2019秋ドラマ 死役所

死役所2話あらすじ・ネタバレ!1話の感想・評価評判や見逃し動画の無料視聴方法をチェック♪

更新日:

死役所第2話あらすじやネタバレ予想!第1話の感想や評判評価も!

 

2019年秋ドラマ、毎週水曜日の深夜0時12分からテレビ東京系では『死役所』が放送中!

 

累計300万部の大ベストセラー漫画『死役所』が、松岡昌宏さん主演でドラマ化!

原作漫画は広瀬すずさん、きゃりーぱみゅぱみゅさんなど著名人もSNSで広めた話題作。

死後の世界を独特な世界観で描いたストーリーです。

 

この記事では、ドラマ『死役所』の第1話を見た人の感想や評価を集めています!

続く第2話の予想や期待もチェックです♬

 

 

『死役所』第1話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第1話の振り返り

目を覚ました三樹ミチル(黒島結菜)は、見知らぬ場所にいた。ここはどこなのか?戸惑うミチルに声をかけたのは、総合案内係として働くシ村(松岡昌宏)だった。シ村の言葉で殺されたことを思い出したミチルは、他殺課でイシ間(でんでん)に「どうすればあの女に復讐できるのか」と訴える…。
その頃、シ村はベンチに座る中学3年生の鹿野太一(織山尚大)に声をかけていた。
シ村は、曲がった脚を見て、自殺課へ連れていく。成仏するには、成仏許可申請書に具体的な自殺理由を書かねばならない。ためらいながらも書き始める太一だったが、自殺の要因となった陰湿ないじめ、無関心な両親など嫌な過去が蘇り錯乱してしまう。そんな中、太一はシ役所である人物と遭遇する…。

(引用:テレビ東京公式サイト

 

スポンサーリンク

 

 

第1話を視聴した人に感想を募集しました♪

今回のストーリ展開をみなさんはどう見たのでしょうか?

※感想は集まり次第随時更新していきます!

 

50代男性

オープニングでの女の子が死んでいる側で主人公のシ村が結婚指輪をした左手を血で染めていたのが、どういう意味なのか分からず気になって見ていましたが、シ役所に他殺と言い張り居座る三樹ミチルが、終盤で死刑課を見つけ、シ村が死刑囚と分かる職員履歴書を見つけた展開を見て、ようやくオープニングでシ村が女の子を何らかの理由で殺してしまい死刑囚となったのかと分かり、そんな伏線でつい見てみようと思わされた上手い演出に感じました。49日までに手続きをしないと冥途の道をさまよう事になるや、成仏の扉が天国か地獄に続いているシーンも開けてみないと今回は分からない演出でしたので、太一がどちらに行く事になるのかハラハラしながら見られて面白かったです。シ村の職員履歴書の他にもニシ村やイシ間の名前もあり、職員達全員が死刑囚なのかも気になった初回でした。

 

30代女性

死んだ人達が行くお役所に来た最初のお客様の少年。いじめや無関心な親に絶望して自ら死を選ぶ若い命だけど、死んでしまってからわかるストーリーがあってとても考えさせられました。いじめてた相手も死役所に来て、自殺した少年の父親に殺されたのには驚きでした。思春期で、親との会話も少ない時期だから誤解もあるだろうし、お父さんの色々な思いに男の子は気付けなかったんだろうな。死んでしまってからお父さんの大きな愛情に気付くなんて、切なくて胸が締めつけられました。もうお父さんとは再会出来ないだろうけど、男の子には天国に行って欲しいなと思います。

 

20代女性

自殺をしたら地獄に行く、他殺なら天国に行く。今まではそう思っていました。でも、死役所を見てそうではないんだなと気付きました。他殺でも生きている時に恐喝や暴力、いじめをして相手が死んだ場合間接的な殺人という事になり地獄に行く事になると初めて知りました。天国に行けても残してきた母親や父親の事を考えたらとてもとても切なくなりました。私もよく思う事なんですけど、生きていると辛い事は本当にたくさんあって、とことん辛くなるとこんっなに広い世界なのに逃げる場所はどこにもなくて結局逃げられる場所は死ぬ事しかない。でも死んでしまったら楽しかった事も嬉しかった事も大好きな家族にも会えない。だから死んでは行けないんだなってこのドラマを見てそう思いました。素敵なドラマでした。

 

20代女性

原作漫画を読んでいたので楽しみにしていました。
回想シーン以外は全員が死亡しているので、死に方によっては目を瞑りたくなるようなシーンもありました。怖いのが苦手な人は見れないかなと思います。
ストーリーは面白かったです! いじめの話では、親のもどかしさや、血は繋がってなくても想ってくれている気持ちを考えると苦しくなりました。一方で死ぬときは遺書書かなきゃなと冷静に考えました。 死ぬまでに、周りの人とちゃんと向き合っておこうと思いました。自殺する勇気はないけど、いつ死ぬか分からないですしね。死んだ後まで後悔したくないです。
原作を読んでいるので、シ村さんの不気味さは足りなかったかなと思うけど、実写であれは無理かとも思いました。でも、聞かれませんでしたので、はやっぱりムカつきました!

 

30代男性

コンプライアンスが厳しくなった現代において、振り返った女性の頭が半分無いという強烈な映像をよく放送できたなと思う程に、一生涯忘れられないドラマの始まり方でした。
成仏するために生きていた時の出来事を受け入れるというシ村の説明に、絶望的な気持ちになり自殺した太一はいじめの首謀者の牛尾が義理の父親に殺害されたとわかり、心配していた優しさに包まれていたと気付く展開は悲しく、太一が助けての一言を話していたならば人生は変わっていたはず、一方の義理の父親も太一の異変に気付いていたならば自ら手を差し伸べる、たった一歩があればと太一の心に光を与えられたのにと、どちらも足らない行動が悔やまれ、義理の父親は地獄行きが確定していてやりきれない気持ちになり、なかなかの深い題材を扱う物語なんだと感心しました。

 

スポンサーリンク

 

『死役所』の第2話はどうなる?

