2018秋ドラマ 獣になれない私たち

獣になれない私たち8話あらすじ・ネタバレ!7話の感想・評価・評判をチェック♪

投稿日:

獣になれない私たち第8話あらすじやネタバレ予想!第7話の感想や評判評価も!

 

2018年の秋ドラマ『獣になれない私たち』。

毎週水曜日の夜10時から放送中です♪

 

この記事では、ドラマ『獣になれない私たち』の第7話を見た人の感想や評価を集めています!

続く第8話のあらすじやネタバレ、みんなの予想や期待も要チェックです♬

 

↓獣になれない私たちの見逃し動画をお探しの方はコチラ♪↓

CHECK!
獣になれない私たちの動画を無料で視聴する方法
獣になれない私たちの見逃し配信フル動画を無料視聴するならこれがお得!

  2018年10月の秋ドラマ。 日テレ系で毎週水曜日の夜10時からは『獣になれない私たち』です!   この記事では、『獣になれない私たち』を見逃してしまった人のために、フル動画を ...

続きを見る

 

 

『獣になれない私たち』第7話の感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第7話の振り返り

 

恒星(松田龍平)が封筒に入った大量の現金を持っているのを目撃してしまい、とまどう晶(新垣結衣)。恒星は「この金で粉飾決算に加担するように脅迫されていて、やむを得ない事情で抜け出せない」と話す。その告白を真剣に聞く晶に「…という映画の話」と言って話を変えてしまう恒星。

社長の九十九(山内圭哉)の発案で、録音機能付き監視カメラがついたツクモクリエイトジャパン 。
その息苦しさと緊張感に松任谷(伊藤沙莉)も上野(犬飼貴丈)もバテ気味・・・。
強引な社長のやり方に会社全体の空気が停滞していることを晶と佐久間(近藤公園)は心配する。

一方、寝たきり状態だった京谷(田中圭)の父の容態が悪くなり、病院にいれるかどうかで千春(田中美佐子)と家族の間はもめていた。
京谷とケンカしたままでそんな状況をしらない晶は、千春と連絡がつかないことを心配しながら夜遅くに帰宅。すると、アパートのドアの前でなぜか眠り込んでいる朱里(黒木華)を見つけ・・・。

(引用:日本テレビ公式サイト)

 

スポンサーリンク

 

何度見ても許せない、理解できない、いったいなんなのと思う元カノのしゅりさん。いい加減、もう出てこないで下さいとさえ思ってしまう。主人公のあきらもあきらだ。どうして押し掛けてきた彼女を泊めてあげたり、な話し相手になってあげたりするのだろうか?いい人にもほどが過ぎるとしか思えない。だからドラマなんだ、こんな人達が実際にいるわけがない。それぞれがいろいろと問題を抱えて生きているけれど、誰一人として解決しようとしていないような感じさえ受ける。もっと見ていてハッピーになれるドラマが見たい。最近そういうドラマに出会えてない。 (40代・女性)

 

恒星が朱里に対して容赦なく糾弾していくシーンは見ていてとてもスカッとしました。もっと早い段階であれくらいズバズバと指摘してくれる人がいたら、彼女の問題はここまで長引いていなかったかもしれません。とはいえ、ここまで京谷や昌に甘やかされたり断罪されずにきたりしたから、最後の求職活動に繋がったのかもしれなくて……。ここまで付き合わされた周囲の人達は本当に気の毒ですが、とにかく朱里がようやく一歩を踏み出せた事だけは喜ばしい事だと思います。ただ、どうも彼女の就職先が昌の会社みたいなんですよねえ……。そうなると結局また昌と京谷に迷惑をかけていくのかも……。 (30代・男性)

 

 5tapで呉羽と飲んでいた晶は帰宅するとそこには朱里がいました。
お金と荷物を返しに来たと言われましたが、玄関前でそのまま寝てしまします。
晶は家に入れて泊まらせましたが、なかなか出来る行動ではないと思います。
朱里の行動も大胆過ぎるので、何を考えてるのか分からない時があります。
晶は京谷の母親である千春から連絡があり、実家に行く事になりました。
自宅で夫を介護している千春の心境を聞いた晶は京谷達から必死で千春を守ろうとします。
晶の優しさや責任感の強さを感じて、彼女らしい行動だと思います。
京谷とともに海に行った晶は自ら別れ話を切り出しました。
やっと、長年続いていた問題を解決する事が出来て良かったと思います。

(30代・男性)

 

