2018秋ドラマ SUITS/スーツ

SUITS/スーツ7話あらすじ・ネタバレ!みんなの6話の感想・評価・評判をチェック♪

更新日:

SUITS/スーツ第7話あらすじやネタバレ予想!第6話の感想や評判評価も!

 

2018年10月スタートの秋ドラマ『SUITS/スーツ』。

毎週月曜日の夜9時から、大好評放送中です♪

 

この記事では、ドラマ『SUITS/スーツ』の第6話を見た人の感想や評価を集めています!

続く第7話のあらすじやネタバレ、みんなの予想や期待などもチェックです♬

 

↓SUITS/スーツの見逃し動画をお探しの方はコチラ♪↓

CHECK!
SUITS/スーツの動画を無料で視聴する方法
SUITS/スーツ日本版の見逃し配信フル動画を無料視聴はこの方法で♪

  2018年10月から放送のフジテレビ系ドラマ『SUITS/スーツ』。 全米大ヒットドラマのリメイク版を、織田裕二×中島裕翔という新鮮な組み合わせが主演! さらに、織田さんの上司役には鈴木 ...

続きを見る

 

 

『SUITS/スーツ』第6話のみんなの感想や評価をチェック!(ネタバレあり)

 

第6話の振り返り

 

甲斐(織田裕二)は、チカ(鈴木保奈美)から、日本有数の資産家で、慈善事業にも尽力している内海財団の会長・内海真須美(ジュディ・オング)を紹介される。内海は、轟フィナンシャルが手がけるインドネシアの発電所建設に20億円を投資していた。だが、建設計画が頓挫してしまったため、資金を回収したいのだという。チカは、蟹江(小手伸也)と組んで対処するよう甲斐に指示する。

蟹江は、大輔(中島裕翔)に轟フィナンシャルの資産をあぶり出すよう命じた。そこにやってきた甲斐は、別件が入ったといって大輔を連れ出す。甲斐に相談を持ち掛けてきたのは、リゾート開発会社『アテナリゾート』の藤原一輝(大澄賢也)だった。藤原の娘で大学院生の華名(佐久間由衣)が、社員証を偽造して会社に侵入していたのだという。実は華名は、会社の口座から1億円以上を別口座に移していた。

同じころ、蟹江は、轟フィナンシャルの経理部長・小堺晴彦(春海四方)と弁護士の毛利徹(小松和重)、アソシエイト弁護士の米倉和博(宮田佳典)と会っていた。小堺が香港に口座を作り3000万円の資金を移したことを掴んでいた蟹江は、彼を厳しい口調で責め立てた。すると小堺は急に体調を崩し、そのまま息を引き取ってしまう。

そんな折、大輔は華名に会いに行く。華名は、アテナリゾートが不都合な環境予測データを隠蔽して人口500人ほどの小さな島にホテルを立てたことが許せないらしく……。

(引用:フジテレビ公式サイト

 

スポンサーリンク

 

 今回は甲斐と蟹江が協力して、出資資金の回収問題を解決していく事になりました。
しかし、2人の仲は険悪の状態が続き、前になかなか進みません。
素直に協力した解決が早そうですが、個性の強い2人だからこそ、上手くいかないのかと思いました。
大輔も別件を担当して、危うく身元が暴露されそうになります。
華名という人物のハッキング能力が凄かったですが、そのおかげで事件を解決にする事が出来ました。
最後は甲斐と蟹江が協力して、大輔も合わせて仕事をする事になりました。
この3人が力を合わせれば、どんな問題も解決出来そうだと思いました。
大輔も身元がバレそうになりましたが、華名のおかげで上手く切り抜けることが出来て良かったです。

(30代・男性)

 

