2018秋ドラマ 僕とシッポと神楽坂

僕とシッポと神楽坂7話あらすじ・ネタバレ!6話の感想・評価やみんなの評判は?

更新日:

僕とシッポと神楽坂第7話あらすじやネタバレ予想!第6話の感想や評判評価も!

 

2018年10月放送開始の秋ドラマ『僕とシッポと神楽坂』。

毎週金曜日の夜11時15分から絶賛放送中です♪

 

この記事では、『僕とシッポと神楽坂』の第6話を見た人の感想や評価を集めています!

また、続く第7話の予想や期待もチェックです♬

 

 

『僕とシッポと神楽坂』第6話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第6話の振り返り

 

 大沢香子(喜多乃愛)が弱ったチワワを連れて『坂の上動物病院』にやってくる。ボランティアに参加していた香子は、そこで悪質なブリーダーに育てられたチワワを保護。栄養状態が悪いことを懸念し、達也(相葉雅紀)を頼ってやってきたのだ。
トキワ(広末涼子)や大地(矢村央希)、広樹(小瀧望)の手でシャンプーされて、見違えるように綺麗になったチワワは『ロミ』と名付けられ、新しい飼い主が見つかるまで香子の家で暮らすことに。すっかりロミを気に入った大地は、香子の家に遊びに行き、ロミと遊ばせてもらう。そんな香子と大地の様子を見た香子の母・頼子(ホーチャンミ)は、ふたりの姿を幼い頃の自分と達也に重ね…?
だが頼子は、香子がいまだに『坂の上動物病院』に出入りしていることを知り、複雑な思いに。頼子による、神楽坂の再開発計画は着々と進められようとしていたのだ…。

そんな中、神楽坂界隈で「達也とトキワがキスをしていた」という噂が、まことしやかに囁かれ始める! 根も葉もない噂に困惑する達也とトキワ。しかしふたりの関係にも少しずつ変化が出始めていた。

その矢先、ロミを引き取りたいという夫婦が現れる。頼子からもロミを飼うことを反対されていた香子は、ロミの幸せを願って手放す決意を…。しかし、ロミと離れ離れになってしまうことが辛い香子は、もう一度頼子に「ロミと家族になりたい」と切り出してみるが…?

(引用:テレビ朝日公式サイト

 

スポンサーリンク

 

前回ジュリを亡くし寂しさと戦う香子ちゃんは、ボランティアを始め弱ったチワワと出会いました。高円寺先生の元を訪れ、チワワの新しい家族を探しました。見つかりましたが、チワワと触れ合う中で手放したくない気持ちが強まり引き取りました。香子のお母さんは、新しい犬を育てることに反対していましたが、高円寺先生と過去の楽しかった日々を思い出し、チワワを飼うことを認めます。新しい犬を飼うことと亡くなった犬を忘れてはいけないという気持ちの交差が感動しました。高円寺先生の優しい気持ちが香子ちゃんのお母さんにも届いて心温まる話でした。 (10代・女性)

 

香子とロミを通して、達也と頼子の間に、姉弟の感情が蘇ってよかったですね。香子の健気さ、そして達也の思い出話と物持ちの良さが、頼子の心の中で固まっていた何かを溶かしたようです。とはいえ、神楽坂の再開発問題を頼子が止めるのかどうか。少なくともそこのところは頼子の言動にかかっているといえそうです。
また達也とトキワの間が、香子の誤解もあって急接近しました。何となく達也はトキワが気になっているようなそぶりはありましたが、トキワは旦那を待ち続ける気持ちが強かったはずです。旦那のことをうやむやにしたまま、二人が恋愛関係に陥るのはどうかと思うし、トキワがそこをどう整理するかが問題だろうと思います。 (50代・男性)

 

主人公の母親を中心とする芸者達が、飲み過ぎで若い男性が泊まりに来る事で盛り上がってる様子が面白かったです。
大きな家の屋敷家の娘が自分の愛犬が亡くなった事で、犬のボランティアに参加し悲しみを乗り越えていく様子が良かったです。
そこで見つけた傷ついた犬を主人公の動物病院に連れて来るのですが、以前も飼っていた犬の事で訪れた事があるようで元気を取り戻し笑顔で喋るのですが、少し悲しげな笑顔に見えて哀愁が漂っていたと思います。
娘とトキワの息子で傷ついた犬の飼い主に嫌なめにあった犬を新しく飼ってくれる様子は生き生きしていて良かったです。
大きな屋敷の母親が前の犬の事で娘に話シーンでは、自分が飼っていた犬の事を乗り越えられていないように思えました。
犬の貰い手が見つかった時には、娘は離れた事に涙していたのを観て、その犬と一緒に居たかった様子が良く伝わってきて切ない気持ちになりました。
母親と娘が前飼っていた犬の事で、考え方が違う所がどうなるのかと思ってしまいました。
娘が母親に犬を家族と思ってると告げた時に、母親が家族と何かと娘に尋ねる所が、母親の自分の父に対する気持ちを表しているように思えました。

