2018秋ドラマ SUITS/スーツ

SUITS/スーツ9話あらすじ・ネタバレ!みんなの8話の感想・評価・評判をチェック♪

投稿日:

SUITS/スーツ第9話あらすじやネタバレ予想!第8話の感想や評判評価も!

 

2018年10月スタートの秋ドラマ『SUITS/スーツ』。

毎週月曜日の夜9時から、大好評放送中です♪

 

この記事では、ドラマ『SUITS/スーツ』の第8話を見た人の感想や評価を集めています!

続く第9話のあらすじやネタバレ、みんなの予想や期待などもチェックです♬

 

↓SUITS/スーツの見逃し動画をお探しの方はコチラ♪↓

CHECK!
SUITS/スーツの動画を無料で視聴する方法
SUITS/スーツ日本版の見逃し配信フル動画を無料視聴はこの方法で♪

  2018年10月から放送のフジテレビ系ドラマ『SUITS/スーツ』。 全米大ヒットドラマのリメイク版を、織田裕二×中島裕翔という新鮮な組み合わせが主演! さらに、織田さんの上司役には鈴木 ...

続きを見る

 

 

『SUITS/スーツ』第8話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第8話の振り返り

 

甲斐(織田裕二)は、大輔(中島裕翔)、真琴(新木優子)らとともに、大手建設会社『烏丸建設』を相手取った集団訴訟に取り組む。この案件は、烏丸建設が一時期使用していた有害性塗料による健康被害を訴えた、原告団総勢462人の大きな訴訟だ。だが、一審で東京地裁は原告団の請求を棄却していた。

甲斐たちは、さっそく原告団代表の水原美咲(矢田亜希子)、佐藤鈴子(宍戸美和公)たちから話を聞く。そこで、一審を担当した原告団の弁護士が、裁判の直前になって過去のスキャンダルで叩かれ、ついには廃業にまで追い込まれていたことを知る甲斐たち。それには、烏丸建設の顧問弁護士――甲斐の後輩でもあるスタンリー法律事務所の畠中美智瑠(山本未來)が関わっているという噂もあるらしい。甲斐は、美智瑠が代理人となった過去の裁判を徹底的に調べるよう大輔たちに指示した。

一方、大輔とともに甲斐のサポートをしていた健斗(岩井拳士朗)は、膨大な情報を読み込んでいく大輔の姿に圧倒されつつも、真琴に向かってある疑念を口にする。健斗は、以前、大輔が「ダイキ」と呼ばれているのを聞いたことがあるというのだ。

そんな折、甲斐のもとに、突然、美智瑠が現れる。美智瑠は、甲斐たちが作成した原告団情報を含む社外秘の資料を持っていた。何者かから送られてきたのだという。それを受け、チカ(鈴木保奈美)は、蟹江(小手伸也)に情報漏えい者の調査を命じるが……。

(引用:フジテレビ公式サイト

 

スポンサーリンク

 

 集団訴訟を担当するようになった甲斐は後輩である畠中が顧問する会社と争う事になりました。
甲斐の事をよく知っている畠中は甲斐の先を行って、優位な立場になります。
今回は手の内を知っている同士だからこそ、負けれない戦いでした。
甲斐も予想もしない展開で苦戦することになりましたが、大輔ととも状況をひっくり返したところは流石です。
真琴は情報流出の犯人だと蟹江に疑われますが、大輔のおかげで見事に疑いが晴れます。
その後、蟹江に謝罪を求めてに行き、頑固な蟹江が頭を下げる姿は意外でした。
蟹江の素早い謝罪にも笑いを感じてしまいました。

(30代・男性)

 

今回は大手の建設会社を相手の集団訴訟でした。相手の姑息な手段によって訴訟を取り下げようとしたり、和解は持ち込もうとしたりしてもうだめなのかなと思いましたが、やはりそこは甲斐先生のすごさがあったなと思いました。ちょっとした抜け穴を見つけてそこに突っ込んでいくすごさはとても面白かったです。最後には相手会社をクビにされた人を味方につけてさすがだなと思いました。今回は情報漏えいがあり、聖澤のせいになって解雇されそうになるが鈴木先生が助けてくれたのはかっこよかったなと思いました。聖澤も誤解が解けて、解雇しようとした蟹江先生を謝らせたところはかっこよくて面白かったです。 (20代・女性)

 

