2018秋ドラマ SUITS/スーツ

SUITS/スーツ8話あらすじ・ネタバレ!みんなの7話の感想・評価・評判をチェック♪

更新日:

SUITS/スーツ第8話あらすじやネタバレ予想!第7話の感想や評判評価も!

 

2018年10月スタートの秋ドラマ『SUITS/スーツ』。

毎週月曜日の夜9時から、大好評放送中です♪

 

この記事では、ドラマ『SUITS/スーツ』の第7話を見た人の感想や評価を集めています!

続く第8話のあらすじやネタバレ、みんなの予想や期待などもチェックです♬

 

↓SUITS/スーツの見逃し動画をお探しの方はコチラ♪↓

CHECK!
SUITS/スーツの動画を無料で視聴する方法
SUITS/スーツ日本版の見逃し配信フル動画を無料視聴はこの方法で♪

  2018年10月から放送のフジテレビ系ドラマ『SUITS/スーツ』。 全米大ヒットドラマのリメイク版を、織田裕二×中島裕翔という新鮮な組み合わせが主演! さらに、織田さんの上司役には鈴木 ...

続きを見る

 

 

『SUITS/スーツ』第7話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第7話の振り返り

 

甲斐(織田裕二)は、クライアントの『桜庭リゾート&ホテル』社長・桜庭庸司(髙橋洋)に会いに行く。桜庭は、ここ10年の間に13ものホテルを造り上げており、そのうちの4ヵ所は五つ星の評価を得ることがすでに決まっていた。そんな桜庭のもとに、大手ホテルグループ『KJO』社長のジーン・クライン(クリス・バテン)から合併の提案があったという。『KJO』の代理人弁護士は、大手ファーム『弁護士法人セイント』に移籍した木次谷公一(橋本さとし)だった。

大輔(中島裕翔)は、司法試験を目指しているものの受験恐怖症に悩んでいた真琴(新木優子)に協力を申し出る。大輔と真琴は、さっそく試験対策に取り組み始める。

同じころ『幸村・上杉法律事務所』では新人弁護士の採用面接が行われていた。そこで大輔は、真琴と談笑していた女性・町田日向子(石橋静河)の姿を見つけ驚く。実は大輔は、司法試験で日向子の替え玉受験をしていたのだ。事情を知った甲斐は、本人が替え玉のことを話すわけがないから心配ない、と大輔に告げるが……。

甲斐に命じられて『KJO』グループを調べていた大輔は、グループがタイに所有するホテルで従業員のストライキがあったことを掴む。甲斐は、合併交渉を優位に進めるため、木次谷の息子の替え玉受験をしたことがある大輔をともない、『セイント』を訪れる。そこで大輔は、『セイント』の代表が真琴の父・聖澤敬一郎(竹中直人)であることを知り……。

(引用:フジテレビ公式サイト

 

今回も難しそうな案件が。かい先生の活躍に期待する反面、何が起こるのか?とも思っていました。先週の予告をみたからなおさらです。相手側の代表弁護士はファームのパラリーガルである女性のお父さんだったとは。ドラマだからでも世間は狭いということかと思います。その今回から出てきた弁護士さんは何か主人公たちの弁護士事務所と因果関係のようなものがありそうですが、それがいったいなんなのか今回ではあまりよく分かりませんでした。また鈴木先生の替え玉受験問題がパラリーガルの彼女にバレてしまってそれはこれから問題になるに違いないと思いました。 (40代・女性)

 

スポンサーリンク

 

表向きには桜庭リゾートを合併をしようとしてしていた大手企業の企みを読みとり、買収の危機を免れるようにした甲斐弁護士の機転はさすがだなと思いました。相手側の弁護士に最初は上手くやられてしまい、負けてしまうのかと思っていたのですが、甲斐弁護士にはそんな心配もいらなかったです。相手側の弁護士とのやり取りに、こんな意味が含まれていたのかととても展開に驚きました。相手側の弁護士との心理戦が今回とても面白かったです。鈴木弁護士が替え玉をした件で嘘を付いていた事が同僚の真琴にバレてしまうという事が起き、今後の展開が気になります。 (30代・女性)

