2018秋ドラマ 忘却のサチコ

忘却のサチコ7話あらすじやネタバレ!6話の感想・評価やみんなの評判は?

更新日:

忘却のサチコ第7話あらすじやネタバレ予想!第6話の感想や評判評価も!

 

2018年10月からスタートのドラマ『忘却のサチコ』。

毎週金曜日の深夜12時12分から放送中です!

 

この記事では、『忘却のサチコ』の第6話を見た人の感想や評価を集めています!

また、続く第7話の予想や期待もチェックです♬

 

 

『忘却のサチコ』第6話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第6話の振り返り

 

ある日、幸子(高畑充希)の元に宮崎で暮らす従姉妹から結婚式の招待状が届くが、結婚式当日に婚約者・俊吾(早乙女太一)に逃げられた幸子を気にかけ、母・初代(ふせえり)は幸子を引き留めようとする。しかし、従姉妹をお祝いしてあげたい一心で宮崎へ向かうことを決意した幸子だったが、“ある症状”を抱えていて…。

幸子は結婚式までに“ある症状”を克服するため、宮崎の美食で忘却を試みようと観光タクシーの運転手(温水洋一)に宮崎のおいしいもの巡りを頼むことに!そこで幸子が出会ったのは宮崎名物の数々だった!
さらに観光地・青島ではある言い伝えを聞いた幸子は…
隠れた美食の宝庫・宮崎編!
俊吾とまさかの再会!?

(引用:テレビ東京公式サイト

 

スポンサーリンク

 

サチコは本当においしそうに食べますね。いつも食べ方がとてもきれいで素敵な女の子です。食べ物のおいしさを頭の中で細かく解説するのが面白いし、こっちまで食べたくなります。食べているときは、いやなことを忘れて幸せな気分を満喫している表情がかわいい。
でもまだ結婚がだめになったショックから立ち直れてないのかな。コメディチックに描かれているけど、やっぱり相当のダメージを受けたわけですからね。それでもがんばっていとこの結婚を祝福しようとする姿がけなげです。最後はちゃんと結婚のお祝いを直接伝えられたのでよかった。 (50代・女性)

 

従妹の結婚式に主席するために宮崎に行きますが、結婚式当日に婚約者に逃げられてことがきっかけで結婚という言葉が出てこなく不審な行動になってしまうサチコ。
無時に結婚式でお祝いの言葉が言えるか心配です。

宮崎ではチキン南蛮のタルタルソースと鶏肉の味が伝わってくるコメント、冷や飯を美味しく食べるサチコの表情がたまりません。
宮崎のマンゴ、豪華な海の幸を食べたくなりました。

従妹の結婚式でお祝いの言葉を言えたサチコ、宮崎の美味しい食べ物のおかげで忘却できたようで良かったです。
ホテルで俊吾を見かけたたが本物なのかまた妄想なのか気になります。

(50代・女性)

 

今回はサチコがいとこの結婚式に参加するという、最大の試練になったと思います。結婚式という単語が言えない上に、縁結びだらけの神社にお参りするとか、不幸がどんどん上乗せされていくのが、見ていて心苦しかったです。
でも、タクシーの運転手役の温水洋一さんがとても温かく包み込んでくれる感じがしてホッとしました。彼からしたら、サチコは迷惑な客だと思いますが、嫌な顔ひとつ見せずに、サチコのダメージを少しでも和らげようとしてくれる神対応が素晴らしいと思いました。
今回の料理はあまりインパクトがなかったのが残念でしたが、冷汁はちょっと食べてみたいと思いました。

(40代・女性)

 

宮崎って想像していたより、スゴく良い所だなとまず感じてしまいました。空気は良さそうだし、景色は良いし、人は良いし、もちろん食べ物はとても美味しそうだし、チキン南蛮は好物なので特に食べたくなりました。ストーリーも幸子は、今回結婚する従姉妹のあゆみの為にまだ結婚式での俊吾とのトラウマを抱えたままなのに、頑張って出席しようとするし、宝貝を砂浜で掘り出して神社に奉納して、あゆみの幸せを祈って上げたりと、幸子の優しさも見られて、結婚式であゆみに言えなかった結婚おめでとうも無事に言えたし、面白くそして少し感動して見させて貰いました。 (40代・男性)

 

