2019秋ドラマ 4分間のマリーゴールド

4分間のマリーゴールド3話あらすじ・ネタバレ!2話の感想・評価評判や見逃し動画の無料視聴方法をチェック♪

更新日:

4分間のマリーゴールド第3話あらすじやネタバレ予想!第2話の感想や評判評価も!

 

2019年の秋ドラマ、TBS系で毎週金曜日の夜10時から放送されるのは『4分間のマリゴールド』です。

 

福士蒼汰さんがTBSの連続ドラマ初主演!

「手を重ねた人の“最期の瞬間”が視える」という不思議な能力を持つ救急救命士・みことを演じます。

菜々緒さんが、みことと恋に落ちる余命1年の女性・沙羅を務めます。

 

この記事では、ドラマ『4分間のマリゴールド』の第2話を見た人の感想や評価を集めています!

続く第3話の予想や期待もチェックです♬

 

 

『4分間のマリゴールド』第2話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第2話の振り返り

1年後の誕生日に最愛の義姉・沙羅(菜々緒)が死ぬ運命にある―――。
みこと(福士蒼汰)は、沙羅と初めて会った日に視えた“死の運命”が今も変わっていないことに動揺するが、絶対に沙羅の運命を変えると心に誓う。

沙羅のことを過剰に心配し始めたみことの異変に気づいたのは藍(横浜流星)だった。藍は、みことの様子に違和感を覚える。

そんな藍にも、実は1人で抱えている秘密があった…。
なぜ料理を作り始めたのか、その理由や家族への思いを知ったみことは、藍に“死の運命”が視える特殊能力があることを告白する。

ある日、みことは救急出動した先で、藍が料理の師匠と慕う老婦人・和江(松金よね子)と出会う。和江は、過去に息子を亡くした寂しさからむやみに救急車を呼び困らせていた。
しかし数日後、和江が本当に病で倒れてしまう。和江の救命に駆けつけたみことは、和江の手に触れた際、彼女の“死の運命”を視てしまい…

(引用:TBS公式サイト

 

スポンサーリンク

 

 

第2話を視聴した人に感想を募集しました♪

今回のストーリ展開をみなさんはどう見たのでしょうか?

※感想は集まり次第随時更新していきます!

 

40代男性

末っ子である花巻あい(横浜流星)が、今まで家庭料理の味をご教授していた日村カズエの手料理である南瓜の煮物が今まで食べていた味と違ってしょっぱい味に変わっていたシーンが印象的でした。独り暮らしで息子を亡くしている日村カズエは結局急性クモ膜下血腫で他界する事になるが、花巻みことと花巻あいが一緒に自宅に帰るシーンで、花巻あいが亡くなった日村カズエのいつもと違った料理を『食べれば良かった』と自責の念に駆られるシーンは良かったです。花巻みことは手を合わせると死の運命がはっきりと映像化される特殊能力を持っている主人公であり、日村カズエが運ばれた病院に仕事が終わると猛ダッシュで病院直行して様態を心配しながら花巻あいに対して『ゴメン』と亡くなる前に涙を流して謝る優しい主人公は素晴らしい人格の救急救命士です。今後は義姉沙羅と花巻みこととの距離感がどういう告白で急接近するかが、次回第三話の見物ですね。

 

40代女性

藍のことを詳しく知る事ができて、満足できる内容だったと思います。なぜ藍が、みんなの食事を作るようになったかの経緯を見て、心温まる気持ちになれました。
素直に、和江をしたっていく藍の素直さが眩しかったです。和江は過去に息子を亡くしている事で、寂しい日々でしたが、藍との接触を続ける事でどれだけ救われたことかと思います。

救急車内で、和江の最期が見えてしまったみことは、何度も経験していることとはいえ、ものすごくショックだったことだろうと思います。

施設の整った病院への搬送を依頼するも、却下されてしまう歯痒さや悔しさは、いかばかりのものだろうと想像します。

 

20代女性

和江ちゃんが亡くなってしまったことが本当に悲しかったです。
尊もなんとかして死の運命を変えようと必死になっていたけど、やっぱり運命を変えることはできないのかと残念です。
おまけに設備のいい病院に連れて行くべきだと進言したことで現場を混乱させたとして厄介者扱いもされてしまうなんて可哀想でした。
また今回は、藍がとてもお世話になっていた人の死だったからなおさら胸が痛かったです。
藍がいじめられていたことはなんとなく感じ取っていたけど、そんな藍を救ってくれたのが和江ちゃんだったなんてびっくりでした。
年はかなり離れていても、深い絆で結ばれていたんだなと思いました。

 

20代女性

年寄りの寂しさや異常が見られなくても救急車を呼んでしまうというのを聞いたことがあり、実際に呼ばれた救命士は迷惑なのかもしれないが、必ずしも異常がないということはないのだと気付かされました。不安や悲しみの小さな変化で救急車という必ず来てくれる選択肢を選ぶのだと感じました。人の死を知っていたら後悔しないように何が出来るのかと考えても分からないし、後悔しない事なんてない、だからこそ日々を大切にしないといけないと感じました。救えるのなら救いたいのに結局運命を変えられないみことを見ていると苦しくなりました。どこかで運命を変えられると信じなければ沙羅の命も救えないので変化を起こして欲しいです。人間ドックを受け異常のなかった沙羅はどのようなことが起き死に近づいていくのか気になりました。能力を知った藍が沙羅の死を知り家族がバラバラになりそうな予感がしました。

 

20代男性

みことは何故人が死ぬ運命が見えるか?について誰にも話さないのだろう、と思ったけど、その話をしたところで誰にも信じてもらえないとのことをみことが犬に向かって話すときは思わず納得してしまった。人が死ぬ運命が見えると言われても最初は、冗談だろ、で言い返してしまうのだと感じる。
和江がむやみに通報してくるのは江上や磯辺らにとって当然迷惑だと思うに違いない。それでもみことが和江に怒らないで、呆れないで、冷静に、むやみに通報することはよくないと教えてあげる場面が特に印象的だった。何度も人が死ぬ運命が見えたからこそ、残された人の辛さをみことがよく理解できているからだと思うった。

 

スポンサーリンク

 

『4分間のマリゴールド』の第3話はどうなる?

