2019冬ドラマ トクサツガガガ

トクサツガガガ6話あらすじ・ネタバレ!5話の感想・評価・評判もチェック♪

更新日:

トクサツガガガ第6話あらすじやネタバレ予想!第5話の感想や評判評価も!

 

2019年1月スタートの冬ドラマ、NHKで毎週金曜日の夜10時から放送されるのは『トクサツガガガ』。

主演は今人気急上昇中の女優、小芝風花さん。

特撮をこよなく愛す隠れオタクOLを演じます♪

 

日常生活で誰にでも訪れるあるあるなピンチ場面。

そんな時になんと彼女にしか見えない特撮ヒーローが登場し、勇気づけてくれる!

特撮ヒーローの言葉に助けられながら奮闘し、ピンチを次々に切り抜けていくというコメディドラマです!!

 

この記事では、ドラマ『トクサツガガガ』の第5話を見た人の感想や評価評判を集めています!

続く第6話の予想や期待もチェックです♪

 

↓『トクサツガガガ』の見逃し動画をお探しの方はコチラ♪↓

CHECK!
トクサツガガガの動画を無料で視聴する方法
トクサツガガガの見逃し配信フル動画のお得な視聴方法!原作漫画も読める♪

  2019年1月スタートのドラマ『トクサツガガガ』。 NHKで毎週金曜日の夜10時から放送中です!   小芝風花さん演じる隠れ特撮オタクのOL。 日常誰しもが陥りがちのあるあるな ...

続きを見る

 

 

『トクサツガガガ』第5話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第5話の振り返り

仲村叶(小芝風花)は、カメラに詳しい吉田(倉科カナ)や北代(木南晴夏)たちオタク仲間と共に、撮影会と称して海に出かける。オタク趣味の楽しさ、難しさを語り合う叶たち。叶は、幼いころ絶対に特撮趣味を認めなかった母・志(松下由樹)への悔しさを皆に打ち明ける。数日後、ファストフード店で男の子用のオマケを欲しがる女の子を見た叶は、自分の子供時代を思い出し、女の子を応援しようとある行動に出る。

(引用:NHK公式サイト)

 

スポンサーリンク

 

第5話を視聴した人に感想を募集しました♪

今回のストーリ展開をみなさんはどう見たのでしょうか?

※感想は集まり次第随時更新していきます!

 

全サDVD欲しいです。それはさておき今回のテーマは「好きなことはあきらめなくていい。夢を追ってもいい。年齢は関係無い。」でしょうか。
みやびさんは就職によってライフスタイルが変わってしまうことに悲観的でしたけど、北代さんという同志がいる限り、今と変わらず好きなものを楽しむすてきな時間を送ることが出来るでしょうね。吉田さんはカメラマン志望だったんですね。恐らく4人の中では一番年上だと思われますが、特撮愛を職業として昇華させるべく邁進するあたりさすがです。
叶のランドセルのトラウマと、おもちゃを選ぶ女の子のお話は、もっともだと思いました。色もおもちゃも、性別によって好みが左右されるなんて本来無いはずです。「らしさ」というのは、「自分らしさ」であるべきで、「女の子らしさ」というのは大人の都合で作られた強制的な嗜好です。私にも娘がいますが、同様の場面では本人の好みを優先するようにしています。
いろんな人が自分の気持ちを堂々と表現できて、それを当然のこととして受け入れる世の中になってほしいです。

(40代・女性)

 

ゲンカ将軍の毒濁サーブからジュウショウワン達がビーチバレーをするというシーンで始まった今回の特撮ガガガ。
毎回特撮部分に抜かり無く、ゲンカ将軍もエマージェイソンと同じく、岡元次郎さんがスーツアクターを務められているとのことで迫力満点でした。
前回のようにオタク達が盛り上がりを見せるかと思いましたが、「アイドルのグラビア撮影」や「フィギュアのロケ撮影」という内容から、社会人の葛藤や友情が描かれ一つ一つのセリフが心に染みるものでした。
特に「女の子は女の子らしく」や「男も女も関係ない」などの性別に関するセリフが多く、好きな物を隠さず否定されず表現し、生きていくことの難しさをストレートに伝えていると思いました。
主人公がシシレオーのおもちゃを欲しがった女の子と昔の自分を重ね合わせたシーンはとても良く、大人になり過去の経験を自ら消化していくところに感動しました。
毎回特撮ファンのツボをつくドラマですが、今回出てきた特典DVDは本当に発売して欲しくなるほどのカオスぶりでした。

