2018秋ドラマ ドロ刑

ドロ刑7話あらすじ・ネタバレ!みんなの6話感想や評価・評判をチェック♪

更新日:

ドロ刑第7話あらすじやネタバレ予想!第6話の感想や評判評価も!

 

2018年の秋ドラマ。

毎週土曜日の夜10時からは『ドロ刑-警視庁捜査三課-』です♪

 

この記事では、『ドロ刑-警視庁捜査三課-』の第6話の放送を見た人の感想や評価を集めています!

続く第7話のあらすじや、みんなの予想や期待などもチェックです♬

 

↓『ドロ刑』の見逃し動画をお探しの方はコチラ♪↓

CHECK!
ドロ刑-警視庁捜査三課-の動画を無料で視聴する方法
ドロ刑-警視庁捜査三課-の見逃し配信フル動画を無料視聴はこれがベストです!

  2018年10月スタートの秋ドラマ。 毎週土曜日の夜10時からは『ドロ刑-警視庁捜査三課-』です!   この記事では、『ドロ刑-警視庁捜査三課-』を見逃してしまった人のために、 ...

続きを見る

 

 

『ドロ刑』第6話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第6話の振り返り

 

勾留中の被疑者を現場に連れて行き犯行の経緯を説明させる“引き当たり捜査”を鯨岡くじらおか(稲森いずみ)から命じられた斑目まだらめ(中島健人)は、自分への期待にプレッシャーを感じる。しかし、実際には車の免許を持っていない美希みき(石橋杏奈)を補佐するための運転手兼写真係だと知り意気消沈。早速いつものバーに行き、雑用係を押し付けられたことを煙鴉けむりがらす(遠藤憲一)に愚痴る。窃盗犯と泊りがけで地方に行く今回の引き当たりをお気楽旅行だとナメる斑目に煙鴉は、被疑者の人間を見るチャンスだが、逃亡の危険も伴う、と忠告するが…。

斑目たちが担当するのは、万引きの初犯でスーパーで捕まったところ、被害総額1500万円にのぼる65件の窃盗の余罪を吐いた専業主婦の鳥飼和子とりかいかずこ(余貴美子)。鍵のかかっていない家を鋭く見つけ出して空き巣に入る“無錠の空き”と呼ばれる窃盗犯で、和子の犯行を全く知らなかった夫はショックからか入院しているという。捜査には皇子山おうじやま(中村倫也)と瑤子ようこ(江口のりこ)も補助として同行することに。

そして、和子が合流し、斑目たちの車は犯行場所の長野へ。緊張で固まる美希と気の抜けた斑目の様子を観察していた和子は車内で朗らかに話しかけ、会話の主導権を握る。現場に着き、記憶力のいい和子の供述で捜査は順調に進むと思われたが、突然住人が和子に罵声を浴びせ…!
一方、東京の煙鴉はある男からなぜか皇子山に関する資料を受け取っていた。そして、何も知らずに和子の引き当たりを続ける斑目たちのまわりを怪しい人影がつけ狙っていて…。

そんな中、和子を悪い人とは思えず隙を見せる斑目は、和子が犯罪に手を染めた身の上を聞き、気の毒に思う。報われない人生の中やっと出会った夫の連れ子だった娘との関係がうまくいかず、盗みをしている時だけ気が紛れたという和子に同情する斑目は、窃盗症(クレプトマニア)なのでは、と皇子山たちに話すが…。
その頃、13係では、細面ほそおもて(野間口徹)たちが和子の意外な経歴に気付き、捜査を案じていた…。果たして、腹の底の知れない和子の本心と狙いとは!?さらに、斑目たちに予期せぬ危険も迫っていて…!!

(引用:日本テレビ公式サイト

 

スポンサーリンク

 

さまざまな愛情を感じました。夫婦の愛や、母から娘への愛、警察官斑目から容疑者への思いやりの愛、煙烏から13係への愛です。夫婦での愛は、夫が盗みを働いて犯した罪を妻が肩代わりし、肩代わりした理由は再婚相手であった夫の連れ子である娘に辛い思いをさせないためというものでした。6話では、警察官は犯行の真実を突き止めただけでなく、家族の関係を修復させました。これはドラマだからありえることかもしれませんが、警察官と容疑者が信頼関係を結び、真摯に向き合ってきたからこそ気づくことが出来たことだと思います。一方警察官は感謝されることもありますが、恨みを買うこともあります。さまざまな心に向き合うのはとても大変だと思いました。 (20代・女性)

