2019秋ドラマ ミリオンジョー

ミリオンジョー3話あらすじ・ネタバレ!2話の感想・評価評判や見逃し動画の無料視聴方法をチェック♪

更新日:

ミリオンジョー第3話あらすじやネタバレ予想!第2話の感想や評判評価も!

 

2019年の秋ドラマ、毎週水曜日の深夜1:35~は『ミリオンジョー』が放送中!

 

北山宏光さん演じる主人公は、やる気がなく作品への愛情も持っていない編集者の呉井聡市。

そんな彼が担当しているマンガの作者が急死してしまいます。

そこで大人気マンガを成りすまし連載することに!?

なんとか連載を続行させるため、呉井が大奮闘します!

 

この記事では、ドラマ『ミリオンジョー』の第2話を見た人の感想や評価を集めています!

続く第3話の予想や期待もチェックです♬

 

 

『ミリオンジョー』第2話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第2話の振り返り

無事校了を終えた呉井(北山宏光)は、偶然出会ったタクシー運転手(木下ほうか)から「『ミリオンジョー』が人生を救ってくれた」と言われたことをきっかけに、『ミリオンジョー』宛てのファンレターに目を通す。そこで心のこもった手紙が多数届いていたことを知り、自らの手で連載を続けることを決意する。
呉井の友人・岸本(深水元基)を仲間に加え、寺師(萩原聖人)と共に3人は、真加田(三浦誠己)の死を隠蔽することに。そんな中、『グローリー』40周年の企画が呉井たちをピンチに追い込む!?

(引用:テレビ東京公式サイト

 

スポンサーリンク

 

 

第2話を視聴した人に感想を募集しました♪

今回のストーリ展開をみなさんはどう見たのでしょうか?

※感想は集まり次第随時更新していきます!

 

40代男性

第2話では、呉井たちが真加田の死をどのように考えているのかが気になりました。真加田の死を警察に届けるのではなく、隠し続けてマンガを描くという大胆な決断をしました。私は、呉井は真加田のマンガファンのために死を隠したのではと思いました。しかし、印税収入のことがあったので死を隠したように感じました。呉井たちの行動は、法律に触れる行為だと思いました。その後、呉井の友人を仲間に入れて、真加田の遺体を土の中に埋めるということをします。この瞬間に、呉井の人生は別の方向へ進んで行ってしまい、後戻りはできない気がしました。

 

40代男性

 「真加田さんの死隠蔽しようって言うんですか!?」(呉井)。そこへ編集長から電話が。
「今、原稿受け取ったんで、今から会社戻ります。」…取り返しのつかない背信行為が始まってしまったんですよ。
担当の呉井聡市は、漫画家志望時代に「画力も構成力もあるんだけど、オリジナリティがない」と言われていた。ストーリーづくりなんかできるわけない…。なのに、真加田恒夫のゴーストをやるという。だけど、ストーリーとキャラのデザインは真加田が書き残していた。
チーフアシスタントの寺師良太、担当編集者・呉井、呉井の地元の友人・岸本薫。三人でとんでもないことを。
信じられない。深夜の放送とはいえ、まさか。呉井は何食わぬ顔究極者だ。いつも通り会社に出勤している。会社の管理責任は重大極まりない。
この物語を見続けるのだとすれば、ミリオンジョーを殺した悪霊がいて、漫画の世界を悪霊が乗っ取ってしまう。こんなところでしょうか?。呉井の子ども時代の憧れの漫画「マジックスターズ」と「ミリオンジョー」の合作の企画もあるところ、そちらも悪霊に乗っ取られる。そういう感じでしょうか!?。
だから、今までの流れを書き続けなければと。

 

20代女性

真加田の死を隠蔽し「ミリオンジョー」の連載継続を持ち掛けるのは、寺師の方だとばかり思っていましたが、普段はチャラ男の呉井が提案したのには驚きました。漫画への情熱からではなく、印税やギャランティがすべて自分たちの懐に入ることまで考えていることに、かなりの悪だなという印象でした。真加田が残したノートを持っていることで、連載継続可能かと思われましたが、ファンからの「欄外コメントは担当が書いたな」という書き込みに、コアなファンには見破られるのではないかと心配になりました。気になっていた真加田の死体ですが、地元の友人に簡単に手伝う人がいたのにも驚かされました。呉井は只者ではない悪人だと思います。

 

50代女性

呉井の目的は本当に金だけなのか。
立場が逆転したように寺師を巻き込み、これからどうなるのでしょうか。
戸惑う寺師を前に、喜々として岸本を引き入れることを話す呉井が怖いです。
岸本は果たして信頼できる人物なのか怪しい。
真加田を一体どうするのかと思いきや、かなり危ない展開で、一気にサスペンス感たっぷりに。
このまま、誰にも疑われることなく、「ミリオンジョー」の連載を続けることができるのか。
なぜか自信満々な呉井の真意が、今ひとつ分かりませんが。
もう後戻りはできず、この恐ろしい計画を実行するしかない状況に、これから何度もハラハラしそうです。

 

スポンサーリンク

 

『ミリオンジョー』の第3話はどうなる?

