランス語で、素材の水分のみを使って蒸し焼きする料理です。味付けは基本的には食塩のみ。日本の食材のみで勝負する気か!?。

 

40代女性

パリの素敵な風景に、木村拓哉さんと、鈴木京香さんかなり絵になりますね。本当にステキでした。パリの素敵な風景に、木村拓哉さんと、鈴木京香さんかなり絵になりますね。本当にステキでした。木村拓哉さんの料理を作る姿がとてもかっこよく自然です。ミシュランは店を見抜かないのでしょうか?と疑問に思いました。鈴木京香さんが京野さんを1000万円をもって、引き抜きに店に訪れたときには何か感動しました。やっぱり心のこもった料理は人を動かせるんですね。とても応援したくなるドラマです。人タラシのおじさんと、ばかなおばさんの言い合い面白かった。京野さん来てくれた。鈴木京香さん、さすがですよ。尊敬します。三ツ星とってくださいね。

 

30代男性

尾花という天才は本当に不器用だと思ったのが感想です。
料理をしているシーンや料理を食べてるシーンなどは本当に天真爛漫な姿でかっこいいと思いますが、それ以外が本当に我儘だなと思いました。
しかし自分の部下が疑われた事で憤慨したり結果的には非常に人情味あふれる人だと思いました。
そんな尾花よりお店をやっていくには、京野の存在が絶対でかいと思いました。
でも京野はすぐには仲間にならないと思っていましたが、早見が1000万を突き付けた時は驚きました。
こんな大胆な事をすると思わなかったので驚いたのと1話で京野が中身になったのが何よりも驚いたというのが感想です。

 

スポンサーリンク

 

『グランメゾン東京』の第2話はどうなる?

 

第2話のあらすじ

オープンに向けて準備を進める「グランメゾン東京」。だが早速大きな壁にぶちあたっていた。開店に必要な資金5000万を用意しなくてはいけなかったのだ。倫子(鈴木京香)と京野(沢村一樹)は銀行にかけあうが、断られ続ける。

一方で、尾花(木村拓哉)はそんなことお構いなしにメニュー開発に没頭していた。
そんな彼らの動向を掴んだ「gaku」のオーナー・江藤(手塚とおる)は冷笑するが、過去の尾花を知る丹後(尾上菊之助)だけは警戒を強めていた。
尾花たちは、次の作戦として、名声のある相沢(及川光博)に手を借りにいくが、シングルファザーで娘を育てていることもあり、オファーを断られてしまう。窮地の中、京野はある秘策を思いつく。それは、「gaku」の時に懇意にしていた城西信用金庫の融資担当・汐瀬(春風亭昇太)に相談すること。そこで、無担保で5000万円の融資を5年で完済することを条件に事業計画を説明する倫子だが、汐瀬から原価率の高さを理由に計画書の改善を求められてしまう―。
それを聞いた尾花は汐瀬に最高の一品を作るから食べてくれと直談判する。
はたして汐瀬が納得する一皿はできるのか?

(引用:TBS公式サイト

 

スポンサーリンク

 

次回は第2話。

予告やあらすじをみたみなさんの展開予想、楽しみにしている見どころポイントを聞いてみました!

※次回放送へのみんなの期待は、今後も集まり次第随時更新していきます♪

 

50代女性

登場人物の年齢層が自分と同世代なので、その点も観やすいドラマだと思いました。
『グランメゾン東京』を開店するの当たり、まず必要なのは資金です。

5千万円を用意しなければいけないというのは、かなり大変なことです。
この時にもしかしたら倫子は少し後悔するのではないかと思いました。

第1話は尾花の料理で倫子の心が変わりましたが、第2話では信用金庫の融資担当の汐瀬が融資してくれるかが、尾花の料理で決まりそうな気がします。

毎回、ここぞという勝負の時に、尾花の料理が活躍する展開になりそうです。
大きな壁だらけのドラマになりそうな予感がします。

 