第7話では、ようやく晶と京谷の関係に決着が着きました。朱里と本音で話すことができた晶は、少しずつ自分の気持ちに正直になります。千春に誘われて京谷の実家に行きますが、そこで晶は京谷に別れをつげるのです。晶は自分の気持ちより京谷を優先してしまうことは、自分の人生を捨てるのと同じだと気づいたのです。
朱里は晶の周りによく出没するようになりますが、恒星に京谷の元カノだと気づかれて、頭がおかしいと非難されます。朱里は自分が一番不幸だと思っていると指摘され、恒星に飲み物をぶっかけました。このシーンは恒星の晶への愛を感じるとともに、何だかすっきりしました。恒星の憎まれ口はちょっとカチンと来ることがあるので、これを期に反省してもらえたらと思いました。

(40代・女性)

 

今回は色々びっくりでした。まず朱里が晶のもとへお酢を届け、そのまま部屋へ。本当にこの人の行動がよめません。最後に九十九さんにメールしてるし。予告で採用って言われてるし。
そして晶と京谷。なんだかんだでずるずると付き合うのではと思っていたけど、思ったよりきれいな別れ方でした。気づいたら「晶ちゃんよかったね、うんうん、いいんだよ、それでいいんだよ」とうなずいてました。今までが辛すぎた分、今回はとても明るく希望が見えた回だと思います。京谷のお母さんも幸せそうでよかった!
お兄さん?のお嫁さん?もお母さんの味方だったなんて…ほんと、よかった! (30代・女性)

 

晶がかなり成長したなと思える回でした。これまで会社ではいいように使われ、京谷には都合のいい女として扱われてきた晶でしたが、7話ではかなり自分の意見を言っていてついに京谷に別れを告げました。捨て台詞のようなことも言っていましたし、よくやった晶!と拍手を送りたくなりました。
仕事に関してもようやく部下にも仕事を任せるようになって、仕事を分担してやることを覚え、もっと早くそれをすべきだったとも思いましたが、今から実行したのでもかなりの進歩じゃないかと思います。最初は上野や松任谷も戸惑うかもしれませんが、これを機に仕事をちゃんとやっていってほしいです。

(20代・女性)

 

登場人物全員がコンプレックスの塊であること、身勝手な人間であることが分かり易く表現されている。京谷は晶から千春が家で看取りたいと考えていることを知らなかったようだが、『回復の見込みがないのなら、家で看取ってあげたい』という考えは想像出来そうなことだ。

朱里が晶の家に行った理由は、京谷への未練もあるが、それ以上に自身と正反対の世界に居るように見える晶への憧れも感じられる。

夢子と発が会議の準備中にしている会話からも、それぞれのコンプレックスが見えて来る。推測だが、発よりも夢子の方が過去に大きな傷を持っているのではと感じる。

晶が京谷に別れを告げた後のシーンでは、千春は晶が京谷との別れを選ぶことを分かっていたのかもしれないと思わせた。

(30代・男性)

 

今まで晶は自分で仕事をこなしていましたが、上野くんに役割を振るというのは上野くんの為なので良い育て方だと思いました。そんな晶を京谷がフォローしている様子も良かったです。晶が朱里に本音で話しているシーンが良かったです。実は似ている者同士これから仲良くしてくれたら良いなと思いました。朱里が1泊ではなく2泊していたのが何だかんだ晶のこと嫌いではないのではと思いました。晶と京谷は結果的に別れることになりましたが、晶が自分の言いたいことを言って笑顔で別れていたので良かったと思います。千春とはこれからも友人の様な感じで仲良くしてくれたら良いなと思いました。第7話も面白かったです。 (30代・女性)

 

個人的に7話の見どころは晶と朱里が本音で話をするシーンです。京谷を巡って、抜けたくても抜けられない長く苦しいジレンマをお互い抱えていて、答えが出ない状態だった2人ですが、晶は朱里と自分は似ていると言いました。京谷と出会うのが晶の方が先だったら、自分が朱里のようになっていたかもと言っている晶に対して、朱里は、京谷はきっと自分に晶の様になって欲しかったんだと思うと言っていました。京谷は朱里より晶が好きとか、晶より朱里が好きだという訳ではなく、お父さんの様に家族を守れる男になることが理想であり、それを求めて生きてきただけなのに、ただ優柔不断な性格なためここまでこじれたんじゃないかなと思いました。晶はそんな京谷に無意識に合わせて、嫌われないように京谷の理想の彼女を演じていました。今回自分の人生を生きていなかったと気づき、京谷に別れを告げることができました。やっと決断できて別れを告げることができましたが、別れのシーンはお互いのすれ違いがもどかしく、切なかったです。何か少しでもタイミングがずれていたら上手くいっていたかもしれないのにと思いました。結局恋愛はタイミングが大事なんだと思いました。 (30代・女性)

 

恒星と晶は一緒に飲み、晶は京谷が初めての人だったんだよねと言う。そうじゃなくて、人に愛されるってこういう事なんだなと思ってと言った。
晶は京谷の母からのお酢が届かないとマスターに話す。呉羽が来て晶にギューとハグして、1ハグと言って会う度にハグして何回かしたら許してくれると聞いた。晶は1000ハグと言った。呉羽のオープンな性格が羨ましい。呉羽のようになりたい。
首里はお酢を返しに晶の家の前か寝ていた。お酢を返すがその場で寝る。見兼ねて晶は家に泊めた。晶は人が良すぎ。晶の為に恒星が首里に説教するとビールをかけられた。晶の為に言ったのに、晶には怒られてしまう。恒星は優しいがいい方が悪いのかもしれない。

(50代・女性)

 

スポンサーリンク

 

『獣になれない私たち』第8話はどうなる?

