2018秋ドラマ リーガルV

リーガルV3話あらすじ・ネタバレ!2話の感想・評価やみんなの評判は?

更新日:

リーガルV第3話あらすじやネタバレ予想!第2話の感想や評判評価も!

 

2018年、10月スタートの秋ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子』。

毎週木曜日の夜9時から放送中です!

 

この記事では、『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子』の第2話を見た人の感想や評価を集めています!

続く第3話のあらすじ、予想や期待などもチェックです♬

 

 

『リーガルV』第2話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第2話の振り返り

 

「京極法律事務所」に、世界的企業「太陽製紙」の元取締役・永島美鈴(斉藤由貴)が弁護を依頼してきた。女性初の役員として活躍していた美鈴だが、立て続けに3人の部下からパワーハラスメントを受けたと告発され、不当解任の憂き目に…。納得がいかず、会社に損害賠償を請求する民事訴訟を起こしたものの、口頭弁論直前に担当弁護士が辞任してしまったのだという。知的で奥ゆかしく、とてもパワハラをするようには見えない美鈴だが、管理人として事務所を裏で仕切る元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)は懐疑的。そもそも弁護士が降りたということは勝ち目のない案件だとにらみ、弁護を断ろうとする。
ところが…美鈴が要求している損害賠償額が3億円を上回ると知った翔子は、多額の成功報酬に目がくらみ、弁護を引き受けることに。美鈴の指名で担当弁護士になった青島圭太(林遣都)と、事務所の代表弁護士・京極雅彦(高橋英樹)は、さっそく「太陽製紙」を弁護する大手法律事務所「Felix & Temma法律事務所」を訪れる。ところが、被告代理人の白鳥美奈子(菜々緒)が2人に手渡した音声データを聴いた「京極法律事務所」の面々は、早くも敗訴を確信してしまうことに…。そこにはほかでもない、美鈴が部下にビルから飛び降りるよう迫り、暴力を振るっている様子が録音されていたからだ!
しかし、ただひとり、どうにも釈然としない翔子は、事務所のメンバーに調査を続行するよう指示。やがて、美鈴と一番親しかった「太陽製紙」の生産事業部長・城野優(平山浩行)を、証人として確保する。ところが、美鈴はなぜか城野の出廷を拒み…!?

(引用:テレビ朝日公式サイト

 

スポンサーリンク

 

パワハラをしたということで会社を辞めさせられた依頼人の弁護をすることになった。パワハラをした有力な証拠である音声データがあり、絶対不利な状況にも関わらず、お金のために依頼を引き受けることになった。最終的には相手側の証人の弱みを握って、自分たちの証人とし、実は音声データの前後があったという事実でパワハラは事実ではなかったということになる。今回も、前科者が集まった事務所と小鳥遊の突拍子も無いひらめきが功をそうした。これでストーリーは終わりと思いきや、音声データにはさらなる続きがあり、依頼人は以前、別の部下に本当にパワハラをしていたのだ。このどんでん返しは予想だにしていなかったのでとても面白かった。 (20代・女性)

 

今回は大企業の中で起こった社長派と専務派に分かれた派閥争いによるパワハラ訴訟と、裁判沙汰にはなりませんでしたが同じ会社内の恋愛絡みのパワハラと、2つのパワハラ問題が交錯しながら展開されたストーリーだったなと思いました。斉藤由貴演じる永島美鈴と城野部長と黒いサングラスで現れた中山さんという女性とのパワハラ問題はオマケ的に感じましたが、様々なパワハラがあるんだと、1話でメインストーリーとサブストーリーが同時に楽しめた感もあるので、個人的にお得感のあった回だったと思いました。紆余曲折しながらもヒロイン側が勝利で終わりましたが、アッと驚く結末も期待したいです。 (40代・男性)

 

小鳥遊の駅弁好きぶりとお金遣いの荒さが面白かったです。また最初仕事を受けないと言っていたのに成功報酬を知った途端やる気が出ていて面白かったです。周りが小鳥遊のことをパワハラと言っていたのに茅野だけ愛のムチですと言っていて小鳥遊のこと大好き過ぎて面白かったです。女性初の役員で頑張っていた永島を派閥争いのために陥れようとしていて可哀想でした。2話の早い段階で永島はパワハラをする人ではないと私も思いました。城野がきちんと真実を証言してくれて良かったです。私が1番面白かったのは永島の会社の女子社員に馬場が聞いても無視なのに茅野が聞くとたくさん話すところのシーンでした。イケメンは得だと思いました。 (30代・女性)

 

