2018秋ドラマ SUITS/スーツ

SUITS/スーツ最終回11話あらすじ・ネタバレ!10話の感想・評価・評判もチェック♪

投稿日:

SUITS/スーツ最終回第11話あらすじやネタバレ予想!第10話の感想や評判評価も!

 

毎週月曜日の夜9時から放送中の大人気ドラマ『SUITS/スーツ』。

いよいよ最終回を迎えます!

最終回は12月17日(月)夜9時から、15分拡大版で放送されます♪

 

この記事では、ドラマ『SUITS/スーツ』の第10話を見た人の感想や評価を集めています!

最終回である第11話のあらすじやネタバレ、みんなの予想や期待などもチェックです♬

 

↓SUITS/スーツの見逃し動画をお探しの方はコチラ♪↓

CHECK!
SUITS/スーツの動画を無料で視聴する方法
SUITS/スーツ日本版の見逃し配信フル動画を無料視聴はこの方法で♪

  2018年10月から放送のフジテレビ系ドラマ『SUITS/スーツ』。 全米大ヒットドラマのリメイク版を、織田裕二×中島裕翔という新鮮な組み合わせが主演! さらに、織田さんの上司役には鈴木 ...

続きを見る

 

 

『SUITS/スーツ』第10話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第10話の振り返り

 

13年前に起こった世田谷女子高生殺人事件。犯人は捕まり解決したものとされていたが、ここにきて冤罪の疑いが生じていた。そんな最中、甲斐(織田裕二)のもとに、最高検の監察指導部の澤田仁志(市川海老蔵)が現れる。澤田は、甲斐の検事時代の後輩であった。甲斐は最高検次長検事の柳慎次(國村隼)の不正への捜査協力を求められる。柳は甲斐の検事時代の親密な恩師であった。協力を拒む甲斐に澤田は「黙ってると先輩も同罪だと思われますよ」と挑発するが、甲斐は取り合わない。

チカ(鈴木保奈美)は、遊星(磯村勇斗)からの密告により大輔(中島裕翔)の素性を知る。甲斐を責め、警察に突き出すべきだと主張するチカ。しかし甲斐は、すでに実務をこなしている大輔のことが表沙汰になればファームは終わりだと言い放つ。その際、甲斐は、澤田が柳の件で動いているとチカに報告した。柳は、10年前に裁判を有利に進めるために証拠隠しをしていたのだという。甲斐が検察を辞めたのもそれが原因だった。チカは、柳の件は責任を持って処理するよう命じると、大輔のことは自分が預かる、と甲斐に告げる。

そんな折、甲斐のもとに澤田がファームに直接乗り込んでくる。騒然となるファーム。甲斐は澤田に余裕の応対を見せる中、澤田は柳が証拠隠しをしていたという事実を証言するように執拗に迫り、「甲斐の弁護士資格の剥奪」さえもほのめかし……。

(引用:フジテレビ公式サイト

 

スポンサーリンク

 

鈴木先生の正体を知った幸村代表は甲斐先生に問いただし、解雇を告げるが甲斐先生に鈴木先生が優秀だからと言われ、私に預けてと直ぐには解雇にしなかった。甲斐先生を納得させる状況を作りたかったのだろう。蟹江先生と鈴木先生に遺産相続対決をさせた。甲斐先生は鈴木先生に絶対に負けるなと言ったが、鈴木先生は蟹江先生に完敗した。幸村代表は甲斐先生に鈴木先生を辞めさせると言ったが、甲斐先生は最後に手伝ってもらいたい案件があると幸村代表に頼んだ。自分が13年前にえん罪にしてしまったと話した。甲斐先生は難しい案件だから鈴木先生の頭脳が必要なんだろう。 (50代・女性)

 

織田裕二演じる甲斐正午の苦しむ姿はとてもリアルで、柳や澤田をぶん殴ってやりたいような気持ちになりました。検事が証拠を隠蔽するのと取捨選択するのはどういう違いがあるのか、自分にはよくわからなかったのですが、自分の意見で冤罪と知りながら有罪の証拠だけをピックアップするのは明らかに犯罪だと思います。甲斐は確信がなくても、おおよその予想立てていたのですね。資料を開示することに固執していたのがなぜか後半になってわかりました。
中川裕翔演じる大輔の行方も心配です。落ち込んでいる暇はなく、依頼人のうちの妹・ひなこを支えるべきではないかと思うのですが、もう遅すぎるのでしょうか…。 (40代・女性)

 