第6話は、サチコがいとこの結婚式に出席するため宮崎に行きます。今回はサチコに新たな症状が出て、結婚に関する言葉が発声出来なくなります。かなり重症だと思った母親は行くのを止めますが、常識を重んじるサチコはどうしても行くと言います。サチコはこの症状を改善するために、観光タクシーを予約して、宮崎の美味しいものを食べ歩きをする計画を立てていました。美味しいものが豊富な宮崎ですから、忘却メニューへの期待も高かったのですが、その美味しさとは裏腹になかなかサチコの症状は改善せず、悪戦苦闘します。サチコはお祝いの言葉を練習するだけで具合が悪くなり、マンゴーを見て俊吾を思い出して具合が悪くなり、かなりの危機的な状況に追い込まれますが、最後の海鮮定食でようやく元のサチコを取り戻します。いとこにおめでとうと言えたときは、私も嬉しくなりました。
そして、最後のシーンで、サチコはついに俊吾を見つけるのです。ここで終わってしまい、気になる気持ちだけが残ってしまいましたが、その分次回か楽しみになりました。 (40代・女性)

 

今回は魚(刺身)だったので、なんだか夜中に食欲をそそられるってことはありませんでした。衣装がとにかくかわいい。宮崎に行ってもおいしいものをしっかりあごを使ってきれいに平らげるサチコはいつもきれいです。最後の最後の展開にちょっとびっくり!死んだわけではないからありえるけど、広い日本の中ですごいタイミングで会うな、とちょっと不思議でした。これからどういう風に再会してまた付き合ったり恋愛するのか、それより食欲なのか!?という所が楽しみだし、これからも笑いを忘れずにまっすぐに食に向き合うサチコでいてほしいと思いました。 (30代・女性)

 

サチコの行方不明になっている俊吾のせいで、結婚の言葉だけを言えなくなっている事に母親の和代が取り乱した言い方が可笑しくてなりませんでした。
飛行機の中でサチコが飲んでいた澄んだスープが美味しそうで、この時点でお腹が空きはじめてしまいました。
サチコが空港に到着した時にいるタクシードライバーの日高を演じた温水洋一さんの方言が上手過ぎて聞き取りにくい所がありますが雰囲気が出ていて面白く、サチコとの会話は漫才のようで笑ってしまいました。
サチコが堪能したチキン南蛮は食べた事があるので、あの美味しさを思い出してしまい空腹感が増してしまい苦しくなりました。
サチコが言えなかった結婚という言葉を、従姉妹に言えた時はドラマとはわかっていてもちょっと感動してしまってからの、一転してサチコが想いを巡らす俊吾が出てきた時に驚きました。

(30代・男性)

 

ドラマの始まりで結婚式の招待状が出てきて何事かと思いましたが、それに加えてさちこさんが「結婚」という言葉が言えなくなってしまっていることにびっくりと笑ってはいけないのですが笑ってしまいました。高畑充希さんの演技が面白すぎます。それからお母さんの演技もついつい笑ってしまいます。シリアスな話しっぽいのになんでこんなに面白いのか?このドラマじゃないとこういう笑いは取れないだろうとも思いました。また、今回の宮崎県。まだ宮崎に行ったことが無いのですが、宮崎には美味しそうなご当地グルメがたくさんあるので行ってみたくなりました。 (40代・女性)

 

今回は宮崎県が舞台でした。
従姉妹のあゆみの結婚式に出席するため、ひとり宮崎県へ発ちます。しかし、サチコは自分のショックからか「結婚」と言えなくなってしまい結婚式までに宮崎の食べ物で忘却しようとします。
まずはじめに食べたのがチキン南蛮と冷汁。ボリュームのあるチキン南蛮と味噌とお出汁が効いた冷汁の組み合わせがなんとも食欲をそそりました。
そして次にマンゴー。ここで俊吾にプロポーズをされたときのことを思い出します。しかし、サチコらしいといえばサチコらしいのですが、俊吾に対して冷たいなぁと感じました。
最後に新鮮なお刺身が盛り沢山の定食を食べます。ぷりっぷりのお刺身がたくさんで、特に湯引きハモは初めて見たので食べて見たくなりました。
最後、無事にあゆみに結婚おめでとうと言えたサチコでしたが、清掃員の俊吾を発見し続きが気になる終わりとなりました。

(20代・女性)

 

いとこの結婚式に行くために宮崎に向かった幸子さんですが、結婚式のトラウマから結婚と言えずにけごんすになるという展開には笑ってしまいました。タイトルもそこからきていたんですね。
相変わらず忘却グルメは美味しそうで、特にチキン南蛮と冷汁は食べたくなりました。青島の宝貝探しも素敵だなと思いました。東京に帰りたい気持ちをなんとか抑えている幸子さんも面白かったです。
いとこにはちゃんと結婚おめでとうと言えて良かったなと思います。そして最後にまさかの俊吾さんが宮崎にいるかもしれないという展開には驚きました。この先どうなるのか気になります。

(40代・女性)

 

スポンサーリンク

 

『忘却のサチコ』第7話はどうなる?

