2018秋ドラマ 黄昏流星群

黄昏流星群8話あらすじ・ネタバレ!7話の感想・評価やみんなの評判は?

投稿日:

黄昏流星群第8話あらすじやネタバレ予想!第7話の感想や評判評価も!

 

2018年の10月から放送中の秋ドラマ。

『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』は毎週木曜日の夜10時から放送中です!

 

この記事では、ドラマ『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』の第7話を見た人の感想や評価を集めています!

続く第8話のあらすじやネタバレ、みんなの予想や期待などもチェックです♬

 

↓黄昏流星群の見逃し動画をお探しの方はコチラ♪↓

CHECK!
黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~の動画を無料で視聴する方法
黄昏流星群の見逃し配信フル動画を無料視聴するなら絶対この方法♪

  2018年の10月から放送中のフジテレビ系ドラマ『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』。 まさに、人生の折り返し地点にたった大人の男女のラブストーリーに感情移入をしてしまう物語です♪ ...

続きを見る

 

 

『黄昏流星群』第7話のみんなの感想や評価をチェック!

 

第7話の振り返り

 

瀧沢完治(佐々木蔵之介)の病室に、水原聡美(八木亜希子)と須藤武史(岡田浩暉)が見舞いに来た。須藤と聡美は交際を始めたという。聡美と買い物に出た真璃子(中山美穂)は、須藤と屈託なく仕事の話をする完治の姿に寂しさを感じる。

真璃子が家に帰ると、日野春輝(藤井流星)から電話が入った。完治の容体について話す二人だが、美咲の話題になると気まずい空気になる。また連絡して良いかと言う春輝に、美咲のいないと時にはかけてこないで、と真璃子は断って電話を切った。

退院した完治が荻野倉庫に出社。大口の取引先に契約を打ち切られ経営は相変わらず苦しい。完治の入院に一端の責任を感じる川本 保(礼二)は気まずそうにしながらも、「経費削減」をうったえる。そんな川本に、完治は新事業の資料を差し出す。須藤から、別れた家族の思い出の品を倉庫で預かって欲しいと頼まれた完治は、捨てられない品を個別で預かるサービスを考えたのだ。商売として成り立たないと反対する川本だが、荷物の整理まで一人で行うと言う完治の熱意に負けて渋々了承する。

その昼、食堂で働く目黒 栞(黒木 瞳)を見つけるが何故かよそよそしい態度。気がかりながらも、完治は新事業を軌道に乗せるため駆けずり回り残業をこなす毎日…。その理由を尋ねることもできないまま栞と会えない日々が続いた。実は、栞は完治と別れて欲しいと美咲に言われたことに大きく心を揺さぶられ、ある大きな決断を下そうとしていた…。
そんななか、美咲と春輝の結納が行われることになり…。

(引用:フジテレビ公式サイト

 

スポンサーリンク

 

完治の入院先に真璃子の親友の聡美と完治の同級生の須藤が訪れた。2人は交際を始めたらしい。
須藤は、別れた家族の思い出の品を個別で預かるサービスを提案する。
退院後、川本に新企画を提示するが反対される。しかし完治の熱意に圧倒され渋々了承する。
1人で残業し何とか軌道に乗せようと頑張る完治。
昼休み食堂へ
栞は実咲に父と別れてと言われたことを思い出し心が揺らいでいた。
毎日、帰りの遅い完治の所は真璃子が差し入れのパンを持って行くがそこには栞と楽しそうに食事をする完治がいた。
実咲も春輝と結納を交わすが教授を追いかけ家出をする。実咲に逃げられた春輝と夫に裏切られた真璃子。
2人の仲は深まるのだろうか。
完治に会わない別れると告げた栞もまたこの先、どう生きて行くのか。

(50代・女性)

 

春樹は美咲が浮気をしていることを知って、真璃子への気持ちがとまりません。
そして嘘をついて魔でも真璃子に会いたい春樹。二人で遊園地でしばしのデート。春樹はずっと真璃子のことを見つめます。
そして名残惜しそうに真璃子と別れ、離れたくない春樹。
しかし春樹と美咲は結納を済ませて、結婚式までもう少しとなります。
美咲も戸浪とは別れて、春樹との結婚に向けて頑張るといった感じでしたが、美咲は家を出て戸浪のもとに行ってしまいます。
もう美咲を止めることのできない春樹。
真璃子は手紙だけを残して出て行った美咲のことを完治に伝えました。

(30代・女性)

 