(30代・女性)

 

冒頭で、ヒーロー達のビーチバレー等、とてもほのぼのとさせるものがあり、物語の展開上でユーモアのセンスをきちんと捉えているなと思いました。
また今回は、「写真の撮り方」について色々と学ぶ事があり、ただ撮れば良いというわけではない事が伝わりました。普段はとてもウザイ同僚のチャラ彦が実はセンスに長けていて、スマホでの写真の撮り方が抜群に優れている場面が面白かったです。
そして叶達一同が、海辺に行き「ベストショット」を撮る為に、穴を掘ったりする等、奮闘する姿を見ていると、本当に良い物を得ようと思ったら、そこに至るまでの苦労が必要だという事を改めて感じられました。

(30代・女性)

 

このドラマは途中でコントみないなシュチュエーションがちょいちょい出てくるのが本当に面白いです。大人になると遊ぶ時間は限られてくるけどその限られた時間の中で一生懸命、そして大切な友達と楽しく遊ぶってすごくいいなと思いました。そして親との関係の難しさも今回痛感しました。親は自分の理想像を子供に押し付けてくるように思います。主人公の仲村叶ちゃんもその一人でたまたまた行ったファストフードで同じ状況の子に出会い、当時の自分と重なってしまい、お母さんに自分の欲しいおもちゃを選べなかった女の子を助ける姿、とてもじーんとしました。 (30代・女性)

 

仲村さんと吉田さん、相変わらず可愛いです。そして、今回は海での撮影会、とても面白かったです。
仲村さんはジュウショウワンのフィギュアを連れて来て、砂浜でシシレオー達がビーチバレーをしている所を撮っていて、笑ってしまいました。砂浜まで掘って、下からのアングルで、吉田さんのカメラ使いも上手く、思ったより上手く撮れていてビックリしました。
そして、みやびさんがボールみたいなものを振り回して撮るシーン。北代さんと仲村さんが砂浜を掘った中に入って砂を投げる所、いい大人が何やってるの?って思ったけど、見ている方は面白かったです。
4人がオタクということを隠さず、好きなように話が出来るようになって良かったと思いました。

(40代・女性)

 

今回は楽しい女子ヲタ会のシーンが面白かったです。ちょいちょい現実的な言葉をみやびさんに言っていて女子ヲタも大変だなぁ~と思いました。でも、仲村さんがピンチの時に北代さんが送った写メは笑えました。何よりもダミアンの吉田さんに対しての初恋!あんな笑顔をされたらドキドキしてしまうダミアンの気持ちが分かります。せっかく手に入れたシシレオーのおもちゃを小さな女の子にあげるシーンは凄く良かったです。「女の子だって好きな物を選んでも良いんだよ」の仲村さんの台詞は気持ちが暖かいシーンで仲村さんらしさが出ていて良かったと思いました。前回の爆笑カラオケと違って今回は色々と考えさせられる話だったと思います。 (40代・男性)

 

仲良くなったオタ仲間と写真撮影会をしたり一緒に飲み会をしたり大人になってあんな会話ができるのがなんだかめちゃくちゃ楽しそうだなぁと思いました。
大人になってあんな事はしないしうらやましいなと思いながら見てました。

でも考えさせられたのはあたし個人的には女の子だからピンクとかかわいい物とかヒーローものはダメとは思わないのですが子供にこんな気持ちを押さえてる子もいるんだろうなぁと思いました。
大人になったら好きなようにできるけど子供にもちゃんと好きな物を選ばせる権利はあるので大人も考えを柔軟にしないといけないなぁ〜。

(30代・女性)

 

日の過ごし方を聞かれた時に、「非オタクの会社の人たちにどうやって言ったら上手くかわせるか?」の叶たちの談議は笑えました!