(30代・男性)

 

何回か前の回で、こう先生の腹違いのお姉さんが出てきましたが、しばらく出てこなかったのでそんなに関係せいについて深くは話に出てこないのかな?とも思っていましたが、今回で2人の幼少期やお互いに寂しかったこと。寂しかったせいでお姉さんは少し心が病んでしまったのだなと思いました。また、お姉さんのご主人が神楽坂の再開発をしていたとは。なんとなくありえた話しの展開だなと思いました。それから、悪質なブリーダーのところから助けてもらえたロミちゃんは、良い家族が見つかり、病気も治してもらえて本当に良かったと思います。 (40代・女性)

 

今回は2話で登場し、達也とも深い関わりを持つ大沢頼子との絆が描かれ、個人的に凄く感動的に感じた話しでした。頼子の娘の香子が悪いブリーダーに飼われていたのか、弱々しくなったチワワを達也の病院に連れて来て、香子がロミと名付けて飼いたいと言い出してから、反対された香子が達也を頼り、それからキス騒動等ありましたが、ロミの手術をきっかけに、頼子に達也が貰った四つ葉のクローバーの入ったお守りを見せながら、「一緒に遊んで貰って楽しかった、姉が出来て本当に嬉しくて宝物になった」と言うと、「ごめんなさい今まで避けてきて」と謝ると「私も弟が居て嬉しかった」と長いわだかまりが解けていく瞬間が、本当に強く強く印象に残った回でした。長い時間会えなくなっていても、本当に思いやる心があれば、時間も距離もそんなモノ全て関係ない強い「絆」という力があるんだと、思えた素晴らしい内容に感じた6話でした。 (40代・男性)

 

お姉さんと昔のように仲良くなれて良かったと思いました。コオ先生の優しさにとても幸せな気持ちにさせてもらえます。これを機にお姉さんが開発計画を反対してくれることを祈ります。
また、お金持ちであっても必ずしも幸せでないということがとてもよく分かりました。家族は一緒に生きていかないと意味がないなと改めて感じました。
コオ先生も小さい頃は寂しかったんだと思うと意外でした。だけど、コオ先生のお母さんは素敵な人だと思います。最後はときわさんとキスするんじゃないかとドキドキしました。
すずめちゃんがとても可愛かったです。

(30代・女性)

 

初っ端からホリくんのお風呂シーンから始まるのかと思いきや、コオ先生だったというオチでした。色々な家族の関係性が少しずつ紐ほどかれていくので毎回毎回驚かせられます。その優しさに影響されて周りの人達も少しずつ心を開きはじめて、1話終わると同時に家族の絆が少しずつ少しずつ強くなって行く様子がとても好きです。コオ先生の優しすぎる人柄が周りの人をそうさせているのかと思います。このドラマを見終わったあとは、いつもほっこりとした気分になります。心が温まります。主題歌もこのドラマの内容にとても合っていて素敵です。 (20代・女性)

 

ずっと気になっていた異母兄弟のお姉さんのコウ先生への思いがやっと分かりました。お姉さんは大人になるにつれ、色々な淋しさを味わい、いつしかコウ先生を妬ましく思い、家族とは何か分からなくなっていたんだなと思いました。母親から家族って何?って聞かれた娘の気持ちも考えられないほど、お姉さんは気持ち的に追い詰められていたのかなと感じました。カコが連れてきた新たな家族であるロミの手術を巡って、凍っていたお姉さんの気持ちも融けて強ばっていた表情がとても柔らかくなったときに、安心しました。一瞬、お姉さんはコウ先生の敵に回るのかなと思いましたが、味方になってくれそうな展開になってくれそうだなと思いました。 (30代・女性)

 

 坂の上動物病院に訪れてきた香子はボランティアで保護したチワワを達也に診察してもらいます。
一時的に預かる事に決めた香子の優しさと責任感の強さを感じました。
香子の母親である頼子は達也と血の繋がりがある家族みたいですが、仲はあまり良くありません。
その事もあって、チワワのロミを頑なに拒否しますが、香子が可哀想でした。
新たな飼い主も見つかりますが、香子はロミの事が忘れられずに引き取る事にしました。
しかし、再び飼う事を認めてもらえずに悩む香子の姿は辛かったです。
状況に変化もあり、少しずつ心境の変化が出て来た頼子の前でロミは体調を崩します。
手術をして無事成功する事が出来き、達也との事も話し合う事が出来て良かったです。

(30代・男性)

 