栞は、美咲から、お父さんと別れてほしいと言われ、別れるという判断をするしかなかったんだろうと思いました。完治の新事業がうまくいき良かったと思いましたが、完治を手伝う栞の手に力が入らないようだったので、何かの病気なのかなぁと思い気になっています。真璃子は美咲から、完治の不倫に我慢しているのを責められ、少し気の毒に思いましたが、美咲のために我慢したという発言に腹を立てた美咲の気持ちも分かります。最後に美咲が先生を追ってロンドンへ行ったのには驚きました。母親のように我慢はしたくなかったのかなと思いました。 (30代・女性)

 

完治が仕事でバリバリ働いている姿を見て生き生きしていて良いと思いました。荻野倉庫の従業員の完治に対する態度も良い方向に向かっていて安心しました。やはり仕事は1人ではなくてチームワークだと思います。想い出ボックスも成功して良かったです。美咲は本当に先生のことが好きなんだなと思いました。結納を済ませた後に消えたのには予想外の展開で驚きました。真璃子と春輝の遊園地のシーンには癒されました。2人は楽しそうでデートみたいだったので、私も見ていて楽しい気持ちになれました。美咲の名前を使って真璃子を呼び出す春輝が可愛かったです。第7話も面白かったです。 (30代・女性)

 

前回、仕事場で怪我をして入院した主人公。職場に余計にいづらくなるのではないかと思いましたが、そうではなく逆にやる気を出して自分なりに会社の売り上げに繋がる方法を考え、一人でも頑張るとはドラマながらすごいと思いました。でも何もやりがいが見つからず、ただ一日が終わるのを待つだけのような職場にいるよりは、誰も協力してくれなくても打ち込めることがある方がいいに違いありません。そうして諦めずに努力したら、やっぱり結果はいい方に繋がるにきまっている。でも恋愛の方はそれぞれ上手くいかなくて、家庭はバラバラになっていくのかと思いました。 (40代・女性)

 

思い出ボックスとのサービスは何て素敵なものだろうかと感じた。栞の提案により、スマートフォンに思い出ボックスというアプリを入れることになったというのは良かった。完治は当初、荻野倉庫で仕事をすることでやる気が出なかったにも関わらず、今では残業代が出なくても残業するくらいに仕事に夢中になっている。真璃子が感じている通りに、仕事をしている方が完治は生き生きとしているように見えた。完治は栞との関係を断ち切って、仕事に没頭するのが完治らしい生き方であると言うことはできるのでは?と感じた。後は川本が完治の考えの全てを肯定すれば、荻野倉庫はだんだん良い会社になっていくのではないかと感じた。 (20代・女性)

 

美咲が前回「先生とはもう終わりにする」と言った時に「あれ? そんなあっさりと……」と疑いは持ったんですが、まさかこのタイミングで晴輝を捨てて先生の所に飛んでいってしまうとは……。完治の方も付かず離れずの微妙な距離を保った挙句にフラれて終わるという一番情けない結末に。いやあ、皆なかなか恰好良くは生きられないものですね。ここから美咲と完治がどうなっていくのか、恐ろしくもあり、また楽しみでもあります。二人とも真璃子に思いっきり怒られて、そのまま瀧沢家は離散してしまうかもしれません。その真璃子もまた不倫まで秒読み段階といった様子ですしね。 (30代・男性)

 

登場人物全員狂ってるーとよく笑われてりしてるこの作品ですが、よく見たらそれぞれの役者さんが自分の役どころを丁寧に演じています。特に黒木瞳さん、か弱くて放っておけないような魅力的な女性を見事に演じています。佐々木蔵之介さんのお仕事を手伝うシーン、とても健気でかわいらしかったです。中山美穂さんもきれいな人ですが、佐々木さんがどうしても黒木さんに惹かれてしまい、黒木瞳さんと別れられない気持ちは痛いほど伝わってきました。第7話では佐々木さんが新しい職場で仕事ぶりが認められていく様子か描かれていて、良かったです。 (30代・女性)

 

完治の見舞いに来た友達はお前の会社倉庫に思い出の写真、捨てられない物預けたいと話す。完治は退院し会社で1人想い出ボックスを立ち上げた。課長にはバカにされた。栞は差し入れを持って手伝った。毎日帰りが遅いから妻真璃子が会社に来て2人を見てしまった。
真璃子は春樹の事を考えてしまうので、何かしていないとと毎日沢山のパンを焼いた。そんな時に春樹から美咲を送って来たから寄ってもいいかと電話、真璃子はちょうど良かったとパンを渡した。真璃子に会いたくて嘘をついて家に来たのだ。パンが食べたいと言った、外でパンを食べ美味しいと言った。家族は当たり前で誰も言わないと言う。真璃子は夫が浮気していると話す。2人は観覧車に乗ろうと遊園地に行き楽しんだ。父は娘に別れたかの確認、分かってると娘。美咲と春樹は結納をした。
完治は仕事が上手く行き、みんなも認めて手伝った。全て終わって打ち上げに行こうと言うが、どうしてもお礼を言いたい人がいるからと断った。完治が栞の家に行くと食堂の人が出て来て別れたいんだってと栞の代わりに話した。
完治は家に帰ると妻は頭を抱えていた。美咲が置き手紙し先生とロンドンに行ってしまった。 (50代・女性)

 

スポンサーリンク

 

『黄昏流星群』第8話はどうなる?

