2018秋ドラマ ドロ刑

ドロ刑の最終回10話あらすじ・ネタバレ!みんなの9話の感想・評価・評判をチェック♪

投稿日:

ドロ刑最終回第10話あらすじやネタバレ予想!第9話の感想や評判評価も!

 

毎週土曜日の夜10時から放送中のドラマ『ドロ刑-警視庁捜査三課-』がいよいよ最終回を迎えます!

最終回の放送は、12月15日(土)です♪

 

この記事では、『ドロ刑-警視庁捜査三課-』の第9話の放送を見た人の感想や評価を集めています!

最終回である第10話のあらすじや、みんなの予想や期待などもチェックです♬

 

↓『ドロ刑』の見逃し動画をお探しの方はコチラ♪↓

CHECK!
ドロ刑-警視庁捜査三課-の動画を無料で視聴する方法
ドロ刑-警視庁捜査三課-の見逃し配信フル動画を無料視聴はこれがベストです!

  2018年10月スタートの秋ドラマ。 毎週土曜日の夜10時からは『ドロ刑-警視庁捜査三課-』です!   この記事では、『ドロ刑-警視庁捜査三課-』を見逃してしまった人のために、 ...

続きを見る

 

 

『ドロ刑』第9話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第9話の振り返り

 

斑目まだらめ(中島健人)は煙鴉けむりがらす(遠藤憲一)に利用されていたことが信じられずショックを受けている。そんな中、斑目のIDを偽造した何者かが13係に侵入し、1万円札200枚を部屋にばらまくという事件が起きる。部屋には煙鴉の煙草の香りが残されていて…。煙鴉から13係への明らかな宣戦布告にますます複雑な心境の斑目に、皇子山おうじやま(中村倫也)は煙鴉がただの泥棒ではなく人を殺していると告げる。

皇子山の言葉から、ある事件を調べた斑目は、5年前ギルバート記念病院の医師だった皇子山の妹・真里まりが、自宅に持ち帰ったある資料を盗まれた後、不審な自殺を遂げていたことを知り…。鯨岡くじらおか(稲森いずみ)から斑目の処遇を委ねられた13係のメンバーたちが斑目をフォローし煙鴉逮捕に向けて結束を強めるものの、斑目はそれでも煙鴉が悪人とは思えず…。そんな中、夜道で突然斑目の前に現れた煙鴉は意味深な言葉を語る。自分に近づいた真意を問いただそうと食い下がる斑目に、煙鴉は迷わず銃口を向けて…!!

煙鴉が現場に残したコースターに書かれた『七波隆ななみたかし』という人物が次のターゲットと睨んだ13係は拳銃を携行の上、係をあげて煙鴉逮捕に全力を尽くすことに。会社の名誉顧問をしている七波のオフィスと自宅の侵入ルートを調べていた13係メンバーは、かつて七波が答えていたインタビューから煙鴉の目的は七波の手帳だと予測し、翌日に七波のオフィスで開かれるシンポジウムを張り込むことに。

そして翌日、シンポジウムに詰めかけた人々を見張る13係メンバーたちのもとに駆けつけた斑目は煙鴉の香りに気づき、その姿を探す。一方、現場で七波を見張っていた左門さもん(板尾創路)は、その周りに集まった参加者が全員スリの目をしていることに気づく!!その中の一人が七波を突き飛ばし…!!逃げようとした男を慌てて取り押さえる瑤子ようこ(江口のりこ)と左門だが、その隙に煙鴉が現れ…‼
果たして煙鴉が13係へ宣戦布告をした目的とは?そして、煙鴉が斑目に近づいた本当の理由とは!?