パワーハラスメントをしたと言われて被害を受ける、斉藤由貴(永島みすず)。パワハラしてないのに、三件も相談があると。なぜだか株主総会でみすずは、解任させられてしまった。損害賠償が請求額が三億だと。日本では億はないと。会社が非を認めてくれないと前に進めないと。そこで小島遊翔子が、のりだした。相手側の会社は証拠で音声があると。聞いてみると、本当にパワハラをしている。 これは難しいと。法律事務所全員で調べることに。音声データーを永島さんに聞いたら、自分は覚えてないと。食事のせきをもうけたときに、依頼人を試したが、怒ったり、叫んだりせず神対応だった、音声は偽造なのか、と。小島は、二人で飲みに行くことに。勝ちたいのか、勝たなくていいのかわかりづらいみすずを冷やかしなら他の事務所にいってほしいと。音声は作り物ではないと。でも怪しいと、疑問に思う。法廷で証人がいたはずが、証人がこなかった。証人をたずねていくと、会わないと。通りすがりに聞いた話によると3人とも証人は昇進してもらっていた。証人にいかなかったら、昇進を約束をしてもらったことが、わかった。その中で、教授が証人を見つけてきた。 (40代・女性)

 

お金のならない弁護は、決してしない小鳥遊翔子。
今回は、パワハラで訴えられ太陽製紙を不当解雇された女性役員からの依頼だったが、賠償金の額を聞いて、突然やる気になるところが、わかりやすくておもしろい。
また、彼女が本当はパワハラなんかしていないことを確信するためにレストランに誘って、わざと料理に虫を入れさせたり、席を変わらせたりして、怒るかどうか見て判断するなど、計算して動いているのがさすが元敏腕弁護士だと思わされる。
裁判に勝つためには、ハニートラップもかけるなど、主題歌を選ばないところも小気味いい。
口癖は「私、弁護士の資格持ってないので」だが、なんだか米倉涼子さんの以前のドラマ「ドクターX」の口癖「私、失敗しないので」のパロディのようで、おもしろい。

(50代・女性)

 

今、現実においても頻繁に話題になっているパワハラ案件。依頼者が永島美鈴という女性だったのでてっきり彼女が被害者かと思いきや、逆に彼女がパワハラ化会社で訴えられているというのに驚きました。最終的に「訴えられた件については無実だけれど、それとは別件でパワハラの事実あり」というオチが待っていましたが。最後に被害者に対して謝罪の言葉を口に出来なかった辺りに美鈴のプライドの高さが表れていましたね。そもそもが「女の嫉妬から部下にパワハラして追い出したという醜態を世間に知られるくらいなら、別件で加害者認定された方がまだマシだ」と考えるような人でしたからね。ミステリーの運び手としては面白い人物でしたが、現実に近くにいると想像するとゾッとしてしまうような人でした。 (30代・男性)

 

パワハラ問題がドラマで取り沙汰される事が最近多いですね。
現代の課題かも知れませんね。
今回はパワハラで訴えられてる事を冤罪だと訴えるだけかと思えば本当は自分も男を奪った女性の部下をパワハラして彼女を引きこもりにしていたというお話でした。
立証と根拠が全ての闘いで相手が動かぬ証拠を持ってるのに最後は被害者の一人の弱みを握って証言させるとは誰も考えない展開でした。
嘘の証言をしても逆らえない上司、そこまでして出世したいのか疑問です。
3人もそんな人が居るんだ。
ここの会社って大きいのに組合とかないの?
嘘の証言しろって方がパワハラって分かるし、派閥はあってもダメな物はダメだと言えないと社会人として失格ですよね。

(50代・女性)

 

逆パワハラ的な方向性が見えてくるのは予想していましたが、実は永島取締役が本当にパワハラの過去があったとは、意外なストーリーで、面白かったです。
全体的には、法廷で関係者が感情をあらわにするシーンが多すぎて、しかも被告人のそばに走りこんだりもしているし、ちょっとリアルさに欠ける演出だと思います。
それで弁護士が足を引っ張って負けこむなんて、この点はかなり嘘っぽいな、と思いました。
ただ、最後の小日向文世演じる小日向代表が、あまりにエキセントリックで、部下の白いスーツにワインをぶっかけるパワハラぶりも猟奇的で、ものすごく怖かったです。
さすが名脇役…というか、今日の印象を、全部持ってかれてしまった感じでした。

(40代・女性)

 

