2020春ドラマ BG 身辺警護人

BG2~身辺警護人(2020年版)のあらすじ・キャスト・原作・主題歌情報をチェック♪

投稿日:

BG身辺警護人シーズン2(2020)のあらすじ・キャスト・主題歌情報と見逃し配信動画の無料視聴方法

 

テレビ朝日で2020年4月スタートの春ドラマとして、『BG~身辺警護人~(2020)』の放送が決定しました!

放送延期のため、曜日や時間については情報が入り次第追記します。

新シリーズが始まるまでは、2018年に放送された前作の傑作選をオンエアすることを放送するということです。

4月16日木曜よる9:00~9:54に第1話を放送します。

 

2018年に放送された人気ドラマの第2シリーズが放送されます!

主演は木村拓哉。

ボディガードとして、依頼人をあらゆる危険から護ります。

 

斎藤工、菜々緒、間宮祥太朗など豪華キャストが主人公の仕事仲間として登場します。

前作では組織の一員として警護の仕事を行っていた主人公の章ですが、利益優先の経営方針に疑問を感じ独立することに。

新たな形で警護の職務を全うしようと奮起する章がぶつかる壁とは?

 

今回は、そんな期待のドラマ『BG~身辺警護人~(2020)』をご紹介します。

あらすじやキャスト、主題歌情報をまとめました!

気になる原作・脚本情報もチェックです♪

 

 

『BG~身辺警護人~(2020)』のあらすじ

やり手の経営者・劉光明(仲村トオル)が率いるIT系総合企業「KICKS CORP.(キックスコーポレーション)」に買収され、「日ノ出警備保障」改め「KICKSガード」身辺警護課の所属となった島崎章(木村拓哉)、高梨雅也(斎藤工)、菅沼まゆ(菜々緒)、沢口正太郎(間宮祥太朗)ら民間ボディーガードたち。彼らは日ノ出時代から一転、劉の方針に従い、クライアントを政財界のVIPに限定した警護活動に従事していた。そんな折、章たちは与党議員・桑田宗司(小木茂光)が開催する後援会パーティーを警護。章が負傷するアクシデントに見舞われつつも、見事なチームプレーで会場に紛れ込んだ不審者を撃退し、メディアからも賞賛される。
その矢先、章に宛てた一通の手紙が「KICKSガード」に届く。差出人は、刑務所で服役している「関東工科大学」の元講師・松野信介(青木崇高)。今から3年前、厳重ロックのかかった実験室で研究員・伊丹綾子(竹島由夏)を窒息死させた容疑がかかり、世間から散々叩かれるも、最終的には業務上過失致死罪と判断されて禁錮刑に処せられた男だった!
翌月には刑期満了となるため、出所後のボディーガードを章に頼みたい、という松野。だが、劉に絶対服従を貫く身辺警護課の新課長・小俣健三(勝村政信)から、犯罪者の警護などありえないと猛反対された章は、松野に直接断りを入れるため、わざわざ刑務所へ。亡くなった綾子、そして迷惑をかけてしまった教授・坂上司(神保悟志)にどうしても謝罪したいため、研究室まで同行してほしい――そう思いつめたように訴える松野と対面し、反射的に彼を護りたい気持ちに駆られるのだが…。
ほどなく、章は“信じられない光景”を目撃。しかもそれが引き金となり、会社を突然退社し、個人で松野の警護を引き受けることに! ところが警護するうち、松野の言動に“ある違和感”を覚え…!?

(引用:テレビ朝日公式サイト)

 

 

『BG~身辺警護人~(2020)』の原作は?

 

ドラマ『BG~身辺警護人~(2020)』は原作なしのオリジナル脚本

 

脚本は、2018年に放送された前作『BG~身辺警護人~』に引き続き井上由美子さん。

 

他にもドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』や『14歳の母』などの脚本も担当しています。

 

スポンサーリンク

 

『BG~身辺警護人~(2020)』のキャスト情報

 

島崎章/木村拓哉

 

高い実力を持つボディガード。

過去の警護ミスにより身辺警護業から身を引いていたものの、身辺警護課に異動し復帰。

その後退社しフリーとして働く。

離婚して一人息子と二人暮らしをしている。

 

高梨雅也/斎藤工

 

章と共に働いていたボディガードで、元自衛官。

ぶっきらぼうで頑固だが、ボディガードの仕事には熱い思いを持っている。

章が「KICKSガード」を退社した理由を知ろうと章を訪ねたことから、ある人物を一緒に警護することになる。

 

菅沼まゆ/菜々緒

 

章と共に働いていた「KICKSガード」のボディガード。

かつては実力のある柔道選手として将来を期待されていた。

ボディガードの職務はお金のためと割り切り、「KICKSガード」の方針にも納得していないものの従っている。

 

小俣健三/勝村政信

 

「KICKSガード」身辺警護課長。

「組織の強さで警護を強化する」という考え方をしており、心を重視していた前任の村田とは真逆の姿勢の持ち主。

社長の経営方針に従っており、独立した章のことも敵視している。

 

沢口正太郎/間宮祥太朗

 

章と共に働いていた「KICKSガード」のボディガード。

ノリが軽く、あまり深く考えない性格。

章が退社したことに衝撃を受けるが、その後会社には内緒で章に協力する。

 

劉光明/仲村トオル

「KICKSガード」の社長。

経営に長けており、態度は紳士的だが金銭を重視している。

組織を辞めた章のことを内心では敵視している。

 

笠松多佳子/市川実日子

 

整形外科医で、ずっと章たち身辺警護課の契約担当医をしている。

章たちの愚痴を聞くなど、精神的にも支えになっている。

 

中島小次郎/道枝駿佑

 

章が構えた事務所同じビルに入っているカフェ「ジャンクション」のアルバイト店員。

物おじせず、思ったことはそのまま言う。

 

島崎瞬/田中奏生

 

章の息子で中三。

反抗期で、章とは心の距離がある。

 

 

スポンサーリンク

 

『BG~身辺警護人~(2020)』の主題歌

 

情報が入り次第追記します♪

スポンサーリンク

 

『BG~身辺警護人~(2020)』の見逃し動画を無料で視聴する方法!

 

情報が入り次第追記します♪

 

まとめ

 

常に個人の心の関わりを大事にし、ハートで守ることを重視していた以前までの経営方針とは一転して利益優先となった「KICKSガード」。

独立して私設ボディガードとなった章と「KICKSガード」の関係はどうなっていくのでしょうか?

また、新たに登場する人物が関わって行くのかも気になりますね!

 

主演の木村拓哉さんをはじめとする豪華キャストがおくるドラマ『BG~身辺警護人~(2020)』、期待大です!

 

 

 

-2020春ドラマ, BG 身辺警護人
-, , , , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2020 All Rights Reserved.