 

第3話のあらすじ

『グローリー』40周年企画のことを真加田(三浦誠己)へ直々に話したいと言う編集長の橋爪(菅原大吉)。慌てた呉井(北山宏光)は岸本(深水元基)に真加田の影武者を急いで用意してくれとお願いするが、影武者探しは難航し、約束の日が近づいてしまう。
一方、新キャラのデザインが上手くいかない寺師(萩原聖人)は焦燥に駆られ、“成りすまし連載”の続行に不安を抱く。
そして、呉井の前には真加田を崇拝する漫画家の森秋(今泉佑唯)が現れ…。

(引用:テレビ東京公式サイト

 

スポンサーリンク

 

 

次回は第3話。

予告やあらすじをみたみなさんの展開予想、楽しみにしている見どころポイントを聞いてみました!

※次回放送へのみんなの期待は、今後も集まり次第随時更新していきます♪

 

40代男性

第3話では、呉井は岸本に真加田の影武者を依頼するそうです。予想ですが、すぐには影武者は見つからないと思います。影武者を見つけたとしても、共犯者が増えるという現実を受け止めなければいけないと思います。見どころですが、真加田と話をしたいという編集長の橋爪に対して、呉井の心理描写がどのように表現されるかが注目です。楽しみにしていることですが、マンガの編集シーンや製本などのシーンを楽しみにしています。津田寛治さんの芝居も気になります。津田さんが演じる左子というキャラクターは、ドラマを盛り上げる存在だと思うので発言などが気になります。

 

40代男性

 編集長が真加田さんにほんの10分ご挨拶を、と言い出しました。また、鋭いファンが、「欄外コメント、担当が書いたな」とコメント投稿。
情報によると、影武者をたてて、編集長を騙すらしいんです。まさか…(絶句)、悪霊としか考えられない。長年のターゲット・真加田さんが魔の手に落ちたが、他のヒーローたちには、まだこれからの相性合わせ後近づいてくるはずなので、従来のストーリーを続けて、ヒーロー世界の連鎖的ストーリー変化を阻止しようという試み。
そうでなければ、大悪党!。このドラマ、究極的ノワール。闇世界ストーリーでも突出的。なので、おそらく、こういうことなんだと思って観たいですねー。

 

20代女性

次々とほころびが出始めると思われます。編集長が真加田に面会したいと言い出す中、予告にお笑い芸人の永野が映っていたので、彼が替え玉になるのではないかと思われます。第2話の編集会議の最中に無人の編集室に入ってきた女の子は、熱烈な「ミリオンジョー」のファンではないかと思われ、彼女からも疑いの目が向けられるのではないでしょうか。また、寺師は作画が上手く行かず、これからの連載継続に不安を募らせるものと思われます。それでも連載を強行しようとする呉井との間で、亀裂が走り始めるようです。寺師が呉井に「お前、ミリオンジョーを馬鹿にしてねぇか」という声が聞こえました。

 

50代女性

真加田の大ファンらしい森秋の登場で、呉井の計画に何か狂いが生じるのか。
それともまさか彼女も仲間に入るのでしょうか。
編集部の誰も真加田に会うことができない状態が続いたら、さすがにおかしいとなるのでは。
そうなった時、呉井がどう回避するのかも見どころですね。
意外に頭の切れる面を見せるかもしれない。
呉井が秘めた力を発揮し始めそうなのは興味があります。
本当は漫画家としての道を諦め切れなかった自分が溢れ出しそうです。
いきなりめぐってきたチャンスだと捉えているよう。
お金も欲しいだろうが、それだけではない大きな何かに突き動かされているような呉井が面白くなりそうです。

 

 

まとめ

 

OA後に追記します♪

 

スポンサーリンク

-2019秋ドラマ, ミリオンジョー
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2019 All Rights Reserved.