2018秋ドラマ 忘却のサチコ

忘却のサチコ9話あらすじやネタバレ!8話の感想・評価やみんなの評判は?

投稿日:

忘却のサチコ第9話あらすじやネタバレ予想!第8話の感想や評判評価も!

 

2018年10月からスタートのドラマ『忘却のサチコ』。

毎週金曜日の深夜12時12分から放送中です!

 

この記事では、『忘却のサチコ』の第8話を見た人の感想や評価を集めています!

また、続く第9話の予想や期待もチェックです♬

 

 

『忘却のサチコ』第8話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第8話の振り返り

 

幸子(高畑充希)から大物作家・有村忠雄(大和田伸也)の担当を引き継いでいた新人編集部員・小林心一(葉山奨之)だったが、月刊「さらら」で掲載するはずの新作がなぜかライバル誌で発表されてしまう。有村の久々の新作を逃した小林に編集長の白井(吹越満)は理由を尋ねるが、はっきりしない。教育係の幸子と小林は真相を聞くために有村の元へ向かうが…居場所が分からず立ち往生する2人だったが、幸子はある方法を思いつき…。

さらに、有村の新作を担当したライバル誌の編集者・尾野真由美(佐藤めぐみ)が初登場!尾野はなぜか幸子に異常なライバル心を燃やしていて…。有村の次作を手に入れるのはどっち!?

宮崎で俊吾と再会を果たした幸子の妄想が大暴走!

そんな幸子が出会う今回の忘却グルメは絶品ロシア料理!
心がほっとする伝統の絶品ピロシキや知られざるロシア料理の数々が登場!

(引用:テレビ東京公式サイト

 

スポンサーリンク

 

気持ちが暖かくなる物語と温かいロシア料理がまた合いました。後輩の小林さん、今どきの人だけど、サチコさんのおかげで少し成長しましたね。素直な気持ちも言えて良かったです。結構落ち込んでいたんだな…と。サチコさんを早く安心させたいなんて言わせて、サチコさんって何者?スピカの担当の女性の気持ちが変に重なりました。最高傑作を持ってきてもらうことを待ってるなんて、男としては頑張りどころですよね。ちゃんと気持ちを伝える事が出来るのかしら?長崎カステラをもう一切れお願いされた時の小林さんの顔がとても可愛かったです。とても素直に喜んでいる感じが出てました。ただ、サチコさんの言動が俊吾さんを駄目にしてしまったのかなと思うシーンが多く、心配です。全く2人の会話が成立してなかったじゃないですか。次週早く見たいです。 (50代・女性)

 

仕事に関しては全く常識が通じなくて、まさにゆとりモンスターという感じの小林が、意外と女性のエスコートがうまいところに少しグッときました。
特に料理の知識をドヤ顔でひけらかすわけじゃなく、さりげなくわかりやすいようにサチコに説明してあげるところとか、別々に頼んだ料理をサチコに選ばせてあげるところが良かったです。
もうわかりやすすぎるくらい、サチコにぞっこんという感じですが、サチコには全く響いてないところが残念だと思いました。
小林の説明がうますぎるので、ロシアの水餃子が食べたくなって仕方ありませんでした。

(40代・女性)

 

第3話で強烈な印象を残したモンスター新人・小林さん待望の再登場に、前回再び幸子さんの前から去って行った俊吾さんによって傷つけられたであろう多くの視聴者の心が癒されたはずです(笑)
安定の”鉄の女”っぷりを見せる幸子さん。一方でほんのりと幸子さんに思いを寄せ始めた小林さん、更には今までいなかった幸子さんにライバル心を燃やす佐藤さんの登場で、「あっ新章入ったな」というワクワク感を感じました。
そして今回の忘却グルメ、ピロシキを始めロシア料理は大変美味しそうでありました。
個人的にロシア料理は馴染みがないのですが、回を進むごとに語彙に富んでいく幸子さんの食レポを聞いているとじわじわっと興味が湧きます。
小林さん一押しのサワークリームを添えたペリメニ…食べたいです!