 

第8話のあらすじ

 

瀧沢完治(佐々木蔵之介)と 真璃子(中山美穂)の娘、 美咲(石川 恋)が姿を消した。美咲は日野春輝(藤井流星)との結納をすませたばかりだ。テーブルには「先生とロンドンに行く」という美咲のメモ。美咲の相手が、40歳近く離れた戸浪恭介(高田純次)だと完治に聞かされ真璃子は驚愕する。しかしそれ以上に、完治だけが二人の関係を知らされていたことに大きなショックを受ける。目黒 栞(黒木 瞳)とホテルにいた時に鉢合わせしたと言えない完治は、偶然二人が一緒にいるところを見たからだと話す。だが、その曖昧な説明に真璃子はさらに動揺する。

完治と真璃子は日野家に経緯を詫びに行く。謝るしかない完治たちは、帰りに激昂する 冴(麻生祐未)に塩を撒かれる。昏倒しそうな冴を支え、「僕も悪いんだ」と言う春輝の言葉に冴は疑問を抱く。

荻野倉庫に出社した完治が食堂を覗くが栞の姿はない。そんな完治は朝礼で社長に想い出ボックスが評判になっていると称えられた。自分の手柄ではなく、 川本 保(礼二)たちが支えてくれたからだと応える完治。完治は銀行の融資を確約し、川本との距離も縮まりつつあった。

食堂で小俣房江(山口美也子)から栞が体調不良で休んでいると聞いた完治は家を訪ねる。すると栞は頑として会おうとせず、完治は追い返されてしまった。家に帰った完治は真璃子と二人きりの夕食。美咲を心配する真璃子を完治がなだめているとドアチャイムが鳴る。やって来たのは戸浪の妻、和代(松本留美)で…。

(引用:フジテレビ公式サイト

 

 

スポンサーリンク

 

完治の新企画も軌道に乗り始め同僚たちも完治の手伝いを始めるようになり川本も打ち解け出すのでしょうか。
また完治と栞が楽しそうに笑いながらいた所を見てしまった真璃子の心境はどうなのだろうか。
実咲に裏切られた春輝と心にポッカリ穴が空いたもの同士、寄り添ってしまうのか。
家族がバラバラの方向を向き進んでいく…。
栞からもう会わない別れると告げられた完治だが
きちんと別れられるのだろうか。
実咲が家出をし教授のもとへ行ってしまった。
春輝もうすうす感じていたが、実際居なくなってしまい母親の冴の体調などを心配し、落ち込んでるだろう。
完治と栞。真璃子と春輝。
実咲の未来は明るいのだろうか。

(50代・女性)

 

次回は美咲が戸浪の元へ行ってしまい、もう戻りません。
完治と真璃子は結納まで済ませた娘のことを詫びるために春樹の母を訪ねます。楽しみにしていた春樹の母親はきっと絶望だと思います。
しかも浮気をしていたと知ったら発狂しそうです。
そして息子の春樹も美咲の母親を愛してしまっています。
大変です。
これから美咲もいなくなった真璃子。
どうやって春樹との関係を続けていくのしょうか。
春樹とはなにもないまま終わるのか、それとも美咲がいなくなったので春樹と付き合うのか。
真璃子は慎重なタイプなので、なかなか進展しなさそうですが気になります。

(30代・女性)

 

美咲が先生を追って居なくなったあと、完治と真璃子は春輝の自宅に謝罪に行くようですが、春輝の母から、かなり怒りを買うようです。栞は病院を訪れていたため、やはり何かの病気になってしまったんだなぁと思います。あまり重病じゃなければいいなぁと思いました。そして、真璃子と春輝が接近していい雰囲気の所を、春輝の母に見られていたため、さらに母の怒りを買いそうだなぁと思いました。そして、8話でどこまで進むか分かりませんが、娘も居なくなって我慢も限界に達した真璃子から完治に離婚を突き付けるのではないかと思います。完治は動揺するけど、栞が病気になったと知って、迷わず栞の元へ行くのか、今後が楽しみです。 (30代・女性)

 