荒川さんは何を聞いても女子社員から無視されるが、三浦翔平さんの問いかけには快く回答してくれる、というやりとりは面白かったです。私でも三浦さんと会話したいな。パワハラがテーマの裁判でしたが、米倉さんの仲間に対する態度は絶対パワハラに当たるけど、仲間は全然気にしていない感じが、仲の良さを感じました。クズからポチと呼ばれ、喜んでいる林さんが可愛く見えました。菜々緒さんにうまいこと手を打ちを喋らされてしまった林さんは、彼自身の素直さや正直さが伝わってきました。高橋さんの天然キャラは、見ていてイラッとします。あんなに歳いってるおじさんなんだから、もっとしっかりして!と思ってしまいます。菜々緒さんの壁ドンからの向井さんへのキスは、カッコよくてキュンとしました。録音データもどこを切り取るかで意味が変わってきてしまい、怖いなと思いました。最後のワインをかけるシーンはゾッとしました。 (30代・女性)

 

スポンサーリンク

 

『リーガルV』第3話はどうなる?

 

第3話のあらすじ

 

 親睦会でキャンプ場にやって来た「京極法律事務所」の面々は、ヤメ検弁護士・大鷹高志(勝村政信)と出くわす。実は、このキャンプ場を流れる川は、2カ月前に女性の撲殺体が見つかった場所。その後、事件当日に被害女性と夫・浅野洋平(桐山漣)が一緒に現場にいたことが判明したばかりか、浅野には愛人がおり、妻に多額の生命保険を掛けていたことまで発覚! 浅野は世間から“女の敵”と袋叩きにされ、殺人容疑で逮捕されたのだ。しかも、ただでさえ情状酌量の余地がないというのに、浅野はなんと「自分は先に帰り、犯行時刻には愛人と会うために新宿にいた」と、無罪を主張! 大鷹はそんな無謀ともいえる、浅野の弁護を引き受けたのだという。

話を聞いた元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)は、裁判で勝った場合は「京極法律事務所」の手柄だと大々的に宣伝するという条件で、調査協力を約束。さっそく事務所のメンバーに、事件当日の目撃証言を洗い直させる。一方、肝心の浅野はというと、態度も記憶もいい加減。どの供述も嘘としか思えないほど、まったく裏付けを取ることができず…。

そんな中、浅野がやっと無実証明のカギとなりそうなことを思い出す。新宿で高校時代の美術教師・蟹江光晴(岡本信人)夫妻を見かけ、会釈したというのだ! 翔子と大鷹はすぐさま、蟹江夫妻が暮らす静岡へ。だが、蟹江も妻の光代(原日出子)も新宿へは行っていないという…。アリバイ証言ゼロの状態に、頭を抱える大鷹。そんな中で迎えた公判の日、浅野から飛び出した供述内容に、翔子は引っかかり…!?

(引用:テレビ朝日公式サイト

 

 

スポンサーリンク

 

第1話も第2話も最後にどんでん返しがあったので、第3話ではどんなどんでん返しがあるのか、予想しながら見ていきたいと思っている。3話では殺人事件をとり扱うようなので、不利な状況から有利な状況にするために、今度はどんな手を使うのだろうか、と楽しみにしている。また、小鳥遊を敵視している弁護士事務所の動向にも注目だ。決して綺麗な手を使って事件を解決しているわけではない小鳥遊はどうなるのか、さらなる進展があるのか気になるところだ。弁護士資格がないことを有利に使いつつ、事件解決に大きく関わっている小鳥遊をほっておくとは思えないからだ。 (20代・女性)

 

次回は京極法律事務所のメンバー達がバーベキュー殺人事件の犯人に間違えられてしまう!という展開の様でしたが、次回予告に出ていた意外すぎる犯人とは?の見出しから、どんなストーリーなんだろう?と今から楽しみにしたいと思います。それから向井理演じる海崎との過去も気になりますし、目の敵の様にライバル心剥き出しの白鳥、ヒロインの事を密かに気にしているライバル弁護士事務所の天馬壮一郎との深そうな因縁とは?等々まだまだ見所は始まっていない感じもするので、そういった謎な部分も明らかになっていくのを3話以降少しずつ見られたらいいなと楽しみにしています。 (40代・男性)

 

第3話ではまた違った種類の案件で解決をするのが難しい案件だと思います。小鳥遊は青島を使ってどのようにして証拠を探して解決するのが楽しみです。私は自分で張り切ってやりたがる京極が面白いと思っているので第3話でもたくさん張り切ってくれると嬉しいです。また前科持ちのスタッフたちの活躍にも期待しています。小鳥遊は駅弁が出てきて第2話でもたくさん駅弁が出てきたので第3話でも駅弁を食べるシーンがあったら嬉しいです。弁護士の白鳥が同じ弁護士の海崎にキスをしていたので第3話で2人の関係の詳細があれば良いなと思いました。早く第3話が見たいです。 (30代・女性)