(30代・女性)

 

作家の有村先生。そういえばドラマの何回目かに出てきたなと思いだした。見るからに女性に弱そうな先生だ。相手の編集担当の女性は絵に描いたような女性を武器にした編集者だし。わかりやすいすぎる。でも、バーでのさちこさんの先生に伝えた作家さんへの意見はかっこよかった。そういうところは仕事のできる編集者だなと関心する。さちこさんの後輩の小林くんがロシアに詳しいとは。ロシア料理とは知ってはいるけれどそんなに馴染みがないし、食べる機会もほとんどない。でもドラマを見ていると一度食べてみたいと思わされた。いつものように美味しそうだった。 (40代・女性)

 

小林はSNSでしか作家有村とコンタクトを取っていなかったため、やはりここはサチコが教育係ということもあり、有村を追跡して居場所を突き止める真剣さがさすがです。

サチコが有村の機嫌を取ることもなくぶれずに本の批評を言う姿は凄い。
規則正しいサチコで、仕事に関しては申し分ない人材だが、やはり男女関係になってしまうとかなり疲れる女性と思います。

小林と一緒にロシア料理を食べることになりどんな料理が出て来るか楽しみでした。
ペリニアという料理は見たことも食べたこともなく興味がわきました。
餃子のような物のまわりがラタトゥイユ?想像がつかないが食べて見たくなったロシア料理。

(50代・女性)

 

「忘却のサチコ」8話では、サチコが厳しくも有村先生の作品に対する愛のある意見を話す場面が印象的でした。結果、有村先生の仕事が取れそうでよかったですね。
小林くんをフォローするのもうまいなーさすがサチコ!尾野さんの悪意がサチコに伝わらなくてよかったけど、有村先生がちょっとかわいそうでしたね。
そして、フランス風のロシア料理ってどんなものだろうとサチコと一緒にワクワクしました。食べやすくておいしそう。あーもう本当に毎回思うけど、食べたくて仕方なくなりますね。サチコの食べるとの顔が幸せいっぱいで、うらやましいな。

(50代・女性)

 

今回は第3話に出てきた大御所作家の有村忠雄が再び登場しましたが、以前新作を新人の小林が以来していたのに、幸子の事をライバル視している他社の敏腕女性編集者、尾野真由美に横取りされて、もう一度執筆をお願いに幸子が小林と出向くとなりましたが、先週、俊吾に会って逃げられ泣いてしまったダメージがまだ残っていて、やたらと俊吾を思いだしやはり、まだ俊吾を引きずっているなァと感じました。それだけ、先週が幸子にとって衝撃的だったと推察出来ますが、小林に食べたいピロシキを当てられて、人のしたい事なんて気にした事が無かったと反省する幸子して、俊吾の事をまた思いだしましたが、確かにあんなにキチキチと物事を何でも決められたら息が詰まるのも無理ないんじゃないかと思いました。でもそんな事を思いだし、我が身を振り返る幸子の姿は以前は見られ無かった事なので、少しずつ成長が見られて美味しい食べ物と巡り会う度に変わっていく幸子を見るのは楽しみです。あとピロシキは大好きなので、メチャクチャ旨そうに見えてまたお腹が空いてしまいました。ロシア料理も捨てたものじゃない! (40代・男性)

 

幸子から小林に担当代えで有村の新作が他社で発表され編集長が怒ります。小林はSNSで連絡を取っていたと言い、編集長はちゃんと会えと言うと考え方が古いと言い返します。しかも無責任男の小林は、担当を代えたのは編集長の責任だと言い返したのには、驚きです。それでも、幸子は教育係の自分の責任だと言い有村に会いにバーに行き、ライバル社の尾野が現れます。幸子は、今回の作品は物足りないと言うと、尾野が怒ります。1900年代のロシアが舞台だが、現代に置き換えたらいいと言い書き直しを要求します。緊迫の場面でしたが有村も迷っていたと言います。年のせいか、誰も意見を言ってくれないと言います。尾野は焦り、幸子に失敗させようとしますが失敗して有村を怒らせます。有村は幸子に次回は最高傑作を書くと言います。ただ誉めるだけではなく、相手の心の内面も読んで言いにくい事も言う利口な幸子の勝利だと思います。小林は落ち込んでいたので感謝し、幸子は小林が有村の最高傑作を持ってくるのが楽しみだと言います。自信過剰な小林が、素直に他人に礼が言えるようになったのは進歩であり幸子が手本として頑張る姿を見せて成果を挙げたからだと思います。 (50代・男性)

 

第8話は、他社の編集者の登場で、サチコの編集者としての才能を見せつける回となりました。久々の小林の登場となりましたが、サチコから有村先生の担当を引き継いでから、他社に新作を取られるというピンチを迎えていました。サチコは次の新作を獲得するために小林と向かいますが、サチコの有村先生愛の強さに負けた他社編集者真由美は、有村先生を怒らせてしまいました。
小林はお礼のつもりでサチコをロシア料理に連れて行くが、妄想で困っていたサチコには有効な忘却メニューとなりました。今回サチコはロシア料理が初めてだったためか、心なしかウキウキと心が踊っているのが分かりました。そこがなんだかとても愛らしくて良かったです。 (40代・女性)

 

スポンサーリンク

 

『忘却のサチコ』第9話はどうなる?

