2019春ドラマ パーフェクトワールド

ドラマ版パーフェクトワールド3話あらすじ・ネタバレ!2話の感想・評価評判などみんなの声もチェック♪

更新日:

ドラマ版パーフェクトワールド第3話あらすじやネタバレ予想!第2話の感想や評判評価も!

 

2019年の春ドラマ、フジテレビ系で毎週火曜日の夜9時からは『パーフェクトワールド』です。

映画化もされた人気同名コミックが原作の純愛ドラマ。

車いすの主人公に松坂桃李さん、ヒロインには山本美月さんがキャスティングされています。

 

今回は、ドラマ『パーフェクトワールド』の第2話を見た人の感想や評価評判を集めています。

また、次回放送の第3話のあらすじや、みんなの予想や期待もご紹介!

みんなの反応を見ながら、ドラマ『パーフェクトワールド』をもっと楽しみましょう♪

 

 

『パーフェクトワールド』第2話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第2話の振り返り

大事なコンペを前に無理を重ねたことで、突然病気を発症し、入院を余儀なくされた樹。しかし、つぐみのサポートもあり、念願だった仕事を見事勝ち取る。さらに、そのことがきっかけで2人の距離は急速に縮まるが、そこへ樹の元担当看護師でヘルパーの長沢葵(中村ゆり)が現れ、樹が彼女に絶大な信頼を寄せていることを悟ったつぐみは胸がざわつく。一方で、つぐみが樹の影響でインテリアデザイナーの勉強を始めたことを知った洋貴(瀬戸康史)もまた、つぐみの中でどんどん大きくなる樹の存在に焦りを覚えていた。

そんなある日、つぐみから行きたいところがあると誘われた樹。着いた場所は体育館で、そこでは車いすバスケの練習が行われていた。実はつぐみは、樹の同僚の晴人(松村北斗)から、樹を練習に連れてきてほしいと頼まれていたのだ。恋愛同様、バスケももう一生しないと決めていた樹は、最初こそ練習に参加することを拒むが、つぐみの頼みもあり、晴人の申し出を渋々受け入れる。やがて、バスケの楽しさを思い出した樹はチームに入ることを決意。つぐみも久しぶりに見た樹のまぶしい笑顔に釘づけになるが、半面、樹が自分を恋愛対象として見てくれないことに、どこか歯がゆさを感じていた。

その頃、樹のマンションでは母親の文乃(麻生祐未)が息子の帰りを待っていた。樹とつぐみの仲むつまじい様子を見た文乃は、つぐみが樹の新しい恋人だと思って喜ぶが、樹は即座に否定。「ただの友達だから」という樹の言葉は、つぐみの耳にも届いてしまいショックを受ける。

(引用:カンテレ公式サイト)

 

スポンサーリンク

 

 

第2話を視聴した人に感想を募集しました♪

今回のストーリ展開をみなさんはどう見たのでしょうか?

※感想は集まり次第随時更新していきます!

 

30代男性

鮎川のいる病室に飛び込んできた長沢が、いきなり鮎川に抱き付いた事にビックリ、鮎川は後でつぐみに対して誰にでも圧をかける人と言っていたものの、普通のヘルパーが抱き締める行動をするとは思えない上に、鮎川の頬を撫でながらあなたが心配なのはヘルパーの仕事を越えていて、これだけされても鮎川は何にも長沢の想いに気付かないとはどんだけ鈍感なのかと思ってしまいました。
捨て犬にメロメロになる鮎川が飼う事を諦めようとする寂しそうな表情を読み取った長沢が、犬の世話に必要な物品を買いに行こうと言ってしまったのは惚れた弱みなのかなと感じました。
鮎川が犬を飼い始め、つぐみがチャコと名付けた光景を見ていた圧の強い長沢の心境を思うと切ないなと思ってしまい、鮎川の勘違いチャコ逃走騒動でお互いの想いが繋がったまでは良いものの、波乱要素が一杯な物語になっていきそうに感じています。

 

