2019冬ドラマ フルーツ宅配便

フルーツ宅配便5話あらすじ・ネタバレ!4話の感想・評価・評判もチェック♪

更新日:

フルーツ宅配便第5話あらすじやネタバレ予想!第4話の感想や評判評価も!

 

2019年の冬ドラマ、テレビ東京系で毎週金曜日の深夜0時12分からは『フルーツ宅配便』を放送中!

ひょんなことからデリヘルの店長になってしまった主人公・咲田を濱田岳さんが演じます。

なかなか知ることのないデリヘルの世界を舞台に、痛くて切ない人間ドラマが描かれると注目の作品です!

 

今回は、ドラマ『フルーツ宅配便』の第4話を見た人の感想や評価を集めています!

続く第5話の予想や期待もチェックです♬

 

 

『フルーツ宅配便』第4話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第4話の振り返り

フルーツ宅配便で働く今ドキ女子なデリヘル嬢・イチゴ(山下リオ)は、
ミスジ(松尾スズキ)に頼まれ、妻を亡くした72歳の元警官・丸谷(嶋田久作)の接客をすることに。
丸谷は、初めてのデリヘル体験でイチゴに運命を感じてしまう。
毎日のようにイチゴをロングコースで指名する丸谷を咲田(濱田岳)は心配するが…。
そんな中、丸谷がイチゴの為に消費者金融で借金をしていることを知った咲田は、
丸谷がこれ以上深入りしないようにある手段を取るが、事態は最悪の方向へ!?

一方、咲田は堤防に泣いているえみ(仲里依紗)を見かけ、声をかける。
咲田は、えみがデリヘルで働いているのでは?と思いながらも聞くことができず…。

(引用:テレビ東京公式サイト)

 

スポンサーリンク

 

イチゴ嬢の回でしたが、ついたお客さんはとても紳士で堅物な人でした。
デリヘルの経験がない人なので勝手が分からないのですが、イチゴ嬢が上手くサポートします。
お客は気にいってしまい、連日連夜、イチゴ嬢を指名してしまいます。
これではお金が掛かってしまい、蟻地獄に落ちてしまいます。
嬢は仕事なので優しいのは当たり前ですが、客は勘違いしてしまうので危険です。
店外デートまでして高額な支払いをして、お金は底を突きました。
消費者金融から借りてもイチゴを指名したいまで、熱くなっています。
お店はその人の事を考えて、辞めたと嘘を付きますが、客はストーカーに変貌してしまいます。
そこで見たのは、悲しい現実で、イチゴには彼氏がいました。
風俗にのめり込むと、いい事などありません。
冷静になって自分を見つめ直すことが大事です。

(40代・男性)

 

今回はいちごちゃんがメインのお話でした。
今までまじめ一本で生きてきた元警察官が奥さんをなくして、デリヘルにはまってしまうというのはありそうな話だと思いました。
お客さんを喜ばすことにたけていて、どんなことがあっても明るく接するいちごちゃんの対応にはプロなんだなぁ、と感心してしまいました。普通ではできないと思います。
今までは借金とか、だまされたとか、悲しい理由でデリヘルをせざるを得ない女の子の話でしたが、今回のお話はなんだかほのぼのしていて、なぜかなごんでしまいました。
元警察官の方の演技がはまっていて、楽しめました。

(40代・女性)

 

女の人って1人でもやりたいことを見つけたりして、老後も楽しめる人が多いと思うけど、男の人は仕事だけ真面目にやってきた人はなおさらそういうことが思いつかないんだなと思った。それにデリヘルの女の子ということを御構いなしでのめり込んで、お金を借りてまで尽くしてしまうなんて愚かで馬鹿だなとも言うけど、それだけピュアなんだろうなと思う。でも何事もやりすぎは良くないし、かなり迷惑で気持ち悪いが結構世間には多いのか知らない。えみちゃんがどうしてデリヘルをしているのか、どうして脅されてまでそこで働かなきゃいけないのかが知りたい。 (50代・女性)

 

最初はとても物腰が低くていいおじいちゃんだったのに、さいごはかなり豹変してしまっていて鳥肌が立ちました。
真面目に生きてきた人ほど、のめり込んでしまうと怖いと聞いたことがあったけど、まさにその典型だなと思いました。
だけど、奥さんが亡くなってひとりぼっちになんて、とても寂しかったから、いちごにハマっちゃったんだろうなと切なくもなりました。
また、エミがツラそうに海で黄昏れているのには、胸が痛くなりました。
辞めたいけどやめられない事情があるだろうなと思いました。
夜のお店で働いていることがついに咲田にバレてしまったけど、真実を知った咲田が、これからどんな行動をとるのかが気になります。