 

今回はいろんな展開があり全体的に見どころの多かったです。まず新米の2人を取り込むように話す犯人に、心を許していく2人、最初は騙されて終わるのだろうなと思いましたが、見ていくたびにん?と悩ませる感じのシーンが多かったです、もしかしたらこの犯人はいい人なのか?と自分も思ってしまったほどです。その矢先に逃亡シーンがあり、やっぱり憶測に過ぎないかと展開を読みながら見ていたので少し残念でした。そのあと班目が何かに気づきものすごい勢いで警視庁に戻るシーンで、何かプラスの展開がと!その展開通り夫をかばって自分を犯人にした彼女になんとも不思議な感情を湧きました。 (20代・男性)

 

SexyZone中島健人が演じる斑目が遠藤憲一演じるけむりガラスと手を組み事件を解決するところがこのドラマの見どころ。今回は、余貴美子さんが演じる頭脳明晰で相手の心を操るのが上手な犯人役として登場する。犯人は斑目やほかの刑事をどんどん騙して逃亡する機会を探っていたが、結局は、逃亡することができなかった。最終的には、子供思いな母親として幕は閉じた。今回も斑目やほかの刑事の危機を救ってくれたのは、煙ガラスだった。わたしは、煙ガラスには何か裏の顔があると推測しています。早く次の回が見たいと思っています。 (10代・男性)

 

今回の捜査は犯行の裏付けを行う「引きあがり捜査」が舞台。被疑者は鳥飼かずこ、普通の専業主婦であった。犯行は空き巣に入り窃盗を繰り返す凄腕であったが、表なことに万引きで逮捕された。今回もお調子者だけと、凄く優しい班目は鳥飼の姿に不信に思う。捜査を進め、以前鳥飼が務めていた支店で同僚と遭遇し、急に逃走を図った。そして、最後の捜査を終え帰ろうとした傍に、小平に襲い掛かる男から小平を守った。
そこで、いつものように煙鴉は班目にヒントとなる言葉。いつもながら、煙鴉の匠さ、そして班目の才能にはびっくりさせられる。
この窃盗事件の真実は、過去の窃盗の犯人は鳥飼の夫であり、それに気づいた鳥飼は、夫、娘を守るために感謝の気持ちから自ら犯行を行い、罪をかばったと!!まさかの展開!毎回、煙鴉の一言一言が奥深いなと思っていたが、変に感動してしまった。
結局、夫は膵臓癌の末期であり逮捕されず、何も知らなかった娘は真実を知り、両親と再会。家族みんなで最期のときを過ごすこととなった。

(20代・女性)

 

主婦の鳥飼和子がスーパーで万引きして逮捕され、調べると「無錠の空き」と呼ばれる大物の窃盗犯だと分かり、斑目達が引き当たり捜査をする展開でしたが、落ち着いた態度に斑目や美希を軽くあしらったり、大学の心理学科を主席で卒業していた過去等、怪しい雰囲気タップリでしたが、実は入院中の本物の「無錠の空き」の夫に成り代わり捕まった真実には驚きました。(先週の予告だと誰かの為にでは無く、警察に捕まっている誰かに会う為に捕まったのかなと予想していたので)その動機となった理由も疎遠になっている夫の連れ子の幸恵と愛する夫の修との楽しい家族関係を持たせてくれた事に感謝しての事だったと分かり、そんな切なくて深い愛情を感じた6話でした。 (40代・男性)

 

6話の最初を見たとき、今回の窃盗犯は大物女窃盗犯か?と思いましたが、ドラマを見進めていくとどうやらいろいろあるらしくて、簡単なストーリーではなかったようです。他人の心の中までは分からないのだなと思った感想が強いです。普通、刑事だったらやっぱりプロの窃盗犯のことは窃盗犯としてしか扱わないのだろうと。だからベテランの刑事さんの方が正しいのではないか?と思いましたが、実は新人刑事の方が本当のことに気づくことができたとは。人の心の中ほど分からないものはないということだなと思いました。また主人公は成長できたのでしょう。 (40代・女性)

 