どうやって言っても、詰む状態になってしまうのでシンドいなぁと思いました。

女性ってどこまでも話を深く聞いてくるので、逃げられないのを思い出しました。

これはオタクでなくても、あるから。

オタクだったら隠してることが多いからシンドいよねって同情してしまいました。

海での時間は、オタク同士4人でかなり楽しそうで、パッと思いついた吉田さんのアイディアはすごかったです!

穴を掘ってそこに人が隠れ、砂を絶妙なタイミングで撒くことで、ブイを叩きつけた勢いで砂が舞い上がったように見せかけようとするなんて!

いつもニヤリと笑った後の吉田さんのアイディアはすごいなぁと思いました。

(40代・女性)

 

子ども向けテレビ雑誌って昔からありましたね。特別な雑誌だし、確かに付録は豪華でした。でもなかなか大人が買うのには勇気がいりますねえ。任侠さんの言う通り、ネットで買えばいいのに。そしてダミアンくんは吉田さんに恋心のようなものを抱いたようです。子どものくせに、叶より大人な吉田さんにときめくとは、ませた奴ですね。
オタク美女たちの海、よかったですね。はたから見ればくだらないことでも、好きなことに夢中になって、みんなで楽しめるのは素敵なことです。みやびちゃんも不安を抱きながらも先に進もうとしているし、吉田さんも夢を抱いて努力しているし、叶も負けてはいられませんね。

(50代・男性)

 

今回も面白かったです。
特に海での撮影会はかなり楽しそうで、私もやってみたくなりました。

吉田さんは特撮好きがきっかけでカメラにも興味を持ったのかもしれません。
今はアルバイトかもしれませんが、今後はそれが本職になっていくような気がします。

叶はファストフードのおまけを少女にあげました。
大人が考える先入観とは違い、好きな物は好きでいいということを少女に伝えられて良かったと思います。

この少女ももし、また会うことがあれば仲間に加わってくれるかもしれません。
しかし、お母さんが許さないような気もします。

叶のお母さんが彼女のところに来るようです。
彼女にとっては、これが最大の山場かもしれません。

(50代・女性)

 

叶が少女にかけた言葉、感動しましたよね!(感涙)

母親から好きなものを抑圧されて、ひた隠しにしながら好きなものをこっそり楽しむしかなかった叶の思いがこもっていました。

 

あとは、ダミアンのトゥクン‥シーンは可愛くて爆笑!

いちいち笑えるのに感動するトクサツガガガ、あと2話なんて寂しいですね~泣

 

スポンサーリンク

 

『トクサツガガガ』第6話はどうなる?

 

第6話のあらすじ

仲村叶(小芝風花)は任侠(竹内まなぶ)の母が息子のオタク趣味を容認している様子を見て、自分と母との関係を考える。年が明け、北代(木南晴夏)と一緒に行った映画館で叶は偶然吉田(倉科カナ)と出くわす。吉田は男の人といっしょだった。恋愛はオタク趣味とは相容れないと思っていた叶はショックを受ける。その直後、叶の兄(渡部豪太)から電話で、母・志(松下由樹)が叶に会いに向かったことを知らされる。

(引用:NHK公式サイト)

 

スポンサーリンク

次回は第6話。

予告やあらすじをみたみなさんの展開予想、楽しみにしている見どころポイントを聞いてみました!

