仮面ライダー 特撮

仮面ライダーゼロワン29話あらすじ・ネタバレ!28話の感想・評価評判もチェック♪

投稿日:

仮面ライダーゼロワン第29話あらすじやネタバレ予想!第28話の感想や評判評価も!

 

2019年9月1日、令和最初の仮面ライダーがいよいよ放送開始!

『仮面ライダーゼロワン』です。

今回の敵はなんと人工知能AIロボ「ヒューマギア」。

新しい時代らしい世界観ですよね!

もともとは様々な現場で従順に働いていたヒューマギアが、心無き存在に悪用されてしまい暴走する事態に…!!

自分の仕事は「人類滅亡」だと学習してしまうのです!

 

そんな彼らを倒す唯一の手段、「ゼロワンドライバー」と「プログライズキー」。

ただ一人、この使用権限を持つ飛電インテリジェンスの新社長「飛電或人」が『仮面ライダーゼロワン』として戦います!

ヒューマギアと平和に共存できる未来はやってくるのでしょうか…??

 

この記事では、『仮面ライダーゼロワン』の第28話を見た人の感想や評価評判を集めました。

また、続く第29話のあらすじやみんなの予想もアンケート!

ぜひ最後までチェックしてくださいね♪

 

 

 

『仮面ライダーゼロワン』第28話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第28話の振り返り

「お仕事五番勝負」の最終戦は、ヒューマギア自治都市構想を巡る住民投票で支持を得るための演説対決となった。ザイアは市会議員の由藤(大塩ゴウ)を起用し、ヒューマギア廃絶を強力に訴える。

対する或人(高橋文哉)も政治家ヒューマギアで対抗しようとするが、ヒューマギアは政治家になることを禁じられているため“政治家ヒューマギア”は開発されていない。イズ(鶴嶋乃愛)はラッパーヒューマギアのMCチェケラ(副島淳)で勝負を、と提案する。

暴走するヒューマギアの危険性を訴える由藤が確実に支持を広げていく一方、チェケラはフリースタイルで若者の心を確実につかみ大健闘。勝負は互角の展開となる。

滅亡迅雷.netの行方を追う諫(岡田龍太郎)は、レイドライザーが滅亡迅雷.netに盗まれた証拠を見せろ、と垓(桜木那智)に迫るが、逆に垓から諫と唯阿(井桁弘恵)には仮面ライダーに変身するための人工知能搭載チップが埋め込まれている事実を知らされる。

垓に「実験体」呼ばわりされ、怒りを露わにする諫はバルカンに変身するが、サウザーの力に圧倒される。が、そこへライダー滅が現れ、バルカンを守るようにサウザーに攻撃。「なんで俺を庇った」を聞く諫に、滅(砂川脩弥)は「それがアークの意思だからだ」と答えて姿を消す。

或人とチェケラは由藤が賄賂を受け取っている現場を抑えることに成功。テレビの公開討論会でチェケラは映像とともに由藤の悪行を暴露する。一気にチェケラの支持が上昇するが、由藤はザイアスペックを使い濡れ衣だと主張。証拠となる映像を提示し、チェケラの映像をフェイクだと言い放つ。

由藤の卑劣な行動にチェケラの怒りが爆発。或人の制止を無視して勝手に由藤を激しい言葉で非難し始める。垓はここぞとばかりにゼツメライザーをチェケラに渡して挑発。チェケラはドードーマギアに変身してしまう。

或人はゼロワンメタルクラスタホッパーに変身。ドードーマギアをチェケラに戻そうとするが、サウザーに邪魔をされると、唯阿が変身したファイティングジャッカルレイダーにドードーマギアは撃破されてしまう。垓は周囲の人々や視聴者に向かってヒューマギアの危険性を訴えると、ザイアの力とレイダーの性能を誇示する。

チェケラの暴走と事態を収束したザイアを目の当たりにした市民は、一気にザイア支持へ。孤立したゼロワンは言葉を失い立ち尽くす。

一方、諫は迅(中川大輔)から滅を助けるために諫のチップをハッキングしたことを知らされる。そして、もう一人解放しなければならない仲間がいることも…。迅からその仲間が諫である映像を突きつけられた諫は、あまりのショックに言葉を失う。
「違う…俺じゃない…!」

(引用:テレビ朝日公式サイト)

 

スポンサーリンク

 

 

第28話を視聴した人に感想を募集しました♪

今回のストーリ展開をみなさんはどう見たのでしょうか?