今回はとてもハラハラする展開が続いて、中だるみすることなく最初から最後まで飽きることなく一気に見れ、ストーリーも面白く良かったと思います
不正をしながら正論を言うという点で元上司の柳と蟹江を重ね合わせて、甲斐が感情を爆発させていたシーンが特に良いと思いました。
やはり織田裕二さんには冷静で落ち着いた感じの役どころより、今回のような情熱的な感じの方がよく似合うと思います。
また甲斐は柳の件で、鈴木は学歴詐称の件でそれぞれピンチになるという展開もハラハラ感があり良かったと思います。
また証拠を持っていた中村アンさんと、事態を解決する鈴木保奈美さんという女性陣の活躍が目立ちました。

(30代・男性)

 

鈴木先生の経歴詐称の秘密をバラすなんて、酷すぎる。かりにも彼は親友だったのではないのか?しかも何度も助けられているはず。なのにこんな仕打ちをするなんて、許せない。鈴木先生はこのまま弁護士ではいられなくなってしまうのだろうか?そんなつまらない話があるだろうか?誰も続きを見たいなんて思わなくなるに違いない。つまらないドラマになってしまう。それから、かい先生も大変なことになっている。検事時代にあったことが今になって大きな問題として明るみになってくるとは。人生何があるかわからない。たとえこれがドラマの話であっても。 (40代・女性)

 

今回は鈴木の経歴詐称がチカにバレてしまったことで、どうなる事かと思いました。
しかし、新たな案件で鈴木が勝てば、ファームを辞めなくて済むというようなことになったようです。

ですが、結局は鈴木が負けてしまい、このままファームを辞めてしまうのかと思いました。
ですが、甲斐の案件を鈴木もやることになり、結局それが事実上最後の仕事となりそうです。

甲斐も元上司の柳の件で随分と頭を悩ませていました。
結局、玉井が持っていたレコーダーでチカが柳を説得したのか、この件は終わったように思いました。

しかし、この件で新たに甲斐が担当した案件でも柳の不正が見つかり、甲斐はそれを見過ごすことができません。
やはり真実を明らかにしたほうが良いと思いました。

(50代・女性)

 

柳検事の不正の件で頭を悩ませる甲斐弁護士。検事時代にお世話になっていた相手を訴えたくないという甲斐弁護士の心情がとても伝わってきました。鈴木弁護士の案件の件でいつも冷静な甲斐弁護士が怒鳴り声を上げて取り乱すシーンがとても印象的でした。
鈴木弁護士は蟹江弁護士と姉妹の財産分与の件で争う事に、お互い探り合いで一進一退の攻防がとても見どころがありました。鈴木弁護士の策略が上手くいき妹の希望を叶えたと思っていたら、蟹江弁護士からまさかの逆転の策略が出されるとは、予想外の展開にとても驚きました。落ち込む鈴木弁護士が見ていてとても可哀想でした。

(30代・女性)

 

今回は甲斐にも大貴にも厳しい展開が待っていましたね。大貴はとうとう経歴詐称が所長にバレてしまいましたし、甲斐も昔の忌まわしい過去を掘り返されるわ自分が冤罪事件を起こしていた事に気付くわと散々でした。一方でいまいち真剣見が感じられない蟹江先生が裏でしたたかに動いていたりと、いつもの甲斐先生に負けない働きをしていたようで。たまには甲斐と大貴が負けるのもいいかと思っていましたけど、今回は雰囲気が重すぎました。このシリアスな空気から続いていく最終回がとても楽しみにもなりましたが。次回で甲斐と大貴がいったいどんな作戦に打って出るのか注目ですね。 (30代・男性)

 

甲斐の担当したことのある事件の証拠隠しをした柳の行動には思わず驚いてしまった。柳は部下だった甲斐にはそれなりに接していたようだが、部下が担当する事件の証拠を隠して自分のメンツを保つというのは良くないことでは?と思った。蟹江はなぜ鈴木と勝負するようなことをするだろうかと気になった。与謝野社長の要望に蟹江が応えていないというのは不合理では?と気になった。そもそも蟹江が最初に自分のルールを破っていたにも関わらず、鈴木のやることには見通しで、U&Tには法外な値段で売り込んだというのは汚いやり方だと感じた。 (20代・女性)

 

優星が何やら不穏な動きを。チカに大輔の素性をバラしたのだ。チカは甲斐を責め、しばらく大輔を管理すると言い出す。そんな事はつゆ知らず、大輔はチカから課されたミッションに取り掛かる。姉妹の財産分与を公平に分けるように言われたが、甲斐は「絶対勝て」と真っ向から対立する事を望む。甲斐の助言通り、蟹江と争う大輔。
一方の甲斐は、かつての恩師柳との度重なる接触で疲弊していた。そんな中、澤田がファームに乗り込んでくる。あくまで非公式と言うが、甲斐を柳の不正を知る者として、状況証拠と誘導尋問であぶりだそうとした。
最後の最後でやはり蟹江にはかなわなかった大輔。よってファームにはいられなくなる事を悟った大輔。
一方の甲斐も、ある決意を胸に、冤罪者を救おうと動き出す。大輔とともに。

(40代・女性)

 

スポンサーリンク

 

『SUITS/スーツ』最終回の第11話はどうなる?