 

第9話のあらすじ

 

文芸誌編集者・佐々木幸子(高畑充希)から引きこもりのライトノベル作家・ジーニアス黒田(池田鉄洋)の担当を引き継いだ新人編集部員・小林心一(葉山奨之)は、ジーニアスからのあるお願いをされて頭を抱えていた。
ジーニアスはかねてより大ファンだったアイドル・桃乃もぎか(岩田華怜)との対談が実現することになり有頂天だったが、自分の見た目に自信が持てないことから小林に自分の替え玉をやってくれと頼み込んでいた。
ジーニアスの無茶なお願いを断るために幸子と共に家を訪ねる小林だったが、何故か事態は意外な展開に…果たして“マル秘 ジーニアス変身計画“とは!?そして、ジーニアスは無事に憧れのもぎかと対談できるのか!?さらに、幸子の妄想がさらに暴走!!俊吾とまさかの禁断の兄妹愛!?

秋田で50年愛される、ご当地パンも登場!
今回の忘却グルメは、がっつりだけどヘルシーな“ジンギスカン”!

(引用:テレビ東京公式サイト

 

 

スポンサーリンク

 

次週予告を見たところ、あのジーニアス黒田先生がまた登場ではないですか。ダイエット?またどんなエピソードになるんでしょうか?歌って踊って痩せる?のでしょうか。確かにジンギスカンはカロリーがないとか。私は食べた事がないので、次回を見て考える事にします。サチコさんの仕事っぷりはすごいですよね。真似はなかなか出来ないと思いますが、仕事愛がしっかりあり、責任感があふれています。そんなサチコさんの恋愛はやっぱり心配です。どんどんひどくなっている感じ?今後も忘却しながら前向きにしていくサチコさんを見たいです。 (50代・女性)

 

前回かなり破壊力のあったジーニアス黒田が再び登場するということなので、次回はかなりコメディ路線に走るんじゃないかと思います。
黒田は自分の見た目を気にしてメディアには一切顔出ししないし、それを憧れの人に見られて幻滅されたくないという気持ちはすごくわかります。
でも、一時的に小林を替え玉にしてその場をやり過ごしても、後で絶対後悔することになると思います。
そのことに小林もサチコも気づいていて、ジーニアス自身を変えようとするんだと思います。
行動が予測できないサチコのことなので、おそらくとんでもないダイエット法を提案しそうです。
サチコの奇行に振り回されるジーニアスの姿が楽しみです。

(40代・女性)

 

あの濃ゆいキャラで1話限りのゲストではないだろう、と誰もが思ったジーニアス黒田先生再び!という予告ですでにワクワクしています。
ジーニアス黒田と言えば幸子さんと一緒に見事なおにぎりミュージカルを披露してくれていましたが、まさか9話でも高畑充希さんの美声が聞けるのだろうか…とつい期待していますが果たして。
もう俊吾さんを拗らせ過ぎて暴走している幸子さんの妄想も気になるところですが、次回の妄想グルメがジンギスカンとのことで…肉ものはダイレクトに深夜に見るのが大変苦しい飯テロ映像になるだろうなと予想しています。

(30代・女性)

 

毎回、さちこさんの美味しそうに食べる様子、料理の解説、そしてとても美味しそうに見える珍しい料理の数々が魅力的だ。前回はロシア料理だった。次回はどんなグルメ料理でさちこさんがどんな風に食べてくれるのか楽しみだ。そして前回はしゅんごさんはそんなに出てこなかったが、次回ではどうなのか?何か進展はあるのか?彼は本当に謎すぎる。いつまでたっても失踪した理由がわからない。予告だと作家の先生のダイエットをさちこさんがサポートするようだけど、いったいどういう話なのか?このドラマのことだからまた変わった展開になるのだろう。 (40代・女性)