 

第8話のあらすじ

 

恒星(松田龍平)は、呉羽(菊地凛子)の夫でヒットゲームクリエイター・橘カイジの会社の上場を手伝うことを決めるが、打ち合わせを何回も直前にキャンセルされていた。
それを聞いた晶(新垣結衣)は、「呉羽が乗り気なだけで、本当はカイジは恒星を意識していて会いたくないのではないか?」という仮説をたてる。

遂に晶は、ツクモ・クリエイト・ジャパンの業務改善に向けて積極的に動き出した。
社長の九十九(山内圭哉)にスタッフを増やすことを提案すると思いの外あっさりと採用を任され、はりきる晶。
そして…面談の日にあらわれた応募者は、京谷(田中圭)の元彼女・朱里(黒木華)だった!

一方、会計監査の仕事中の恒星に一本の電話が。
それは、行方不明中の兄・陽太(安井順平)が酔っ払いの財布から金を盗もうとして警察に捕まったという連絡だった。
処分が決まるまで自分の事務所に連れてきた恒星だったが、目を離した隙に陽太が事務所から逃走!
恒星は晶に、自分がなぜ兄のことが大嫌いなのか、2人の間に起こった過去の出来事を話しはじめる…

(引用:日本テレビ公式サイト)

 

 

スポンサーリンク

 

予告を見ていて、しゅりさんがあきらがいる会社の面接を受けていて、しかも採用されるような感じになっていたけど、いったいどういうことなのか?全くもって意味がわからない。もはやドラマだとしても現実味がなさすぎておかしくなってくる。そういう展開はまったく期待していませんでした。できればしゅりさにはもうあまり出てきてほしくありません。それから、こうせいさんの黒い疑惑は?どうなるのか?そっちは気になっています。どこか影があって謎な存在なので想像がつきにくい。これから良い恋愛の話はこのドラマの中で見られるのか疑問です。 (40代・女性)

 

7話でとうとう京谷と別れた昌。個人的に復縁を期待していたカップルなのでこの展開は残念でしたが、昌がフリーになった事で恒星との交際をスタートしやすくなったのは面白そうです。付き合いそうで付き合わない気がする昌と恒星が、ここからラストまでの数話でいったいどんな時間を過ごしていくのか? そして引っ張りまくっている橘カイジはこのままずっと登場しないのか? 橘カイジと恒星が顔を合わせる場面も見てみたいんですけどね。最終回まで残り少なくなってきましたが、まだまだ昌達がどのような形に落ち着くのか予想できません。解決していない問題も色々ありますし、そろそろハッピーエンドに向けての展開が欲しくなります。 (30代・男性)

 

 晶に対して、恒星は仕事で不正をしている事を言いましたが、本人は悩んでいました。
今後の事を考えると辞めることが出来きませんが、果たしてどうしていくのでしょうか。
また、警察から連絡を受けて行方不明になっていた兄と会う事になりましたが、どうなるのか心配です。
兄とは仲が良くない状況が続いていますが、どんな展開になっていくのか気になります。
朱里は晶と話し合った後、会社の採用試験を受ける事を決めました。
そこは晶が勤めている会社ですが、どんな目的で面接に来たのか気になります。
そして、採用される事になりますが、会社ではどんな雰囲気を出すのか楽しみにしています。

(30代・男性)

 

第8話は、恒星の兄が姿を現しますが、恒星に見つかり逃げてしまいます。恒星は粉飾決算を今年もしなけらばならないかもと考えていたが、兄の姿を見て、考えてしまうのでした。晶は逃げてしまった兄の話を聞き、男のプライドは面倒くさいと言います。

朱里は晶に興味が湧いてしまい、晶の会社のスタッフ募集に応募します。面接で会ってしまい晶は驚くが、朱里が自分の会社に応募した理由が気になっていた。九十九は晶の知り合いだと分かると、朱里を即採用にしてしまうのでした。

第8話の見どころとしては、朱里の就職です。今となっては誰も気にしてはいませんが、朱里は兼ねてから仕事が決まったら京谷の部屋を出ていくと京谷に約束していました。前回晶の部屋で、もうすぐ晶の部屋の更新だと知った朱里は何か企んでいるように見えました。京谷と別れたことを知らない朱里は、自分が部屋を出れば晶が一緒に住めるのではと考えているようにも見えました。次回のポイントは部屋の更新がキーワードとなりそうです。