 

第11話のあらすじ

 

甲斐(織田裕二)は、澤田和志(市川海老蔵)から提供された資料から、自らが検事時代に担当した殺人事件が冤罪だったことを知る。上司だった柳慎次(國村隼)が重要な証拠を隠蔽していたのだ。

13年前、世田谷で名門私立高校に通う女子高生が惨殺された。強姦目的の殺人として逮捕されたのは、前科がある無職の男・栗林紡(淵上泰史)だったが、本来検証されるべき新証拠が柳によって甲斐の目に触れないところに置かれていた。
甲斐は栗林の再審請求することを決意する。
自ら起訴した事件を、自らが再審請求、弁護する前代未聞の事態に法曹界は騒然となる。

この件で甲斐が検察を敵に回すことになると、澤田が忠告しにくる。再審を諦めることを迫り、またもし甲斐が言うことを聞かなかった場合は「検察は本気で甲斐を潰しにかかる」とはっきりと脅される。
柳や澤田の手引きなのか、警察の邪魔さえも度々入り、窮地に陥る。

四面楚歌の中、甲斐は、大輔(中島裕翔)と共に再審請求に向けて苦闘する。甲斐はもしこの再審請求が失敗すれば弁護士をやめる覚悟で、また大輔は無資格であることがチカ(鈴木保奈美)にバレたため最後の案件であるという覚悟で、共に臨む。
果たして2人の結末は……。

(引用:フジテレビ公式サイト

 

 

スポンサーリンク

 

甲斐先生に鈴木先生は最後の仕事だと言われ、鈴木先生は甲斐先生に恩返しのつもりで天才的頭脳を使って、甲斐先生を助けるだろう。13年前の事件で覚えている人がほとんどいない、難しい案件だから負ける訳には行かないと幸村代表もファーム全体で取り組む事になる。検察もえん罪は絶対に認められ無いから大変な勝負になりそうだ。
鈴木先生はファームを去る前には聖沢さんに自分が鈴木大輔ではない鈴木大貴だと身元を明かし、ハーバードも弁護士資格も全部嘘だったと告白するだろう。好きになった人が全部嘘だった聖沢さんがどうするのかが早く知りたいです。 (50代・女性)

 

最終決戦!という感じですね。予告を見る限り静かに終わると言う感じはなく、甲斐の13年前の事件についてもアソシエイト総出でファームが盛り上がってくれるようで、楽しみです。確か原作のあらすじでは、大輔役にあたる人は事務所長からも許されてそのまま働き続けていたように思うのですが、日本語ではどういう扱いになるのか全く見えてこないので、ドキドキしています。このドラマは人気が高く視聴率も良いようなので、次回作を作る前提で、大輔はファームに残る道が開けるのではないかなぁと予想しています。真琴とは…やはり詐称がらみで破局でしょうか(苦笑)。 (40代・女性)

 

次回はいよいよ最終回ということで終わってしまうのが少々さみしい感じがします。
やっと織田裕二さんの調子が出てきた感じがするので、次回こそ大暴れして有終の美を飾って欲しいと思います。
またストーリー的にもスリリングな感じが出てきたので、次回は検察側とファームが冤罪事件を巡って大波乱が起きると思い面白そうです。
甲斐は柳たち検察側の妨害を受けながら冤罪を立証できるのか、また正体をばらされてしまった鈴木はどうなってしまうのかなど気になることがたくさんあり期待できます。
そしてファームは無事なのか、チカは甲斐や鈴木を追い出してしまうのかも楽しみです。

(30代・男性)

 

もうどうにもならない状態になってしまった鈴木先生。秘密をバラした元親友も許せないが、かにえ先生も許せない。それでも先輩弁護士か?意味がわからない。彼こそ弁護士を辞めてもらいたい。最悪な人間だ。ドラマに、悪役や憎まれ役が必要だとしてもかにえ先生はもう見たくない。できることなら次回でどうにか頑張ってもらいたい。鈴木先生もかい先生も。難しいことは分かっている。でもドラマだからこそどうにか2人とも弁護士のままでいられる結末になってもらいたい。そして、もっと他の新しい弁護士依頼のストーリーも見てみたいと思う。 (40代・女性)