※感想は集まり次第随時更新していきます!

 

20代女性

今回は五回戦、飛電インテリジェンスとZAIAエンタープライズのお仕事五番勝負が始まります。
今回の勝負中にレイダーに変身するのが、今まで或人達を助けていた、唯阿さんだったのでかなりのショックでした。
ただファイティングジャッカルレイダーは、見た目がアヌビス神のようでカッコいい印象を受けました。
ZAIAの垓社長が言っていた、脳内にチップを埋め込んでいたと言う、二人の今後が気になります。

今回の勝負では「演説対決」です。
飛電インテリジェンス側が演説に、ラッパーヒューマギア「MCチェケラ」で対抗しようとするのは、新しい時代、令和ならではの発想で良いと思います。
ただしMCチェケラは少々乱暴な言動が目立ち、乱暴なヒューマギアだと人々に認定されてしまったのは、飛電インテリジェンス側に痛手があるのは間違いありません。

 

20代男性

「お仕事五番勝負」の最終戦、不破諫の秘密、刃唯阿のジャッカルレイダーへの変身など、今週は見どころが盛りだくさんでした。
「お仕事五番勝負」最終戦は何になるかと思えばまさかの演説対決。しかし、最終的に世論に決着を決めてもらおうという論理はなかなか自然で、最終戦に相応しいのではないでしょうか。MCチェケラもまたクセになる面白いヒューマギアでした。ただ、AIなのにかなり短気な性格なのはいかがなものでしょうか。今回の暴走はだいぶチェケラの性格に問題があったように感じてしまいました。現実ではAIに音楽などの芸術活動をさせるのはまだ難しいようですが、将来的には彼のようなAIも誕生するのでしょうか。
一方で不破は滅亡迅雷.netと絡みの中で、頭にチップが入っていて迅にハッキングされていたというとんでもない事実が発覚し、一人で大変なことになっていました。不破は唯阿がいなくなってからいつも一人で抱え込んでいてちょっと可哀そうです。唯阿は唯阿でレイダーに変身という衝撃展開でした。今までのレイダー同様怪人枠にしては以上にかっこよかったです。
「お仕事五番勝負」終盤に相応しい盛り上がりで面白かったです。

 

30代男性

お仕事5番勝負の最終戦(と言っても既にルール無茶苦茶なんですが・・・)となりましたが、政治家の汚職に信じられないみたいな事言ってる或人はそんなの日常茶飯事で誰でも知ってるような事なのに、世間知らずどころじゃない気がしましたが・・・(それで社長成り立ってるあの世界って一体・・・)。
今回不破が実は脳内チップを入れられてたのが明かされ、レイドライザーをバラまいていたのもハッキングされた不破だったのが明かされましたが、あの女性みたいな声は何だったのでしょうか?(ただのフェイク?)ついでに刃は言うほどショットライザーで変身してなかったのがなんともと思いました。

 

40代男性

遂にお仕事5番勝負の最終戦「演説対決」だが、ヒューマギアに政治家がいない!と言うのがロボット3原則からなるほどと言うところ。
政治家の悪いところがわかりやすい「越後屋」や「サクラ」で表現されていたが、実際もっと巧妙に行われているし、政治家の逃げ道はうまく用意されているし、
また世論も情弱を扇動して有利になるよう操作するってあたりがうまく縮図として面白く表現されている。
ラッパーヒューマギアの怒りがもっともすぎて遣る瀬無い気分になっちゃう。
ライダーバトルやは久々のバルキリー登場の上に新フォームジャッカルレイダー!て言うかアヌビス!つえぇ〜!
バルカンは完全に噛ませ犬状態だが新フォームへの布石と思えばなるほどのやられっぷり。
滅も復活してライダーバトルも混戦の様相だが三つ巴の混戦っぷりも佳境となってきた。

