2018秋ドラマ リーガルV

リーガルV6話あらすじやネタバレ!5話の感想・評価やみんなの評判は?

更新日:

リーガルV第6話あらすじやネタバレ予想!第5話の感想や評判評価も!

 

2018年、10月からのドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子』。

毎週木曜日の夜9時から絶賛放送中です!

 

この記事では、『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子』の第5話を見た人の感想や評価を集めています!

続く第6話のあらすじ、予想や期待などもチェックです♬

 

 

『リーガルV』第5話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第5話の振り返り

 

 「勝つまで戦うの」――。小鳥遊翔子(米倉涼子)の言葉に背中を押された青島圭太(林遣都)は、以前から抱えていた案件を逆転勝訴に導くため立ち上がる。その案件とは、人気学生ベンチャー企業で代表を務める大学生・町村誠(瀬戸利樹)が激しい暴行を受け、重傷を負った事件。凶器から指紋が検出されたため、町村の幼なじみで同級生の武藤正洋(戸塚純貴)が傷害容疑で起訴され、青島が弁護することになったのだ。ところが、事件前に町村が企業の解散を提案していたことから、検察側は「異を唱える武藤が暴力行為をエスカレートさせた」と主張。さらに、町村自身が「武藤から暴行を受けた」と証言したため、武藤は一審で実刑判決を受けることに…。その後、ネットの誹謗中傷にも耐えながら息子の無実を証明しようと戦っていた母・武藤望(片岡礼子)が自殺するという悲劇までも招き、青島はずっと胸を痛めていたのだった――。

青島は控訴審に向け、翔子率いる「京極法律事務所」のメンバーにも協力を仰ぎ、有利となる証拠を集めようと駆け回る。だが、武藤の父・紘一(志垣太郎)は「お前らなんかに息子は救えない」と一刀両断。あれほど無実を主張していた武藤自身もすっかり自暴自棄に陥り、青島に背を向け続け…。

そんな苦しい状況下でも諦めず、青島を鼓舞し続ける翔子。一方、「京極法律事務所」のパラリーガル・伊藤理恵(安達祐実)は、謎に包まれていた翔子の過去を突き止め…!?

(引用:テレビ朝日公式サイト

 

スポンサーリンク

 

弁護士の青島を管理人の翔子だけがポチと呼んでいたはずか、いつの間にか元検事の大鷹と元大学教授の京極までがアダ名で呼び始めるのが可笑しく、青島も既に受け入れている所に笑ってしまう冒頭でしたが、今回の主役となった青島の出来事が第1回放送で翔子がスカウトした所に繋がっていたとは驚きました。
武藤を裏切った町村の心を動かす手段として使った亡くなった武藤の母親からの手紙での青島の覚悟は凄く、必要悪という言葉が浮かび不安が残る部分に感じました。
小鳥遊は青島の思いに応えるように武藤の母親の無念を晴らすために、ネットの闇人物たちを訴え出し、軽々しく書いたあんたたちが殺人犯と言い切った所にスッキリ、青島も判断するのは裁判所で法廷で会いましょうは素晴らしく成長したなと思いました。 (30代・男性)

 

今回の話しが初回の青島弁護士がずっと心に秘めていたというか、心に引っ掛かっていた裁判の話しになっていてナルホドと、頷きながら見ていました。幼なじみの同級生の武藤と町村が加害者と被害者になり、被害者の武藤の母親はインターネットである事無い事書かれて、遂には飛び降り自殺までしてしまう。嘘をついた町村よりも、インターネットに無責任に中傷し続けた連中に一番腹が立ちました!現実にもこの様な事があるだけに、本当にイラッとして見ていました。でも同時にラストで中西の犯罪が皆に分かったし、書き込んだ連中に30万円づつ、払う様に損害賠償する展開には気分が晴れました。色々と考えさせられた回でした。 (40代・男性)

 

