2019冬ドラマ フルーツ宅配便

フルーツ宅配便2話あらすじ・ネタバレ!1話の感想・評価・評判もチェック♪

更新日:

フルーツ宅配便第2話あらすじやネタバレ予想!第1話の感想や評判評価も!

 

2019年の冬ドラマ、テレビ東京系で毎週金曜日の深夜0時12分からは『フルーツ宅配便』を放送中!

ひょんなことからデリヘルの店長になってしまった主人公・咲田を濱田岳さんが演じます。

なかなか知ることのないデリヘルの世界を舞台に、痛くて切ない人間ドラマが描かれると注目の作品です!

 

今回は、ドラマ『フルーツ宅配便』の第1話を見た人の感想や評価を集めています!

続く第2話の予想や期待もチェックです♬

 

 

『フルーツ宅配便』第1話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第1話の振り返り

東京で勤めていた会社が倒産し、社宅も追い出され、行き場を失った冴えない男・咲田真一(濱田岳)。
仕方なく地方都市の故郷へ戻ってきた咲田は、学生時代に通った懐かしいラーメン屋にフラリと入る。
そこで店の常連客で、謎の多い男・ミスジ(松尾スズキ)と再会する。
ミスジは咲田の事情を知り、自分の仕事を手伝うように勧め…流されるままについて行った咲田だったが、その仕事とはミスジがオーナーを務めるデリヘル「フルーツ宅配便」の雇われ店長だった。
送迎係のマサカネ(荒川良々)、事務のみず子(原扶貴子)と共に全く知らない異世界に戸惑いながらも働き始める咲田。

人気NO.1のみかん(徳永えり)、今ドキ女子のイチゴ(山下リオ)、根暗なレモン(北原里英)など、個性豊かなデリヘル嬢たちが働くフルーツ宅配便にシングルマザー(内山理名)が面接に訪れ、デリヘル嬢“ゆず”として働き始めることに。

顔立ちの整った美人のゆずだが、実は元夫のある仕打ちで、窮地に立たされていた
衝撃の事実を知った咲田は、ゆずを救いたいとある行動に出るが…。

(引用:テレビ東京公式サイト)

 

スポンサーリンク

 

風俗を舞台に描かれたドラマはよくありましたが、デリヘルの内情を詳しく知ることはなかなか出来ないことなので、興味津々で見させていただきました。
第一話は、シングルマザーのゆずが借金を返すために働き始めました。ゆずは夫からDVを受けて顔に火傷を負っており、客からチェンジされることを恐れるようになりました。ある日ゆずは、客からチェンジしない代わりに本番を要求されて、受け入れてしまいます。DV被害者は男性から怒鳴られたりすると、怖くて従ってしまうので、とても気の毒だなと思って見ていました。
オーナーにばれてクビになりますが、雇われ店長になったばかりの真一は、素直に同情します。真一はゆずの力になろうとしますが、ゆずはそんな真一に保証人を頼み、真一に逃げられてしまいました。
こいいう仕事はやはりリスクがあり、それぞれのプライベートには深入りしてはいけないものなのだと分かりました。とても勉強になることが多いドラマで驚きましたが、次回からも沢山学びたいと期待しています。

(40代・女性)

 

仕事なし、家なしになってしまったどん底の男を濱田岳が見事に演じていました。
おどおどしていて自分に自信がなさそうでうつむきがちな咲田の次の就職先はデリヘルの雇われ店長でした。
咲田にはどう考えても向いていなさそうでデリヘル嬢の子供の相手をしている時のが生き生きしている様に見える程です。
顔にやけどの後があるデリヘル嬢のゆずに肩入れし幼い子供を連れて2000万円もの借金を返そうとしている彼女を何とか支えたいと願いますが、彼女は顔の醜さから交換が続き本番をして店の規約を破り退職になってしまいます。
それでも何とか自分に出来ることがあればと申し出た咲田に、ゆずがお願いがあると言って出したのは消費者金融から借金する為の保証人サインを求める事でした。
「すみません、すみません」と謝って逃げ帰ってしまった咲田。
事務所に帰って言われた「俺たちには誰も救えない」その言葉がとても印象的で、このドラマをずっと通してのメッセージの様にも受け取れました。

(30代・女性)

 