アテナリゾート社長の娘かなの、ハッキング技術には驚く。父親の会社の社員証を偽造するだけでなく、お金まで盗むなんて。それも、母親が癌で闘病しているときに忙しく建てていたリゾートホテルへの恨みから。でも、本当は、リゾートホテルは亡くなった母親の望みだったことを知り、さらに、それを言わなかったのは、娘に母親まで憎んでほしくないという父親の親心だった。親子であっても、やはり思ってることはちゃんと口にして伝えないとお互いの気持ちはわからないことを痛感した。
それにしても、危なく大輔が経歴査証していることが幸村室長にばれそうになったときはヒヤッとしたけど、ハッキング技術でカナが救ってくれて良かった、良かった。甲斐と蟹江とのチームワークも少しだけれど、よくなったかな。 (50代・女性)

 

内海財団が投資した巨額の資金を回収する案件で、今回初めて甲斐弁護士と蟹江弁護士が手を組みます。犬猿の仲の2人は大丈夫なんだろうかと思っていたのですが、案の定お互いに馬が合わず足の引っ張り合いになってしまいます。2人が上手く協力出来ない事で形勢はどんどん劣勢へと変わってしまいます。しかしお互いの良さを認めた事で、一気に勝利を掴み取ります。初めから仲良くやって欲しかったなと思いながら、案件を成功出来た事にホッとしました。鈴木弁護士の案件はお互いにコミュニケーション不足ですれ違ってしまった事による親子の争いだったなと思いました。亡き母の願いを叶える為に頑張っていた父の気持ちを知った娘のシーンがとても感動しました。 (30代・女性)

 

仲の悪い甲斐と蟹江ですが、実は同じような性格なので、そのことでお互いが対立してしまう原因なのだと思いました。
そのことは甲斐も蟹江も認めていることですが、ただ、蟹江の方は思いやりに欠けるところがあり、損得勘定が前に出過ぎているように思います。

経理や数字が得意ということで、どうしても全てのことを数字ではじいてしまうのかもしれません。
そういう性格を直せば、今よりもかなり人間関係が上手くいくような気がします。

縁あって、二人とも同じ弁護士事務所にいるので、上手く力を合わせて仕事をしていけば、今よりもさらに強力になっていくと思います。

(50代・女性)

 

今回は甲斐弁護士と蟹江弁護士がチームとなり事件を解決してゆく新しい展開。
依頼は、内海財団が轟フィナンシャルへ20億円の投資をするが、事業が頓挫し投資資金を回収したいという内容。
また甲斐弁護士の単独案件として、藤原社長が経営する会社へ娘が不法侵入と横領を行うという、二つの事件が平行して進んでいく流れ。
始めは関連性の無い両案件であったが、終盤には上手く噛み合い、無事に解決を得るという展開に見ごたえがあった。
両案件の内容が大きく違うのもあり進展がわかりやすかった。

両案件のカギとなるパソコンハックが得意な人物の登場に、海外ドラマに良くある展開だなぁと思いつつも、
最終的には甲斐と蟹江が協力し完全解決するという、今までとは新しい道があり新鮮でした。
また最後のオチであるダイキの経歴詐称がバレず安心しました。

(30代・女性)

 

毎回大輔の案件と、甲斐の案件が同時進行します。今回は甲斐はライバルの蟹江と組んでの案件です。投資した20億円を返却させる仕事ですが、なかなか思うようにすすみません。意見の違う2人が対立しながら仕事をしょうとしているのだからあたりまえです。しかし、大輔が手がけた案件でハッカーのできる娘・華名に助けられます。あんなに簡単に他人の口座・会社の経理帳簿・1憶円ものお金を他の口座に移すなどいう行為をいとも簡単に出来たら世の中どんなことになるか?恐ろしいです。でも最後も華名に救われました。卒業写真の入れ替え。これで完璧な?学歴詐称ができました。安心してこれからもいいコンビ続けられますね。 (50代・女性)

 