被疑者を現場に連れて行き犯行の手口を説明させる「引き当たり捜査」を鯨岡から命じられた斑目。
免許の無い美希を補佐する運転手兼写真撮影係をだと知り煙鴉に愚痴る。
引き当たり捜査を気楽な旅行と考えてる斑目に煙鴉は忠告する。
被疑者の人格を見れるのと同時に逃亡する可能性もあるという事。
斑目達の担当は、万引き犯の初犯で捕まった後に65件もの余罪を自供した専業主婦の和子。
鍵のかかっていない家を見つけて入る「無鍵の空き」の窃盗犯だった。
行動を共にすると美希と斑目は窃盗犯の和子に心を許してしまう。
読みは当たっていて和子は病気の夫の身代わりとして窃盗犯で捕まったのだった。
今回も斑目の人の良さが出ていた話だった。
美希のど天然っぷりも気になるが皇子山の怪しさも気になる。

(50代・女性)

 

家族のためにわざと捕まるなんて本当に家族が好きなんだなと思いました。実際自分は泥棒をしていないのに家族のためにウソをついて、被害者からなに言われても我慢してすごいなと思いました。心理学部卒業しているということから窃盗症を演じて刑事を騙して脱走すると思っていました。実際に脱走するシーンがあったのでやっぱりと思ったのですが、本当は夫の罪をかぶっていたことが分かってびっくりしました。娘とも関係が上手くいかなかったから余計に自分が捕まればと思ったんだなと思いました。家族を思っていても言葉にしないと伝わらないと思いました。最後には家族みんなが笑顔になっていたのでよかったと思いました。最後のコースターの裏に書いてあった言葉になんと意図があるのなかと思いました。 (20代・女性)

 

今回は余貴美子さんがゲストでした。いかにもな感じのうらぶれた主婦役、似合いますね。いい味出してます。班目くんとも仲良くなっちゃって、まああの人はいつも犯人と仲良くなっちゃうんですけど・・。まんまと取り込まれる感じ、嫌いじゃないですけどね。刑事が犯人とどう向き合うのか、すごく難しいテーマだと思いました。犯罪心理も理解しないといけないし、だからと言って同情して利用されてはいけないし。班目くんは人の心に寄り添うのが得意なので、これからいい刑事になるんじゃないでしょうか。皇子山さんもめちゃくちゃかっこいいですね。コミカルなところもあれば、凄くシリアスなところもあって怖いくらいです。今後煙鴉さんとどのような展開になるのか、楽しみです。 (20代・女性)

 

 引き当たり捜査を初めてする事になった班目でしたが、なかなか気合が入りません。
自らは雑用をさせられる事になったのもありますが、捜査の先行きが心配になりました。
被疑者である鳥飼に案内されながらの捜査になりましたが、被疑者に主導権を握られていました。
初めて経験である班目と美希は鳥飼に同情するようになりますが、上手く騙されていました。
彼女は心理学を学んでいる事が分かりましたが、2人を上手に心を掴んでいたのは凄いと思いました。
凄さを感じながらも、人の気持ちを揺さぶる駆け引きに怖さすら感じます。
班目は事件の真相を突き止めて、見事に事件を解決に導きました。
疑問や気になる事を徹底的に考えていました。納得するまで捜査をする姿勢は以前に比べて、成長してると思いました。

(30代・男性)

 

スポンサーリンク

 

『ドロ刑』第7話はどうなる?

 

第7話のあらすじ

 

窃盗事件が多発している病院に潜入捜査をすることになった13係。斑目まだらめ(中島健人)と美希みき(石橋杏奈)は潜入捜査のスペシャリスト・瑤子ようこ(江口のりこ)の指揮のもと、看護師と研修医に扮して病院へ行くことに。内部犯がいる可能性も考慮し、院内で潜入捜査が行われるのを知るのは外科部長の安斎あんざい(神保悟志)と看護部長の鬼塚おにづか(猫背椿)の二人だけ。他の医師や看護師に潜入捜査がバレないか緊張する斑目だが、瑤子は堂々と他大学から来た医師になりきり、斑目を驚かせる。清掃員に扮した勝手田かってだ(丸山智己)や外来患者のふりをした左門さもん(板尾創路)など13係のメンバーが潜入捜査をする一方、見舞客のふりをして病院に紛れ込んだ窃盗犯“カメレオンの卓”こと米田卓三よねだたくぞう(半海一晃)は院内を悠然と物色していて…。