(引用:日本テレビ公式サイト

 

スポンサーリンク

 

泥棒と刑事、敵対する者ではありますが、斑目と煙烏の間には友情とも信頼とも言えないような、でも絆みたいなものがあるように見えています。斑目も何かを煙烏に抱いていたのだと思いますが、そんな相手に敵対心を顕にされたら斑目でなくてもかなり困惑すると思います。本来であればどこか一線を引いておかなければいけなかったのでしょうが、班目自身がそういうことを度外視してしまう性格の持ち主だと思うのでいつの間にか煙烏に肩入れをしていたんだと思います。何を信じたらいいのか分からなくなってしまった斑目が、これまで、煙烏から教わってきたことや周りの発言を元に何かを考え、行動しようとしている姿を応援したい気持ちで見ていました。次回、とうとう最終回を迎えることになり、どういう結末が待っているか気になりますが、また次回が楽しみな形で終わったので、最終回を待ちたいと思います。 (30代・女性)

 

今回も色々と謎がまた多くなり次回が気になる展開だった。宣戦布告してきた煙鴉は、13係に200枚の1万円札をばらまいた所から始まり、斑目のIDで侵入した事から皇子山にも色々言われ、利用されていた事にショックを受けてなかなか捜査に身が入らない斑目は見ていて少し切なくなった。13係も、前回の偽の煙鴉の暴露でみんなのプライベートがわかったがその事でより仲が深まったようにも感じた。皇子山の妹の死の真相もわかってきて、また煙鴉と鯨岡が知り合いだった事など気になる事もまたたくさん増えたが、今回もとてもおもしろかった。 (30代・男性)

 

煙鴉(遠藤憲一)は何故、斑目(中島健人)を狙撃したのだろうか?しかも、狙撃部位は左腕…。煙鴉が次なるターゲットとして名前を書き残したのは、柏田不動産の会長『龍崎一郎』。13係全員でこれにたちはばかろうとする。そんなにヤバイ、ヤマなのだろうか?だから、斑目を狙撃し、その捜査から遠ざけるための優しさなのだろうか?斑目はその事自体というか、煙鴉に裏切られた事が、ショックでなかなか捜査に、集中が出来ない。そんななか煙鴉が、鯨岡(稲森いずみ)と鯨岡の車で会って話しをしていた。話の内容からかなりの繋がりと推測。一体、最終回はどういう結末になるのだろうか?。めちゃくちゃ楽しみです。 (50代・男性)

 

ドロ刑9話では、「けむりがらす」こと「けむさん」が主人公の「まだらめ」を騙し裏切るところが描かれていました。
やっぱり悪人は悪人、どれだけ心を許し許されたと思っても最後には裏切られてしまうんだなあ、、とある意味人間味があるストーリーだなと思いました。
しかし主人公のまだらめは、銃で撃たれたにも関わらず、けむさんは何か理由がありこんなことをしているんだと思いたくてしょうがないようでした。
この点も善人は裏切られたなど思いたくないといった現代社会の人の心の中が描かれているなと感じました。
しかし、けむさんが何らかのメッセージを残そうとしているのならば、すごく気になります。

(20代・女性)

 

ケムさんこと煙鴉が斑目に対して発砲! しかし幸いにも銃弾は左腕を掠める程度だったようで、まあ煙鴉がわざと急所を外したんでしょうね。第13係が煙鴉の逮捕を目的に結成されたのは前回のお話で明かされましたが、そこの一因として斑目が選ばれたのには何か確たる理由があると思います。煙鴉が斑目を一時期ずっと指導していたのも、今回ああして斑目に発砲したのも、彼に動いてもらわないと解決できない事件だからなのかもしれません。他の13係メンバーのようにキャリアや経験、特殊技能などは持っていない斑目ですけど、それでも煙鴉の正体をあっさりと見破った男であるのは間違いありませんからね。第9話では煙鴉と衝突したくなくて思い悩んでいた彼ですが、そんな彼が本気になることで事件は一気に進展しそうな感じです。 (30代・男性)

 

13係のみんなの仲の良さにほんわかしました。班目くんへのお歳暮の内容が、それぞれのキャラにあったもので、クスッとしました。13係には愛があるなと感じました。皇子山さんの妹を殺したのは、本当に煙鴉なのか、証拠が出てくる中で全てが煙鴉につながるようになっているので、そこもはめられているのではないかと思いました。皇子山さんの目の圧のお芝居は見入ってしまうくらい上手いなと感じました。班目くんの成長を垣間見ることができて、ケムさんありがとう!となりました。煙鴉が盗みに入った後、なぜわざと班目に見つかるように出ていったのか気になります。 (20代・女性)

 

スポンサーリンク

 

『ドロ刑』第10話はどうなる?