学生企業のトゥモローの年商には驚きました。学生企業でもすごいのだなと思いました。正洋は何もやっていないのに犯人にされて可哀想だと思いました。しかも母親まで自殺して本当に辛かったと思います。幼馴染に嘘の証言をされて余計に辛いと思います。正洋の母親から誠への手紙には感動しました。後ろで泣いている京極先生が可愛かったです。手紙のお陰で誠がきちんと真実を証言してくれて良かったです。これも圭太の頑張りだと思いました。ネットで正洋の母親への悪口を書いた人に損害賠償請求したのには、見ている私もスッキリしました。匿名だからと言って書いて良いことと悪いことがあります。第5話も面白かったです。 (30代・女性)

 

ポチが前から抱えていた案件で逆転勝訴を勝ち取るために友人関係の心に訴えていくところが、人間味があって良いなぁと思いました。裁判でのシーンはたどたどしい雰囲気の話し方で不安に思う節もありましたが、ポチが終始、傷害容疑で起訴されている武藤のやっていないと言う言葉を信じて戦った結果、逆転勝訴を勝ち取りとても気持ち良かったです。小鳥遊は、過去の出来事のせいでお金に固執している事が明らかになりましたが、それだけでなく弱者を救うところもお金のためと言いながらも実は弱いものを法で救える方法がある事を教えてあげたくて、本音は優しいのに、素直に行動出来ずお金のためだと表向きは強がっているところが小鳥遊らしくて良いなぁと思いました。 (40代・女性)

 

仲の良かった友人同士に突然亀裂が生じてしまう。1人の裏切りにより友人だけでは無く、その家族をまでも巻き込んで苦しめてしまう事に。被害者の友人はヤクザに脅されていて、容疑者である友人を陥れてしまう事が後に分かるが、何故友人を陥れてしまったのか不思議でなりません。仲の良い友人に自分の置かれている状況を明かして、相談に乗ってもらえば良かったのにと思いました。そうすれば友人の母親の死を免れたのにと思うと残念でなりません。最後に法廷で読み上げられた、容疑者の母親が書いた一通の手紙。その内容は息子を思う母親の切実な思いが書かれていて、聞いているだけで涙が溢れてきそうでした。その事で被害者の友人が反省してくれた事が良かったです。 (30代・女性)

 

今回のリーガルVは、第一話で林遣都さん演じるポチが銚子電鉄から行けるラブホテルが見える崖で、米倉涼子さん演じる小鳥遊翔子と出会った場所で亡くなった、被告人の母親が自殺した物語が主な内容でした。

帝国大学の学生の被告人が、幼なじみを暴行した罪に問われ、無罪の罪に苦しみ、その被告人の家族もまた苦しみ、被告人の母親はその苦しみや、ネットでの誹謗中傷に耐えかねて、自殺をしてしまったという内容でした。

私個人は、母親の子を思う想いに感動しました。子供のために、身を捧げ、最後は自分自身がインターネットで誹謗中傷されたことに耐えかねて、自殺をしてしまうのですが、このような冤罪事件は、身近で起こらないとも限らないので、非常に感情移入して拝見しました。

ネットの誹謗中傷に対して、最後ネットに書き込んだ人達に、1人30万円の損害賠償を請求した米倉涼子さん演じる小鳥遊翔子もかっこよかったですし、林遣都さんの弁護もかっこよかったです。

そして、少しずつわかり始めた小鳥遊翔子の過去、次回以降に繋がる、小鳥遊翔子がポチに依頼した案件も気になり、次回以降も楽しみです

(20代・女性)

 

ポチが京極弁護士事務所に籍を置く前から
抱えていた案件、初回でポチが年輩の男性から
「女房が死んだのは、あんたのせいだ」と
言われた案件である。その案件が今回漸く
決着するから、決して見逃せない。
その案件は若くして起業した大学生が岩場で
酷い暴行を受け、それを発見し救急車を呼んだ
友人がその大学生に暴行の張本人として
名指しされてしまった、という恩を仇で返す
様なもの。ポチが未熟だった為、無罪を
勝ち取る事が出来ず、それがネットによる
誹謗中傷を炎上させ、それを見て耐えられなく
なった友人の母親が岩場に身を投じて自らの
命を断ってしまった。その岩場は暴行と同じ現場
である。これは息子の無実を命を懸けて訴えて
いるのではないだろうか。