鈴木の正体を最初に気付いてしまうのは蟹江もしくは幸村であるのだと思っていたので、まさか華名が最初になるとは思わなくて驚いてしまった。もしも鈴木が、藤原社長の本心を華名に言わなければ、華名は鈴木が経歴詐称をしているということを幸村にチクってしまうという可能性もあったのではないかと思った。館山がその話を聞いてしまったので、蟹江にチクるのだろうと思っていたら、蟹江は不機嫌だったというのがありがたく感じてしまった。結局、幸村に匿名でチクる形になったが、華名が卒業名簿にハッキングしたため、鈴木の正体がばれなくてよかったと安心した。経歴詐称は良くないが、まだまだ鈴木が弁護士として仕事をするという様子は見たかったのでホッとした。 (20代・女性)

 

珍しくかい先生とかにえ先生がチームを組んで仕事をするとは、興味深く見ました。2人とも癖がありすぎて弁護士とは思えないところがありすぎだと思っていましたが、弁護士らしく得意分野がそれぞれあって、お互いの強みを合わせたら最強なチームになるのだということに納得でした。でもやっぱりかい先生の方が上なんだなとも思いました。また、鈴木先生がクライアントの娘さんに経歴詐称していることを暴かれたときにはどうなることかと思いましたが、それが逆に彼女のハッカー力に助けられて、逆にハーバードのシステムを書き換えてもらえるなんてドラマならではだなと思いました。 (40代・女性)

 

アソシエイトや秘書へのパワハラをしまくる蟹江が本領を弁護士としても発揮してしまったように見えた、キツイ言葉を放ち続けて経理部長の小堺を追い詰めて殺してしまったと思ってしまいましたが、持病だったという事で責任は無いというギリギリの所を見てしまうと、甲斐よりも強引過ぎるやり方をして稼ぐ弁護士だと思いました。
ハッキングが凄すぎる華名には驚きましたが、甲斐が言っていたセキュリティが大丈夫なのかと思うほど、簡単に情報が全部漏れていそうで怖く感じました。
大貴の成りすまし大輔がハッキング娘の華名にバレて、そして蟹江のアソシエイトにバレてしまい危ないとしか思えず心配です。

(30代・男性)

 

資産家が海外の発電所建設の計画を立てた会社に投資をしたが、その会社が社内で横領事件があり工事が止まり、出資したお金を取り返したくチカを頼って来た。聴取の時に病気で急死してしまった社員が勝手に横領をしたと嘘をついた。甲斐は蟹江とチームを組んで資産家を助けることに。大きな会社で、大金を持ち、上の役職に就くと人間 変わってしまうのか。それまで一緒に働いていた仲間に、死んだからといって罪を押し付けるなんて、ひどすぎる。そんな事を平気でやってしまう人間が、会社の上に立っているかと思うと世の中 怖いですね。甲斐のような凄腕の弁護士に出会えないと、知らないうちに損をさせられてしまう人間がいるのですね。欲が人間を変えてしまう。そんな人間にはなりたくないです。 (40代・女性)

 

スポンサーリンク

 

『SUITS/スーツ』第7話はどうなる?

 

第7話のあらすじ

 

甲斐(織田裕二)は、クライアントの『桜庭リゾート&ホテル』社長・桜庭庸司(髙橋洋)に会いに行く。桜庭は、ここ10年の間に13ものホテルを造り上げており、そのうちの4ヵ所は五つ星の評価を得ることがすでに決まっていた。そんな桜庭のもとに、大手ホテルグループ『KJO』社長のジーン・クライン(クリス・バテン)から合併の提案があったという。『KJO』の代理人弁護士は、大手ファーム『弁護士法人セイント』に移籍した木次谷公一(橋本さとし)だった。

大輔(中島裕翔)は、司法試験を目指しているものの受験恐怖症に悩んでいた真琴(新木優子)に協力を申し出る。大輔と真琴は、さっそく試験対策に取り組み始める。

同じころ『幸村・上杉法律事務所』では新人弁護士の採用面接が行われていた。そこで大輔は、真琴と談笑していた女性・町田日向子(石橋静河)の姿を見つけ驚く。実は大輔は、司法試験で日向子の替え玉受験をしていたのだ。事情を知った甲斐は、本人が替え玉のことを話すわけがないから心配ない、と大輔に告げるが……。