 

甲斐は弁護士生命を賭けた再審請求を行うようです。
鈴木はすでに負けているので、これが最後の仕事になるのだと思います。

ここまで来ると、甲斐と鈴木の過去は全てファームのメンバーに知れ渡ってしまうと思います。
それどころか、検察庁を敵に回すような状態になってしまい、ファーム自体の存続も危うくなってしまうでしょう。

それでも甲斐は柳によって揉み消された真実を明らかにする必要があります。
そうでなければ、13年も刑務所に入っている受刑者の無念を晴らすことはできないでしょう。

次回はいよいよ最終回ですが、どのような結末で終わるのかがとても気になります。

(50代・女性)

 

柳検事の不正の件で今まで黙っていた甲斐弁護士がついに動き始めます。柳検事が証拠を隠し不正を働き、犯人ではない人物を犯人に仕立て上げた女子高生殺人事件について。事件の真相とは一体何なのか?犯人を早く検挙したのには何か理由があったのか、柳検事自身何か関わっていたのではととても気になります。鈴木弁護士の正体を知ってしまった幸村が鈴木弁護士を辞めさようとしますが、甲斐弁護士がどうにかして守ってくれるのではと思っています。弁護士という仕事に就けないまでも何かしら事務所に残れるようにしてくれるのではと感じています。 (30代・女性)

 

最終回の依頼人は意外や意外、「甲斐正午」その人です。13年前に自分が生んでしまった冤罪事件の再審請求を出すようなのですが、その正当な解決にはどうやら大貴の力が必要不可欠なようですね。元々このために大貴を引き入れたというわけでもないのでしょうが、ここに来て大貴の存在が希望となるのは熱い展開です。そのまま燃え尽きるまで突っ走って、事件解決後は二人仲良くファームから追放されるというのもちょっと面白そうですけど、出来る事ならファームに留まる展開になってほしいところ。甲斐には冤罪事件の解決だけでなく、大貴の存在を所長に認めさせる秘策も考えてもらわなければいけませんね。 (30代・男性)

 

世田谷区女子高生殺人事件の案件について甲斐に依頼されたため鈴木が担当することになった。甲斐と鈴木は、柳が隠蔽したという証拠とは何か?ということを探る。その証拠さえあれば無実を証明することができるからだ。鈴木は裁判にて犯人の冤罪を証明することになり、逆転勝訴に収めるとの展開になるのだと予想する。
鈴木は最後の最後に活躍することができるかどうかということ、鈴木は蟹江をどのようにして見返すことができるかどうかということが見どころである。鈴木の今後はどうなってしまうかどうかということが楽しみにしていることである。 (20代・女性)

 

ここにきて大輔の素性がバレたり、甲斐の過去の秘密が明らかになりそうな展開で、一気に最終話に向けて駆け上がっている感じがする。検察内の内部抗争に巻き込まれるファームに、最高検の澤田の存在。さまざまな問題が立て続けに起こり、甲斐も大輔も少々余裕がないように思える。
そんな中、いつの間にか定着した大輔と甲斐の師弟関係がとても見ていて微笑ましい。
そして最後には必ずひっくり返してくれるであろう期待感がある。今までがそうだったように。
しかし、今回に限っては絶不調だった。甲斐も、大輔も敗北感の中でうつむく。甲斐を苦しめる過去の案件に、見かねた玉井が証拠を差し出す。
次回は予告通り、激動の最終回になるに違いないだろう。

(40代・女性)

 

まとめ

 

2018年秋ドラマのなかでも人気の高かった『SUITS/スーツ』。

苦境に立たされている甲斐が、どんな大逆転ホームランを放つのか今から期待が高まります!!

最終回、絶対に見逃せません♪

 

↓SUITS/スーツの見逃し動画をお探しの方はコチラ♪↓

CHECK!
SUITS/スーツの動画を無料で視聴する方法
SUITS/スーツ日本版の見逃し配信フル動画を無料視聴はこの方法で♪

  2018年10月から放送のフジテレビ系ドラマ『SUITS/スーツ』。 全米大ヒットドラマのリメイク版を、織田裕二×中島裕翔という新鮮な組み合わせが主演! さらに、織田さんの上司役には鈴木 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

-2018秋ドラマ, SUITS/スーツ
-, , , , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2019 All Rights Reserved.