 

第3話のあらすじ

みこと(福士蒼汰)は緊急出動した事故現場で廉(桐谷健太)の親友であり、幼なじみの青葉広洋(佐藤隆太)と再会する。フリーカメラマンとして海外で活躍する広洋は、次の仕事で日本を発つまで花巻家で暮らすことになる。

藍(横浜流星)の手料理で皆が食卓を囲む中、広洋は、絵を描くために様々な世界を見てみたいと言う沙羅(菜々緒)に、自分のアシスタントとして一緒に海外を旅しないかと誘う。
沙羅も乗り気になり、みことは複雑な感情を抱く。みことは沙羅の夢を応援したい反面、沙羅との残された時間を考え苦悩する。

そんな中、みことは救急で向かった工事現場で不意にケガを負ってしまう。
それを聞いて心配で駆けつけた沙羅に対して、みことは敢えて平静を装い、海外行きの背中を押してしまう…。

ある雨の日、車で駅まで沙羅を迎えに行ったみこと。
やはり海外には行って欲しくないと思い切って伝えようとしたみことに、沙羅は突然秘めていた思いを告白し…!?

(引用:TBS公式サイト

 

スポンサーリンク

 

 

次回は第3話。

予告やあらすじをみたみなさんの展開予想、楽しみにしている見どころポイントを聞いてみました!

※次回放送へのみんなの期待は、今後も集まり次第随時更新していきます♪

 

40代男性

義姉の花巻沙羅(菜々緒)が、主人公の花巻みこと(福士蒼汰)に対しての想いを打ち明けるシーンです。今まで花巻沙羅が救急救命士で心優しすぎる義弟に抱いている感情と異性として愛しているのか?について告白するのか?それとも弟であるみことを兄弟愛としてぼやけた告白に終始するか?胸キュンするシーンで第三話放送予定である10月25日(金曜日)の放送は見逃さずにテレビの前を占領して美男美女の姉弟による台詞回しを乞うご期待ですね。一年後愛する義姉の花巻沙羅と残された時間を充実した愛し逢う時間へ変わるかもしれない可能性があるので十分に楽しめる作品だと感じました。

 

40代女性

新しい登場人物の投入で、兄弟たちに刺激が加わりそうな予感がします。
今までも、海外への興味をチラつかせていた紗羅に、具体的な海外渡航の話が持ち上がるようです。

それをしったみことの心境はどうなるだろうと思います。
みことと紗羅の、心の触れ合い、本当の気持ちなどが見どころになってくると予想されます。

紗羅がみことを想う気持ちが、しっかりと表現される3話なのだと思います。
相変わらず、紗羅の最後の場面が脳裏から離れずに苦しむみことなのでしょう。
見えてしまった運命を変えるために、また何かのモーションを起こすみことに期待したいです。

 

20代女性

沙羅が雨にうたれながら尊に対して、「ずっと尊のことが…!」と叫んでいたのがかなり気になります。
もしかしたら、沙羅も尊のことが好きだったりするのかなとかなりドキドキします。
海外に行こうかなという話を出したのも、決して結ばれてはいけない尊と一緒に生活することに限界を感じたからなのかもしれないなと思いました。
沙羅の秘めた想いを聞いた尊が、どんな反応を見せるのかが楽しみです。
晴れて両思いになるという展開になってくれたら最高なのになと期待しています。
また、おそらく広洋も沙羅のことが好きなんだろうなと思いました。
三角関係がどうなるのか楽しみです。

 

20代女性

沙羅に想いを寄せる人物の登場なのかきになる男性が出てきて、みことが戸惑うと予告であったので、好きだという事を言う日がくるのか、沙羅がずっとみことのことがと告げるシーンがあったので、2人が兄弟という存在から特別な存在だと言葉を交わす日がくるのかと思いました。想いを寄せ合う2人のことを知ったほかの兄弟たちの反応はどうなるのだろうか気になります。そして、想いを知ったみことはどのような態度で沙羅に接していくのか、2人の関係に変化があるのかも気になりました。みことは沙羅に死が近づいていることを誰かに相談するのか、沙羅に打ち明ける日がくるのか、どこまで3話で話が続くのか楽しみです。

 

20代男性

藍がみことの能力を知るようになっただけでなく、みことに沙羅の死ぬ運命が視えていることまでも気付くことになる。みことはどうすれば沙羅を助けることができるか?というのを思考錯誤し繰り返すことになる。その時、救急要請が入ってきたため、みことらは現場に駆けつける。目の前にいる人の手と自分の手をあわせると、今回もまたその人の死ぬ運命が見えてしまうため、みことは何としてもその人の死ぬ運命を変えていくのだと奮闘する展開を予想する。
みことは運命を変えていくことができるかどうかということが見どころであり、楽しみにしていることである。

 

 

まとめ

 

沙羅が「私はずっとみことのことが…」と切り出すシーン。

この後になんという言葉が続くのか気になりますね!

第3話も見逃せません!!

 

スポンサーリンク

-2019秋ドラマ, 4分間のマリーゴールド
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2019 All Rights Reserved.