依頼人400人超の大規模案件を無事に終わらせた甲斐ですが、そのパートナーの大貴がプライベートでかなり大変な事態になっていますね。もはや身分詐称バレまで秒読み段階に入った感じですし、それとは別に真琴VS砂里という女の戦いが勃発。さらに以前に問題を起こした悪友の遊星まで帰ってきてしまいました。これはもう残る最終章で一気に弁護士資格を失う事になってもおかしくない展開だと思います。今回の訴訟事件でも過去の悪事などが原因で窮地に追い込まれる者が出ていましたし、大貴も同じように色々なところから大輔としての過去が露見して大ピンチになりそうですよね。次回からの大事件と並行して描かれるであろう大貴サイドのストーリーが楽しみになってきました。 (30代・男性)

 

毎回複数の案件や問題が同時に発生するので観ていて混乱しそうになるけど、テンポが良く1時間でスッキリ解決するところが好きです。甲斐と師弟関係の畠中との直接対決がメインのストーリーで二人の微妙な関係が分かって面白かった。昔は甲斐と畠中は仲がよく甲斐が彼女に恋心まで抱いていたことは意外でした。きっと彼女は向上心が強く男勝りで甲斐のことも、常にライバルとしてしか見ていなかったんじゃないかと想像しました。また、真琴が窮地に陥ったところを大輔がフォローして、この二人の信頼感が深まっていくのを感じました。今後、砂里を含めた三角関係になりそうな予感です。 (40代・女性)

 

甲斐VS後輩弁護士畠中美智瑠はどちらもキレ者で、勝気な弁護士同士、テンポよくすすむ会話が楽しめました。
団体訴訟であきらかに、健康被害を訴えているの裁判で負ける。なんてことがあるのに驚きです。裁判って弁護士によって勝ち・負けの半分くらいは決まってしまうのでしょうか。そして、こんなにも裁判とは関係ないことで責められ、あきらかに被害をこうむっているのに和解にもっていかれてしまうのでしょうか。正義ってなんだ?と思う回でした。でも、最後は甲斐のひらめきで勝つことができ、今回もスッキリと見終えることができました。キレ者弁護士かっこいい!大輔も弁護士らしくなりました。

(50代・女性)

 

真琴を鈴木が信じてあげることさえできていなければ、真琴はこのまま法律事務所をやめて、弁護士を目指すことも断念流するという事態になっていたのではないかと感じる。そうなってくると、真琴を信じてあげるという鈴木の存在は物凄くありがたいことであった。蟹江は真琴が犯人だとすぐ決めつけないで、真琴の主張を聞いてあげるべきだと思った。館山が覚悟を決めて退職届を出したのに対し、蟹江は自分のプライドのために館山をやめさせないようにしたというのが、蟹江のずるいところなのだと感じた。蟹江は今後、今回のことを反省し、人をすぐ疑わないで話を聞いてあげるという精神を持つべきであると思った。 (20代・女性)

 

今回の訴訟は集団訴訟だった。テレビのニュースなったりするような問題だが、実際には難しい問題だとよく聞く。ドラマでもかい先生が苦戦さしているところが見られた。相手側の企業弁護士はかい先生の後輩の女弁護士で以前に一度出てきた人だった。あまりいい印象ではなかった。今回もかい先生の真似とか言っていたが、原告側ひとりひとりの弱味を探して脅すような真似をするとは弁護士とは思えない。自分の利益のことしか考えないのか?それで本当に弁護士なのか?と疑ってしまう。ドラマはかい先生の逆転勝利に終わったけれど、毎回弁護士が信じられなくなる。 (40代・女性)

 

「烏丸建設」の集団訴訟に挑む、甲斐と大輔。その相手の顧問弁護士の畠中との戦いはなかなか面白かった。甲斐の後輩であることから、やり方がなかなか甲斐に負けておらず、見たいてゾクゾクした。その中で、社外秘の資料を、情報漏えいしているものがいるとの、調査で聖沢が疑われ、会社を去ろうとする時に、「俺は信じてる」と声をかけた大輔に男らしさを感じた。諦めなかった末、玉井の助言もあり、実は館山が漏洩していた事実が判明して聖澤を守れたのはよかった。最後は、1つの隙から、甲斐らしい逆転劇で勝つことができて見ていて面白かった。今回もなかなか楽しく見れた。 (30代・男性)

 