 

第2話のあらすじ

偶然「死刑課」の部屋にたどり着いた三樹ミチル(黒島結菜)は、シ村(松岡昌宏)、ニシ川(松本まりか)らが死刑囚だったことを知ってしまう。さらにハヤシ(清原翔)が、かつてニュースで死刑囚として報じられていたことも思い出し、死役所の職員たちに対する嫌悪感を募らせていく。
そんな折、ミチルは死役所のベンチでおくるみに包まれた赤ちゃんを発見。あやしても泣き止まない赤ちゃんを、シ村は大人と同じ淡々とした態度で「死産課」へ案内する。「死産課」が他の課と大きく違うのは、自分で申請書が書けないため、職員のシン宮(余貴美子)らが代筆しなければならないこと。早速、死に至った経緯を調べると、この“おチビちゃん”は、8年間もの不妊治療の末にようやく授かった、荻野泉水(酒井若菜)の待望の赤ちゃんだったことがわかり……。

(引用:テレビ東京公式サイト

 

スポンサーリンク

 

 

次回は第2話。

予告やあらすじをみたみなさんの展開予想、楽しみにしている見どころポイントを聞いてみました!

※次回放送へのみんなの期待は、今後も集まり次第随時更新していきます♪

 

50代男性

他殺と言い張る三樹ミチルが相変わらずシ役所に居座り続けていると、いつの間にかシ役所の長椅子の所に赤ん坊が居たのに気づくミチル。総合案内係のシ村が現れ、赤ん坊は不妊治療でやっと赤ん坊を授かった女性が死産してしまった事を聞く。母親の女性も危ない事を聞いたミチルはシ村に何とか出来ないのかと詰め寄るが…。という展開を予想していますが、生まれる前の子供は水子となって無事に天国へと行けるのか?母親の女性は助かるのか?イシ間が何やら心配していた様子でしたので、関係があるのか?似た様な体験があったのか?等々が見どころだなと期待しています。

 

30代女性

ミチルが職員の履歴のファイルを見つけた所で第1話が終わったので、これから色々な職員の過去も少しずつわかっていくのかと思うと、とてもワクワクします。特にシ村さんはミステリアス過ぎて、期待してしまいます。第2話で亡くなって死役所に来る人にも、どんな過去があって、どんないきさつで亡くなって、死役所に来て何を感じるのか、そこからどういう道を選ぶのか...。毎回1話完結なのが見やすくて、嬉しいです。イシ間さんや西川さん、職員同士も仲は良さそうだけど、どこか他人行儀で、皆それぞれ過去に闇がありそうなのが第1話でチラホラ出てくるから毎週期待せずにはいれません。

 

20代女性

1話の終わりに、死役所の職員の方たちはみんな死刑課の名簿に名前があることがわかりました。だからみんな死刑執行されてあそこに行って職員になったのかなと思いました。どういう経緯で死役所の職員になったのかとても気になるので早く知りたいです。あと、黒島結菜さんがやってる女の子は誰かに殺されたと言っているけど、血も流れてないのでなぜ死役所にいるのかもとても気になります。名簿にもないそうなので本当はまだ死んでいない人間なのかなと思いました。1話が思った以上に面白かったので2話もとても楽しみです。来週が待ち遠しいです。

 

20代女性

2話で黒島結菜ちゃん演じるミチルちゃんが、シ村の笑顔の秘密にどこまで迫っていくのかが楽しみです! 原作よりは早いペースなのかなと思っています。

2話は妊婦さんと赤ちゃんの話なので、感動系になるのかな?と思います。 このお話は正直あまり覚えていませんが、できるだけ原作に沿ったストーリーであれば嬉しいなと思います。 私は1人で見ていますが家族と見ている方々がいれば、親に感謝の気持ちを抱けるような、そして子どもへの愛を再確認できるような内容になればいいなと思います。 ドラマの基礎に怖い部分や不気味な部分はあるけれど、何か大事なことが伝わる内容であればいいなと思います。

 

30代男性

ミチルが待合室で見つけたよく泣き叫ぶ赤ちゃんは、おそらく不妊体質の女性だったために体調の異変によって、赤ちゃんの命か女性の命をどちらか1つだけしか救う事が出来ない状況になってしまい、母親となりたい女性は赤ちゃんを、父親となるはずだった男性は女性の命を選択し、女性が意識を失った所で赤ちゃんを諦めた結果、シ村やミチルがいるシ役所にやって来たという展開で始まると予想しています。
赤ちゃんを母親となるはずだった女性に一目だけでも会わせたいミチルはシ村たちに懇願するものの、ルールだから叶わなずに成仏させる展開となり、女性が亡くなった赤ちゃんに会いたかった願いと天国へ向かった赤ちゃんが母親に会いたかった願いが合わさり、再び女性のお腹の中に命が宿る感動の物語を期待しています。

 

まとめ

 

原作ファンからも好評の第1話だったようですね!

みんな気になるけど決してわからない死後の世界。

そこにフューチャーしたストーリーは、漫画原作の面白さと相まって異様に惹きつけられるものがあります。

第2話にも期待です!

スポンサーリンク

-2019秋ドラマ, 死役所
-, , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2019 All Rights Reserved.