甲斐に命じられて『KJO』グループを調べていた大輔は、グループがタイに所有するホテルで従業員のストライキがあったことを掴む。甲斐は、合併交渉を優位に進めるため、木次谷の息子の替え玉受験をしたことがある大輔をともない、『セイント』を訪れる。そこで大輔は、『セイント』の代表が真琴の父・聖澤敬一郎(竹中直人)であることを知り……。

(引用:フジテレビ公式サイト

 

スポンサーリンク

 

 甲斐は今回、ホテルの買収の案件を取り扱う事になります。
大手のホテルグループから買収の話を提案されますが、甲斐は優位進めるために策を立てます。
果たして、どんな手段を使って話を進めていくのか気になります。
また、相手側の弁護士法人の代表が真琴の父親ですが、どんな人物でしょうか。
以前に甲斐達と何か問題があったのではないかと気になります。
大輔と真琴の仲は少しずつ良くなってきています。
これからどのように2人の関係は発展していくのか気になります。
お互い意識して気になっているので、早く恋に発展してほしいと楽しみにしています。

(30代・男性)

 

今回の内海財団の案件で、甲斐と蟹江がチームで仕事をしたことで、幸村室長は、これからますますファームがうまくやっていけると思ってるだろう。しかし、次回の案件は、会社の合併に見せかけた買収とのこと。しかも相手の弁護士は最強の弁護士。恐らく過去に甲斐が関わったことのある弁護人なのだろう。相当苦しい戦いになり、一旦は甲斐が負けるかもしれない。でも、記憶力が素晴らしく、アソシエイトとしても数々の案件をこなして成長してきた大輔が、きっと何かいいアイディアを出して、最後にはひっくり返せることだろう。
また、パラリーガルの真琴との関係者も少しずつ近づいてるので今後の二人の関係の発展も楽しみ。 (50代・女性)

 

負けなしで冷静な甲斐弁護士と切れ者で敏腕の最強弁護士との対決。企業の買収を巡って争う2人でしたが、甲斐弁護士が相手の弁護士に打ち負かされてしまう。相手に負けて落胆する甲斐弁護士に、この危機を打開する策が考え出せるのか?いつものように鈴木弁護士が何らかの手助けをするのか、それとも今回お互い手を取り合い頑張った蟹江弁護士が手助けをするのか、その辺がとても気になります。一人では勝てない相手でも、みんなの力を合わせて、最強弁護士を打ち負かして欲しいです。そして甲斐弁護士には自信を取り戻して欲しいなと思います。 (30代・女性)

 

甲斐は企業の合併の案件を引き受けるようですが、最終合意に至るまでにはいろいろとありそうです。

鈴木大輔の方は真琴の司法試験の受験勉強を手伝ってあげるようです。
このことで二人の距離がぐっと近づくことでしょう。

しかし鈴木は以前、司法試験の替え玉受験をした女性と会ってしまいます。
これはお互い動揺を隠せないと思います。

もしかしたら、女性の方はシラを切るつもりかもしれません。
今までやってきたことがバレたとしたら、鈴木はどうなってしまうのかと思ってしまいます。

司法試験に合格できる頭脳を持ちながら、それを生かせなかった鈴木の心情は複雑なものだと思います。

(50代・女性)

 

次回は、竹中直人演じる最強弁護士との対決、毎回大物俳優・女優が登場するので、大物ならではの迫力ある演技と、解決への展開が楽しみです。
また、バレそうでバレないダイキの経歴詐称の行方と、ダイキとサリそして事務職員の三角関係になりそうな微妙な恋の行方も気になります。
今回の第六話のように、今後回も話の構成にバリエーションがありそうなので楽しみです。
海外ドラマのリメイクということで演技が大げさなところが気になっていましたが、自然に見れるようになりました。
それから毎回のエレガントなファッションも見逃せません。

(30代・女性)

 

学歴詐称の心配がなくなった大輔はこれからは、おどおどすることなく今迄以上に仕事に没頭し、いい成績をどんどんあげていくでしょう。
そして甲斐の右腕となり、いなくては困るくらいの存在となるでしょう。そんなできる男になった大輔に真琴も惹かれていくのではないでしょうか。恋に発展していきそうです。でも遊星の妹・砂里の存在も忘れてはいけません。完全に大貴=大輔に恋してますよね。
次回は竹中直人さんが出演します。どんなドラマでもいい味だしているのでとても楽しみです。甲斐たちのライバルになるのか?味方になるのか?どんな展開となりますか?