(40代・女性)

 

なんといっても朱里が晶の会社に就職するかどうか、それによって、晶にも変化があるのか。5tapで会社も辞めようかなと言っていたので本当に辞めてしまうのかも。朱里はああみえて結構仕事できそうだし。
そして、恒星の11月末に何かをやってやろうとしている感じ。税金関係の、悪いこと?
晶のマンションの契約も11月末まで。
二人が協力して、何かやらかすのか、大なり小なり、何かが起こりそう。きっとそれが色んなところへ影響していくんだろうなと思う。呉羽とか呉羽の旦那さんのこととかに。そして呉羽が恒星に泣きつくとか…いやないかな?とにかく気になるー!

(30代・女性)

 

やはり晶の成長や変わっていく会社や周りの人達だろうと思います。呉羽にしても最初の頃は派手な自分とは遠い世界の人という感じが強かったと思うのですが、今となっては良い友達になっています。晶が変わることで変わっていった周りの人たちも注目ポイントだと思いますし、見どころだろうと思います。
恒星との関係も次回また距離が縮まるのか楽しみです。晶より恒星の方が彼女のことを気にしている様子でしたし、7話では晶をかばうようなことを言っていました。そんなことを言うのは晶が機になる証拠じゃないかと思うので8話の2人を見守りたいです。

(20代・女性)

 

晶と恒星の距離が、どの程度近づくか気になる。今まで以上に急接近することが予想されるが、恒星は呉羽への想いが残っているので、視聴者はイライラする様な関係となるだろう。粉飾決算に加担する恒星を助ける為に晶が何か動くのかもしれない。予告を見ると、その前に晶は自分の会社会社の業務改善に動くようだが、朱里が採用されることを考えると、いつも通りに空振りに終る可能性が高そうだ。

京谷がどうなるのか注目したい。気持ちを絶つことが出来ず、晶へアプローチするのか、朱里と復縁する方向へ向うのか、もしくは呉羽と接近する可能性も否定出来ない。

(30代・男性)

 

第8話では晶の働くツクモ・クリエイト・ジャパンに朱里が中途採用の面接に来るみたいなので、どんな面接になるのか楽しみです。九十九は朱里を採用するみたいなので決め手は何だったのか気になります。そして仕事をしようと思ったら朱里は結構出来る人ではないのかと思っています。朱里の仕事ぶりに注目です。また恒星のお兄さんが見つかったけれど逃げられたみたいなので、その後恒星はお兄さんを捕まえることができるのか気になります。捕まえてきちんと兄弟で話し合ってほしいです。そしてそのことに晶は関わって来るのか気になります。兄弟の問題が解決できると良いです。第8話も楽しみです。 (30代・女性)

 

別れたとはいえ、これから京谷がどう動くか楽しみにしています。できればもう一度晶にアタックして欲しいです。また、朱里が7話で晶と話をした後、気持ちが吹っ切れたのか就職を探していて、晶の職場へ応募をしていました。晶と同じ職場になることはまた一波乱ありそうで心配ですが、朱里がまた働いて自分への自信を取り戻して自立して欲しいなと思います。また、7話ではほとんど恒星さんの出番がなかったため、8話に期待です。7話では橘カイジの会社の上場を顧問会計士としてサポートすることを決意したため、橘カイジと初対面がとうとう叶うのかなと楽しみです。 (30代・女性)

 

晶は京谷に別れを告げたが、京谷は一方的に言われて納得していないから、一緒な住める部屋を準備して晶にもう一度告白すると思う。
首里が働こうとしているから仕事が見つかり出て行ってくれたらいいねだが、どうするか楽しみ。5tapに首里も通い始まって変な知り合いで飲むようになったりして。
最後に4年ぶりの土曜日と言って、いっそ仕事も辞めちゃおうかなと言ったことは気になります。職場の監視カメラは気にならないと言ってたが、信頼されてないって事が辞めたくなりそうです。他の人が辞めて更に仕事も増えそうです。せっかち社長に腹が立ちます。

(50代・女性)

 

まとめ

 

朱里と晶が同じ職場となれば、また新たな展開が起こりますよね!

分かれてしまった京谷との関係も気になります。

次回第8話も期待しましょう♪

 

↓獣になれない私たちの見逃し動画をお探しの方はコチラ♪↓

CHECK!
獣になれない私たちの動画を無料で視聴する方法
獣になれない私たちの見逃し配信フル動画を無料視聴するならこれがお得!

  2018年10月の秋ドラマ。 日テレ系で毎週水曜日の夜10時からは『獣になれない私たち』です!   この記事では、『獣になれない私たち』を見逃してしまった人のために、フル動画を ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

-2018秋ドラマ, 獣になれない私たち
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2019 All Rights Reserved.