(20代・女性)

 

ミスジさんはイチゴをおじいちゃんにデリヘルした。おじいちゃんは警察官だったらしく敬語で話し名刺を渡し、イチゴに感銘しましたといい敬礼をした。2回目の時には歳ですのでと緊急連絡先を渡した。おじいちゃん面白すぎます。イチゴにはまり過ぎて、スクワットをしたり仏壇の奥さんの写真を裏返す始末。店外デートをして8万払いオプションの2万を払う時には御守りからお金を出した。咲田は心配してミスジさんに相談した。またイチゴを指名したが辞めたと伝える警察官だったからなのかイチゴを尾行した。ヤバイ警察官だったのにストーカーになったと思いました。そしてイチゴが彼氏と出てくるとギターを持っているからロクな人間じゃないと言った。面白過ぎます。ミスジさんは高齢者狙いは考え直さなきゃなと今回の事で懲りたようです。 (50代・女性)

 

第4話は、寂しさを埋めたいデリヘルのお客の話でした。元刑事で一人暮らしの丸谷は初めてのデリヘルでイチゴと出会い、運命を感じてしまいました。借金してまでイチゴを指名する丸谷は、最後にはストーカーになってしまいました。妻を亡くしてイチゴに人生最後の恋をした丸谷は、イチゴに全てを捧げるつもりでいたのです。咲田が心配した通りの結果でしたが、何だか丸谷が不憫で責める気持ちにもなれず、複雑な気持ちになりました。誰でも定年になって連れ合いを亡くして、そんな時に好きだと思える相手に出会ってしまったら、似たようなことになるんじゃないかと思いました。
同級生のえみが、悪徳業者のデリヘルで働いていることが明らかになりましたが、普通にオーナーから本番を指示されていたを見て、これはかなりヤバイ状況だと分かりました。泣いていたのもこういうことかと納得しました。

(40代・女性)

 

72歳で初めてデリヘルを利用した丸谷は妻と死別した寂しい老人です。丸谷はイチゴに、若い時のトキメキを思い出して若作りの服装で一時の夢を見て自分を再生したかったのかもわかりません。咲田は心配し、ミスジに町会長から連絡が入り、丸谷がサラ金に借金があり深入りさせないように忠告されます。丸谷は盲目の恋に溺れ、先行きの見えない自暴自棄の道を暴走しようとしているのかもわかりません。
そうすると咲田は家庭の事情でイチゴは辞めたと丸谷の電話に答えますが恐れていた通り、丸谷は咲田を尾行しイチゴが辞めていないと判り、怒ります。イチゴが恋人と一緒にいると、ろくな人間じゃないと暴力を振るいます。老人の思い詰めた狂い咲きが、ストーカーに発展しやすいのは、困ったものです。
ミスジは高齢者狙いのデリヘルを考え直すと言います。高齢者は頭が固いからと言うのも、もっともです。悲しい老人の性だと思いました。しかし、一度は取り上げるべきテーマです。これからの高齢化社会では、ただの笑い話では済まされない重要な問題です。
一方、咲田にとっては昔から憧れのマドンナだったえみが、高齢者との交際を見てしまったのは、皮肉でした。

(60代・男性)

 

スポンサーリンク

 

『フルーツ宅配便』第5話はどうなる?

 

第5話のあらすじ

フルーツ宅配便のデリヘル嬢・スダチ(内田慈)は、娘の高校受験のためにもっと稼ごうと出勤を増やして頑張っていた。そんな時、常連客にもっとうまく稼ぐ方法があると言われ店で禁止されている“直引き”を始めてしまう。
一方、咲田(濱田岳)はえみ(仲里依紗)と2人で出かけることに。えみに秘密を打ち明けられた咲田は掛ける言葉が見つからない。そして、えみのことで頭がいっぱいの咲田はスダチの異変に気付くことができず…

(引用:テレビ東京公式サイト)

 

スポンサーリンク

 

 

咲田の同級生、本橋えみがデリヘル嬢だったことを知り複雑な気持ちになります。
どうしてこの仕事をしているのかは、本人しか知りませんが、後戻りできない状況なことは確かです。
咲田はえみの相談相手になりますが、一度こういう過去をもつ女性は幸せにはなれません。
一方でお店の方は、嬢が客と直接契約をしていて、お店を通していません。
ばれてしまい、嬢にはペナルティの罰金100万円を請求されてしまいました。
規則を破ってので、嬢は何も言えない立場ですがしょうがないです。
実際、本番行為をあると思うのでお店は首になるでしょう。
欲を出すといい事がないとは、本当です。

(40代・男性)

 