 

軽快な言葉のやりとりで、今回も甲斐がクライアントの意向を守りきりました。クライアントが有利になるように徹底的に相手のことを調べあげるのがいいです。
どんな会社もたたくとホコリはでるものなんですね。大きなグループホテルが日本の5つ星ホテルを合併という名の乗っ取り。あるんでしょうね。
力だけで抑えこもとせず、日本のよさを理解上の合併で双方が納得するならよりよいホテルになっていくのでしょうが、どちらか一方が上にたつのでは成功するはずがない。
甲斐はいろいろなことを理解した上で、クライアントの立場にたって案件を進めるのがなんともスマートでカッコいい。ピンチをチャンスにかえる。素晴らしい!

(50代・女性)

 

鈴木大輔と真琴の恋はこのまま上手くいくのかと思いましたが、世の中そう上手くはいかないものです。
やはり、鈴木大輔は過去をきちんと清算したほうが良いと思いました。

鈴木大輔が弁護士になったのも、甲斐が提案したことなので、この問題は今後さらに大きくなっていくでしょう。

嘘をずっと付き通せるとも思えませんし、何よりも鈴木大輔の良心が痛むと思います。
今回のストーリーを観て、嘘をついてまでも弁護士になりたい人がこれほど多くいるのかと思ってしまいました。

鈴木大輔はいったい何人の人に代わりに替え玉受験をやったのかわかりませんが、それらが次々と暴かれる時が来るような気がします。

(50代・女性)

 

最終回に向けて面白くなってきたなと感じました。大輔の替え玉受験がここになって出てきたかという感じです。しかも男性で身長も高い大輔が女性の替え玉受験をしていたとは驚きました。しかしその替え玉受験のせいで真琴に違う誤解をさせてしまうとは思わなかったでしょう。まさかまた真琴の替え玉受験をして同じ過ちを繰り返すのか?と思っていましたが、それは流石になかったので安心しました。しかしそれはなんとか回避できたものの替え玉をした女性と付き合っているような誤解をされていたようなのでややこしいことになってきたな、と思いました。 (20代・女性)

 

かい先生は、ホテルに行き鈴木先生は試験があるって言っていた。こうちゃんは引き抜かれたみたいだ。相変わらずかい先生と鈴木先生が二人で、難しい話をしているみたいです。弁護士は賢くないといけないから大変ですね食事を三人で、女性も一緒にリラックスタイムでしょうね。きじや先生が登場。女性は、鈴木先生が大学を代わりに受けた替え玉受験の相手です。鈴木先生も女性と二人で、食事を一緒にリラックスタイムですね。なかなかいい感じですけど、心の中は不安でいっぱいでしょうね。女性の替え玉をしていたみたいで、その女性が現れた。鈴木先生は、目から鱗が落ちたみたいです。かい先生と鈴木先生二人仲良く食事しているみたいですが、
内心は穏やかではないかも。くじょうグループの人が表れてどうなる事かでも最後は、握手で幕閉めです。 (20代・女性)

 

今回も大物俳優の竹中直人が出演しています。やはり演技に迫力があり、ストーリーに迫力を感じました。
今回の依頼は、ホテル業界国内大手の桜庭リゾートと海外大手のKJOグループとの合併のための交渉協力。
相手方となるKJOグループのジーン社長の顧問は、竹中直人演じる最強弁護士聖澤代表。
海外大手に足元をみられ高圧的な態度で不利な合併条件を求められるが、対等な合併交渉を機会を得ることになった。
しかし桜庭リゾートの株が敵対的買収をされ、合併にみせかけた買収という手口をとられる。
それに対して甲斐は資産価値を下げるためにホテルを売却する対策をとると駆け引きをし、対等な合併交渉の機会を得ることができた。
展開が二転三転あり楽しめました。