 

第7話のあらすじ

 

宮崎県を訪れた幸子(高畑充希)は宿泊しているホテルで、結婚式当日に失踪した婚約者・俊吾(早乙女太一)を見かけたような気がしてホテル中を探し回ることに。しかし、幸子は以前にも別人と俊吾を見間違えていることから、確信が持てずにいた。
幸子は心を落ち着かせようと、観光タクシーの運転手・日高(温水洋一)に紹介してもらった宮崎名物を食べるため、宮崎一番の繁華街ニシタチ通りへ足を運ぶことに。そこで幸子を待ち受ける、豪快な炎に包まれた元祖・宮崎名物とは!?

宮崎の美食で心を落ち着かせ、ホテルに戻った幸子だったが、遂に俊吾と再会することに。そこで俊吾がとった驚くべき行動とは…。

さらに宮崎県民が愛する優しい朝うどん&ご当地パンも登場!幸子の気持ちが揺れ動く、宮崎編最終章!
俊吾との行く末はいかに!

(引用:テレビ東京公式サイト

 

 

スポンサーリンク

 

何とか俊吾とのことを忘れようとしていたのに、偶然会ってしまうとは。俊吾はそこで働いているわけですよね。サチコは彼ときちんと向かい合えるかな。まさかあのまま逃げてしまうんでしょうか。逃げずにとにかく1回ふたりでちゃんと話をしたほうがいいですよ。そうしないといつまでたってもわだかまりが消えないでしょう。どうなるか分からないけど、本当に前に進むためにがんばってほしいです。そのためのチャンスかもしれないから。サチコが心からすっきりと楽しく生活できるようになればいいな。そしてまたどんなおいしいものがでてくるか楽しみです。 (50代・女性)

 

ホテルで俊吾を見かけてサチコはホテルを走り俊吾を探しますが、今度こそ本人であることを期待したいです。
俊吾との別れはやはりサチコ自信に問題があったのか真相が迫ってきてると思います。

宮崎の旅はまだまだ続きますが、7話に宮崎鶏、県民食とはどんな食べ物でサチコがどんな妄想をしてコメントが始まり、美味しさを伝えるのか楽しみです。
観光案内のタクシ-の案内で宮崎の景色を見ることが出来るので一度は行って見たくなる宮崎県です。

思わず笑ってしまうことが何度もあるサチコのまじめな姿とはギャップな行動や言葉にも注目しています。

(50代・女性)

 

次回はいよいよ本物の俊吾と再会するようなので、サチコがどんな反応をするのか楽しみです。シリアス展開に持っていくのか、いつものようなコミカル目線でいくのか想像つかないところが、この作品の醍醐味だと思います。
そして、次回は宮崎鶏という豪華な食材がとても気になります。地元の名物料理ということですが、馴染みのない地域なので、一体どんなすごい料理に変身するのか想像がつかないので、楽しみです。もう今から飯テロ感が半端ないです。
次回も温水洋一さんが登場するようなので、また癒し系のファインプレーを見せてくれることを期待しています。

(40代・女性)

 

6話のラストで宿泊ホテルで偶然、俊吾と今度こそ再会した幸子は、慌てて俊吾の所へ駆け寄るが、以前みたいに見失ってしまい(あの時は疲れと空腹での錯覚でしたが)、今度こそはとホテル中を探し回るがやはり見つからず、それでもめげずに宮崎中を走り回り俊吾を探す!途中ガス欠を起こして、宮崎地鶏とうどんにビールでエネルギーを満タンにして、ようやく俊吾を発見!気配に気付き振り向いた俊吾が「幸子さん…」と呟くのだった。といった展開が予想されますが、本当に俊吾だとしたら、なぜ失踪したのか?また幸子の元へ帰るつもりはあるのか?等、ついに見つけた俊吾と幸子のシーンが今から気になり、次回の最大の見どころとして楽しみにしています。 (40代・男性)