甲斐弁護士と畠中弁護士の烏丸建設を巡る先輩後輩対決。お互いに切れ者同士の2人の対決はとても見ものでした。畠中弁護士が原告側の弱みを握り、脅しをかけて集団訴訟を取り下げようとしていると、甲斐弁護士が烏丸建設の矛盾を突いたりとお互いに一歩も引かない攻防戦は見ていてとてもハラハラしました。
畠中弁護士の策により甲斐弁護士が遂に負けてしまうのかと思われたのですが、そこはさすが甲斐弁護士。相手側の矛盾を突く事に成功する。
では和解へと烏丸建設側が言うと甲斐弁護士が和解には応じないと言います。そのシーンの唖然とした表情の畠中弁護士を見ていたら胸がスーッと晴れました。さすが甲斐弁護士です。先輩の威厳を保ちました。
その後、甲斐弁護士と畠中弁護士が2人でビリヤードをしながらお酒を飲みますが、さっきまで敵同士とは思えないくらい仲睦まじく、争い事を離れてしまうと関係ないんだなと感じました。そんな楽しげにビリヤードをする2人を見て、最後はほっこりとした気分になりました。
ドラマの結末が明るく終わるのは、とてもいい事です。
情報漏洩の件で蟹江弁護士に謝罪を求める真琴との2人のやり取りのシーンもとても面白くて笑えました。

(30代・女性)

 

スポンサーリンク

 

『SUITS/スーツ』第9話はどうなる?

 

第9話のあらすじ

 

甲斐(織田裕二)は、『幸村・上杉法律事務所』の経営にも参画するシニアパートナーへと昇格する。そのお披露目パーティーの席上で、チカ(鈴木保奈美)は、『YURI綜合会計事務所』所長の華村百合(石田ひかり)と、同事務所のエース会計士・大河原忠(西村まさ彦)を甲斐に紹介する。

百合の事務所は、『幸村・上杉法律事務所』の顧問会計事務所であり、クライアントでもあった。しかも百合は、チカの大親友なのだという。そこで百合は、チカと甲斐に、大河原を解雇したいから助けてほしい、と頼む。

甲斐は、大輔(中島裕翔)を連れてファームに戻ると、百合の事務所の定款と雇用契約書を頭に叩き込めと指示する。実は大河原は、出身大学を偽り、無資格にも関わらず会計士として働いていたのだ。それを知った大輔は、大河原と自分の境遇を重ねてしまい、なかなか仕事に集中できない。

あくる日、甲斐は、大河原を呼び出し、解雇を告げる。百合の事務所は大河原を訴えず、十分な額の退職金も用意するという条件だった。しかし、25年も事務所に尽くしてきた大河原は突然の解雇に納得できない。そのやり取りを聴いていて我慢できなくなった大輔は、これまでの功績を考えればこんな解雇の仕方なんておかしい、一度百合と話し合うべきだ、とつい口をはさんだ。すると大河原は、大輔に同調して百合を批判し、不当解雇で訴えると言い残して席を立ってしまう。

(引用:フジテレビ公式サイト

 

スポンサーリンク

 

 甲斐は今回クライアントである会計事務所の事で相談を受ける事になります。
大河原という人物の解雇について相談をされますが、彼は無資格で仕事を長年していました。
また、経歴も偽っておりましたが、簡単には解雇には行きそうにありません。
果たして、どのような展開になっていくにか気になります。
大輔も自分自身と重ねる部分があり、擁護してしまいますが、自らの立場はどうなるのか心配です。
この事をきっかけで大輔自身も素性がバレてしまうのではないかと気になります。
真琴は大輔の事が気になっていますが、砂里と大輔の関係に疑いを持ちます。
果たして、恋はどうなっていくのか楽しみです。

(30代・男性)

 

8話の最後で砂里が鈴木先生にキスをしているのを聖澤が見ていたのでこの先どうなっていくのか楽しみです。聖澤も鈴木先生のことが気になっているはずなので鈴木先生が聖澤か砂里のどっちをとるのか、三角関係が気になります。9話では無資格の会計士の話で鈴木先生も無資格なので解雇されそうになっている会計士に同情してしまいます。きちんと仕事ができるのか心配になりました。そしてこのまま経歴詐称がばれずに最後までいくのか、詐称がばれて違う道に進むのかとても気になります。あと谷元との友情がこのまま終わってしまうのか気になります。 (20代・女性)

 

次回は西村まさ彦さん演じる大河原にスポットがあてられるようです。その大河原が実は「出身大学や資格の有無を偽って仕事していた」という現在の大貴と変わらない人物だった事が発覚。これはやはり最終章で大貴の身分詐称問題もバレてしまう流れなのでしょうか? 大貴が大河原に感情移入しすぎてボロを出してしまうような予感がしてなりません。彼をこうした形で巻き込んだ甲斐が何とかうまくフォローしてあげてほしいところですが、甲斐は普通に弁護士としての仕事でいつも忙しいので大貴の事までなかなか手が回らないんですよね。この危機的状況で大貴がどう立ち回り、そして誰が彼を救う事になるのか注目です。 (30代・男性)

 