※次回放送へのみんなの期待は、今後も集まり次第随時更新していきます♪

 

秘剣の封印が解かれて世界の滅亡の幕開けです。遂にお母ちゃんが来る?予告なしに来られたら、あの部屋はヤバいです。でも情報を流してくれる味方がいるようです。弟でしょうか。毒母を持つ姉弟の胸の内が語られるかもしれません。弟の一報を受けて必死でガーリーテイストに模様替えをして、間一髪で母の目を欺く、という展開を予想します。
しかしドラマだから笑っていられますが、親に怯えて自分の趣味をひた隠しにしなければならないのはかなり不幸です。子供の頃のトラウマがよっぽど強烈だったということでしょうか。叶が母に自分の思いを伝えられる日は来るのでしょうか。

(40代・女性)

 

5話はゲンカ将軍が毒濁刀を抜き封印を解いてしまい、シシレオー達に危機が迫るということで、特撮グッズだらけの部屋に主人公の母親がやって来るのではという終わり方でした。
シシレオーが手にしていたもう一振の毒濁刀が、どんな力を持っているのか、現実の世界でどのように表現されるのか楽しみです。
主人公の救世主が現れるのではないかとも思い、更なる追加戦士や仲間達との絆などが盛り込まれれば面白そうです。
「最終決戦」という言葉に、このドラマももうすぐ終わってしまうのかとさみしい気持ちになります。
主人公の「逃げたりしない」というセリフに、母親との対決を予想しますが、ゲンカ将軍や毒濁刀で表現されるその人に理解してもらえるのか、幼少期の記憶を乗り越えることはできるのか、シシレオーはどんな言葉をくれるのかこの場面の切り抜け方に期待します。

(30代・女性)

 

主人公・叶が子供の頃から押し付けがましかった母親が、やって来て彼女の今後の進路にまで踏み込んで来ると考えられます。更には無理やり、人生の変化を押し付けようとする(お見合い等?)のではと思えます。それを叶は戸惑うものの、子供の頃の回想場面や好きなヒーロー「シシレオー」が現れ励まされたりして、自分の信念を貫く(意思を伝える)のではないかと考えられます。
また、叶と知り合った同じく特撮好きの吉田が、彼氏(?)を紹介してきて叶や周囲は驚くものの、その吉田おボーイフレンドも特撮好きで、叶達と意気投合していくのかもしれません…。

(30代・女性)

 

やはりお母さんである松下由樹さんがどう主人公の仲村叶ちゃんを追い込むかが楽しみです。そして大人になって仲村叶ちゃんがどう立ち向かえるの、もしかしたらきっと誰かが助けてくれたりするのかもしれないのでそれも楽しみのひとつです。そして特撮が好きであることをお母さんにちゃんと告白して楽になってほしいなと思います。そして倉科カナさんの吉田さんがカメラの仕事を頑張っていきたいと5話で言ってたので、6話ではもっとカメラの仕事をしていくシーンとかも増えたりするんでしょうか。そして個人的にはヒーローたちのシーンすごく好きです。 (30代・女性)

 

仲村さん、吉田さん、北代さん、みやびさんの4人が仲良くなって、とても楽しそうだけど、みやびさんはこれから就職することになるし、吉田さんはカメラの仕事とかをやりたくて、勉強やバイトもしているみたいだから、だんだん4人で会う機会が少なくなってしまうのかなって思います。
あと、仲村さんのお母さんが仲村さんの為にバッグみたいなのを買っていたから、それを渡す為に急に仲村さんの家を訪ねて来るような気がします。そこで、合鍵を持っていたので勝手に部屋に入って、ジュウショウワンのフィギュアなどを見つけて仲村さんを怒鳴りつけるのではないかと思います。でも、そんなお母さんに負けずと仲村さんが言い返して、気持ちを分かってもらえるといいなと思います。 (40代・女性)

 

仲村さんのお母さんが再び登場し動きます。仲村さんのお兄さん夫婦も登場して仲村さんの苦悩が垣間見れる話だと思います。唯一のご意見番の吉田さんがアドバイスと言うか何かを諭す言葉を言い、仲村さんの思いの決意を固めるのだと思うと予想されます。北代さんも心配して何とかしてくれそうな予感がします。任務さんも影ながら応援しているけど登場シーンが少ししかないので、仲村さんにとって気持ち的に何かが響くシーンになると思います。シリアルな場面もあると思いますが笑いが詰まった話になるので見どころ沢山の第6話で楽しみです。 (40代・男性)