今回はダイキと聖澤の恋の行方のシーンが多く展開が進んだ。

今日も代表のコーディネートが素敵、白いセットアップのワンピースに合わせた、チェーンのゴールドアクセサリーを使いまわしているのが、日常感が出て良い。

(30代・女性)

 

鈴木大貴が隠していた秘密の一つが、とうとう真琴に知られてしまう事となりました。ただ、知られてしまったのは替え玉受験だけのようですからね。もっとヤバい「鈴木大輔のフリをしている」という部分についてはまだバレていないと思うので、それならばギリギリで挽回可能なのかも? まあ、替え玉受験の件から連鎖的に全てが明るみになってしまうかもしれませんが。彼が鈴木大輔ではない事まで気付かれてしまったら、弁護士とパラリーガルという両者の立場を考えても、何のお咎めなしに済むとは思えません。これは終盤にどんな展開が待っているのか楽しみになってきましたね。 (30代・男性)

 

クライマックスを迎えつつあるスーツ。今回の相手は最強の弁護士。合併の案件を持ち掛けられたのだが、最強弁護士の策で、買収をされそうになります。しかし、甲斐(織田裕二)先生の起点の効く一手はホテルの売却で価値を探されるという、逆転的な発想。それで、買収をやめた最強弁護士とのやりとりには大変ハラハラしました。
またその父親がらなんと、鈴木(中島裕翔)先生の三角関係のひとり聖澤さんの父親というドタバタ劇にびっくりとしました。
また、過去の鈴木先生の替え玉問題もバレてしまい、今後の展開が楽しみになく形で終わり、また見たくなりました。

(30代・男性)

 

今回はリゾートホテルの合併についてでしたが、それとは別に真琴がメインの話で、もっと親子について触れた内容かと思いましたが、そこはサラッと大貴との関係性がメインでしたね。毎回新木優子ちゃんなど女性陣の衣装が大人可愛いのが好きで今回もとっても素敵でした!!毎度お騒がせな蟹江さん、またまたやらかしてくれましたが、どうしても憎めないです笑
毎回ある副音声、今回は女子2人で衣装の話や、女性目線での撮影の感想が聞けてよかったです。特に織田裕二さんに対して自分は取っつきにくいイメージだったので、中島裕翔くんとふざけたり、色んな音楽を休憩の時など流してくれたり、すごい良い人なんだなぁと感じました笑 (20代・女性)

 

スポンサーリンク

 

『SUITS/スーツ』第8話はどうなる?

 

第8話のあらすじ

 

甲斐(織田裕二)は、大輔(中島裕翔)、真琴(新木優子)らとともに、大手建設会社『烏丸建設』を相手取った集団訴訟に取り組む。この案件は、烏丸建設が一時期使用していた有害性塗料による健康被害を訴えた、原告団総勢462人の大きな訴訟だ。だが、一審で東京地裁は原告団の請求を棄却していた。

甲斐たちは、さっそく原告団代表の水原美咲(矢田亜希子)、佐藤鈴子(宍戸美和公)たちから話を聞く。そこで、一審を担当した原告団の弁護士が、裁判の直前になって過去のスキャンダルで叩かれ、ついには廃業にまで追い込まれていたことを知る甲斐たち。それには、烏丸建設の顧問弁護士――甲斐の後輩でもあるスタンリー法律事務所の畠中美智瑠(山本未來)が関わっているという噂もあるらしい。甲斐は、美智瑠が代理人となった過去の裁判を徹底的に調べるよう大輔たちに指示した。

一方、大輔とともに甲斐のサポートをしていた健斗(岩井拳士朗)は、膨大な情報を読み込んでいく大輔の姿に圧倒されつつも、真琴に向かってある疑念を口にする。健斗は、以前、大輔が「ダイキ」と呼ばれているのを聞いたことがあるというのだ。