そんな中、最近斑目の前から姿を消した煙鴉けむりがらす(遠藤憲一)の逃亡を警戒する皇子山おうじやま(中村倫也)は、鯨岡くじらおか(稲森いずみ)に家のガサ入れ(=家宅捜索)を提案するが、なぜか鯨岡は病院での窃盗捜査に専念するようにとガサ入れを認めず…。

院内で具合の悪くなった入院患者の文子ふみことその夫・源蔵を助けて感謝された斑目は、文子が院内で結婚指輪を盗まれたことを知る。元気のない二人に同情する斑目だが、元気がないのは窃盗被害のせいだけでなく、黒い噂の耐えない安斎が手術を担当するためだと相談される。

その頃、応援に現れた皇子山は瑤子から、安斎が窃盗によるデータの漏洩がないかを心配しておりフォローしてほしいと頼まれていた。皇子山は、院内に知り合いの医師がいるようで…。
そんな中、偶然卓三の犯行現場に居合わせた斑目は現行犯逮捕の大金星を上げる!卓三が余罪を吐き、一件落着と思われた矢先、看護部長の鬼塚が、斑目と瑤子に思いもよらない告白をして事件は急展開を迎える…!!

(引用:日本テレビ公式サイト

 

スポンサーリンク

 

煙烏が最後に残したGood byeというメッセージがすごく気になります。もともと煙烏は斑目を一人前の刑事にするために協力をしているということでした。斑目の元から去るということは、斑目が一人前の刑事になったということなのか、それともこれ以上斑目との関係を深めることを危険と判断したのか、はたまた他に理由があるのかとても気になります。また、5話で煙烏に情報をながしていた男がこの先も登場するのか、また何者なのか気になります。そして人殺しと言われていた煙烏はなぜ人を殺したのか、真相が少しでも明らかになればと思います。 (20代・女性)

 

6話の最後のシーン、煙鴉が最後に残したgoodbye意味深なメッセージについに煙鴉は班目の前から消えてしまうのか?このあとの展開は?と今でもそわそわしています。それと6話中盤の皇子の被疑者と一線を超えるなというセリフも今後の展開の鍵を握っているのではないかと思います。7話はまたも潜入捜査、前回の反省を活かし班目はどういった戦法で犯人を捕まえるのか?持ち前のマイペースを存分に出して、また仲間を撹乱させていくのか?見た感じ病院の潜入捜査なので、セクハラや着服などが犯人の目星なのか?たまに見せる班目の間ってやつを楽しみにしてます。 (20代・男性)

 

次回は、内容はどうなるかは不明だが、斑目が所属しているメンバーの1人の皇子山刑事は煙ガラスがどのような人物かを把握していると思われる。毎回、皇子山は煙ガラスを逮捕しようと必死だが、逮捕できずにいる。その2人の争いにも注目してほしい。6話は、煙ガラスはそこまで行動を示さなかったが、7話では煙ガラスの行動にも注目してほしい。また、ジャニーズ好きの女性は是非見てほしいと思っています。SexyZone中島健人のキャラ設定がとても面白い。バーで煙ガラスと談笑してる場面がよくあらます。そこでの酒に酔った喋り方がとてもかわいい。 (10代・男性)

 

第6話最後に、煙鴉はいつものバーで班目とお酒を飲み交わしていたが、急に姿を消し、コースターには「good bye」と書かれていた。皇子山のことを調べ始めていることに加え、日々成長する班目に距離を置こうとしているのか?煙鴉の行動にも注目の予感!?そして、感が働く班目の行動にも注目かもしれない。
そして第7話の予告編では、白い巨塔となぞらえた病院での潜入捜査が舞台。病院職員として働きながら捜査を行う。「手術ミスを公に?」と誰かが言葉を発していたが、これもまた予想がつかない展開となりそうでとても楽しみである。 (20代・女性)

 

次回は3話に続いての潜入捜査再び!の様ですが、病院内で起こった手術ミスを暴くために、13係の面々が医者や看護師に成りすまし、調べる事になるが斑目は何をすればいいのか分からない。しかし持ち前の動物的な直感力で、意外な真実へと辿り着く斑目だった。との様な内容が予想されますが、今回の様な泣ける真実が医療ミスの裏にある事に期待して見たいと思います。更には皇子山と煙鴉の因縁(今回は前回のラストでの二人の因縁が見られなかったので)の続きが気になっていて、煙鴉に殺された皇子山の大切な人のいきさつにも触れるエピソードがあるのにも、期待して見たいとも思っています。 (40代・男性)