40代女性

1話で京野(沢村一樹)が「グランメゾン東京」に参加する事になったので、2話では予告に出ていた平古(玉森裕太)か、相沢(及川光博)辺りが「一緒にやります!」と言ってくれそうな予感がします(一筋縄ではいかないと思いますが、そこは倫子の出番だろうと)。
また「料理長は倫子で」といいながらも、尾花は一緒に日本人向けにアレンジしたフランス料理を考えてくれそうです。
お店の開店に向けて準備をしないといけないと思いますが(予告で店に尾花と倫子が飾り付けをしていたので)、お金はどうするのかな?誰が用意してくれるんだろうな?と気になります。
気になると言えば、予告のラストで倫子が部屋で「最高の一皿を作ろう」と言った時に、尾花と京野の他に奥にもう一人・・・誰?
きっとグランメゾン仲間だと思うので誰なのか楽しみです。

 

40代女性

日本の食材のみで、世界に挑戦するのかもしれないと思ってしまいましたが、ヒントまでありましたね。「日本の米スゲエなぁ。」(尾花)と。
あれ、あのオンボロ鉄筋コンクリートが!?。代官山の人気店を借りて、ロケをしていると聞きましたが。あり得ないほど、様変わりするんでしょうね。
少し、ワンパターンのきらいもあるのでは!?と言われるキムタク・ドラマ。「また天才かよ」などと。そして、秀吉の一夜城のような…。
それもまた楽しみか…。贅沢のような夢物語をまたまた観ても面白いと言える作品に、なりそうです。
なぜかと言うと、テロの報道が落ち着いてきているフランスでも、比較平和な日本でも、素材価値の評価を再度行う必要性が。食材のいわゆる歴史的遺伝子検査。日本の歴史的遺伝的食材の味に太鼓判、出せるでしょうか?。東京から始まるはずですから。
また、早見さんは、とにかくミシュランの星がほしいと言っていた。やはり日本の歴史的文化的食材に通じる食材の味、尾花さんのつくった手長エビのエチュベにそれがあったか!?。尾花さんが早見さんとお店をやりたい理由はそれかな!?。

 

40代女性

昔の同僚、仲間から(おばな)木村拓哉は、大統領の会食を台無しにしたことで、店をたたむことになった為、最低な奴と今は思いっきり嫌われているが、少しずつ木村拓哉が新しく手がける店で一緒に働くことになるのではないかな?と想像しています。信頼をどう取り戻していくのかが見所の一つですよね。木村拓哉はきっと自分の料理をバカにされただけで、官僚を殴ったわけでは決してないと思う。やっぱり、店のスタッフを疑われたから殴ったんですよ。又、心が通い合える日は諦めない限り訪れると思うが、ここまでこじれた関係がどのようにして、通い合えるのか知りたい。又、木村拓哉さんと、鈴木京香さんの大人の恋愛も楽しみにしています。素直ではない不器用な木村拓哉を鈴木京香はきっと受け入れられるはず。

 

30代男性

やはりなんといっても、グランメゾン東京は無事にオープンできるのかが気になります。
まだまだ店をするには人が足らない状況です。
京野は仲間になってくれましたが、他の仲間は戻ってきてくれるのか気になる所です。
なにより、gakuの存在が怖いです、京野を引き抜かれただでさえ対抗心あふれる丹後がシェフの店です、何ら化しの妨害工作してくる展開が見どころだと思います。
最後にアレルギー食材を混入させた犯人はだれだったのかわかる展開に期待したいです。
裏切者は一体だれだったのか、なんの為にそんなことをしたのか気になるところなので明らかになる展開を楽しみにしています。

 

 

まとめ

 

尾花が官僚を殴った理由に感動しました。

きっと不器用ながら、仲間を思う熱い人間だと思ったので、手が出てしまったことにも納得です。

一緒に働いていた人から信頼を失っているようでしたが、どこかではみんな尾花の料理人としての才能や人間性を信じているのだと思います。

ナッツ混入はただのスタッフミスではなく、誰かの仕業だとわかった終盤。

次回からの展開が楽しみです!!

 

スポンサーリンク

-2019秋ドラマ, グランメゾン東京
-, , , , , , , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2019 All Rights Reserved.