 

第10話のあらすじ

 

煙鴉けむりがらす(遠藤憲一)が次なるターゲットとして名前を書き残したのは柏田不動産の会長『龍崎一郎りゅうざきいちろう』。13係で手分けをし、龍崎の会社周りを警護することになった斑目まだらめ(中島健人)と瑤子ようこ(江口のりこ)、さらに勝手田かってだ(丸山智己)と左門さもん(板尾創路)も加勢して厳重すぎる警備体制を敷く。しかし煙鴉の仕掛けた巧妙な罠にはまり、龍崎のポケットに入っていたある物が盗まれてしまう!今まで煙鴉が盗んだ物が全て個人情報に関する物だと気付いた斑目は、煙鴉の目的が何なのか考えを巡らせる…。

そんな中、皇子山おうじやま(中村倫也)は美希みき(石橋杏奈)から20年前に分譲地として売りに出されていた“虹の見える丘公園”がギルバート記念病院に関連がありそうだと聞く。自殺した妹・真里まり(真魚)の死の真相を追う皇子山は、真里が慕っていた医師・伴ばん(村松利史)の口を割らせようと、警察として一線を超えた行動に出て…

そして水面下で警視総監の真鍋まなべ(本田博太郎)と通じていた鯨岡くじらおか(稲森いずみ)は警察にとって不都合なある情報を握る煙鴉を存在ごと握り潰す目的で13係を利用しようとしているようで…!?
その夜、斑目は新聞記者の近藤こんどうから斑目の持っているという『日本を揺るがすネタ』を教えて欲しい、と声をかけられる。表の顔は犯罪ジャーナリストを装っている煙鴉が、自分に何かを伝えるために近藤をよこしたのだと直感する斑目だが…。

そんな中、ある新聞記事の写真を解析していた細面ほそおもて(野間口徹)と、これまで煙鴉の関与した窃盗について調べていた美希、そして皇子山の情報が合わさり、煙鴉の正体がとうとう明らかになろうとしていた。しかし、煙鴉を追うことは、かつて行われたある大きな不正を暴くことに繋がっていて…!!煙鴉が仕組んだ命がけの復讐劇のフィナーレを前に、斑目と13係が最後に選んだ道とは!?

(引用:日本テレビ公式サイト

 

スポンサーリンク

 

煙烏は一体どうやったらスリ集団を集めて協力させたりすることができるのだろう。鯨岡と、煙烏との関係は一体、何なのだろうと、煙烏への謎が深まってしまったところも、このドラマの魅力になっていると思います。たしかに、1話では鯨岡は一目置かれる存在なのかなと思っていましたが、それ以降はどことなくおとぼけなキャラの方が立っていて、私の気のせいだったのかなと思っていました。でも、今回、やっぱりそうではないという一面も見てとれ、鯨岡の本当の目的も気になり出しました。なぜ、煙烏を捕まえたいのか、煙烏の正体をなぜ知っているのか、最終回で分かるのかといった楽しみも増えました。 (30代・女性)

 

煙鴉が残した虹の意味がわかってきた13係が次のターゲットを見つけ、捜査するだろうと思うが、その真相と、皇子山の妹の死の関係はなんなのか、そこから煙鴉逮捕までのストーリー展開は気になるし見どころだと思う。鯨岡と煙鴉の関係性も気になるが、もしかしたら煙鴉は元警察の人間だったのかなとか、それとも何か警察に不都合な情報を知っているのかなと予想している。煙鴉の目的と、本当の正体もなんなのかとても気になるし、斑目は逮捕することができるのか。その辺も含め、とてもおもしろい最終回になりそう。今から次回がとても楽しみです。 (30代・男性)