(40代・男性)

 

今回も弱者のための弁護ができたように思います。
法廷で勝つことができましたが、それだけでは終わらないところが小鳥遊の凄いところだと思います。

加害者容疑になっていた男性のお母さんは、生前、息子の容疑を晴らすためにネットにいろいろと書き込みをしていました。
それを観た不特定多数の人が誹謗中傷のコメントをしていました。

その人たちに一人30万円の損害賠償を請求しました。
事務所にも2割の報酬がありますし、お母さんもこれで少しは救われると思います。

今回は以前、ポチが小鳥遊に言われた、「勝つまで戦うの」の言葉で勝つことができたのだと思いました。

(50代・女性)

 

裁判も面白かったですが、その後のオチとして描かれたネット上の誹謗中傷に対する被害請求の場面も凄かったですね。今は毎日のように誰かの悪事や不祥事が報道され、そこかしこで炎上騒ぎが起きてしまっている世の中です。それを法律に詳しい専門家が本気で訴えようとすれば、本当にあれくらい大勢の人間に損害賠償請求ができるのかもしれません。SNSツールの普及と発達によって誰でも手軽に情報を発信できるようになった現代。それは一歩間違うと誤った情報を広めてしまったり、何の罪もない人物を傷つけたりする事にもなりかねないですね。私達も気を付けていかなければと改めて思わされる一幕でした。 (30代・男性)

 

勝つまで戦うの、という言葉に背中を押されて頑張る青島の事は見ていて応援したくなりました。パラリーガルの伊藤理恵は過去に小鳥遊翔子がが雑誌のインタビューを受けている記事を見つけた。法律を知っていれば避けられる悲しみがあると言っていたのは、小鳥遊が子供の頃父親の過ちで住む所を変えなければならなかった悲しい過去があったからで、困っている人を救いたくて弁護士になったのだという事がわかった。伊藤はほんとにいい仕事するなぁと思いました。町村が武藤の亡くなったお母さんからの手紙によって暴行を受けた本当の犯人は中西だと明かす場面は、やはり人の思いに人は心を動かされるのだと思いました。ただ自由奔放に勝手にやっているように見える小鳥遊だが、辛い過去を抱えながら強く生きていてかっこいいと思いました。 (50代・女性)

 

スポンサーリンク

 

『リーガルV』第6話はどうなる?

 

第6話のあらすじ

 

 「京極法律事務所」に不動産トラブルを抱えた男性・塩見一郎(矢部太郎)が相談に訪れた。婚約者に超お得だと言われ、3000万円一括払いで土地を購入したものの、後から陽当たりが悪くて騒音もひどい土地だったことが判明。だが、土地はすでに引き渡し済みで、契約解除は不可能…。しかも、名義人が婚約者であるため、塩見が仲介業者を訴えることも厳しい状況だ。そこで、元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)はすぐ婚約者に連絡するよう、塩見に指示。ところがいざ連絡を試みると、婚約者の携帯も勤務先の番号も現在使われておらず…!

これは結婚詐欺に違いない――そう確信する翔子たち。よくよく問い質せば、塩見は相田栞(東ちづる)が代表を務める高級婚活相談所「ローズブライダル」に、30万円も支払って入会。婚約者を紹介してもらったのだという。さらに、ここに来てとんでもない事実も発覚する。つい先日、「京極法律事務所」のパラリーガル・馬場雄一(荒川良々)が失恋した相手・藤原夏純(逢沢りな)と、塩見の婚約者が同一人物だったのだ! しかも、馬場も例に漏れず、夏純に大金を注ぎ込んでいたらしい。

翔子らは夏純を訴えようと立ち上がるが、唯一の情報源である「ローズブライダル」は個人情報の提供を拒否。そこで、「京極法律事務所」のパラリーガル・伊藤理恵(安達祐実)が婚活中を装い、潜入捜査を試みることに…。巡り巡って、翔子らは夏純との接触に漕ぎつけるが、相手は想像以上にふてぶてしくて用意周到! 翔子たちは彼女をやり込めるつもりが、逆に窮地に追い込まれてしまい…!?