初めはデリへルが舞台のドラマと言うだけあって、とても過激なドラマと思い見ました。しかし、人間としての働き方や生き方がそれぞれある、奥深いドラマでは?と感じました。私自身、濱田岳さん演じる咲田さんは嫌々ながらしていた仕事も、娘のために体を売りながら懸命に仕事をする母に心打たれ、気持ちの変化する様子に心を打たれました。それだけではなく、様々な事情を抱えながらデリへルに勤務している言わば、駆け込み寺のようになっている場所で懸命に働く女性を見た時、ドラマながら女性の覚悟を感じました。1話の中で、仲里依紗さん演じる本橋さんが出演されていましたが、キーパーソンなのかと期待が膨らみました。 (20代・女性)

 

なんの予備知識も入れず勝手な先入観とドラマのタイトルとから濱田岳くん主演なら明るいラブコメドラマなんだろうなぁと思い観たら、全然違った!
濱田くんの役はデリヘル嬢をラブホまで送迎する専属ドライバーの役だった。リアルでもデリヘル嬢って専属ドライバーが現場まで送迎しているものなのかな?と思った。それぞれデリヘル嬢になった理由は色々あるのだろうけど今後そういう部分も一人一人明らかにされていくのだろうな。他のドラマで岳くんの妻役をしてた徳永えりちゃんもデリヘル嬢のひとりとして出演されているが私が徳永えりちゃんを知ってからのえりちゃんの役柄で今回の役柄が初めてシリアスな役だ。岳くんだけでなくえりちゃんや仲里依紗ちゃんとの絡みも今後楽しみだと思える第1話でした。

(50代・女性)

 

デリヘル嬢の送迎のシーンから始まったのでドキッとしたのと、こんな感じのお仕事なんだと思いました。内山理名さんの演じるシングルマザーのゆずは元旦那から右側の顔にアイロンをあてられ火傷をおうDVをうけて、元旦那が作った借金2,000万円を返済していく見た目は幸薄そうな女の人ですが、前向きに生きている感じがしました。私だったら心身ともに傷つけられて、子供のことも考えられないと思います。ゆずさんには今すぐに自己破産して借金をなくしてりっちゃんと一緒に再スタートして幸せになって欲しいです。濱田岳が演じる咲田がもう少し続けてみたいと言えたのもゆずさんとりっちゃんのおかげかもしれません。 (30代・女性)

 

最初はデリヘルフルーツ宅配便の店長見習いをいやいやにやっていたサキタだけれども色々なデリヘル嬢を送迎していくうちにその人のプライベートを垣間見ます。心優しいサキタさんがどう行動するのかが楽しみです。今回の顔に傷があるデリヘル嬢のお話でしたがサキタさんがお金を貸そうとしましたか、結局借金まみれでどうにもならないことがわかり衝撃的でした。しかし、強烈な人生でも驚かなくなるのがこの業界なんだとオーナーのミスジさんが言っていたのが印象的でした。みんな深い闇を持っていてなかなか夜の世界を見ることはないので面白かったです。 (30代・女性)

 

『フルーツ宅配便』の第1話は、会社が倒産した咲田真一(濱田岳)が、自分の地元でデリヘルの店長になる展開でした。
咲田を強引に店に連れてきて、どんどん仕事をさせるオーナーのミスジ(松尾スズキ)には驚きました。ミスジは咲田の話をあまり聞かず、仕事の説明もほとんどないまま、事前の準備や運転など、実務をさせます。かと思えば用事があると立ち去って咲田を置き去りにしたり、とにかく行動が自由です。
デリヘルで働くドライバーのマサカネ(荒川良々)も、独特の間を持つ人物でした。自分がかじりついたおにぎりを咲田に渡すのには驚きました。歓迎のつもりだったのかもしれませんが、いつどんな言動をするのか予測がつかない、謎の男性です。
事務員のみず子(原扶貴子)は、明るくはきはきとしていて、デリヘルで働く女性の子どもの面倒を見たりと、親切な女性です。
思ったよりも恐い人はいないのかな、と思っていたら、新人のゆず(内山理名)が夫に暴力を奮われた過去について「ここじゃ普通」と言いきる場面にはぞわっとしました。
たんたんとした描写で落ち着いて見られるのですが、たまにぐっとくる場面があって、癖になりそうなドラマだなと思いました。

(40代・女性)

 

「厳しいのか!?」
つい…第一印象なフルーツ宅配便と思いましたけれど。
考え方を変えると、男女な大人には観て欲しいとも言えますねぇ。
理由としては。
原作の漫画でも、あの気になるシーンはオブラートに包まれてる表現ですし。
登場する…一人な女性の生き方を教わる作品でもありますから。
要は…〇的な所は妄想でのオマカセは新感覚にもなりますよ。
それに…記念すべき第一回ゲストが”内山理名さん”とは感動もんでしたよ。
いつも、明るいイメージの女優さんが陰を魅せる今後にもなりそうですから。
「真面目にデリヘ〇ドラマ勉強」
新たなる…展開は裏バイブルとして”生きたい”ですねぇ。
因みに…内山理名さんが演じてたシーンで”アイロン熱”の迫真の演技力って。
「脱帽!」
ファンなら…必見すべしかも。