 

トクサツガガガも最終回まで佳境に入り小芝風花ちゃんが演じる中村叶と松下由樹さんが演じるその母親から合鍵を使い勝手に部屋に入り特撮ヒーローの事がバレるんじゃないのかなぁと思いました。
バレたらグッズとか捨てられそう…。
子供が社会人になって親の好きな物を押し付けるのもどうかと思うけどあんな母親にバレたらめちゃくちゃ怖いだろうなぁ。
でも叶も吉田さんや色んなオタ仲間が出来たり色んな経験をしてきて考えも変わってきて強くなっているので母親を倒してほしいです。

倉科カナさん演じる吉田さんが自分の夢で特撮から離れそうなので叶と吉田さんの関係がどうなっていくかも楽しみです。

(30代・女性)

 

次回は叶がいつも心の中で押し隠している母への想いが溢れそうです。

任侠さんの母親は息子のオタク趣味を容認しているのに、何で私の母親は自分の趣味に対して批判するんだろうと、悲しみにくれるんだろうなぁと思うと可哀想です。

叶の母親は自分が良いと思うものを押し付けるという、偏った考え方をしていて、他の人の意見を受け付けない所が私も納得いかないので叶には、頑張って母親と同等に意見を言い合えるようになって欲しいなぁと思います。

とうとう母親が叶の家にやって来ることになりそうなので、その時にちゃんと母親と向き合えることを期待しています。

(40代・女性)

 

なんと吉田さんには彼氏がいるようです。早くもダミアンくんは失恋ですね。オタクなのに彼氏がいることに、叶と北代さんはショックを受けるようです。まあ吉田さん、可愛いし、別にオタクでも問題ないという男はたくさんいるでしょうね。叶や北代さんだって可愛いですけど。少しは恋について考えるようになるのでしょうか。
問題は叶の母親がやってくることです。どこの家でもそうでしょうが母親というのは手強いですからね。ある意味、最強怪人です。戦隊ヒーローたちの力を借りて、叶は母親の圧力に屈することなく、戦えるのでしょうか。そこが見どころになりそうです。

(50代・男性)

 

叶は吉田さんが彼氏と一緒にいるところを見てしまったようです。
オタクだから恋人がいないということはないと思います。

彼氏がオタク仲間ということもあるかもしれませんが、もしかしたらカメラ関係の知り合いの可能性もあります。

任侠さんのお母さんは息子のオタクの趣味を認めていますが、やはり親もそれぞれだと思いました。
できれば子供の趣味を容認できる親であってほしいと思いました。

親の嗜好や世間体を気にして、子供の趣味を否定するのは良くないと思います。
子供時代に好きな物を大人になっても好きでいることは全然恥ずかしいことではないということを、このドラマでそう思えるようになって良かったです。

(50代・女性)

 

またまた叶のお母さん登場!

叶はとっても明るい性格だけど、母親のことを思った以上にトラウマにしていますよね…。

吉田さんや北代さんと仲を深めたことで、今度こそ母親に自分の気持ちを伝えられるといいんですが…。

 

あとは、吉田さんの彼氏が登場?!

恋人だとすると、オタクであることは隠しているんでしょうか。

第6話も見逃せません!

 

まとめ

 

最終回も目前!

第6話も見逃し厳禁ですね♪

 

↓『トクサツガガガ』の見逃し動画をお探しの方はコチラ♪↓

CHECK!
トクサツガガガの動画を無料で視聴する方法
トクサツガガガの見逃し配信フル動画のお得な視聴方法!原作漫画も読める♪

  2019年1月スタートのドラマ『トクサツガガガ』。 NHKで毎週金曜日の夜10時から放送中です!   小芝風花さん演じる隠れ特撮オタクのOL。 日常誰しもが陥りがちのあるあるな ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

-2019冬ドラマ, トクサツガガガ
-, , , , , , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2019 All Rights Reserved.