その頃、「京極法律事務所」の弁護士・青島圭太(林遣都)は、翔子が以前弁護していた受刑者・守屋至(寛一郎)と面会するのだが…!

(引用:テレビ朝日公式サイト

 

 

スポンサーリンク

 

次回のテーマが結婚詐欺らしく、パラリーガルの伊藤が潜入調査に入るらしく、元横領犯だけにお金持ちの男性にメロメロになってしまって調査なんてしてられない心境に陥り、翔子たちが呆れて果てる場面があると面白そうです。
ドラマも佳境に入ったので、翔子が弁護士資格を剥奪された原因を作ったと思われる、弁護士界のドンの天馬と直接対決の始まりが有りそうで、天馬の異様の姿が更に過激に描かれ翔子を憎む真相が明かされていき、翔子を潰そうとあらゆる手段を使い始め、天馬の部下で翔子の元恋人の海崎がどのように考え動き始めるのかもわかる気がしています。 (30代・男性)

 

次回は3000万円も貢いだ男の結婚詐欺事件の話しと、小鳥遊翔子が、天馬の法律事務所に乗り込んで、とうとう対決するという話しの二つの面白そうなストーリーが用意されている予告でしたが、今回は登場が無かった海崎達との裁判シーンはあるのか?それとも天馬が出てくるのか?それから結婚詐欺を確かめる為にパラリーガルの安達祐実さん扮する理恵も潜入する様なので、まだそれほど目立った活躍の無い理恵が、というより安達祐実さんがどの様な存在感のある演技をされるのかが、見どころの一つとして楽しみですし。翔子が青島に頼んだ殺人事件の事も、後々明らかになるのも楽しみにしています。 (40代・男性)

 

第6話では結婚詐欺の案件ということで楽しみです。また理恵が婚活パーティーに潜入するみたいなので面白くなりそうです。スイッチが入ってガッツリ婚活している理恵が見れるのを期待しています。また理恵のファッションにも注目しています。理恵以外には潜入しないのか気になります。第5話で馬場がカツラをかぶってノリノリで美女パーティーに参加したみたいに、第6話でも参加してくれたら面白いのにと思いました。結婚詐欺師がどんな人でどんな手口なのか気になります。そしてどのように解決していくのか楽しみです。翔子の駅弁や現場百回のシーンも好きなので第6話でも期待しています。 (30代・女性)

 

不動産トラブルにあった男性が京極法律事務所にやってきて、よくよく話を聴くと不動産トラブルと言うより婚約詐欺っぽく、京極法律事務所のパラリーガルも同じ女性に入れ込んでいて大金をつぎ込んでいた事がわかると言う事で、その女性の騙しのテクニックの巧みさが楽しみです。結婚相談所を通しての出会いから騙されたとの事で、組織ぐるみで騙していると思われますが、そんな上手く結婚相手がみつからないと分かっていながら、引っかかってしまう男性達がどのように描かれているのかが楽しみです。ポチは小鳥遊が以前弁護した受刑者に会いにいくが何か小鳥遊の事を調べているのか気になります。 (40代・女性)

 

青島弁護士に小鳥遊が弁護の依頼を相談する。その依頼の内容とは鶯谷管内の公園でNPO法人職員、市瀬徹36歳がナイフで刺殺されたとして、自称フリーターの守屋至21歳が殺人容疑で逮捕された件だった。絶対無罪を勝ち取らなければならないという小鳥遊の思いとは?昔小鳥遊が弁護士時代に何か関わりがあり、その当時助けられなかった相手だったのではないのかと思っています。2人の関係性が非常に気になります。
頼りない青島弁護士と小鳥遊のコンビで無事無罪を勝ち取ることが出来るのかとても楽しみです。早く事件の真相が知りたいです。 (30代・女性)