コオ先生の出生の秘密・・実はコオ先生は香子ちゃんの叔父にあたり、香子ちゃんのお母さんの頼子さんとは異母きょうだい、この事実を二話で知って驚きました。頼子さんがコオ先生に対して微妙な態度なのが気になってたのですが、『姉さんの気持ちは受け取りました。頑張ります』にはぐっときました。子どもの頃のように仲良くして欲しいですね。頼子さん、いかにもお嬢様育ちって感じで大人の女性だけど可愛らしいところがあって好きです。『姉さんの気持ちは受け取りました。頑張ります』にはぐっときました。子どもの頃のように仲良くして欲しいですね。本田さんのキャラも好きです。香子ちゃんの女優さんは志田未来ちゃんに少し似てますね、顔も声も。可愛いです。なんだか二話と比べてキャラが面白くなってて笑いました。堀川くんと仲いいですが、もしかしたらこれから何かあるかも・・? (20代・女性)

 

スポンサーリンク

 

『僕とシッポと神楽坂』第7話はどうなる?

 

第7話のあらすじ

 

 ある日、トキワ(広末涼子)が熱を出し、仕事を休む。『坂の上動物病院』は達也(相葉雅紀)と広樹(小瀧望)だけで診療を行わなければならず、てんてこ舞いに! 達也はあらためてトキワの存在の大きさを感じるのだった。

そんな中、いつもと違って様子がおかしいまめ福(渚)。実はまめ福は、お座敷にやってくる老舗ホテルの社長からプロポーズされ、芸者という仕事と女性としての幸せの間で悩んでいた。奇しくも、親友の名倉(大倉孝二)とも“結婚”について会話をしたばかりだった達也。大地(矢村央希)に頼まれ、寝込んでいるトキワのためにご飯を作りに行った達也は、妙にトキワのことを意識してしまい…?

その矢先、名倉の飼い犬が急患として『坂の上動物病院』にやってくる。確実な診断を出すため、『ナルタウン動物病院』で詳しく検査をした結果、脳腫瘍を患っていることがわかり、手術をしないと命に関わる状態だった!『ナルタウン動物病院』の田代(村上淳)は名倉に、手術の費用には100万円ほどかかること、そして手術の成功率は50%であることを告げる。自分ひとりでは手術の決断を下せないという名倉に、達也は「誰か相談できる人はいないの?」と尋ねる。
名倉の連絡を受け、ふたりのもとにやってきたのは…!?

それでも、飼い犬の手術について必死に考え始める名倉。そして達也も、トキワを見舞ううち、気持ちに変化が起こり始め…?

(引用:テレビ朝日公式サイト

 

 

スポンサーリンク

 

第6話では熱を出したトキワさんの異変に高円寺先生が気づき、無理しなくていい。周りを頼ってと言って終わりました。消息不明となった夫の帰りを待ち続けるトキワさんの辛さを助けようとする高円寺先生の優しさ。2人の関係性がどのように進んでいくのかとても楽しみです。第7話では、高円寺先生の友達である名倉の飼い犬の様子がおかしくなります。手術をしないと命に危険が及ぼす状態ですが、高額な手術料と成功率の低さに名倉は決断ができません。飼い犬の手術に悩む名倉が下す決断に注目です。また、名倉がこの手術の相談した相手にも注目です。 (10代・女性)

 

予告編によれば具合が悪そうだったトキワが寝込んでしまうようです。これはフラグが立ちましたね。達也とトキワの恋愛イベントのフラグでしょう。これで二人が更に接近し、これまでよりも相手を意識するのは間違いありません。すず芽ちゃん、大ピンチです。でもトキワはとりあえず南米に行って、旦那のことについて、自分なりにけりをつけた方がいいと思うのですが。中途半端だと、万が一、記憶喪失だったとかいって、旦那がもどってきたら、収拾がつかなくなると思います。また第7話の中心は、まめ福と名倉のようです。ここまで脇役としていい味を出していた二人ですが、その二人がどんな物語をみせてくれるのか楽しみです。 (50代・男性)

 

看護師のトキワと主人公が、キスをしたと勘違いされる事により周りから仲良い関係に思われる事で、次の話でも更にそのような描写が描かれるではと思い、そこが楽しみです。そして主人公とトキワの大人の恋も描かれる様子で二人の関係が更に縮まる予感がして楽しみな所です。そして若い芸者が、その間に入り二人に焼きもちをやいたりするのではとも思いました。
主人公の母親も神楽坂に住んでる事もあり、話に絡んで来るのだと思いました。
そして難関な手術があるようで、その手術を主人公がどのように乗り越えていくのかも見どころとなりそうです。

(30代・男性)

 