(40代・男性)

 

強引に話を進めるミスジを断れなかったり、ゆずの娘に懐かれたりと咲田の人の良さが要所要所で表現されていて、この人の良さが咲田の良いところでもあり悪いところでもあるんだろうなと思った。
咲田がフルーツ宅配便で働く事を決意した場面では、咲田は成り行きで半ば強制的にフルーツ宅配便で働くことになり「こんな仕事辞めてやる」という気持ちだったが、新人デリヘル嬢のゆずの送迎を担当し話す中で、この仕事で人助けをしたいと思うようになりこの決意に至ったんだろうなと思った。
咲田がゆずを送迎する場面では、離婚した夫の借金のために嫌々デリヘルで働くゆずと、何も知らずに笑顔で咲田と話すゆずの娘の様子が対照的で、観ていて胸が痛くなった。
最後の場面で咲田の同級生の本橋がデリヘル嬢としてホテルに入って行っていたので、いずれ咲田と鉢合わせしそうだなと思った。 (20代・男性)

https://twitter.com/MnngskS/status/1083933834662445056

https://twitter.com/takunikochan/status/1083932987626909696

スポンサーリンク

 

『フルーツ宅配便』第2話はどうなる?

 

第2話のあらすじ

美人で真面目そうなデリヘル嬢のモモ(成海璃子)は過去に務めていた悪徳企業による詐欺で借金を背負ってしまい、
母親に心配を掛けないように内緒で返済するために働いている。
一方、「どうしても働きたい!」と明るく語るスイカ(うらじぬの)は素敵な出会いとお金持ちとの結婚を夢見て、
整形するために資金を稼ぐためにフルーツ宅配便で働くことに。
対照的な2人に戸惑う見習い店長の咲田(濱田岳)だが、モモの生い立ちや騙された過去を知り、同情してしまう。
さらに、整形を希望するスイカに咲田が言った一言で、スイカは咲田に恋心を抱き…
真面目に働くモモだったが、彼女が抱えた苦悩が爆発する事件が起きて…。
様々な事情を抱えるデリヘル嬢たちを目の当たりにした咲田は…。

(引用:テレビ東京公式サイト)

 

 

スポンサーリンク

 

第二話は、デリヘル嬢のモモとスイカが登場します。
真面目で美人だか、詐欺にあって作った借金を返すために母に内緒で働くモモと、お金持ちとの結婚を夢見て、整形費用のために働くスイカはあまりに違いすぎて真一は戸惑います。
ある時、真一が整形を目標にしているスイカに言った一言がスイカに恋心を抱かせてしまいます。
見どころは、第一話の最後で実はデリヘル嬢だったことが判明した、同級生のえみです。真一と飲みに行く約束をしており、第二話で飲み会が行われるのですが、真一は今の職業を聞かれます。
二人はお互いに職業を明かすことが出来るのか、二人の関係も面白い展開になりそうです。

(40代・女性)

 

1話目は子持ちで新人のデリヘル嬢のゆずが中心の話でしたが次はどんなデリヘル嬢が出てくるのかが楽しみです。
デリヘル嬢をする位なので明るく振る舞って大丈夫そうに見えても結構ヘビーな過去や事情を持っている女性が出て来そうなので咲田がまた感情移入して助けてあげたい、となりそうです。「俺たちには誰も救えない」がこのドラマに共通するテーマにも思えるので咲田ひとりで頑張ってもゆずの時の様にまた報われない結果になるのではと思うといたたまれませんが咲田の優しさが見ている側の救いでもあるので咲田には今回も彼らしさを失わずに行動して欲しいと考えています。 (30代・女性)

 

可愛く借金返済したい女性と、整形したい女性。予告の中でぶつかり合うシーンが印象的でした。1話の時とはまた違う形でデリへルとして働く女性が描かれているのがとても楽しみです。この2人がどんな働き方をするのか、ぶつかり合っていたが最終的にどういった関係性になるのか。そこで咲田さんの気持ちの変化が現れるのか期待です。また、1話に続き本橋さんが登場していたので彼女は何が理由でデリへルをしているのか、咲田さんと出会ったことで何か彼女にも変化が現れるのか、1話以上にそれぞれの心境の変化がありそうなので、そこは要チェックです。 (20代・女性)