 

対抗している法律事務所が小島遊翔子の調査をもっとちゃんとやってほしいと、言われて上司に頭からワインをかけられるところが映った時、また来週が楽しみになった。次の事件はバーベキューをしていた仲間が死体が発見されたことで、誰が殺したのか、被告人は顔がしっかり写ってる、それを弁護するなんて、どうやって、その写真の証拠をひっくり返すことができるのか。また小島がやってくれるのだろうと、色々な弁護士たちがそれぞれ解決に向けて、力をあわせて問題に取り組んでいくなかで、面白さもあり、シリアスさもあり、米倉涼子の魅力がすごく出ているので次回が楽しみになります。 (40代・女性)

 

予告編を観ると、次回は殺人事件の弁護をするようだが、青島弁護士が、グズからポチに昇格した2話から、さらに何に昇格できるかも楽しみだ。
また、ライバル法律事務所の所長が、小鳥遊翔子について調べているようだから、何か仕掛けてくるかもしれない。
京野事務所のパラリーガルたちが、犯人に仕立てあげられそうな予感だが、これらの活躍や、京極弁護士の天然なところもかわいくて見逃せない。
ライバルのFelix & Temma法律事務所のしりとり役の菜々緒さんとの大雪も、強烈なキャラクター同士なので、かのしたちのファッションも含めて、とても楽しみです。 (50代・女性)

 

第3話は遂に殺人事件を取り扱う事になるらしい京極法律事務所。最近テレビドラマでよく見かける桐山漣さんがまたも女性関係にトラブルを抱えた男を演じるようなので、彼の言動に気をつけながら視聴していきたいですね。あからさまに怪しいキャラクターです。しかし、2話がそうであったように終盤で大どんでん返しが待っているかもしれません。小鳥遊がいったい彼のどんな証言から事件解決のヒントを見つけるのかに注目です。また一筋縄ではいかない事件になっていると思われますが、私も青島くんよりは先に事件の真相に辿りつきたいですね。 (30代・男性)

 

絶対的不利な状況からの大逆転がスカッとしますね。
毎回、毎回の翔子の着眼点がバツグンで感心しますね。
一見遊んでるようでも何かを掴みます。散財はしますが。
でも散財する以上に既にめちゃ儲かってますよね。
一人一人は使えないポンコツの集まりですが、それぞれが適材適所で自分の得意分野の仕事をこなして勝利しますね。
小日向さんが何だか怖いです。
優しい顔してめちゃ最後、怖かったです。
だんだん、あの手この手で翔子達やられそうです。
翔子達の法律事務所が勝ってばっかりなんで、あそこの事務所こそお金払ってばっかりで貧乏になってきたんじゃないの?
だんだん、手荒になってきそうですね。

(50代・女性)

 

菜々緒演じる白鳥の悔しがり方が真に迫っていたので、絶対リベンジを仕掛けてくるだろうと思うと、全体的な展開に、すごくワクワクします。
Felix & Temma法律事務所と翔子との間に何があったかは分かりっませんが、きっと事務所のつぶし合いになるのでは、と予想できるので、先が楽しみです。
次回は桐山漣がゲスト出演するとのこと、最近犯人役や容疑者役が多く、凄みが出てきている俳優さんなので、すごく楽しみです。
また、米倉涼子とはドクターXからの中の勝村政信演じる「大鷹」弁護士がついに「小鳥遊」翔子に頭を下げるらしいので、こちらも名前の言葉遊び以上に面白くなるぞ、と期待しています。

(40代・女性)

 

米倉さんのファッションもオシャレで、とてもまねはできませんが、とても綺麗で見るのが楽しみです。毎回足を出す服を着ていて、キレイな美脚が見られるのも楽しみです。林さん、三浦さん、向井さんとイケメン揃いなので、彼らを見るのも注目しています。弱みがないなら、作ってしまえ!というスタンス、次回はどんなやらせをするのかワクワクします。菜々緒さんと向井さんの関係は進展するのか、どうなるのか気になります。ちょこちょこ出てくる電車のシーンはほっこりして和みます。3話は殺人事件の弁護をするみたいでどうやって無実を証明するのか楽しみです。桐山蓮さんがゲスト出演されるので、また1人イケメンが増えて、見るのが楽しみになりました。 (30代・女性)

 

まとめ

 

テンポよく展開するストーリーにハマる人が続出している様子です♪

第3話にも期待しちゃいますね!!

 

スポンサーリンク

-2018秋ドラマ, リーガルV
-, , , , , , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2019 All Rights Reserved.