 

第7話は、宮崎でついに再開した本物の俊吾をひたすら走って追いかけるシーンが予告で流れました。前回の最後でホテルの掃除をしている様子が見られましたが、どうやら俊吾もサチコに気づいたように見えました。ホテルの中を探し回るサチコでしたが見つけられず、今回も宮崎で忘却メニューとして宮崎鶏とうどんを食べるようです。予告では鶏を網で荒々しく焼いている様子が見られました。次回の忘却メニューも期待できそうです。
予告の最後では、ついに俊吾を見つけて話すシーンが流れました。俊吾はサチコに何を話すのか、これは期待が高まります。次回は必見ですね。 (40代・女性)

 

彼の目線がちょっと暗くて運命の再会とは言えないような雰囲気だったので、これからもきっと食て食べて忘却していくんだろうな、という予想。せっかく彼を忘れようと一生懸命に仕事に趣味に没頭するサチコをまたもや翻弄するような俊吾さんの登場!これは目が離せないかも…。ちょっとどんくさくておとぼけちゃんのサチコのキャラクターに好感が持てるのであまり変わらずにいて欲しいという願いがあります。後輩からのどんぴしゃな突込みにもひるまないサチコでいてほしい。一生懸命に必死に食べる姿がかわいいので、ぜひそのシーンを増やしてほしいです。 (30代・女性)

 

サチコを置いて行方をくらました婚約者の俊吾が現れたように感じるものの、またも夢だとサチコ自身は思い込んでしまい忘却のために美味しそうに宮崎の食を堪能して深夜の視聴者を空腹地獄へと向かわせながら、再び俊吾を見かけ追いかけ対面してはじめはサチコの知っている俊吾だったものの、会話が進むうちにズレが出てくるなどの違和感が始まり、最後にはサチコが眠り込んだために見てしまったサチコ自身の願望が詰まった夢の中で見たことで、心配したタクシードライバーの日高に起こされて気付き残念に思うという夢落ちの内容だろうと予想しました。 (30代・男性)

 

さちこさんに毎回起きる様々な出来事。それは全て逃げられた恋人に何かしら関係したり、彼を思い出さずにはいられなくなったりしていて、毎回ちょっとさちこさんがかわいそうだな。と思いますが、それでもついつい見てしまうのは彼女の予想がつかない面白い行動が見たいなと思わせてくれるせいだと思います。次回はどんなことが起きてさちこさんがどんな風に切り抜けていくのかなと思います。また、毎回出てくる美味しそうな食べ物がとても魅力的で食べたいなと思わせてくれるので、次回の食べ物にも期待しています。さちこさんの美味しそうな食べ方も楽しみです。 (40代・女性)

 

今回もまたサチコの見間違えかと思っていましたが、予告で俊吾がサチコさんと呼んでいたのでついにふたりが再開するのか見ものです。結婚式当日になぜ俊吾が逃げたのか少しでもヒントが出てくれば良いなと少し期待をして待ちたいと思います。
そして今週に引き続き宮崎グルメになるかと思うので、どんな食べ物が出てくるのか楽しみです。有名なところでいくと、宮崎一番の繁華街ニシタチ通りが出るのでは無いかと思います。他にも、うどんを食べているシーンも映っていたと思うので王道ではないけど地元で人気な食べ物が出てくることも楽しみにしたいと思います。

(20代・女性)

 

果たして幸子さんが見た人は本物の俊吾さんなのか、だとしたらなぜ宮崎にいるのかとても気になります。
このまま会えないのかと思っていたので、会えたとしたら幸子さんも嬉しいでしょうね。
俊吾さんは結婚式のことをちゃんと幸子さんに謝らんでしょうか。また2人は付き合うようになって結婚式をやり直せる展開が待っていてほしいなと思います。
忘却グルメは引き続き宮崎みたいなので、メジャーではないグルメが登場しそうなところも楽しみです。タクシー運転手役の温水さんがどんな案内をしてくれるのかも楽しみです。幸子さんとの掛け合いが面白いですよね。

(40代・女性)

 

まとめ

 

ついに次回は本物の俊吾に再会できるのでしょうか?!

第7話も見逃せません♪

 

スポンサーリンク

-2018秋ドラマ, 忘却のサチコ
-, , , , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2019 All Rights Reserved.