そんな折、甲斐のもとに、突然、美智瑠が現れる。美智瑠は、甲斐たちが作成した原告団情報を含む社外秘の資料を持っていた。何者かから送られてきたのだという。それを受け、チカ(鈴木保奈美)は、蟹江(小手伸也)に情報漏えい者の調査を命じるが……。

(引用:フジテレビ公式サイト

 

スポンサーリンク

 

7話でいろいろと疑問に思う問題が出てきていて、見ている方にこれからどうなるのか?という興味を与えていると思います。主人公たちが所属している弁護士事務所のファームにはどんな秘密という、昔の話しが隠されているのか?その名前だけ存在している実態のわからない弁護士さんとはどんな弁護士で、なぜ今はいないのか?社長にファームを追い出されたのか?謎ばかりです。次回はそれらの話しには何かしら明らかになることが出てくるのだろうか?何があったのか気になります。また、パラリーガルの女性が解雇になるような予告を見ましたがそれもどういうことなのかなと思っています。 (40代・女性)

 

甲斐弁護士の今度の戦いは集団訴訟。原告は462人という膨大な人数。甲斐弁護士は奮闘するものの、窮地に立たされてしまいます。幸村からは、この状況をどうするのかとゲキを飛ばされ、甲斐弁護士がどう立ち向かっていくのかとても楽しみです。
鈴木弁護士と聖澤真琴の関係性もどうなるのか。両想いで良い感じの2人でしたが鈴木弁護士の嘘の件でヒビが生じてしまいます。また幼馴染の砂里が鈴木弁護士へ想いを告げてしまうという事でますます厄介な展開に。このまま距離が離れてしまうのか、または関係を修復する展開が待っているのかとても気になります。 (30代・女性)

 

大輔が過去に真琴の親友の司法試験の替え玉受験をしたことがバレテしまい。真琴がこれから大輔に対してどんな態度をとっていくのかが気になります。
もう2人の恋愛はないのかな?だいぶいい感じになってきたのに。真面目すぎる真琴が替え玉受験をしたことを許すとは思えません。
大輔は毎回、毎回、経歴詐称がばれそうになるのを、すんぜんで防いでいる感じですが、このまま隠し通し、立派な?弁護士になりきるのか?
甲斐との軽快なやりとりがよくて、このままいい相棒でいてほしいのですが、過去を消せない。過去は変えられない。嘘はいずればれてしまうのでしょうか?

(50代・女性)

 

鈴木大輔の替え玉受験のことが真琴に分かってしまった以上、真琴との関係はぎくしゃくしてしまうと思います。
二人の間には恋愛感情のようなものが芽生えつつあったので、このようなことが発覚してしまって残念です。

このまま鈴木は遊星の妹の方に行ってしまうのか、それとも新たな展開があるのかが気になります。

一方、甲斐は大人数の訴訟事件に関わることになりました。
勤務時の健康被害は大きな問題です。

この訴訟に勝てるかどうかで、損害賠償の有無も決まってきます。
しかし、それをどう立証していくのか、また、過去のスキャンダルをどう乗り越えていくのかにも注目していきたいです。

(50代・女性)

 

真琴に替え玉受験をした女性と付き合っているような誤解をされていたようなので、その誤解を解くために大輔が奮闘するのではないかと思います。しかしそればかりというわけにもいかないので弁護士の雑用などの仕事も引き続きするのでしょう。今回上村上杉法律事務所に上杉という弁護士がいたけれど今休職中だという話が出てきました。しかし話が出てきただけで上杉という弁護士の顔もどういう人物なのかということもわからずじまいでした。物語はクライマックスに向かって突き進んでいるので、次回あたりに上杉の回想シーンなどが出てくるのかもしれないと楽しみにしています。 (20代・女性)

 