 

まずは、煙鴉(遠藤憲一)は13係のメンバーに、いや、斑目(中島健人)に逮捕されるのでしょうか?いや、斑目は生きて、刑事を続ける事が出来るのでしょうか?それとも、煙鴉は、身を挺して、大きなヤマを13係もしくは斑目に逮捕させる援護をしているのだろうか?。私自身の希望としましては、後者であって欲しいなあと思います。煙鴉は、昔から警視庁捜査三課の誰かから、何らかの情報を入手して、自らの泥棒業を成功させていたのではないだろか?それと、私自身としましては、BARのマスターの身分は一体全体何なのだろうか?が知りたいです。色々な事が明らかになる最終回、絶対見逃せないですよね! (50代・男性)

 

ドロ刑9話を見て、「けむりがらす」こと「けむさん」は悪いことをしつつも警察の連中に真の悪い奴を教えているのではないかと思いました。
悪人が悪人を暴き出し、それをまだらめが捕まえるといったストーリーになりそうです。
しかし、けむさんは実際に警察を銃で撃ってしまうなど悪いことはしているので、最終的には
主人公のまだらめがけむりがらすを逮捕してこのドラマは終わりを迎えるのではないかと私は予想をしています。
ただ、楽しみにしていることとして1話からずっとけむさんとまだらめの信頼関係が描かれてきていたので
最後はお互いを尊重する場面もみれたらいいなと思っています。

(20代・女性)

 

煙鴉に対して「北岡さん」と呼びかけた鯨岡13係長が気になりますね。二人がかつて恋人同士だったとまでは思いませんが、煙鴉が昔は警察関係者だったとか、あるいは探偵か何かとして警察に協力していた過去があるのかもしれません。鯨岡が煙鴉に対して強い敵意を持っているようには見えなかったので、昔の彼は正義の人だったんじゃないですかね。今も稀代の王泥棒ではあるものの、殺人などの非道は行っていない感じですし。なので皇子山が探している姉の仇も他にいて、煙鴉はその真犯人を斑目達に逮捕してほしいのではないかと。最終回は斑目がそこに気付くのが早いか、それとも煙鴉が逮捕されてしまうのが早いかの勝負になりそうです。 (30代・男性)

 

班目くんが煙鴉を捕まえ、聴取するが証拠が出てこない。皇子山さんは、妹のことを煙鴉に突きつけるが、何も言わない。最後の最後は、煙鴉は証拠不十分で釈放され、いつものバーで班目くんとケムさんが呑んで終わるのではないかと思う。係長と煙鴉の関係性が明らかになり、なぜ煙鴉を捕まえるために13係を作ったのか、なぜ13係は出来損ないの集まりなのかがわかると思う。ケムさんがなぜ班目くんに近づいたのか、真の目的はなんなのか、今まで謎だった部分を全て回収して終わると思う。最後に皇子山さんのアクションシーンを堪能したいです。 (20代・女性)

 

まとめ

 

斑目と煙鴉の関係性は、どんな結末を迎えるのでしょうか!?

最終回、絶対に見逃せません♪

 

↓『ドロ刑』の見逃し動画をお探しの方はコチラ♪↓

CHECK!
ドロ刑-警視庁捜査三課-の動画を無料で視聴する方法
ドロ刑-警視庁捜査三課-の見逃し配信フル動画を無料視聴はこれがベストです!

  2018年10月スタートの秋ドラマ。 毎週土曜日の夜10時からは『ドロ刑-警視庁捜査三課-』です!   この記事では、『ドロ刑-警視庁捜査三課-』を見逃してしまった人のために、 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

-2018秋ドラマ, ドロ刑
-, , , , , , , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2019 All Rights Reserved.