 

30代女性

お仕事5番勝負(いつまでお仕事対決しているのか、ツッコミたくなりますが、子供たちには関係ない、ヒーロー大人気企画)。今回は選挙。つまり、人間の由藤か、AIかどちらが世の中を天下泰平に治めて、効率よく世の中の社会がまわっていくのか、が中心となるところ。決まってAI側が人口減少&高齢化をメイン主張としてぐいぐいAIに社会を切り替ええようと、ラップも交えて選挙合戦の開始。しかし肝心なとこでヒューマギアは選挙人の禁止があるため、ラッパーヒューマギアを起用。コミカルな選挙、ギャルも登場してお堅い選挙はそっちのけの展開。若者をくすぐるのは、ラッパー。でも地に足ついた選挙をしたいなら由藤という展開の互角。

 

30代男性

今回はヒューマギア運用実験都市であったデイブレイクタウン再建に対する投票に向けた演説対決となりました。ZAIAは当然反対派として政治家に協力、飛電インテリジェンスは政治家ヒューマギアは開発していないためラッパーヒューマギアで対抗します。支持率は互角であったものの、公開討論で相手政治家の不正を告発したものの逆にフェイク動画とされたことでヒューマギアが暴走、それをZAIAが納めるということで支持が完全に反対派に傾いてしまいました。ヒューマギアへのハッキングは日々強化されているとされていますが、人間に悪意がある限りヒューマギアの 暴走は完全に防ぐことが出来ません。果たしてお仕事五番勝負の結末はどうなるのでしょうか。

 

30代男性

いくつかの伏線がありとても楽しめました。エイムズの不破の頭にメモリーが埋め込まれていたこと、アークの意志で滅亡迅雷.netが不破を助けたことなど今後に繋がるような展開がありました。ラストシーンで迅が不破に見せていた映像も気になります。今後が楽しみになるような伏線が多くあり見応え十分でした。ライダー同士の戦闘シーンも楽しめました。相変わらず仮面ライダーサウザーの強さは際立っています。ゼロワンのメタルクラスタホッパーフォームの方が強そうに思いますが、なかなか簡単にはいかないようです。続きを早く見たいです。

 

40代男性

ゼロワン28話 正直意味のわからない住民投票でのお仕事最終勝負で幕開けですね。既に一般社会で活動している中での廃墟都市の再開発。ヒューマギア自治区としてとしても1議員でやるようレベルでは無いような気がします。
ギャグ回と言う事にしても、ラッパーのヒューマギア(チェケラ)におまけのヒューマ「ギャル」には違和感。そして、グッズ売は人間・・・。
チェケラは最初からシンギュラリティに達していたように言うこと聞かず、自ら変身してしまいました。こんなヒューマギアは私も要らないと思います。そんな中、イズのお笑いラーニングは韻語まで理解し、滑った元お笑い芸人をラップの決めポーズで盛り上げる程成長してます。
ラーニングの成長では、何もパワーアップしていないのに、サウザー相手に優勢な戦う滅もかっこ良かったです。
気になるのは不破くん。亡なんでしょうか。以前迅から亡は不破のすぐ近くにいるかもと言われて、ユアかな?とも思ってましたが、不破に埋め込まれたチップの中ぽいですね。不破くんの話が、お仕事対決より面白くなってきました。

 

 

『仮面ライダーゼロワン』第29話はどうなる?