30代女性

今週からは、長沢葵がつぐみのライバルとして本格的に登場! おもしろくなってきましたね。
中村ゆりさん、ずっと前からきれいなぁと思っていたので、大きな役をされてるがうれしかったです。
そして、定食屋さんで車椅子の人たちに絡んできた人!そんな奴いるのか?と思ったけれど、世の中にはいろんな人がいるから障害者の方がこんな風に絡まれて嫌な思いをすることもあるのかなと思うと悲しくなりました。
つぐみが鮎川くんに思いを伝えるシーンは、早く雨が避けれるところに連れて行ってあげて〜、コートをかけてあげて〜とつっこみいれたくなりました。

 

30代男性

川奈が長沢の迫力に押されてるのがとても面白くていいです。晴人も障害者とかビックリしました。車イスでもバスケができるのがとてもすごいと思いました。鮎川が久しぶりにバスケしてたのがとてもよかったです。鮎川が仕事を大切にしてるのがすごく偉いと思いました。障害者に因縁つけてくるとか最悪な客だと思います。自己犠牲がないと恋愛はお互いできないと思います。車イスの人は合併症で死ぬことがあるとか大変だと思います。川奈が鮎川に告白したのがとても感動しました。川奈がとても優しくてすごくいい子でいいなと思いました。キスしたのがとても感動しました。

 

30代女性

葵さんが元看護師で今は樹のヘルパーさんだとわかりました!

年上の継母とか、お姉さんかな?と思っていたのでちょっと意外でしたが、あきらかに樹に気があるのはバレバレで、つぐみと樹の仲をずっと邪魔する存在なんだろうな、と思いました。

そして、娘を溺愛して心配する父親と、障がい者になってしまった息子を愛し心の底から息子の幸せを願う母親。

どちらの親の気持ちも理解出来るし、出来ればみんなに祝福されて二人には幸せになってもらいたいな、と思いました。

1話よりも2話の方が、つぐみの芯の強さや、樹への愛情がはっきりと表情に現れていました。

 

40代女性

次々と恋敵のような女性が現れイライラすることがありましたが、カワナを応援したい気持ちが出てきました。

そもそも、振った元カレに別の男性との結婚式に招待するなんて、なかなかの強者だと思います。

同窓会に出席して会話を交わすだけでも嫌な思いがフラッシュバックしそうなのに、会って自分が幸せであることをアピールするところは鮎川君の意地をたたえたいです。

障害を抱えた本人が辛い人生を送らなくてはならない中、周りに必要以上の気遣いと負い目を感じてしまう鮎川君には考えさせられることが多いです。

普通に幸せになってくれることを願います。

 

スポンサーリンク

 

『パーフェクトワールド』第3話はどうなる?

 

第3話のあらすじ

自分の幸せために、つぐみ(山本美月)を犠牲にはできないと、一度はつぐみの想いを拒絶した樹(松坂桃李)。しかし、すべてを受け入れると覚悟を決めたつぐみに、樹はあきらめたはずの恋愛をもう一度してみようと思い直す。晴れて付き合うことになった2人は、江の島へ出かけたり、樹の部屋で休暇の予定を相談したりと、恋人らしいデートを重ねる。一方、つぐみにプロポーズすることまで考えていた洋貴(瀬戸康史)は、初恋を実らせたつぐみを祝福するが、内心では大きなショックを受けていた。

その頃、カフェで待ち合わせをしていた樹の後輩の晴人(松村北斗)。すると、そこに現れたのはつぐみの妹のしおり(岡崎紗絵)だった…。

迎えたゴールデンウィーク、つぐみとしおりは樹の車で長野へ帰ることに。その車中、しおりは、つぐみが樹と付き合っていることを父・元久(松重豊)が知ったら…と懸念するが、つぐみは市役所の福祉課に勤めていた父なら応援してくれるはずだと楽観的。とりあえず、今回は両親へのあいさつは見送ることにした2人だったが、実家に到着すると、元久と鉢合わせ。樹は窓を開けてきちんとあいさつするが、元久は、車から降りなかった樹を礼儀知らずだと一刀両断。その言葉にひっかかった、つぐみは思わず、樹が車いすに乗っていることや、最近付き合い始めたことを打ち明ける。すると、しおりの予想通り、元久は大激怒。母の咲子(堀内敬子)もまた、つぐみの将来を心配する。

翌日、樹とつぐみは美姫(水沢エレナ)に呼び出されて公園のカフェへ。そこには、洋貴も来ていて、同級生4人は懐かしい話に花を咲かせるが、父親のことが気になるつぐみの表情はどこか浮かない。洋貴もまた、車いすの樹をかいがいしく世話するつぐみを、複雑な思いで見つめていた。

(引用:カンテレ公式サイト)

 

スポンサーリンク

 

 

次回は第3話。

予告やあらすじをみたみなさんの展開予想、楽しみにしている見どころポイントを聞いてみました!