見どころは鈴木先生が試験にとおるか、どこまで弁護士として活躍できるか、女性も頑張って勉強できるか、替え玉で合格した女性がどこまで頑張れるか。先行きどうなるのか、きじや先生の面接がどうなるか今後くじょうグループがどうなるのかかい先生とくじょうグループの人は、中が悪そうだけど今後良くなるのか。がどうなるのか合併が上手くいくのだろうか。代表に泣きつき考えを変えるように行ってきたがうんと言わない。この先代表がひじりざら先生と仲良くなるのか。売られた喧嘩は買えとかい先生は言ったけどどうなるか。代表とかい先生今後はどうなのか。まことさんもパパの会社に行くようになるのか。まことさんは弁護士になって鈴木先生と上手く言ってほしいと思います。この会社がどうなのか。誰も分からない。だから、この先気になる所です。 (20代・女性)

 

今回の展開で終盤に、ダイキの替え玉問題が聖澤にバレてしまいました。
そこから、恋の三角関係の行方と、ダイキの替え玉や詐称問題が、どのように関係してストーリーが展開されていくのかが大変楽しみです。
次回予告のシーンでは、聖澤が事務所を辞めるということになるらしい事、また、聖澤にサリとのキスを目撃される(サリが仕掛けたと思いますが)事が、どのように繋がっていくのか気になります。
ファームや甲斐弁護士の事件依頼の予告シーンが少なかった印象ですが、そちらの展開も含めいよいよクライマックスに突入するとのことで、次回も見逃せません。

(30代・女性)

 

大貴の個人的ピンチも気になるところですが、次回の甲斐は462人からなる原告団との大仕事が待っているようです。これほどの大規模な裁判となると甲斐一人では手が回らず、蟹江や大貴にもかなり助けてもらわないと上手くいかないのではないでしょうか? しかし蟹江は頼りになるんだかならないんだかよく分からない男ですし、大貴も過去の事で取り込み中。それに真琴も試験勉強に加えて大貴絡みで色々と思い悩んでいそうですから、ファームはかつてない程にガタガタな状態になっているかもしれません。そんな中で甲斐が皆をどうまとめ上げていくのかに注目です。 (30代・男性)

 

幸村・上杉法律事務所となっている過去の共同代表の上杉が今後現れるかもしれず、ひと波乱がありそうな気配がします。また次回は集団での訴訟。原告が462人もいるという大ピンチな状況に甲斐(織田裕二)先生はどう立ち向かっていき、解決をしていくのかが楽しみです。また過去に鈴木(中島裕翔)と争った同じ大学の後輩との戦いも魅力になりそうな気配がしますし、ただでは終わらない感じが好きです。
また聖澤さんがファーム(弁護士事務所)のスパイ容疑で解雇されるかもしれない展開になり今後の鈴木先生の三角関係はどうなっていくのか、いい形で結ばれて欲しいと願うばかりです。

(30代・男性)

 

8話は大手会社を相手にした集団訴訟の原告側ということで、相手がくろ〜い存在かも!?と思うと、それを甲斐先生や大貴がどう対応していくのか楽しみです。毎度痛快に叩きのめしてくれますが、今回も気持ち良く終わるのか??ドキドキして見ています!そして、どんどん話が毎回少しずつ大貴の正体がバレそうになりヒヤヒヤしますが今回も避けられるのか?そして毎度ながら女性陣のファッションも楽しみです!!また、副音声も次は誰になるのか?毎度役とは関係ない組み合わせもあるので、やり取りのない同士の話を聞けるのも楽しみですね! (20代・女性)

 

まとめ

 

大貴の秘密が明るみになりましたが、今後への影響が気になりますね!

次回第8話、見逃せません♪

 

↓SUITS/スーツの見逃し動画をお探しの方はコチラ♪↓


スポンサーリンク

-2018秋ドラマ, SUITS/スーツ
-, , , , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2019 All Rights Reserved.