 

第29話のあらすじ

 MCチェケラ(副島純)が暴走、唯阿(井桁弘恵)が変身したファイティングジャッカルレイダーに倒されたことで人々はZAIA支持に回ってしまった。孤立し戦意を喪失したゼロワンメタルクラスタホッパーは、勢いづくサウザーに圧倒されるが、そこへバルカンアサルトウルフが割って入った。

自分が滅亡迅雷.netの亡だと疑念を抱く諫(岡田龍太郎)=バルカンは「お前が仕組んだんだろう!」とサウザーに銃を向けるが、サウザーは自分に忠誠を尽くせとバルカンにゼロワンを倒せと命令する。

諫=バルカンがそんな命令に従うはずなどない…。しかし、そんな或人(高橋文哉)=ゼロワンの思いを裏切り、バルカンはゼロワンに銃を向けて…!?

(引用:テレビ朝日公式サイト)

 

スポンサーリンク

 

 

次回は第29話。

予告やあらすじをみたみなさんの展開予想、楽しみにしている見どころポイントを聞いてみました!

※次回放送へのみんなの期待は、今後も集まり次第随時更新していきます♪

 

20代女性

いよいよ飛電インテリジェンスとZAIAエンタープライズの戦いのクライマックスになります。
果たして演説対決に勝つのはどちらの会社なのでしょうか。
MCチェケラの暴走で一気にZAIA側の支持率が上がり、逆転しようと或人達はあがこうとしています。
賄賂を使っていた、由籐正光には何かしら制裁が下されたらスッキリします。

今週、滅亡迅雷.Netの「迅」に見せられ、仲間であった謎のフードの「亡」の素顔は不破だったことが発覚します。
不破自身がその映像を見てしまいました。
自分が滅亡迅雷.netの仲間かもしれないと疑う不破であります。
ゼロワンに対立するサウザーが、不破を利用し、仕掛けてくることになります。
来週は今週のどうにもできなかった感を、なんとか解決してほしいと思います。

 

20代男性

29話ではついに長かった「お仕事五番勝負」に決着がつくのでしょうか。物語としては大どんでん返しで飛電が勝利して欲しいところですが、ZAIAが勝ってそのままラスボス化なんてこともありそうです。ZAIAは巧妙にヒューマギアが危険だと世間にアピールして「仮面ライダー」の軍事需要を作ろうとしていますが、或人は「ヒューマギアな夢のマシン」という意味のことをひたすら主張するだけで、具体的な根拠を示していないのが気になります。視聴者は序盤のお仕事巡りの中でヒューマギアの可能性については沢山見ていますが、物語の中の人は皆その事実を認識できているのか疑問です。また、28話では久しぶりに或人が社長の仕事をしている描写がありました。或人は夢を語ったり敵に翻弄されている描写が多いので、今後こういった描写や主張をしてくれるともっとかっこいい主人公になるのにと思っているので、29話や今後に期待しています。
そして、なんといってもバルカンの新しい姿のお披露目回です。アサルトの時から全身青色でだいぶごつくなっていたので見た目的には大きく変わった印象は受けませんが、どういった活躍をするのか楽しみでしょうがないです。

 

30代男性

次回はお仕事勝負完全決着のようで(正直かなりどうでもいいんですが・・・)、天津にハッキングされた不破が天津に操られてゼロワンに銃を向ける中・・・という流れになりそうですが、今まであまり或人と不破の間に絆みたいなエピソードがなく、そのあたりの葛藤が期待できないのがなんともという印象です。
バルカンの新フォーム「ランペイジバルカン」初登場(1か月くらい前に地上波でやったザ・ロック様主演の怪獣映画みたいな名前ですが)という事もあり、不破にスポットを当てた話のようですが、このハッキング問題で不破の今後の出番も左右されそうな気がしますね。

 