結納を済ませた後なのに急に消えてしまったので結婚は白紙になって冴は怒ると思います。美咲がロンドンでどうしているのか気になります。そして春輝は真璃子にさらにアプローチをするみたいなので楽しみです。真璃子の手に手を置く春輝を冴が見てしまうみたいなので、冴はどんな反応をするのかにも注目しています。美咲が消えたことで完治は真璃子に寄り添うのか、栞に会いに行こうとするのか気になります。私は真璃子の方に行ってほしいと思っています。しかし完治と栞の関係もこのまま終わらないと思います。第8話でも急展開になりそうなので楽しみです。 (30代・女性)

 

仕事は前ゆりだんぜん上手くいったのに、恋愛は上手くいかなくなった主人公。やっぱり仕事も恋愛も手に入れるのは難しいということなのか?それはやっぱり不倫の恋だからなのか?主人公だけでなく、妻の方も自分の夫が他の人と楽しそうにしているのを見つけてしたまった。そうなると今までのようにはいられない。娘もとうとう本当に好きな先生を選んでしまった。結納までしたのに。これからこの家族はいったいどうなるのか?それぞれの恋愛はどうなるのか?気になります。本当の幸せは家庭を守ることなのか?恋愛に生きることなのか?考えさせられます。 (40代・女性)

 

美咲は結婚できないということで完治はあまりにもわがままだと感じるのに対し、真璃子は美咲の考えを大切にしてあげたいと感じていた。さらに真璃子は完治と栞のことで完治に問い詰めた。そこで初めて完治と真璃子はお互い自分の本音を話し合うことができるようになるという展開を予想する。
美咲が結婚できないとのことを受け、春輝と真璃子の間の関係に変化が生じるかどうかということ、思い出ボックスはこのまま売れ行きを伸ばすことができるかどうかということが見どころである。
美咲は本当に春輝と結婚できないで、戸浪のいるところに行くかどうかということが楽しみにしていることである。

(20代・女性)

 

美咲の逃亡によって瀧沢家と日野家の縁談はもう終わったと見ていいでしょう。晴輝が美咲に対して一途な想いを持っていたならば復縁の可能性も微かに残りそうですが、その晴輝は真璃子の方に惹かれていますからね……。もう両家がくっ付くとしたら美咲と晴輝ではなく、真璃子と晴輝が結ばれる場合の方があり得そうです。その時に瀧沢家というものがまだ残っていればの話ですが。もう完治と真璃子はいつ離婚してもおかしくないですし、美咲も今さら家に戻ってこられないでしょう。本当にどうなってしまうんでしょうね。そんなボロボロの瀧沢家に対して、次回あの躾や礼儀に厳しい日野冴がどんな言葉をぶつけるのかにも注目です。 (30代・男性)

 

娘の石川恋ちゃん、出ていっちゃいましたね。高田純次さんとの恋をどうしても諦めきれなかったんだと思います。このドラマではなぜか高田純次さん、めちゃくちゃカッコよくてダンディーなので、登場シーンが楽しみです。第8話では、石川さんとのラブシーンを丁寧に描いてほしいなと思いました。そして麻生さん、怖そうですねー。予告で塩撒いてましたね。麻生さんの怪演、好きなので思いっきり暴れてほしいです。藤井流星さんと中山美穂さんの距離も少しずつ近づいているようで、ヤバいですね。そろそろ中山さんも本気になってしまいそうで、楽しみです。第7話では佐々木さんが新しい職場で仕事ぶりが認められていく様子か描かれていて、良かったです。 (30代・女性)

 

栞は完治に別れを告げたのは娘美咲から頼まれただけではなく、栞が何か病気なのかもしれない。完治は別れたいと直接聞くまでは追いかけてしまいそうです。美咲はロンドンに行ってしまい、両親がその後処理に追われる事になるようだ。春樹の母の怒りは半端じゃないと思う。しかも春樹と真璃子の様子を見てしまい、美咲よりも真璃子に怒りの矛先が真璃子にきそうな気がします。春樹は美咲が居なくなり、完治の浮気の話しも知っているから真璃子にドンドン気持ちを伝えそうな予感がします。美咲はこのままロンドンで暮らすのだろうか、父母に連絡をするのか親の反対するものは上手くいかないと思う。 (50代・女性)

 

まとめ

 

春樹の母親の動きが気になる第8話!

最終回に向けて見逃せない回となること間違いなしです!!

 

↓黄昏流星群の見逃し動画をお探しの方はコチラ♪↓

CHECK!
黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~の動画を無料で視聴する方法
黄昏流星群の見逃し配信フル動画を無料視聴するなら絶対この方法♪

  2018年の10月から放送中のフジテレビ系ドラマ『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』。 まさに、人生の折り返し地点にたった大人の男女のラブストーリーに感情移入をしてしまう物語です♪ ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

-2018秋ドラマ, 黄昏流星群
-, , , , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2019 All Rights Reserved.