※次回放送へのみんなの期待は、今後も集まり次第随時更新していきます♪

 

30代男性

鮎川が事故によって障害を背負った生活になった時から懸命に支え続けてきたヘルパーの長沢は、鮎川に対して恋愛感情があるために、いきなり現れたつぐみに対して嫉妬心を含めて、鮎川が障害となった時に生きる気力を取り戻すため支え続ける大変さと、障害者となった鮎川の日常生活がいかに大変かつぐみは全く理解していない事を痛烈に指摘して別れさせようとして、一方のつぐみを鮎川に取られると焦り出した是枝だが表向きは平静を装っているがイライラが募っていき、つぐみの父親の元久が福祉の仕事をしていて障害者の理解はあるものの、つぐみには本当の大変さを知らないと友人以上の事は許さないと反対する展開があると予想しています。

 

30代女性

是枝くんがつぐみについに思いを伝えるのかなとちょっと期待しています。鮎川くんも素敵なんですけど、優しくて控えめな是枝くんが気になっています。
つぐみには是枝くんともちゃんと向き合ってほしいなと思います。

そして、つぐみのお父さんがついにつぐみと鮎川くんが付き合うことを知るところになるようですね。お父さんの立場だと反対するのは当たり前のことなのですが、つぐみや鮎川くんにとっては辛いだろうなと思い、少し視聴する側も気が重いです。つぐみには自分の思いをちゃんと貫いてほしいですね。

長沢葵もつぐみの邪魔してきそうですね。

 

30代男性

鮎川のあきらめた恋がもう一度できるようになってとてもよかったと思います。川奈と鮎川がどんな恋をしていくのかとても楽しみです。イルカショーデートをしてるのでとても幸せだと思います。2人の純愛を邪魔を壁とかとても大変で見どころだと思います。川奈のお父さんが娘を心配して邪魔をしてくるのがとても見どころだと思います。川奈がどうするのかとても楽しみです。川奈が人を好きになるのに障害者関係ないとお父さんに言っていたのが見どころだと思います。幼なじみが鮎川に宣戦布告するのでどうなるか楽しみです。幼なじみが川奈に急接近して邪魔をするのだと思います。

 

30代女性

瀬戸康史演じる高校の同級生は、なぜ川奈姉妹のマンションに気軽に出入りしているのか、川奈父ともどのような関係なのかが気になります。

捨て犬チャコを二人で育てながら樹と、つぐみは愛をはぐくんでいくのか、葵さんは既婚者と言っていたが果たして今も既婚者なのか?バツイチ?どうせ樹が好きで、つぐみとの仲を邪魔するんだろ?という感じがします。

予告編では、樹の事故後の入院生活なども映っていたので、樹の過去もわかるかもしれません。

つぐみに迷惑ばかりかけていると遠慮している樹が、自分から心を開いてつぐみとの愛をはぐくんでいって欲しいです。

 

40代女性

最後に病室に飛び込んできたシンガポール帰りの女性の正体がまず明かされることだと思いますが、深い中であることは確かでしょう。

ただ、女性の方が気持ちがあるのか押し気味なところがありそうなので、鮎川君との気持ちの温度差はありそうです。

遠慮気味に様子を伺っているいるカワナをよそめに、ドンドングイグイ割り込んできそうな強烈な女性陣にきっとカワナは押されながらも、深く鮎川君にのめり込んでいきそうな予感がします。

自分が思う事、気持ち、愛を貫きたいならカワナも積極的に進むべきです。

ずっと想っていたいた鮎川君への愛を貫いて傷ついても進んでいってくれそうで楽しみです。

 

まとめ

 

次回は、やっぱり出たか…という親の壁。

親なりに娘のことを考えての反対とはいえ、ふたりにとっては大きな障壁となりそうですね。

また、葵も完全に対抗心を燃やし始めているので、どんな展開になるのか気になります!

第3話にも期待しましょう!!

 

スポンサーリンク

-2019春ドラマ, パーフェクトワールド
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2019 All Rights Reserved.