今度はどの子がメインになるのか、楽しみです。フルーツの名前もどれになるのかと思っています。
また、今回、主人公の学生時代からの友人が実は風俗の仕事をしている現場を目撃してしまったので、今後その事実をどう伝えるのか、はたまた本人には伝えないのか、別の男性の友人にはいうのか、いわないのか、そしてどう話が続いてくのかが気になります。
主人公が働く職場のひとたちもそれぞれ何か事情や秘密を抱えていそうなので、気になります。最初は仕事を辞めるつもりでいた主人公が今は少しずつ慣れてきて、どう変わっていくのか、店長になれるのかが見どころです。

(40代・女性)

 

4話後半では同級生のえみちゃんが、デリヘルをやっているのかもしれないというホテルでの現場をみてしまったので、それが5話では詳しく展開していくことになると思う。どうしてえみちゃんがデリヘルをしなきゃいけなかったのか、デリヘルのオーナーである人に何か弱みを握られていてぬけだせなくなってしまっているのか。5話はその辺がわかってくるのではないかと思う。またこれに加えて、新たなお客様にデリヘルにつく女の子の誰かに焦点を絞って、私生活や過去のことがわかってくるのではと思う。もしかしたらまて新しいデリヘル希望の女の子が登場するかもしれないら。 (50代・女性)

 

娘のためにお金を稼ぐことに必死なスダチが、お金欲しさに禁止されている行為をしてしまうということなので、悲しい結末になってしまいそうな気がします。
フルーツ宅配便は、禁止行為があったら即クビになってしまうので、ミスジさんにバレて、スダチがクビになって、娘の受験のためのお金が足りなくなってしまうんじゃないかと思いました。
また、咲田がエミから夜の店で働いていることを打ち明けられるそうですが、咲田は真面目だから、大丈夫だと口先だけで励ましてしまいそうな気がします。
エミはそれに気づいて、やっぱり自分はダメな人間なんだと、より落ち込んでしまうんじゃないかなと思います。

(20代・女性)

 

咲田はえみが泣いていたのと、デリヘルの迎えに行った時にえみがホテルから出て来たのを見てえみを心配していた。えみから相談があると言われて2人はデートのように遊園地に行き楽しむ、咲田はどうして泣いていたのと聞くが、デリヘルの事は聞けないでいた。えみもデリヘルの事は言えないが、お金で困っていると相談する。咲田は少しならと援助を約束してしまう。小田は2人がデートしたと聞いて1人だけ仲間はずれかよと嫉妬する。咲田はえみの事で頭がいっぱいで、仕事でミスをしてミスジさんに怒られる。泣きが入るが、謝って仕事は首にはならなかった。 (50代・女性)

 

次回はフルーツ宅配便のデリヘル嬢としてスダチが登場します。
スダチは娘の高校受験のために稼ぎたいと出勤を増やしていました。
そんな中、スダチは常連客からもっと上手く稼げる方法があると言われて、つい禁止されていると分かっていながら直引きを始めてしまった。

咲田はえみとデートすることになり、ついにえみから秘密を打ち明けられる。
ショックでかける言葉が見つからなかった咲田は、スダチの異変に気づくことが出来なかった。

見どころは、えみが咲田に過去を告白するシーンです。予告では、私もう戻れないんだよと言ったシーンが流れました。何だか悲しい目をしていたので( ; ゜Д゜)になりました。
咲田はえみを救えるのか、次回に期待したいです。

(40代・女性)

 

デリヘル嬢のスダチは30歳過ぎた熟女手前で、やや峠を過ぎたデリヘル嬢なので、指名も若いデリヘル嬢より少なく、窓際扱いの様です。しかも高校進学を控えた娘の為に、稼がなくてはいけないとの焦りもあるようです。そして常連客と禁止されている直取引に、のめり込み、店に内緒で直接、客を取るようになります。店を休みがちになったスダチが怪しいと思ったミスジは咲田に尾行を指示するとスダチが自分で客を取っていたのがわかり、ミスジに報告すると咲田が監督不十分でミスジに怒られるのではないかと思います。そしてミスジはスダチを辞めさせようとしますが、心優しい咲田はスダチをかばい、自分の責任だとミスジに謝って宥める気がします。一方、えみが老人と交際していることを知り、えみに事情を聞くと、妻子ある男性に裏切られて会社もクビになり風俗にを始めたと知り、心配した咲田は眼が届くように自分の店にスカウトするのかもわかりません。 (30代・男性)

 

まとめ

 

えみの秘密が気になる第5話!

絶対に見逃せません!!

スポンサーリンク

-2019冬ドラマ, フルーツ宅配便
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2020 All Rights Reserved.