前回でこう先生と看護師のときわさんが、距離が前よりだいぶ近くなったように見えたのですが、相変わらず発展しないのだなと少しじれったくもありました。ドラマの中とはいえ、お似合いの2人だと思うので是非うまくいってもらいたいです。次回では何か発展がありそうなのでどうなるのかな?と気になっています。また、次回の病気のワンちゃんの話しも予告だと大変な病気のようなので、大丈夫なのだろうかと気になっています。動物の話しは心温まる話しが多いので次回も良いストーリーになってくれたらいいなと思います。なごみ系のストーリーを望みます。 (40代・女性)

 

達也とトキワのキス騒動から二人が妙に意識し始めていた頃、達也の所で三味線を習っている芸者のまめ福が、飼っている犬が病気になり、達也が心配して往診すると、脳腫瘍が見つかり手術が必要と分かるが、それはとても難しい手術で、50%しか成功率がないのだったが達也はそれでも、犬を救おうと手術に踏み切るのだった。等々が考えられるのですが、その他にも達也に心引かれるトキワだが、行方不明の夫がまだ忘れられずにいる所もあり、揺れ動く。そんな達也との関係がどう変わっていくのかにも、注目していますし、堀川がすず芽に恋してる?らしい所もあり、色々とまた何かしらありそうな次回を楽しみにしたいと思います。 (40代・男性)

 

コオ先生とときわさんの関係がどうなっていくのかが見どころです。二人が結婚とかどうにかなってしまうことはないと思いますが、いい感じのまま終わっていくのかなと予想します。
私はすずめちゃんが好きなので、すずめちゃんとコオ先生が結ばれたらいいなと期待しています。
来週もすずめちゃんの可愛い仕草や表情を楽しみにしています。
趣里さんは、とても雰囲気もあり愛嬌のある女優さんでこれからがとても楽しみです。
観終わった後とても穏やかで優しい気持ちになれるドラマなので大好きです。深夜枠ではなくても良かったのではと思うくらいです。

(30代・女性)

 

コオ先生とトキワさんの関係性がとても気になります。動物病院のストーリーなのでほっこりしたり、命の大切さを伝えてくれるだけなのかと思いきやだけ色々な人達の恋心が動いていくのが楽しみでなりません。トキワさんのご主人様はこの話の間に戻ってくるのでしょうか?それとも、コオ先生とそういう関係になってしまうのでしょうか…と思っていたら堀川くんとスズメさんも?とどんどんドンドン興味を引かれます。コオ先生に看病されたトキワさんはやはりコオ先生のことを好きになってしまうのかなぁ?と予想していますが、スズメちゃんとの恋も応援しています。 (20代・女性)

 

次回はマメフク姉さんのラブちゃんの病気を巡って騒動が起きる予感です。そして、話が進むにつれ、コウ先生とトキワさんを謀らずもくっつけようという周囲の動きが見てとれます。熱があることを隠していたのに、見抜かれ、心配の言葉をかけられたら私なら相手を好きになっちゃうかもしれません。二人の関係がどうなっていくか楽しみです。そして、新たに神楽坂再開発計画を立てているカコの父親の存在が出てきました。昔からいる住民のことは考えてもいないようなお父さん。今後、このお父さんとの絡みもどう展開していくかも楽しみです。 (30代・女性)

 

 脳腫瘍を患った犬と飼い主である名倉が達也の元を訪ねてきます。
ナルタウン動物病院で診察してもらいましたが、金銭的や手術の難しさに頭を抱えることになります。
達也は友人である名倉の犬を無事救うことが出来るのか気になります。
どんな状況でも諦めない達也はなんとか打開策を考えて、救ってくれる事を期待しています。
達也は数々の難問に立ち向かっていきますが、恋の問題は解決に進んでいくのか気になります。
トキワの事が気になってきた達也ですが、大きな進展をしません。
これからの2人の恋が進展していく事を楽しみにしています。

(30代・男性)

 

神楽坂の再開発計画って・・どうなっちゃうんでしょうか、坂の上動物病院は。しかも頼子さんの夫が関わってるなんて。これもモメそうですね。それにしても、トキワさんとコオ先生はどうなるんでしょうか。どちらもほんのり好意はあるっぽいですが、トキワさんは旦那さんのことまだ忘れられそうにないですからね。最終回までにどうにかなるかも?それとも案外旦那さんがひょっこり帰ってきたりして。それもありえますね。七話の予告ではまめ福さんの恋のお話のようでしたが・・なんだかこのドラマ、人間の恋模様も気になります。神楽坂の恋愛事情も楽しみにして観たいと思います。 (20代・女性)

 

まとめ

 

次回はコオ先生とトキワの関係が気になりますね!

第7話にも期待です♪

 

スポンサーリンク

-2018秋ドラマ, 僕とシッポと神楽坂
-, , , , , , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2019 All Rights Reserved.