 

次回は、白い巨塔に潜入捜査とは。なんだか現実にはありそうも無い潜入捜査だなと思いましたが、少し面白そうだなとも思えて興味がわきます。またきっと主人公は失敗と勘違いをしながら、それにもめげずに、そしてきっとケムさんの力も借りて潜入捜査をやってのけるのかな?とおもいます。しかし、病院に潜入捜査とは?いったいどんな事件なのだろうか?病院自体が疑われているのか?病院に勤務している誰かのことを調べているのか?次回の予告ではあまりよく分かりませんでした。でもその分どんな事件なのか次回に楽しみをつなげられていいかなと思います。 (40代・女性)

 

やはり斑目の仕事っぷりが気になります。
人が良いのが吉と出るか凶と出るかという感じですね。
刑事として成長していくのかな?
ここまでの回も全てにおいて人の良さが刑事として如何なものかと思ってました。
煙鴉の存在が彼を成長させてるし大きな物である事に間違いは無いのですが
煙鴉もそろそろ正体がバレて来るのか。
彼は犯罪者なのだろうか?
真逆で警察のトップの回し者とかなのか…。
原作を知らないのでこれからの展開が気になります。
皇子山の事も気になります。
彼も何か闇を抱えているのかただ変わり者なのか分かりません。
煙鴉との経緯なんかも楽しみですね。

(50代・女性)

 

病院内で起こっている窃盗についての話になっています。今までは刑事として捜査していたが、次は院内に潜入しての捜査なのでみんながどんな感じで潜入するのかが楽しみです。犯人は捕まえることはできるけど、病院の外科部長には悪い噂があるらしくてそのこともとても気になります。外科部長と看護部長には秘密があるようなので楽しみです。皇子山も知り合いがその病院にいて気になることがあるようでそれも関係しているようなのでどんな展開になっていくのか楽しみです。6話の最後でコースターの裏にgodbayと書いてあり煙鴉がいなくなっていました。これからどうなるのかとても気になりました。 (20代・女性)

 

今回のラストシーン、コースターに『GOODBYE』のメッセージには何故かヒヤリとしました。煙鴉さんとの別れが近づいているってことなんでしょうか・・?せっかくいいコンビなのに、そんなことになったら班目くんもさみしいでしょうが視聴者もさみしいです。どうも皇子山さんと煙鴉さんには何か切っても切れない縁があるようだし、最後には煙鴉さん、捕まっちゃうんでしょうか。というか班目くんが捕まえなきゃいけない状況になったりして。嫌な予感がします。次回は病院に潜入捜査するようですが、看護師姿の班目くんもいいですね。普通に看護師やってそうなくらい似合ってます。むしろ刑事より合ってるかも。次回も期待しています。 (20代・女性)

 

 13係の班目達は事件を解決するために病院に潜入捜査をする事になりました。
病院内で窃盗が相次いだため、職員として潜入しますが果たして捜査は進んでいくのでしょうか。
斑目と美希はまだまだ経験が浅くて、新鮮な事が多いと思いますが、どんな事をするのか期待しています。
捜査を進めていく中でどうやって事件解決の糸口を見つけるのか楽しみです。
煙鴉は班目の事が心配で再び近くで色々と手助けをしていくはずです。
今度はどんな形で班目を助けて、事件解決に進めていくのか気になります。
班目は捜査を重ねる度に刑事らしさが出てきますが、再び成長する部分が見れるのを楽しみにしています。

(30代・男性)

 

まとめ

 

次回は病院へ潜入捜査!

第7話にも期待しましょう♪

 

↓『ドロ刑』の見逃し動画をお探しの方はコチラ♪↓

CHECK!
ドロ刑-警視庁捜査三課-の動画を無料で視聴する方法
ドロ刑-警視庁捜査三課-の見逃し配信フル動画を無料視聴はこれがベストです!

  2018年10月スタートの秋ドラマ。 毎週土曜日の夜10時からは『ドロ刑-警視庁捜査三課-』です!   この記事では、『ドロ刑-警視庁捜査三課-』を見逃してしまった人のために、 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

-2018秋ドラマ, ドロ刑
-, , , , , , , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2019 All Rights Reserved.