40代男性

次回予告前のCMでバルカンの新フォームが盛大にネタバレしてるあたりはもはやお約束なんだが(笑)、
諫が滅亡迅雷.netにハッキングされるわザイアに操られるっぽいわで、なんかもうバルカン頑張れ。
お仕事5番勝負は次週ついに決着だが、汚職を暴くも反撃され、ヒューマギアの暴走で劣勢の飛電は
どう挽回するのか!初戦2敗してからの逆転満塁ホームラン!と言う感じでスカッと勝利してほしい!
最初はハッキングで暴走していたヒューマギアが、人の悪意が引き金となって暴走するようになったが、
果たして次回以降でヒューマギアの是非はどう問われていくのか。そこも気になるところ。
結局、包丁を作った人や包丁自体は人を傷つけるものではなく、包丁を使う人によって美味しい料理を生み出すものにも人を傷つけるものにもなるのだが、
この物語のテーマでそこをどう収拾していくのかも気になるところではある。

 

30代女性

ヒューマギアと手を取り合う時代へ、とイズがカッパを着て選挙に参加。いつみてもイズの可愛さはいいけれど、29話の展開はより複雑化。お仕事5番勝負の内容より、バルカンとゼロワンの訳の分からない戦い、いざこざがぼっぱつする予感。回を重ねるごとにどんどん登場人物が複雑化してくるので、一体誰が正義の味方や仲間なのか。裏切ったり、裏切られたり、加担されたりなどなど本当にわからないのが本音のところですが、最終的にはゼロワン或人が強靭パワーを発揮。イズが機転を利かして一件落着というのがお決まりの展開。だけどサウザーはどうなるのか。暴走したラッパーはどうやっておさまるのか。そこらあたりの落としどころ、気になります。

 

30代男性

今回の話で仮面ライダーに変身するために脳にチップを埋め込まれていること、そのチップを滅亡迅雷.netにハッキングされたことで滅が脱走したと垓に言われた不破ですが、今度はその垓からの命令に対して本人の意思とは関係なく言うことを聞いてしまいます。垓から実験体と言われた不破ですが、そうなると初期にあったヒューマギアに対する強い憎しみももしかしたら垓に植え付けられたものかもしれません。一度ヒューマギアのDr.オミゴトに命を助けられているので、実は人間と思い込んだヒューマギアということはないでしょうが、そうなると人間の不破を滅に助けさせたアークの意思というのは謎です。新たに動き出した滅亡迅雷.netの動きが気になります。そしてZAIAはそこに何処まで絡んでいるのでしょうか。

 

30代男性

見どころは、28話の伏線が回収されるかどうかです。エイムズの不破に関する謎がいくつか残っている状況ですが、それが明かされるのかが大きな見どころになります。滅亡迅雷.netがアークの意志で不破を守ったのがどうしてだったのか気になります。そして、そのアークはザイアが作り出したものであるため不破はザイア側についてしまうのではないかと予想します。また、お仕事対決の決着も楽しみです。ヒューマギアの暴走で飛電インテリジェンスが劣勢になっていますが、見事な逆転劇に期待しています。或人の心の叫びが住民に届くような展開を期待しています。

 

40代男性

最近やられっぱなしだった不破くん(バルカン)も、次回でようやくパワーアップ。サウザーや迅以上ななるのだと思いますが、性能面ではサウザンドジャッカーと同等で色々な能力を発動できるだけのような気もします。不破≒亡の話は余り長引かず、不破自身としてランペイジバルカンとして活躍してくれると思ってます。
そして次はユアの葛藤へとシフトし、45才から自立してほしいです。
お仕事勝負は個人的には、興味が薄れていますが、或人が頑張って署名かビラ配りみたいなことしてましたので、住民投票で再開発が過半数を得ると思いますが、ZAIAがこれからどう動いてくるかわからなくなってきました。
買収しようとしている会社の評判下げ、その商品を破棄刷ればZAIAの商品も売れないですよね。

 

 

まとめ

 

OA後に追記します♪

 

-仮面ライダー, 特撮
-, , , , , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2020 All Rights Reserved.