(50代・女性)

 

今まで甲斐と鈴木はそれぞれ別の案件を抱えて、クライアントとコミュニケーションを取りながら仕事をしてきているので、甲斐と鈴木がチームを組んで2人とも同じ案件を抱えた上で仕事をする時が来ないのだろうかと楽しみにしていることである。遊星は静岡で仕事を見つけ出すことができるかどうかということ、鈴木は弁護士としての責務を果たすことができるかどうかということ、甲斐と蟹江の間の戦いが見られるかどうかが見どころであるのだと感じる。甲斐たちは最終的にはクライアントの希望通りに解決へと導くことができる展開になるのを予想する。 (20代・女性)

 

6話でもいろいろとハラハラ問題が盛りだくさんでしたが、次回の予告を見ると次回は最大、最強の敵と戦うようで、いったいどうするのだろうかと思っています。きっと主人公側が勝ってくれることと思っていますが、果たしてどうやってピンチを切り抜けて解決していくのか?かい先生だけでなく鈴木先生の活躍にも期待したいです。鈴木先生は本当の弁護士では無いドいう秘密をもった設定ですが、ちゃんと資格を持った弁護士よりもぜんぜん仕事ができて、弁護士らしいと思います。どうにかして本当の正真正銘の弁護士にはなれないのだろうかと思ってしまいます。 (40代・女性)

 

弁護士の鈴木大輔が成りすましの鈴木大貴と知っている司法試験の替え玉受験の当事者の町田日向子が現れてしまう事で動揺する姿から、鈴木を怪しんでいる弁護士の蟹江がまた動き出して探りに向かう気がします。
更に、クライアントの利益のために甲斐が利用しようと大輔を連れていて行くセイントには、大輔が心を惹かれている真琴の父親である聖澤敬一郎が代表していて、甲斐と対峙する弁護士は大輔が替え玉受験をした男の父親で弁護士の木次谷公一と、大輔にとっては意味の違う緊張感が存在する異様な状況を切り抜けられるのか、優秀な甲斐はどのような華麗な勝利を魅せてくれるのか楽しみです。

(30代・男性)

 

チカの過去の知り合いを相手に戦うようですね。蟹江では手に負えず、甲斐が出てくるのだろうか。その甲斐までも、騙されて負けてしまうのか。それとも、騙されたと見せかけて 甲斐の力で真実を暴き出して、相手に気づかれないところで勝ちに持って行って、最後に驚かせる作戦なのか。大貴のハーバード大学の詐称も、ハッカーが書きなおしてくれたから、しばらくは疑われることもないのだろうか。でも安心していると、どこからとなく少しずつ探られて、いつか暴かれてしまったら大変なことになってしまう。このまま最後まで、うまく乗り切って欲しい。 (40代・女性)

 

まとめ

 

次回は大輔が替え玉受験をした相手が登場。

このことがどんな展開を生むのか気になりますね!

第7話にも期待しましょう♪

 

↓SUITS/スーツの見逃し動画をお探しの方はコチラ♪↓

CHECK!
SUITS/スーツの動画を無料で視聴する方法
SUITS/スーツ日本版の見逃し配信フル動画を無料視聴はこの方法で♪

  2018年10月から放送のフジテレビ系ドラマ『SUITS/スーツ』。 全米大ヒットドラマのリメイク版を、織田裕二×中島裕翔という新鮮な組み合わせが主演! さらに、織田さんの上司役には鈴木 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

-2018秋ドラマ, SUITS/スーツ
-, , , , , , ,

Copyright© dramaniaque , 2019 All Rights Reserved.