 

仕事ではサチコは小林の新人係で先輩ですが、宮崎で俊吾にあったサチコだが、徐々に自分勝手で相手の気持ちを分かろうと出来なかったことを小林に学んでいっているみたいです。

引きこもりの作家ジ-ニ-アス黒田がアイドルに会うためにサチコが念密なスケ-ジュルをたてたが、果たしてダイエットが出来てスリムな体になのか見物です。
アイドルと果たして対談出来るのか楽しみです。

また俊吾との妄想が一段と加速しているようでサチコが心配です。早く現実にしっかり向き合って欲しい!
今度の食べ物はジンギスカン、サチコはどんなコメントや美味しそうに食べる姿が楽しみです。

(50代・女性)

 

「忘却のサチコ」9話では、また仕事でひと波乱ありそうですね。もし何かトラブルが起こったら、サチコの機転のきいた行動で切り抜けられるのかな。
サチコは俊吾に対して、自分にも悪いところがあったと反省しているようですね。そんなことも考えられる余裕がだんだんでてきたのかな。これからまた俊吾と会えたら自分の気持ちを素直に話せたらいいですね。サチコはいつも目の前のことに一生懸命になりすぎてしまうのかも。でもそれがサチコの魅力でもあるからこれからも応援したいです。そしてまたおいしい料理の絶妙で楽しい解説に笑いたいです。

(50代・女性)

 

次回は第2話の引きこもりラノベ作家のジーニアス黒田が再登場するが、この所作品に切れ味が無く原稿も遅れがちに何かあったのかと、編集長の白井から様子を見に行く様にと言われて幸子が向かうが、どうやらあるアイドルに夢中になってしまった様で、頭が一杯で仕事どころでは無いらしい。それは困ると生真面目な幸子は黒田にアイドルに会いに行く様にと進めるが、引きこもりでモサい今の姿では嫌だと駄々をこねられ、幸子は黒田にダイエットを提案し、手伝う事になるのだが…。と予想されますが、俊吾への妄想がまた大きくなっていくとの予告でしたが、小林も幸子に思いを寄せているので、その二人の展開も気になっています。そしてジンギスカンが次の忘却メニューの様なので、またまたお腹が空いてしまいそうですが、幸子の食べッぷりを楽しみにしたいと思います。 (40代・男性)

 

以前に引きこもりのジーニアス黒田を幸子が部屋の前で食べ物の匂いで外に誘いだし、おにぎりで篭絡したので、編集長は黒田の担当を幸子に指名しますが、小林が自分が担当すると言い、小林が黒田にSNSで連絡を取ろうとしますが、幸子ではないので、アポが取れません。そこで、又、幸子が黒田の家に行き、今度はジンギスカンの匂いで黒田を誘いだすかもわかりません。やっと、会えた黒田は相変わらず、出不精で、アイドルとの対談に自分の変え玉で行って欲しいと小林に要求します。小林は困って幸子に相談すると幸子は小林にかつらを被せ、黒田の趣味から作品を全部、小林にレクチャーしてなりすましで対談に送りだすのですが、小林が、へまをして対談のプロヂューサーを怒らせてしまいます。そこで、幸子がアイドル以上の派手なコスプレで自分は黒田の分身だと言って、対談を成功させてしまうかもわかりません。まさに見上げた編集者根性だと皆は感心すると思います。 (50代・男性)

 

第9話は、以前サチコが口説き落としたジーニアス黒田が再び登場します。今回のジーニアス黒田は、引きこもりを返上すべく、サチコにダイエットを手伝ってほしいと頼みます。サチコはジーニアス黒田のために、一週間のメニューを考え、一日のスケジュールまで管理します。ジーニアス黒田の目的は、アイドルのもものむぎかに会うことだった。
サチコの妄想は加速し、俊吾とのミュージカル仕立てのおかしな生活を妄想し始めていました。
次回の忘却メニューはがっつりだけどヘルシーなジンジスカンか登場するようです。鉄板で焼かれているのを見るととても美味しそうで、次回も楽しみです。

(40代・女性)

 

まとめ

 

インパクトを強烈に残したジーニアス黒田の再登場にみんな期待が高まっている様子ですね!(笑)

次回第9話は絶対に見逃せません♪

 

スポンサーリンク

-2018秋ドラマ, 忘却のサチコ
-, , , , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2019 All Rights Reserved.