 

米倉涼子さん演じる小鳥遊翔子の過去が今回少しだけ明らかになりました。

弁護士になぜなったのか。お金に対してなぜ執着するのか。そして、誹謗中傷にあい過去には学校に通えず、母親とふたり故郷を離れた過去があること。

それらが今後明らかになっていき、どのようにして弁護士になったのか、なぜ弁護士になぜなったのか、またなぜ弁護士資格を剥奪されてしまったのかが明らかになることが楽しみです。

また今回の最後のシーンで、小鳥遊翔子が林遣都さん演じるポチに、とある男性の被告人の画像を見せて、弁護を依頼しておりましたが、その男性と小鳥遊翔子がどのような関係があるのか、また小鳥遊翔子の過去とどう絡んでいくのかが非常に楽しみです。

(20代・女性)

 

結婚を餌に高額な家を購入させられる、という
話らしいけど、ええと、そんな似た話、昔の
ドラマでもあった様な…思い出せない。
それよりも久々のワル東ちづるが見物である
その被害で訴える役として「大家さんと僕」の
漫画でヒットしたカラテカ矢部さんが出る。
家でそれなりに稼いだ矢部さんが、今度は
騙されて家を購入する為に出費する役を演じる
というも見物だと思う。逢沢りなさんが
ストーカー男と矢部さんを騙す女として
出るんですよね。う~ん複雑な心境です。
それよりも今回の母親の自殺は本当なんだろうか。
そもそも遺書らしきものは見つかってないし
落ちた姿勢が何か不自然である。

(40代・男性)

 

次回は結婚詐欺の話のようですが、被害に遭った男性の婚約者が、パラリーガルの馬場雄一が以前、失恋した相手と同じだったというのが驚きでした。

高級婚活相談所に入会した男性が30万円も払い、その騙された女性を紹介してもらったということで、それも何か裏があるように思いました。

また、第5話の最後で小鳥遊がポチに見せた写真の男性の真相も明らかになるようです。
小鳥遊は今、弁護士の資格がないので、自分ではどうすることもできません。

しかし、ポチにやってもらうことで、何らかの進展が期待できます。
ポチは小鳥遊のしもべのように、何かとこき使われています。
これからの二人の関係はどうなっていくのかも気になります。

(50代・女性)

 

小鳥遊から青島への直々の依頼。それは殺人容疑をかけられた若者の弁護依頼のようでした。小鳥遊の真剣な様子からして、この事件こそが小鳥遊から弁護士資格がはく奪された原因なのかもしれませんね。小鳥遊が凄腕弁護士だったであろう事はここまでの話から予想がつきます。そんな彼女が自分で決着をつけられなかった事件だとすれば、それは青島の手に余る案件のような気もしますが……。しかし小鳥遊がわざわざ話を振ってきたという事は何かしらの勝算が見つかったのかもしれませんし、彼女の名誉挽回にも繋がりそうなので、青島にはどうにか事件解決の手助けをしてあげてほしいですね。 (30代・男性)

 

絶対に負けられない戦いなのと青島に頼んだのは、殺人容疑で逮捕された守屋至という21歳の男性だった。いったい小鳥遊翔子とどういう関係にある人物なのかとても気になります。結婚詐欺の内容のようだが、どんな展開になるのか楽しみです。次も伊藤がどんないい仕事をするのか興味があります。又小鳥遊翔子の知られざる秘密が明かされるのかどうなのかワクワクします。青島が小鳥遊翔子の強引でハチャメチャなやりに戸惑いながらも、少しずつ成長していく姿から目が離せません。所長の天然ぶりがどんな風に話の中で出てくるのか気になります。 (50代・女性)

 

まとめ

 

第6話は結婚詐欺!

見逃せません♪

 

スポンサーリンク

-2018秋ドラマ, リーガルV
-, , , , , , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2019 All Rights Reserved.