 

子持ちでデリヘル嬢に入ってきた内山理名ちゃんは多額の借金を抱えており岳くんにあらたな借金の保証人になってほしいと頼まれ断っていたが次回その保証人を引き受けたりしないかと心配なところ。絶対このまま交流がなくなるなんてことはないだろうから内山理名ちゃんとの関係も今後目を離せないところだ。今回のドラマはシリアスな岳くんの演技がたくさん観られそうでまた岳くんのあらたな魅力を発見することになりそう。そして理名ちゃんか里依紗ちゃんとの間の恋愛模様も出てくるのであろうか?色んな意味で今後も楽しみなドラマであることは間違いない。 (50代・女性)

 

フルーツ宅配便2話の予告を観て見どころはよくわかりませんでした。早く足をあらいたい訳ありのももさんを演じる成海璃子さんとデリヘルでお金を貯めて整形したいスイカ?さん?を演じるうらじぬりさん。早く足をあらいたい訳ありのももさんがなぜフルーツ宅配便でデリヘル嬢をしているのか気になります。スイカさんはお客がとれるのかとれないのか気になります。二人の正反対の悩みのお話だと思います。それでどういうふうに話が進むのか。どんなお客さんがいるのかも女性として気になってしまいます。あと、咲田の成長やどんなことを考えさせられるのか? (30代・女性)

 

何人かいるデリヘル嬢でしたがいちごさんやみかんさん皆さんかなりクセが強い感じでどんなデリヘル嬢なのかとても気になります。あとはサキタさんも毎回デリヘル嬢を送迎していますが、その道中にどんな優しさやドラマが起こるのかも楽しみです。あの車の中の空間は不思議な感じがしますね。さらにオーナーのミスジさんもたまにいうことが深いのでそれも見逃せなかったりと色々と気になるところがたくさんあります。普段昼間の仕事をしていますとなかなか夜の世界を垣間見まることが出来ないので非日常的な感じが色々楽しみだったりもします。 (30代・女性)

 

『フルーツ宅配便』の第2話で楽しみなのは、咲田と店で働く女性たちとの関係です。
予告映像では、店に入って来た女性の名前を「モモ」と即答するなど、少しずつ仕事に慣れてきた咲田の姿が見られました。第1話でも、店の中での会話は明るく楽しい雰囲気だったので、第2話でスタッフや女性たちがどんな会話をするのかが楽しみです。
また、第2話で登場するスイカ(うらじぬの)という女性は、咲田に好意を持つようです。スイカは美しくなりたいという夢を持っていて、整形手術の費用を貯めるため、デリヘルで働いています。おそらく、咲田はスイカに容姿に関することを何か話したのだろうと思います。咲田とスイカの仲がどうなるのか、店長とスタッフの恋愛はオッケーなのかが気になります。

(40代・女性)

 

次回。
対照的な2人が…もめる事必須な展開と思われますねぇ。
「モモ×スイカバトル!」
でも…この2人が感じる憤りには共通点もありそうではあります。
それが。
「愛とは?」
方や美人で…そうでもないケースなドラマ。
昼間の日常生活でも感じる…格差みたいなモノを、夜の世界で表現するのって簡単そうだけれど。
「実はムズイ」
何故なら…そんな対照的な2人には抱える問題もあるし、生き場は同じ矛盾ですから。
もしかしたら。
「似てるかも!?」
そう推測すれば…間に挟まれた男・咲田が踏み込む心境は成長の証にもなっていきますからね。
「辞めない決意」
益々…考え深い闇に飲み込まれずに、咲田のブレない姿にも期待してますよ。

(40代・男性)

 

次回の話では、今回同様借金返済のためにデリヘル嬢として働くモモが登場し、モモの生い立ちを聞いて同情した咲田は、持ち前の人の良さでモモを助けたいと思い何かしら行動をするだろうから、咲田の人の良さが良い方向に転べば良いなと期待したい。
また、整形費用を稼ぐために働くスイカも登場し、ふとしたきっかけでスイカは咲田のことを好きになってしまうそうなので、それを知った咲田はどのようにスイカと接するのか楽しみだ。
今回偶然咲田が道で遭遇した同級生の本橋ともし次回仕事中に遭遇すらような事があれば、本橋がデリヘル嬢だと知った咲田は衝撃を受けると思う。

(20代・男性)

まとめ

 

第1話から世界観にハマった人が多いみたいですね♪

第2話、期待しましょう!!

 

スポンサーリンク

-2019冬ドラマ, フルーツ宅配便
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2019 All Rights Reserved.