ゲストが石田ひかりと西村まさ彦で豪華、楽しみです。最近二人ともあまり連続ドラマでは見ないし、特に石田ひかりは鈴木保奈美との共演が見もの、かつてのトレンディドラマ常連女優だし二人の並ぶ画は今でも華があって、特別感があります。鈴木保奈美は若いキャストよりオーラがあって熟女の魅力が凄いと思います。昔は可愛いかったけど、今は一番きれいで輝いているかもと思ってしまいます。大輔の正体がばれずにどこまで行くのか、誰が最初に正体を見破るのかが気になります。真琴から信頼されいい感じになったので、この関係がこの後どうなるのかも気になります。 (40代・女性)

 

ドラマも終盤にさしかかり、キャストの役どころがしっかり馴染み見やすくなりました。大輔はしっから甲斐の右腕となり働いていてすっかり弁護士になりきっています。
このまま最後まで弁護士として「幸村・上杉法律事務所」にいてほしいです。そして甲斐のような負けない弁護士になってほしいです。
大輔の恋愛は気になるところで、真琴?砂里?どちらと恋人関係になるのでしょう。大輔の好きののは真琴でしょうが、砂里の強引さに負けてしまう?どうする大輔?
今回のラストでの甲斐と美智瑠のツーショットも気になります。もしかしたら甲斐の恋愛話も出て来るのかも?

(50代・女性)

 

クライアント側から依頼が持ち込んできたため、幸村は甲斐に事情を話して、甲斐に担当させることにした。甲斐は鈴木と真琴にあらゆる指示を出し、クライアントの要望を聞いた上で、行動を取ることにした。そうしていくうちに、真相が見えてきたのを受け、ベストな解決方法を甲斐は持ち込むという展開になるのを予想する。
鈴木は砂里と付き合うという可能性が浮上するかどうかということ、真琴は弁護士になることができるかどうかということ、蟹江が甲斐の妨害をするようなことはしないかどうかということが見どころであり、また楽しみにしていることである。 (20代・女性)

 

最近たびたび鈴木先生の素性がわれそうになり、ピンチになることが多かったが今まではどうにか切り抜けてくることができた。でも予告だと次回はずいぶんピンチなのではないか?と。鈴木先生は弁護士資格が無いわけだから違法であることはわかっているが、鈴木先生ほど正義感がある弁護士はこのドラマにはいないような気がする。ドラマの主人公だからカッコいいに決まってるかもしれないが。それでもやっぱり鈴木先生にはこのまま弁護士を続けてほしい。どうにかならないのか?次回で最終回らしいけれど、いい終わり方を期待せずにはいられない。 (40代・女性)

 

予告で出ていたように、無資格の会計士のお話みたいだが、大輔の事も何かの拍子でバレてしまうのでは…と少し予想している。同じ境遇から、大輔も何か考えてしまうことがあるのではないか、そこから何か出てきてしまうのではないかと言うのが、気になるところ。後は遊星との友人関係はあのまま終わるようには思えないので、次回どうなるのかも気になる。大輔と聖澤、砂里との三角関係も最後は誰を選び、どのように進展していくのかが楽しみ。最後の最後まで甲斐ワールド炸裂で進んでいって欲しい。次回もどんな展開になるのか凄く楽しみです。 (30代・男性)

 

鈴木弁護士が幼馴染からキスをされてしまいます。その現場に居合わせた真琴。お互いに両想いで距離が縮まったかなと思われましたが、この事により2人の関係がどうなるのかとても気になります。
無資格だったエリート会計士の案件も気になります。この会計士の出現により、鈴木弁護士の経歴詐称にも影響が出そうな気がします。今回は鈴木弁護士が窮地に立たされてしまいまそうで、それを甲斐弁護士がどうやって守ってくれるのかその部分がとても気になります。守ってくれますかと言った鈴木弁護士の言葉に対する、甲斐弁護士の返答とは一体何なのか次回とても楽しみです。 (30代・女性)

 

まとめ

 

大輔の秘密がばれるのもいよいよ時間の問題!?

第9話も見逃せません♬

 

↓SUITS/スーツの見逃し動画をお探しの方はコチラ♪↓

CHECK!
SUITS/スーツの動画を無料で視聴する方法
SUITS/スーツ日本版の見逃し配信フル動画を無料視聴はこの方法で♪

  2018年10月から放送のフジテレビ系ドラマ『SUITS/スーツ』。 全米大ヒットドラマのリメイク版を、織田裕二×中島裕翔という新鮮な組み合わせが主演! さらに、織田さんの上司役には鈴木 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

-2018秋ドラマ, SUITS/スーツ
-, , , , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2019 All Rights Reserved.